7月13日

2020年 7月文月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
365日
各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

7月13日(しちがつじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から194日目(閏年では195日目)にあたり、年末まであと171日ある。誕生花はホテイアオイニチニチソウ

できごと[編集]

レゾリューション号とアドヴェンチャー号、プリマスを出港(1772)。画像は翌年、タヒチに停泊する両船
北西部領土
銘板
アメリカ合衆国北西部領土(左画像)の統治法を定めた北西部条例可決(1787)。右画像は記念プレート
ロンドンのウォータールー駅(1848)開業
ヴィルヘルム1世とフランス大使ヴァンサン・ベネデッティの会談
記念碑
ヴィルヘルム1世とフランス大使ヴァンサン・ベネデッティ英語版との会談(左画像)の結果を伝えた電報の文面をビスマルクが改竄し公表したエムス電報事件(1870)。普仏戦争の引き金となった。右画像は記念碑
フランスタイに領土の割譲を迫ったパークナム事件(1893)
ハリウッドに"HOLLYWOOD"の看板設置(1923)。画像は1970年代に撮影、こののち1978年に鋼鉄製に作り変えられた
ポスター
ボール
第1回FIFAワールドカップ開幕(1930)。右画像は決勝の前半で使用されたボール

誕生日[編集]

1D line.svg
ガイウス・ユリウス・カエサル
『クレオパトラをエジプト女王へ据えるカエサル』
共和政ローマの政治家ガイウス・ユリウス・カエサル(BC100?-BC44)誕生。右画像はピエトロ・ダ・コルトーナ『クレオパトラをエジプト女王へ据えるカエサル』(AD1637)
賽は投げられた。――ルビコン川を渡りポンペイウスとの内戦に突入する際に(BC49)
植物学者アラン・カニンガム(1791-1839)
ウィーン分離派建築家、オットー・ワーグナー(1841-1918)誕生。画像はカールスプラッツ駅
青木繁
『わだつみのいろこの宮』
洋画家青木繁(1882-1911)。右画像は『わだつみのいろこの宮』(1907)
ルービック・キューブを考案した発明家ルビク・エルネー(1944-)誕生

忌日[編集]

武将、真田昌幸(1547-1611)没
徳川家重
墓所
江戸幕府第9代将軍、徳川家重(1712-1761)没
デスマスク
『マラーの死』
山岳派の革命指導者、ジャン=ポール・マラー(1743-1793)暗殺される。画像はジャック=ルイ・ダヴィッドが現場で描いた『マラーの死』
アメリカ西部開拓時代ガンマンリンゴ・キッド(1850-1882)、死体で発見
フリードリヒ・アウグスト・ケクレ・フォン・シュトラードニッツ
ベンゼン環
有機化学アウグスト・ケクレ(1829-1896)没。ベンゼンのケクレ構造(右画像)を発見
アルフレッド・スティーグリッツ
『ヴェネツィアの運河』(1894)
『Ellen Koeniger』(1916)
写真家アルフレッド・スティーグリッツ(1864-1946)没。中央画像『ヴェネツィアの運河』(1894)、右『Ellen Koeniger』(1916)
反物質研究の第一人者、物理学者パトリック・ブラケット(1897-1974)

人物[編集]

人物以外(動物など)[編集]

記念日・年中行事[編集]

1D line.svg
明石市立天文科学館
親時計
日本標準時制定(1886)。画像は明石市立天文科学館と、その館内にある親時計[8]
  • 日本標準時制定記念日(日本の旗 日本
    1886年7月13日に、東経135度を日本標準時とし、1888年1月1日よりこれを実施するという内容の勅令第51号「本初子午線経度計算方及標準時ノ件」が公布されたことに由来。なお、公布文の署名が7月12日になされていることから、7月12日を日本標準時制定記念日としている書籍もある。
  • 生命尊重の日(日本の旗 日本
    医師法律家教育者主婦等で構成される「生命尊重の日実行委員会」が1984年に制定。1948年のこの日、優生保護法(現在の母体保護法)が公布されたことを記念。
  • オカルト記念日(日本の旗 日本
    1974年7月13日に、オカルトブームの火つけ役となった映画『エクソシスト』が日本で初公開されたことに由来。
  • イーサン・ハントの日(日本の旗 日本
    映画『ミッション:インポッシブル』が1996年7月13日に日本で公開されたことを記念して、主役のイーサン・ハントの名前をとり、日本記念日協会により2015年に正式認定された[9]

フィクションのできごと[編集]

誕生日(フィクション)[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Buckingham Palace”. Fact of the Day Calendar. 2020年7月13日閲覧。
  2. ^ 昭和21~24年(1950年)”. 一般社団法人 国立大学協会. 2020年7月13日閲覧。
  3. ^ 岩田一正. “1966年から1980年までの教育言説の相克-高校入試を中心として- (pdf)”. 2020年7月13日閲覧。
  4. ^ 千本のビデオテープと二千人の顧客名簿が握りつぶされたプチエンジェル事件、容疑者の不可解な自殺方法とは【未解決事件ファイル】”. excite ニュース (2019年11月16日). 2020年7月13日閲覧。
  5. ^ 7月13日は開館記念日!!”. AOMORI MUSEUM OF ART. 2020年7月13日閲覧。
  6. ^ 南スーダンが国連加盟へ、安保理が勧告”. AFP (2011年7月14日). 2020年8月21日閲覧。
  7. ^ 天皇陛下「退位」の意向 日本報道”. BBC (2016年7月14日). 2020年8月21日閲覧。
  8. ^ 本初子午線経度計算方及標準時ノ件(ウィキソース)
  9. ^ 7月13日が「イーサン・ハントの日」に認定”. シネマトゥデイ (2015年6月26日). 2020年7月13日閲覧。
  10. ^ ベイビーステップ”. キャラ誕. 2020年7月13日閲覧。
  11. ^ ハヤテのごとく!”. キャラ誕. 2020年7月13日閲覧。
  12. ^ アホガール”. キャラ誕. 2020年7月13日閲覧。
  13. ^ ヒロユキ『アホガール』1巻、講談社講談社コミックス〉、2013年5月17日、60頁。ISBN 978-4063848717
  14. ^ カードキャプターさくら”. キャラ誕. 2020年7月13日閲覧。
  15. ^ 『カードキャプターさくら』第2巻、講談社〈KCデラックス〉、1997年4月1日、55頁。ISBN 978-4063197914
  16. ^ 咲-Saki-”. キャラ誕. 2020年7月13日閲覧。
  17. ^ 『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』アニメBD第5巻封入特典「プロ麻雀煎餅カード」での記述より。
  18. ^ キャラクター”. アニメ『ナナマル サンバツ』公式サイト. 2020年7月13日閲覧。
  19. ^ 黄昏乙女×アムネジア”. キャラ誕. 2020年7月13日閲覧。
  20. ^ ギヴン”. キャラ誕. 2020年7月13日閲覧。
  21. ^ Tokyo 7th Sisters -episode.Le☆S☆Ca-”. キャラ誕. 2020年7月13日閲覧。
  22. ^ アイドルマスター シンデレラガールズ”. キャラ誕. 2020年7月13日閲覧。
  23. ^ メンバー紹介”. プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!. 2020年7月13日閲覧。
  24. ^ カードファイト!! ヴァンガード”. キャラ誕. 2020年7月13日閲覧。
  25. ^ ぱすてるメモリーズ”. キャラ誕. 2020年7月13日閲覧。
  26. ^ Memories Off”. キャラ誕. 2020年7月13日閲覧。
  27. ^ アマガミSS”. キャラ誕. 2020年7月13日閲覧。

関連項目[編集]