2月

2月(にがつ)は、グレゴリオ暦の第2のに当たり、通常は28日間、閏年では29日間となる。

英語の呼び名である Februaryローマ神話フェブルウスFebruus)をまつる祭りから取ったと言われている。

古代ローマの暦である「ヌマ暦」では1年の最後の月(閏月のある年を除く)であり平年は28日、閏月(メルケディヌスという)のある年は23日であった。その後のユリウス暦(現在のグレゴリオ暦の元となった暦)では旧ローマ暦11番目の月であった「ヤーヌアーリウス」を正月とし、12番目の月である「フェブルアーリウス」を2月としたが[1]、ヌマ暦を踏襲して平年は28日、閏年には1日足して29日となった。

平年の場合、2月はその年の3月11月と同じ曜日で始まる。閏年の場合は、その年の8月と同じ曜日で始まる。

日本における2月[編集]

日本では旧暦2月如月(きさらぎ、絹更月、衣更月と綴ることもある)と呼び、現在では新暦2月の別名としても用いる。「如月」は中国での二月の異称をそのまま使ったもので、日本の「きさらぎ」という名称とは関係がない。「きさらぎ」という名前の由来には諸説ある。

  • 旧暦二月でもまだ寒さが残っているので、衣(きぬ)をさらに着る月であるから「衣更着(きさらぎ)」
  • 草木の芽が張り出す月であるから「草木張月(くさきはりづき)」
  • 前年の旧暦八月にが来て、更にが来る頃であるから「来更来(きさらぎ)」
  • 陽気が更に来る月であるから「気更来(きさらぎ)」

他に梅見月(うめみつき)、木の芽月(このめつき)等の別名もある。旧暦二月は新暦では3月ごろに当たり、の花が咲く時期である。

異名[編集]

  • いんしゅん(殷春)
  • うめみづき(梅見月)
  • きさらぎ(如月・衣更月)
  • けんうづき(建卯月)
  • ちゅうしゅん(仲春)
  • なかのはる(仲の春・中の春)
  • はつはなつき(初花月)
  • ゆききえつき(雪消月)
  • ゆきげしづき(雪消月)
  • れいげつ(麗月・令月)
  • をぐさおひつき(小草生月)

2月の年中行事[編集]

2月に行われるスポーツ[編集]

2月がテーマの楽曲[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 渡邊 1980, pp. 55.

参考文献[編集]

渡邊, 敏夫 (1980). 暦のすべて. 雄山閣. ISBN 4-639-01219-5 

関連項目[編集]

2022年 2月如月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
2月29日365日
各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12