9月13日


2024年 9月長月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
日付の一覧
各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

9月13日(くがつじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から256日目(閏年では257日目)にあたり、年末まであと109日ある。

できごと[編集]

エル・エスコリアル修道院竣工(1564)
フレンチ・インディアン戦争、フランスのヴィル・ド・ケベック陥落(1759)。イギリスのジェームズ・ウルフ将軍(1727-1759)戦死(画像)
ボルティモアの戦い、米軍がフォートマクヘンリーの防衛に成功(1814)
明治天皇の大葬。乃木希典(1849-1912)と妻静子(1859-1912)が殉死。画像は殉死の朝の夫妻。
うつし世を神さりましし大君のみあとしたひて我はゆくなり――乃木希典の辞世
スペインでミゲル・プリモ・デ・リベラがクーデターを起こす(1923)
世界初のHDDIBM 350」、IBM 305 RAMACの一部として発売(1956)
南アフリカバントゥースタンの1つ、ヴェンダ成立(1979)。1994年に再統合

誕生日[編集]

人物[編集]

戯作者、山東京伝(1761-1816)誕生
風刺画家J・J・グランヴィル(1803-1847)
反軍部を貫いた弁護士・政治家、斎藤隆夫(1870-1949)
第44代日本国内閣総理大臣、幣原喜重郎(1872-1951)
作家ロアルド・ダール(1916-1990)
制作するロバート・インディアナ
『LOVE』。ニューヨークの街角に、赤い「LOVE」の立体的なブロック
芸術家ロバート・インディアナ(1928-2018)誕生。右画像は彫刻『LOVE』
光の教会」(1990)
建築家、安藤忠雄(1941-)誕生

人物以外(動物など)[編集]

忌日[編集]

ローマ帝国皇帝、ティトゥス(39-81)没
公卿、藤原不比等(659-720)没
スペイン王フェリペ2世(1527-1598)
モラリストミシェル・ド・モンテーニュ(1533-1592)没。
人に死に方を教える者は、生き方を教えているのである。――『エセー
泥棒、鼠小僧(1797-1832)刑死
中国の政治家林彪(1907-1971)、毛沢東の暗殺に失敗し逃走中に墜落死
生物学者アウグスト・クローグ(1874-1949)

記念日・年中行事[編集]

正義の女神の象徴である秤、剣、目隠しを帯びている
  • 世界の法の日
    1965年9月13日から9月20日までアメリカ合衆国ワシントンで「法による世界平和第2回世界会議」が開催され、そこで、何人も正式な法律以外に支配されることはないという「法の支配」を国際間で徹底させることで世界平和を確立しようという宣言が採択されたことを記念したもの。
  • プログラマーの日ロシアの旗 ロシア平年の場合)
    一年の256日目の日であることから。(閏年の場合は9月12日
  • 司法保護記念日(日本の旗 日本1925年 - 1951年
    犯罪の予防と犯罪者の更生を見守る司法保護司や保護機関の働きについて多くの人に知ってもらうための日。明治天皇の大喪を記念して1912年9月26日に出された恩赦の詔勅が釈放者を保護する事業のきっかけとなったことから、これを記念日として1925年に「保護デー」として制定された。1937年に「司法保護記念日」に改称され、1952年に「少年保護記念日」(4月17日)と統合されて「更生保護記念日」(11月27日)となった。
  • 北斗の拳の日(日本の旗 日本
    武論尊原哲夫の漫画『北斗の拳』が1983年9月13日発売の『週刊少年ジャンプ』にて連載を開始した日。連載開始35周年となった2018年に現在同作品の著作権を管理している出版社コアミックスが日本記念日協会に申請し認定を受けた[14]

出典[編集]

  1. ^ 『呉市史 第5巻』pp.245 昭和63年3月31日 呉市史編纂委員会編
  2. ^ 新発田で大火、八百戸を焼失『新潟日報』昭和10年9月14日夕刊(『昭和ニュース事典第5巻 昭和10年-昭和11年』本編p529 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年)
  3. ^ 「乗客二十八名死亡 定期船、岸壁に激突して真っ二つ」『日本経済新聞』昭和25年9月15日3面
  4. ^ 北國新聞』2004年9月13日夕刊(第40132号)第12版一面1頁「金沢・神野 17歳少年 夫婦を刺殺 未明、窓割り侵入 盗み目的「気付かれ刺した」 西署逮捕」(北國新聞社) - 『北國新聞』縮刷版 2004年(平成16年)9月号559頁。
  5. ^ 地理学研究会 編(1975)"尾留川正平先生略歴・著作目録"東京教育大学地理学研究報告.XIX:1-10.(1ページより)
  6. ^ 岸本実(1978)"尾留川正平教授の逝去を悼む"立正大学文学部論叢.61:3-6.(3ページより)
  7. ^ 最古参プロレス評論家菊池孝氏死去 日刊スポーツ 2020年11月10日閲覧
  8. ^ 鳩山邦夫元総務相が死去 67歳”. 産経ニュース (2016年6月22日). 2020年11月14日閲覧。
  9. ^ 今野宏美(こんのひろみ)の解説”. goo人名事典. 2020年12月1日閲覧。
  10. ^ James Wolfe British general Encyclopædia Britannica
  11. ^ 中北千枝子さん死去/女優”. 四国新聞社 (2005年9月15日). 2020年11月27日閲覧。
  12. ^ NBA=殿堂入りのマローン氏、60歳で死去 ロイター 2015年9月14日
  13. ^ ジャン=リュック・ゴダール監督が死去 91歳 映画.com 2022年9月13日 18:01
  14. ^ 「北斗の拳の日」(9月13日)の記念日登録証授与式が東京・赤坂で行われ、原作者の武論尊氏と作画担当の漫画家原哲夫氏、ギタリストの布袋寅泰氏が登壇しました。,一般社団法人 日本記念日協会,2023年9月24日

関連項目[編集]