慶応

慶応3年(西暦1867年)に発行された年だったので、の絵が描かれている。

慶応けいおう旧字体慶應)とは、日本元号の1つである。 元治の後、明治の前。大化以降243番目の元号である。1865年から1868年までの期間を指す。この時代の天皇孝明天皇明治天皇江戸幕府将軍徳川家茂徳川慶喜

江戸時代最後の元号であり、一世一元の制導入(一世一元の詔発布)以前の最後の元号である。

改元[編集]

経緯[編集]

3月17日、朝廷から京都所司代松平定敬に対して「乾永・文隆・大暦・万徳・慶応・明定・天政」の7案が伝えられ、定敬は幕府に報告したが、将軍・徳川家茂が朝廷に対して「何以被採用所存無之候」「叡慮之通慶応可然被存候」と述べて改元については孝明天皇の意向に全て従うという意見書を出し、改元当日の御所での儀式を諸藩代表に公開するなど、江戸幕府創設以来幕府が奏上してきた改元制度が終焉したことを示すものとなった[2]

なお、この改元の勘申を命ぜられた高辻修長から出された案の中に「平成」が含まれていた[3]が最終の7案には残らず、この時には採用されなかった。「平成」は124年後の1989年1月8日に採用された[注 2]

出典[編集]

文選』の「(まさ)に輝くべし」より。勘申者は唐橋在光

慶応年間の出来事[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

西暦との対照表[編集]

※は小の月を示す。

慶応元年(乙丑 四月 五月※ 閏五月 六月※ 七月 八月 九月※ 十月 十一月 十二月※
グレゴリオ暦 1865/5/1[注 3] 5/25 6/23 7/23 8/21 9/20 10/20 11/18 12/18 1866/1/17
慶応二年(丙寅 一月 二月※ 三月 四月※ 五月※ 六月※ 七月 八月 九月※ 十月 十一月 十二月
グレゴリオ暦 1866/2/15 3/17 4/15 5/15 6/13 7/12 8/10 9/9 10/9 11/7 12/7 1867/1/6
慶応三年(丁卯 一月※ 二月 三月※ 四月 五月※ 六月※ 七月※ 八月 九月※ 十月 十一月 十二月
グレゴリオ暦 1867/2/5 3/6 4/5 5/4 6/3 7/2 7/31 8/29 9/28 10/27 11/26 12/26
慶応四年(戊辰 一月※ 二月 三月 四月※ 閏四月※ 五月 六月※ 七月※ 八月 九月※
グレゴリオ暦 1868/1/25 2/23 3/24 4/23 5/22 6/20 7/20 8/18 9/16 10/16–10/23[注 4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 原則として甲子革令の年から戊辰革運の年までの間には改元は行われず、1865年干支である乙丑の年に改元が行われた先例は久安1145年)の1度しかない。にもかかわらず、この年に改元が行われたのは徳川家康の250回忌を祈念してのものとされる[1]
  2. ^ 明仁がこの前日(昭和64年1月7日)に日本国憲法皇室典範の定めるところにより皇位を継承した事に伴い、元号法の規定により「元号を改める政令」が公布・施行された為。
  3. ^ 1865年5月1日(元治2年4月7日)慶応に改元。
  4. ^ 1868年10月23日(慶応4年9月8日明治に改元。

典拠[編集]

  1. ^ 青山忠正 『明治維新を読みなおす: 同時代の視点から』清文堂出版、2017年2月13日、16頁。ASIN 4792410665ISBN 978-4-7924-1066-7NCID BB23128933OCLC 979572270全国書誌番号:22906258 
  2. ^ 久保貴子「改元にみる朝幕関係」 『近世の朝廷運営-朝幕関係の展開-』岩田書院〈近世史研究叢書〉、1998年5月、289-290頁。ASIN 4872941152ISBN 4-87294-115-2NCID BA36504021OCLC 41119852全国書誌番号:99014449 
  3. ^ 森鴎外「慶應」 『元号考』 第二十巻、岩波書店〈鴎外全集〉、1973年、426頁。