白雉

白雉はくち、びゃくち、しらきぎすは、日本元号のひとつで大化の後、朱鳥の前。西暦650年から654年までの期間を指す(九州年号では、652年から661年までの期間を指す)。この時代の天皇は孝徳天皇

改元[編集]

由来[編集]

同年2月9日(ユリウス暦3月16日)、穴戸国(あなとのくに、後の長門国)の国司草壁醜経が白雉(しろきぎす、白いキジ)を献上したことによる。

白雉年間の出来事[編集]

死去[編集]

  • 5年
    • 10月10日 - 孝徳天皇

西暦との対照表[編集]

白雉 元年 2年 3年 4年 5年
西暦 650年 651年 652年 653年 654年
干支 庚戌 辛亥 壬子 癸丑 甲寅

典拠[編集]

  • 漢書』巻12 平帝紀
    • 「元始元年正月越裳氏、重訳献白雉

出典[編集]

日本書紀』巻25 孝徳天皇
改元白雉

関連項目[編集]