天平感宝

天平感宝てんぴょうかんぽう旧字体天平󠄁感寶)は、日本元号の一つ。天平の後、天平勝宝の前。日本で初めて使われた四文字の年号でもある。この時代の天皇聖武天皇

天平からの改元749年のことであるが、同年のうちに天平勝宝に改元されたため、後に書かれた書物では天平感宝の元号が使われることはない。『正倉院文書』や木簡には「天感」「感宝」と省略されている例が見られる。

聖武天皇は、国内初の金の産出を神仏のもたらした奇跡とし、特に三宝(仏教)に感謝をしめし東大寺大仏の前でおこなわれた4月1日の宣命のなかで、国民ともに現人神として黄金を受け取り、皆に恵みを与え政治をするために「御代の年号に字を加え賜わく」と述べている。四字年号は中国の武則天の天冊万歳、万歳登封などの先例にならったとされている[1]

改元[編集]

天平感宝年間の出来事[編集]

  • 天平感宝元年(749年
    • 5月:大安寺など12寺に墾田地・稲などを寄進する。
    • 7月:諸寺の墾田地の限度額を定める。

西暦との対照表[編集]

※は小の月を示す。

天平感宝元年(己丑 一月 二月※ 三月※ 四月 五月 閏五月※ 六月 七月※ 八月 九月 十月※ 十一月 十二月※
ユリウス暦 749/1/23 2/22 3/23 4/21 5/21 6/20 7/19 8/18 9/16 10/16 11/15 12/14 750/1/13

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 続日本紀2 - ISBN 4582804896

関連項目[編集]