経済学者

経済学者けいざいがくしゃ: Economist)とは、経済の研究をしたり、その結果得られた理論やその体系(経済学)を社会に提言・実践したりする経済の専門家のこと。シンクタンクや金融機関などでの研究、官公庁での経済政策の立案、大学での研究など、経済全般に係わる専門的な知識や技能を活用する職業を、英語の原語に応じてエコノミストともいう[1]

また、経済学の理論や概念を研究、開発、応用し、経済政策について執筆することもある。この分野には、広範な哲学的理論から、特定の市場内の瑣末なことに焦点を当てた研究、マクロ経済分析、ミクロ経済分析または財務諸表分析まで、多くの下位分野があり、計量経済学統計経済学計算モデル金融経済学数理ファイナンスおよび数学経済学などの分析手法およびツールが含まれる。

経済学者は、学界政府民間企業など多くの分野で活躍しており、経済活動、経済信頼度、消費者態度の傾向を見極めるためにデータや統計を研究する。彼らは、統計分析数学コンピュータプログラミングの高度な方法を用いてこれらの情報を評価し、システムの効率を改善したり、トレンドが始まったときにそれを利用する方法について提言する[要出典]

政府や大学以外にも、経済学者は銀行金融会計商業マーケティング経営ロビー活動非営利・非利益団体などで活躍している。[2]

著名な経済学者[編集]

日本の経済学者[編集]

その他[編集]

経済理論を研究する経済学者とは区別されるものとして[要出典]、一般社会に向けて経済の現状分析や将来動向についての解説、評論を行う人物を経済評論家(: Economic pundit)という。なお、政治の評論家を政治評論家Political pundit)という。

主な経済評論家は、Category:日本の経済評論家を参照。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「エコノミスト」証券用語解説集野村證券
  2. ^ Economics Jobs and Economist Jobs - Econ-Jobs.com”. www.econ-jobs.com. 2022年9月6日閲覧。
  3. ^ a b c 池尾 2006, p. 20.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 三土修平『経済学史』新世社, 1993年、p9-17.
  5. ^ a b c d e f g h How 10 Influential Economists Changed America's History
  6. ^ a b c Famous Economists,UCL.
  7. ^ セーの法則』 - コトバンク
  8. ^ クールノー』 - コトバンク
  9. ^ ゴッセン』 - コトバンク
  10. ^ 池尾 2006, p. 85.
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n J.Schumpeter, Ten great economists, Oxford University Press, 1951
  12. ^ 限界効用学派』 - コトバンク
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t The Best Economists of the 20th Century
  14. ^ 限界効用学派』 - コトバンク
  15. ^ 限界効用学派』 - コトバンク
  16. ^ 池尾 2006, p. 52-60.
  17. ^ a b c d e f g h i j Notable 20th Century Economists,The University of Texas at Austin
  18. ^ a b c 池尾 2006, p. 156-158.
  19. ^ a b 酒井泰弘「フォン・ノイマン、モルゲンシュテルンとゲーム理論の世界--ゼロ和ゲームの批判的再評価(1)」2001-01 筑波大学経済学論集45号、p1-42.
  20. ^ 池尾 2006, p. 123-9.
  21. ^ a b c d e f g h Top Influential Economists Today
  22. ^ a b c 青木浩介「ノーベル経済学賞バーナンキ氏、実証と実行が後の理論を先導」日経ビジネス2022.10.21
  23. ^ ニューズウィーク2019年10月15日ノーベル経済学賞は米大教授3氏に 貧困層の子どもたち支援した実践的取り組み評価
  24. ^ a b c d e f g 経世論』 - コトバンク
  25. ^ a b c d e f 馮天瑜, 呉咏梅「中国語、日本語、西洋語間の相互伝播と翻訳のプロセスにおける「経済」という概念の変遷」『日本研究』第31巻、国際日本文化研究センター、2005年10月、 159-190頁、 doi:10.15055/00000618NAID 120005681573
  26. ^ a b リー・サンベック「書評 Aiko Ikeo, A History of Economic Science in Japan:The internationalization of economics in the twentieth century (Routledge,2014)」早稲田商学第 441・442 合併号 2015年3月、p131-6.
  27. ^ 藤原昭夫「福沢諭吉の経済論」日本経済評論社 (1998)
  28. ^ 池尾 2006, p. 68-70,182-4,199-202.
  29. ^ 池尾 2006, p. 39-42.79.
  30. ^ a b 池尾 2006, p. 43-48.
  31. ^ 池尾 2006, p. 68-70.
  32. ^ 池尾 2006, p. 76,84.
  33. ^ 池尾 2006, p. 76.
  34. ^ 池尾 2006, p. 185-189.
  35. ^ a b 池尾 2006, p. 95-97.
  36. ^ 池尾 2006, p. 76,99,117,131-5.
  37. ^ 池尾 2006, p. 61-65.
  38. ^ 池尾 2006, p. 11,76,89.
  39. ^ 池尾 2006, p. 92-4.
  40. ^ 池尾 2006, p. 15,76.
  41. ^ 池尾 2006, p. 76,98-9,103,113,119-122,131-4.
  42. ^ 池尾 2006, p. 118.
  43. ^ 池尾 2006, p. 113,129-130.
  44. ^ 池尾 2006, p. 107,142-7,165-172.
  45. ^ 池尾 2006, p. 20,107.
  46. ^ 池尾 2006, p. 161.
  47. ^ a b 池尾 2006, p. 142-7.

参考文献[編集]

  • Schumpeter, Joseph A. (1951). Ten great economists: from Marx to Keynes. New York Oxford: Oxford University Press. OCLC 166951 :『十大経済学者:マルクスからケインズまで』中山伊知郎東畑精一監修.日本評論社、1952年
  • 三土修平『経済学史』新世社, 1993年
  • 池尾, 愛子 (2006), 日本の経済学:20世紀における国際化の歴史, 名古屋大学出版会 

関連項目[編集]