中央アジア

中央アジア
中央アジアのいくつかの定義。狭い順に
  ソ連の定義
  現代的な定義
  UNESCOの定義
中央アジアの位置

中央アジア(ちゅうおうアジア、英語: Central Asia)は、ユーラシア大陸またアジア中央部の内陸地域である。18世紀から19世紀にかけては一般にトルキスタンを指したが[1]、現在でも使用される。トルキスタンとは「テュルクの土地」を意味し、テュルク(突厥他)系民族が居住しており、西トルキスタン東トルキスタンの東西に分割している。

西トルキスタンには、旧ソ連諸国のうちカザフスタンキルギスタジキスタントルクメニスタンウズベキスタンの5か国が含まれる(以下、中央アジア5か国と記す)

東トルキスタンは中華人民共和国に併合されて以降、新疆省となり、中華人民共和国に併合されて以降は新疆ウイグル自治区となった。中国領トルキスタン、ウイグリスタンともいう。

広義には、「アジアの中央部」を意味し、東西トルキスタンのほか、カザフステップジュンガル盆地チベットモンゴル高原アフガニスタン北部、イラン東部、南ロシア草原を含む[2]UNESCOはトルキスタン以外にも、モンゴル地域、チベット地域、アフガニスタンイラン北東部、パキスタン北部、インド北部、ロシアシベリア南部などを中央アジア概念の中に含めている。

定義[編集]

中央アジアの概念はドイツアレクサンダー・フォン・フンボルト1843年に提唱した。その他、古生物学などでは、モンゴルを中央アジア、中央アジア5か国を中部アジアと言って区別することがある。

旧ソ連における定義[編集]

ソビエト連邦は、現代の中央アジア5か国からカザフスタンを除いた地域にあたる、キルギスССРタジクССРトルクメンССРウズベクССРの4共和国Средняя Азияと定めていた。一方、より広い範囲(歴史的ロシアに含まれない範囲)を示すЦентральная Азияという語もあった。これらはともに中央アジア (Central Asia) と訳された。

ソビエト連邦の崩壊後、中央アジア5か国はカザフスタン中央アジアに含まれると宣言した。これが現在もっともよく使われる中央アジアの定義である。

旧ソ連の文献では「スレドニャヤ・アジア(ミドルアジア)」と「ツェントラリナヤ・アジア(中央アジア)」とが使い分けられてもいた[2]。「ソ連中央アジア(ソビエツカヤ・スレドニャヤ・アジア)」という言い方もあった。

UNESCOにおける定義[編集]

UNESCOは、より広い範囲を中央アジアと定めている。それには中央アジア5か国のほか、中国新疆ウイグル自治区モンゴル地域(モンゴル国内蒙古自治区など)、チベット地域(チベット自治区青海省など)、アフガニスタンイラン北東部、パキスタン北部、インドジャム・カシミールロシアシベリア南部が含まれる。なお、この範囲が定められたのはソ連崩壊前である。

東洋史研究における定義など[編集]

日本をはじめとする東洋史研究においては従来、中央アジアという概念は、次の3つの観点から用いられてきた[4]

  1. シルクロードなどの東西交渉史
  2. 中国による西域統治史
  3. トルコ民族史

このような「東西」軸の見方に対して、歴史家間野英二は中央アジア住民が意識していたのはむしろ、北方遊牧民との関係であり、南北軸の見方を提唱しながら、東のゴビ砂漠、西のカスピ海、南のコペト・ダウヒンドゥークシュ山脈コンロン山脈、北のアルタイ山脈カザーフ草原に囲まれた地域を、中央アジアとした[5]

日本の外務省における定義[編集]

日本の外務省は、中央アジア5か国について、ヨーロッパの一部として定義している。[6]

トルキスタン[編集]

トルキスタンには、以下の国がある。いずれの国名も「スタン (stan)」で終わっているが、これは「国」を表す語であり、それぞれ特定の民族の国を意味している。

歴史[編集]

中央アジアの国

中央アジアの歴史は、「中央アジア」をどう見るかによって様相を異にするが、一般に、ユーラシア大陸内陸部を拠点とする遊牧民族、およびオアシス国家[4]の歴史を指す。

歴史上、中央アジアの遊牧民は、北アジアモンゴル高原から中央アジア・イラン高原アゼルバイジャンカフカスキプチャク草原アナトリアを経て東ヨーロッパバルカンまでを活動領域としてきた。匈奴サカスキタイの時代から、パルティア鮮卑突厥ウイグルセルジュークモンゴル帝国などを経て近代に至るまでユーラシア大陸全域の歴史に関わり、遊牧生活によって涵養されたの育成技術と騎射の技術、卓越した移動力、騎兵戦術に裏打ちされた軍事力、そして交易で歴史を動かしてきた。遊牧民を介してユーラシア大陸の東西はシルクロードなどを用いて交流し、中国火薬などの技術がモンゴル帝国を通じてヨーロッパに伝わってもいる[7]

言語[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典、TBSブリタニカ。1995年。
  2. ^ a b 世界大百科事典、平凡社、間野英二執筆記事「中央アジア」
  3. ^ UNSD — Methodology
  4. ^ a b 間野英二「中央アジアの歴史」講談社
  5. ^ 間野英二「中央アジアの歴史」講談社,1977年、11頁
  6. ^ 欧州局|外務省 - 直下の中央アジア・コーカサス室が管轄。
  7. ^ 中央アジア史とは” (日本語). コトバンク. 日本大百科全書 (ニッポニカ). 2022年6月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • ウィキボヤージュには、中央アジアに関する旅行情報があります。
  • 一橋大学経済学部 水岡ゼミナール巡検報告 中央アジア2003夏
  • 斎藤稔、「ソ連解体後の中央アジア諸国」『経済志林』 1997年 65巻 1号 p.111-140, 法政大学経済学部学会, NCID AN00071028
  • JETROアジア経済研究所 中央アジアリンク集
  • 日本中央アジア学会
  • 中央アジア・コーカサス研究所
  • 国際協力銀行 中央アジアへの円借款業務 (PDF)
  • 中央アジア』 - コトバンク