高良鉄美

Wikipedia open wikipedia design.

高良 鉄美
たから てつみ
生年月日 (1954-01-15) 1954年1月15日(65歳)
出生地 日本の旗 沖縄県那覇市
出身校 九州大学法学部
九州大学大学院
前職 琉球大学名誉教授
現職 参議院議員
所属政党 沖縄社会大衆党沖縄の風
公式サイト タカラ鉄美【公式サイト】

選挙区 沖縄県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2019年7月29日 - 現職
テンプレートを表示

高良 鉄美(たから てつみ、男性、1954年1月15日 - ) は、日本憲法学者政治家琉球大学大学院法務研究科法科大学院名誉教授参議院議員(1期)。父は動物学者で第8代琉球大学学長の高良鉄夫

来歴[編集]

沖縄県那覇市出身。沖縄県立那覇高等学校卒業後、九州大学法学部へ進学。1981年九州大学大学院法学研究科にて法学修士号を取得。1984年、同研究科博士課程公法学専攻)を単位取得退学。

1984年、琉球大学に着任。助手講師を経て、1988年より法文学部助教授1995年より教授。2019年退任。

2019年1月沖縄社会大衆党委員長糸数慶子の後継として同年7月に行われる第25回参議院議員通常選挙にて沖縄県選挙区より立候補することを表明。立候補は沖縄社大党の要請によるもので、高良はその後同党の党籍を取得した[1][2]5月8日、那覇市内で正式に出馬表明を行った[3]7月21日に行われた参院選に参議院一人区沖縄県選挙区から無所属で立候補、自由民主党新人の安里繁信らを破り初当選した[4]

人物[編集]

  • 沖縄の憲法学者として、特に憲法9条平和的生存権について積極的な主張を行っている。
  • ソフト帽パナマ帽チロリアンハットなど全周にブリムのあるタイプの帽子を愛用しており、屋内でも脱帽しないことが多い。これは、学生と県議会の傍聴に出かけた際に、着帽が規則違反であるとして入場を拒否されたことに由来する。議会の傍聴は、明治憲法下では「恩恵」であったものの、国民主権を採用する現憲法下においては国民の権利へと変容しており、議事進行を妨げない着帽という理由をもって傍聴禁止を行う理由はなく、そのおかしさを訴えたいとの考えから、それ以降帽子を常に着用しているという[5]
  • 2019年10月26日、沖縄自主の会主催の「美ら島講座」にて講演[6]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “高良鉄美氏、参院選立候補へ 沖縄 社大党が要請、15日にも受諾”. 沖縄タイムス. (2019年3月10日). https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/394613 2019年7月26日閲覧。 
  2. ^ “【参院選】中盤情勢・九州沖縄 大分、安達VS礒崎”. 産経新聞. (2019年7月11日). https://www.sankei.com/politics/news/190711/plt1907110011-n2.html 2019年7月26日閲覧。 
  3. ^ http://www.miyakomainichi.com/2019/05/119674/
  4. ^ “辺野古反対の高良氏「政府、民意受け止めて」 参院沖縄”. 朝日新聞. (2019年7月21日). https://www.asahi.com/articles/ASM7P5KNLM7PTPOB001.html 2019年7月24日閲覧。 
  5. ^ 『朝日新聞』「ひと」欄(1996年3月22日)
  6. ^ 上念司twitter

外部リンク[編集]



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek