2019年スーダンクーデター

Wikipedia open wikipedia design.

2019年スーダンクーデター
Su-map.png
首都ハルツームの位置
2019年4月11日
場所スーダンの旗 スーダンハルツーム
結果 オマル・アル=バシール大統領を解任、30年間の長期政権に幕。
衝突した勢力
スーダン国防軍の旗 スーダン国防軍 スーダンの旗 バシール政権
指揮官
アフメド・アワド・イブンオウフ オマル・アル=バシール
被害者数
不明 不明

2019年スーダンクーデター(2019ねんスーダンクーデター)は、2019年4月11日スーダンで同国国防軍英語版により企図された政変である。この結果、オマル・アル=バシールは大統領を解任され、30年に及ぶ長期政権は終焉を迎えた。

背景[編集]

オマル・アル=バシールは1989年に民族イスラーム戦線と連携して無血クーデター英語版により大統領の座に就き[1]、以降30年間の長期に渡り政権を維持し続けた。しかし1993年にアメリカがスーダンをテロ支援国家に指定したことで国際社会で孤立状態となり、2003年より同国西部で続いているダルフール紛争において住民の殺害を命じた疑いで、2009年には国際刑事裁判所(ICC)が逮捕状を発行するなど、欧米諸国からは独裁者と呼ばれた[2]

2018年12月19日、政府がパンの値段を3倍に引き上げたことをきっかけとして複数の州で抗議デモが発生[3]。10日足らずで住民と治安部隊の双方合わせ数十名の死者を出す事態へと発展した。これに対し機動隊や警備隊は鎮圧のため催涙ガスを用いたほか、EUなどは治安部隊が住民に対して実弾を使用したと非難した[3]。また治安当局は抗議デモを報じるマスコミ関係者を殴打・逮捕するなどの言論弾圧を行ったため、同国のジャーナリストが作るスーダン・ジャーナリスト・ネットワークが抗議デモと連携しストライキに突入するなど抗議の輪が広がり[4]、やがて食料価格の高騰だけでなく、燃料や外貨の慢性的な不足を招いた経済失政の非難も加わり[5]、バシール大統領の退陣を求める反政府運動へと変化していった[3]。国際社会からは住民に弾圧を行うスーダン政府への批判の声が高まり、アメリカも関係改善の動きに水を差すと警告した[1]

一連の反政府運動によりバシール体制に動揺が走り、2019年2月23日、バシール大統領は事態収拾のためスーダン全土に1年間の非常事態宣言を発令し、またモッタツ・ムーサ英語版政権や地方政府を解体すると発表した[6]。しかし非常事態宣言でもデモは収まらず、2月24日にモハメド・ターヒル・アヤラ英語版ジャジーラ州知事を新首相に、またアフメド・アワド・イブンオウフ国防大臣を第1副大統領に任命した[7]。さらに2月25日には無許可での会合や集会を禁止したほか、国民や統治体制に悪影響を及ぼすと当局が判断したニュースについて、ソーシャルメディアを含むあらゆる媒体での公開を禁じた[8]。スーダン議会はバシールの発令した非常事態宣言の承認には消極的であったが、結局は6ヶ月に短縮した上で宣言を認める案を3月11日に可決した[9]

4月6日にはデモ隊が軍本部前に到達し、軍に対して国民の側につくよう要求[5]、付近で野営を開始した。一連の反政府デモに対し国防軍は介入してこなかったが、この頃から軍の地位の低い将校らもデモに加わるようになった[10]。4月8日、デモを主導する自由・変革同盟は軍に対し、暫定政府樹立に向けた直接協議の開始を呼び掛けた[11]。デモを呼びかけたネットワークは、数十万人がデモに参加したと推計している[12]。バシール政権与党の国民会議はデモ鎮圧に加わることを拒否するなど、バシール大統領の孤立は深まっていった[10]

推移[編集]

クーデターの発生[編集]

2019年4月11日午前3時半、バシール大統領のもとに主要4治安機関のトップが訪問。大統領辞任以外の選択肢はないと通告されたバシールは従う意向を示し、自宅で軍に軟禁されることとなった[13]。その後、ロイター通信がバシールが大統領を辞任したとの政府消息筋の話を報じ、間もなく軍による重要声明が発表されると伝えた[2]

イブンオウフ第1副大統領兼国防大臣はテレビ演説を行い、国防軍がバシール大統領を解任し、安全な場所で身柄を拘束していることを発表した。また3ヶ月間の非常事態宣言を行い、憲法の停止も宣言したほか、バシール政権下で紛争が続いたダルフール青ナイル州南コルドファン州を含む全土での戦闘停止も宣言した[14][15]。国土上空の空域や国境検問所は常時閉鎖されることとなった[13]

今後については、暫定政権樹立に向けて軍事評議会を設置し、2年後に選挙を実施する意向も表明した[14]ほか、バシールを訴追する意向も表明したが、ICCへの身柄引き渡しは否定した[16]。国民に対しては、午後10時から午前4時までの夜間外出を禁じた(これに関しては後に撤回された)[10]

このほかバシール体制を支えてきた情報機関・国家情報治安局英語版(NISS)は、全土で政治犯を釈放すると発表した[14]

軍部への不満[編集]

クーデター開始当初はバシールが大統領を辞任したという報道が広まり、退陣を求めるデモ隊からは喜びの声があがった。しかし軍部によるクーデターであることが判明すると、イブンオウフ第1副大統領兼国防大臣に対する不満の声が挙がった[13]。またデモ隊は軍による暫定政権を拒否し、デモ活動を続けると表明した[17]。このため4月12日にイブンオウフは暫定軍事評議会議長を辞任し、アブドゥルファッターハ・ブルハーン・アブドルラフマン英語版中将が後任の議長に就任した[18]。翌13日、ブルハーンは旧バシール政権を一掃すると宣言し、また拘束されているデモ参加者を釈放する旨も表明した[18]。4月13日夜にはデモ隊の代表が軍事評議会に対し、文民代表の参加や文民政権の樹立などを要望。翌14日、軍事評議会はイブンオウフを旧政権の一員とみなし、国防大臣から解任した[19]。このほかバシール旧政権時代に情報機関NISSのトップだったサラー・ゴーシュ英語版を解任したほか、当初設定されていた夜間外出禁止令も解除し、また旧政権の関係者数名を起訴する方針とした[20]

アフリカ連合は軍が実権を掌握したことを問題視し、15日以内に民法が制定されない場合は加盟国としての資格を停止すると警告した[20]

各国の反応[編集]

  • アメリカ合衆国の旗 - アメリカ合衆国国務省は、文民政権への移行を要求したほか、スーダンとの関係改善に向けた対話を当面中止すると表明[21]
  • Flag of the African Union.svg - アフリカ連合は軍が実権を掌握したことについて、スーダンの抱える課題を解決するものではないと懸念を表明[16]

出典[編集]

  1. ^ a b “スーダン各地で反政府デモ、新たに1人死亡 バシル政権の脅威に”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年1月25日). https://www.afpbb.com/articles/-/3208032 2019年4月11日閲覧。 
  2. ^ a b “スーダンのバシル大統領が辞任と政府筋、軍が重要声明発表へ”. ロイター. (2019年4月11日). https://jp.reuters.com/article/sudan-politics-idJPKCN1RN121 2019年4月11日閲覧。 
  3. ^ a b c “スーダン反政府デモ、死者数は24人に パンの値上げがきっかけ”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年1月13日). https://www.afpbb.com/articles/-/3206229 2019年4月11日閲覧。 
  4. ^ “スーダンでパンの値上げに抗議、デモで19人死亡 記者らもスト突入”. AFPBB News. フランス通信社. (2018年12月28日). https://www.afpbb.com/articles/-/3204389 2019年4月11日閲覧。 
  5. ^ a b “スーダンの反政府デモ、初めて軍本部前に到達 「国民の側に付け」と軍に要求”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年4月7日). https://www.afpbb.com/articles/-/3219636 2019年4月11日閲覧。 
  6. ^ “スーダン大統領が非常事態宣言 反政府デモ沈静化狙う”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年2月23日). https://www.afpbb.com/articles/-/3212515 2019年4月11日閲覧。 
  7. ^ “バシル大統領、新首相ら任命=反政府デモは継続-スーダン”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年2月24日). https://www.afpbb.com/articles/-/3212614 2019年4月11日閲覧。 
  8. ^ “スーダン大統領、無許可集会の禁止を命令 ソーシャルメディア制限も”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年2月26日). https://www.afpbb.com/articles/-/3212902 2019年4月11日閲覧。 
  9. ^ “スーダン議会、大統領の非常事態宣言を期間短縮で承認”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年3月12日). https://www.afpbb.com/articles/-/3215221 2019年4月11日閲覧。 
  10. ^ a b c “Sudan’s military overthrows president following months of popular protests”. The Washington Post. ワシントン・ポスト. (2019年4月11日). https://www.washingtonpost.com/world/africa/sudans-military-expected-to-announce-overthrow-of-president-following-months-of-popular-protests/2019/04/11/bedcc28e-5c2b-11e9-842d-7d3ed7eb3957_story.html 2019年4月11日閲覧。 
  11. ^ “スーダン反大統領デモ隊、軍に暫定政府樹立の協議呼び掛け”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年4月9日). https://www.afpbb.com/articles/-/3219881 2019年4月11日閲覧。 
  12. ^ “スーダン首都で大規模デモ、5人死亡 大統領の退陣求める”. CNN.co.jp. CNN. (2019年4月8日). https://www.cnn.co.jp/world/35135445.html 2019年4月11日閲覧。 
  13. ^ a b c “スーダンでクーデター、バシル大統領が辞任 30年の政権に幕”. CNN.co.jp. CNN. (2019年4月12日). https://www.cnn.co.jp/world/35135689.html 2019年4月12日閲覧。 
  14. ^ a b c “スーダン大統領が辞任=30年の強権支配に幕-軍主導で政権移行評議会”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年4月11日). https://www.afpbb.com/articles/-/3220380 2019年4月11日閲覧。 
  15. ^ “スーダン軍、大統領を追放し拘束”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年4月11日). https://www.afpbb.com/articles/-/3220375 2019年4月12日閲覧。 
  16. ^ a b “スーダン、バシル前大統領を訴追へ 国外引き渡しは否定”. CNN.co.jp. CNN. (2019年4月13日). https://www.cnn.co.jp/world/35135706.html 2019年4月17日閲覧。 
  17. ^ “スーダンのデモ隊、軍による政権移行を拒否 抗議継続を宣言”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年4月12日). https://www.afpbb.com/articles/-/3220426 2019年4月12日閲覧。 
  18. ^ a b “スーダン暫定軍事評議会新議長、「バシル政権一掃」と明言 改革姿勢をアピール”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年4月14日). https://www.afpbb.com/articles/-/3220713 2019年4月15日閲覧。 
  19. ^ “Sudan military leaders sack defence minister in purge of top officials”. The Guardian. (2019年4月14日). https://www.theguardian.com/world/2019/apr/14/sudan-protesters-demand-civilian-government-in-talks-with-military-rulers 2019年4月15日閲覧。 
  20. ^ a b “African Union gives Sudan 15 days to establish civil rule”. CNN.com. CNN. (2019年4月16日). https://edition.cnn.com/2019/04/16/africa/sudan-african-union-deadline-intl/index.html 2019年4月17日閲覧。 
  21. ^ “スーダンに文民政権移行要求=2国間対話は当面中止-米”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2019年4月12日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041200330&g=int 2019年4月12日閲覧。 


This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek