飛田本通駅

Wikipedia open wikipedia design.

飛田本通駅
Nankai Tobita-hondori stn.JPG
とびたほんどおり
TOBITAHONDŌRI
今池町 (0.4km)
(0.9km) 天王寺
所在地 大阪府大阪市西成区山王
所属事業者 南海電気鉄道
所属路線 天王寺支線
キロ程 0.4km(今池町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式1面1線
開業年月日 1984年(昭和59年)11月18日
廃止年月日 1993年(平成5年)4月1日
テンプレートを表示

飛田本通駅(とびたほんどおりえき)は、かつて大阪府大阪市西成区にあった南海電気鉄道天王寺支線1993年(平成5年)に天王寺支線の廃止により廃駅となり、わずか8年半で姿を消した短命駅でもあった。

新規旅客の開拓を見込んで商店街との交差部の踏切脇に設けられた駅であったが、今池町駅と300㍍しか離れておらず、地下鉄の動物園前駅に近いので、乗降客はあまりいなかった。廃線後駅施設は撤去されたが、跡地は判別できる形で残っている。

大門通駅(おおもんどおりえき)は、当駅から数十メートルほど西に行ったところにあった。

当駅の附近にある門は、よく当駅舎の門と勘違いされるが、これはその昔、ジャンジャン街にあった大橋座の持ち主で附近一帯の大地主であった大橋氏の邸宅の跡である。

西隣の今池町駅とはわずかに300メートルしか離れておらず、ホームにいながらにして今池町駅が見渡せた。

歴史[編集]

  • 1984年(昭和59年)
    • 11月18日 南海天王寺支線天下茶屋 - 今池町間が廃止。
    • 12月10日 今池町 - 天王寺間に当駅開業。今池町と天王寺だけでは旅客数が伸び悩むため、新規旅客の開拓のため設置されたものである。
  • 1993年(平成5年)4月1日 南海天王寺支線の残存路線廃止に伴い廃駅。

駅構造[編集]

  • 無人駅。駅舎はなく、ホームは旧上り線の線路上に設けられた簡素なものであった。

駅の所在していた場所[編集]

  • 天王寺公園脇の天王寺交番横にある付近案内図には、日増しに老朽化が進んで見づらくなってきてはいるが、左上部分に当駅が未だ記載されているのを見ることができる。

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

南海電気鉄道
天王寺支線
今池町駅 - 飛田本通駅 - 天王寺駅

関連項目[編集]



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek