遠江国

遠江国
地図 令制国 遠江国.svg
-遠江国
-東海道
別称 遠州(えんしゅう)
所属 東海道
相当領域 静岡県大井川以西
諸元
国力 上国
距離 中国
13郡96郷
国内主要施設
遠江国府 静岡県磐田市
遠江国分寺 静岡県磐田市(遠江国分寺跡)
遠江国分尼寺 (未詳)
一宮 小国神社(静岡県周智郡森町
事任八幡宮(静岡県掛川市
テンプレートを表示

遠江国(とおとうみのくに/とほたふみのくに)は、日本の地方行政区分である令制国の一つ。東海道に属する。現在の静岡県西部。

「遠江」の名称と由来[編集]

古くは「遠淡海(とほつあはうみ)」と表記された。「遠淡海」とは都から見て遠くにある淡水湖という意味であり、近江国の「近淡海(ちかつあはうみ)」の琵琶湖と対比される。この「遠淡海」に関しては、一般的に浜名湖を指すとされるが、国府のあった磐田郡の磐田湖(大之浦)を指すとする説も有力視される[1]

沿革[編集]

前史[編集]

神武東征によって故郷を追われた伊勢津彦は、一族の神々と共に東方へ逃亡したが、一族の美志印命神武天皇朝に素賀国造に任命されたと『先代旧事本紀』「国造本紀」に見える。古墳時代には景行天皇倭建命)の東国巡行に伴って物部氏一族の者が次々に国造に任命され、次代の成務天皇朝に印岐美命遠淡海国造に、仲哀天皇朝に印幡足尼久努国造に任務された。

それぞれの治所は遠淡海国が磐田郡、久努国が山名郡袋井市)、素賀国が佐野郡掛川市)とされるが、『先代旧事本紀』には久努直(久努国造家)と佐夜直は同祖としており、素賀国造とは別族であることに留意される。また菊川流域の城飼郡には素賀国造の祖神とされる天之菩卑能命建比良鳥命を祀る式内社や、古墳時代前期から中期の前方後円墳が存在する。

律令時代[編集]

7世紀に、地方豪族であった遠淡海国造・久努国造・素賀国造の領域を合併して遠江国が設置された。

国府所在地は、中世に「見付」と呼ばれたところで、現在の磐田市にあった。

東隣の駿河国との境は大井川であった。奈良時代には、大井川の流路が現在より北を流れていたため、今の栃山川以南が遠江国に含まれていた。具体的には島田市の南部・藤枝市の南部、および焼津市の南部で合併前の大井川町である[2]。大井川町の全域は、明治初期まで遠江国榛原郡であった。

中世後期から近世[編集]

室町時代には斯波氏今川氏が守護に補任される。斯波氏の遠江守護の地位を得たものの、今川氏は遠江回復を図り、同じ足利一門である吉良氏も遠江国内の要地である浜松荘や懸河荘などを支配するなど、不安定な支配が続いた。

戦国時代に元来東の駿河国に強固な地盤をもつの今川氏が斯波氏・吉良氏を圧倒して領国化した。今川氏が衰えると、甲斐国武田氏と、今川配下から独立した三河国徳川家康による今川領分割が約され、遠江は家康が領するとされた。しかし今川支配を駆逐した両氏はまもなく交戦状態となり、山岳部や丘陵部は侵攻した武田氏が支配し、家康の支配は遠州平野や掛川地方を中心とする平地部に限られた。このため家康は浜松城を築いて居城を移し武田氏と対峙した。武田軍と徳川軍が交戦した遠江国の地としては、二俣城高天神城三方ヶ原が有名である。武田軍が伊那地方から遠江国に入る際には、兵越峠経由の連絡線が整備された。

安土桃山時代になると、武田氏滅亡跡に武田領国を確保した家康は関東八カ国に移転し、代わって遠江国には豊臣系大名が配置され、浜松城に堀尾吉晴が、掛川城山内一豊が転入する。

江戸時代になると、吉晴は松江城に、一豊は高知城に移転する。代わって、遠江国には浜松藩掛川藩が設置され、譜代大名が入れ替わりで入った。また、江戸時代には、伊那盆地水窪木材が、天竜川の舟運を利用して遠江国平野部に運搬された。

明治維新以後[編集]

明治維新を迎えると、徳川宗家が遠江国・駿河国・その他に70万石を与えられ静岡藩とされた。石高が約1/10となる大減封での転封であったために俸禄では生活できない士族や、大井川の渡船解禁によって失業した川越人足らは、牧之原台地に入植し緑茶畑を造成した。これ以後、小笠山周辺には、緑茶畑が多く見られる。

廃藩置県の後、旧静岡藩を引き継いだ静岡県から遠江国が分離し浜松県が発足した。しかし、1876年明治9年)8月21日の県合併で、浜松県は静岡県や足柄県の一部(伊豆国)と合併した。この決定に怒った遠江地方民は、何度か遠江国の再分離を明治政府に懇願したが、いずれも却下されて終わった。

1889年(明治22年)に東海道本線が開通すると、江戸時代の天竜川の舟運とも重なって、浜松には綿織物工場や楽器工場が多く立地するようになった。

第二次大戦後になると、東海道新幹線東名高速道路が建設され、遠江地方は、東海地方における農業と工業の要衝となっている。

近代以降の沿革[編集]

国内の施設[編集]

国府[編集]

御殿・二之宮遺跡
(遠江国府推定地)

国府は、『和名抄』では豊田郡、『拾芥抄』では磐田郡である。

初期の国府は、木簡や墨書土器が出土したことから、御殿・二之宮遺跡と推定されるが、決定的証拠は出ていない。平安時代には見付に移転したと見られ、仁治3年(1242年)以後に成立した『東関紀行』には、「遠江の國府(こふ)今の浦に著きぬ」とある[3]。 また、鎌倉時代後期以降に成立した『源平盛衰記』、および建治3年(1277年)または弘安2年(1279年)の日記とされる『十六夜日記』には、「見附の国府」(みつけのこう)とある。

国分寺・国分尼寺[編集]

遠江国分寺跡

国分寺は磐田市中泉にあった。819年に焼失したが、磐田市見付の参慶山延命院薬師国分寺(本尊:薬師如来)がその法燈を伝承する。

国分尼寺は磐田市国府台本町にあった。

神社[編集]

延喜式内社
延喜式神名帳』には、大社2社2座・小社58社60座の計60社62座が記載されている(「遠江国の式内社一覧」参照)。大社2社は以下に示すもので、いずれも名神大社である。
  • 蓁原郡 敬満神社 - 敬満神社島田市)に比定。
  • 浜名郡 角避比古神社 - 明応7年(1498年)の大津波で流され、その後に各地で再建・遷座されたため、論社が3社あり結論が出ていない。明治4年(1871年)に「角避比古神社」として国幣中社に指定されたが、その後、「鎮座地不明」として社格が除かれた。
淡海國玉神社
総社一宮以下
  • 総社:淡海國玉神社(磐田市見付) - 1789年の『遠江国風土記伝』によると、磐田郡向坂郷(匂坂の誤記か)の磐田明神が、国府のある見付に移されて惣社とされたという。
  • 一宮:以下の2説がある。1127年の史料に「遠江国一宮」とあるが、これは笠原荘一宮の高松神社を指す。
  • 二宮:以下の2説がある。中世史料に二宮についての記述はない。

三宮以下はない。

国府八幡宮

守護所[編集]

見付の国府の近隣に有り、中世後期には要塞化して見付城や府中城と呼ばれた。

安国寺利生塔[編集]

利生塔は未詳である。

地域[編集]

[編集]

江戸時代の藩[編集]

遠江国の藩の一覧
藩名 居城 藩主
浜松藩 浜松城
掛川藩 掛川城
横須賀藩 横須賀城
  • 大須賀家:6万石。1601年 - 1615年(館林藩の家督を継ぐため廃藩)
  • 天領:1615年 - 1619年
  • 能見松平家:2万6千石。1619年 - 1621年(出羽上山藩4万石に移封)
  • 井上家:5万2千石。1621年 - 1645年(常陸笠間藩5万4500石に移封)
  • 本多利長:5万石。1645年 - 1682年(改易)
  • 西尾家:2万5千石→3万5千石。1682年 - 1869年(安房花房藩3万5千石に移封)
相良藩 相良陣屋
  • 本多家:1万5千石。1710年 - 1746年(陸奥泉藩1万5千石に移封)
  • 板倉勝清:1万5千石→2万石。1746年 - 1749年(上野安中藩2万石に移封)
  • 本多忠央:1万石。1749年 - 1758年(金森氏に連座・改易)
  • 田沼家:1万石→1万5千石→2万石→2万5千石→3万石→4万7千石→5万7千石→3万7千石。1758年 - 1787年(下村1万石に移封)
  • 天領:1787年 - 1823年
  • 田沼家:1万石。1823年 - 1868年(上総小久保藩1万1270石に移封)
井伊谷藩 井伊谷陣屋
  • 近藤秀用:万5千石→1万7千石。1619年 - 1630年頃(領地を分配したため旗本に)
掛塚藩 掛塚陣屋
  • 加賀爪家:1万1500石→1万石→1万3000石。1641年 - 1681年(改易)
遠江久野藩 久野陣屋

人物[編集]

国司[編集]

遠江守[編集]

定員:1名。官位相当:従五位下 ※日付=旧暦

守護[編集]

鎌倉幕府[編集]

室町幕府[編集]

戦国時代[編集]

戦国大名[編集]

豊臣政権の大名[編集]

武家官位としての遠江守[編集]

江戸時代以前[編集]

江戸時代[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「遠江国」『日本歴史地名大系 22 静岡県の地名』平凡社、2000年。
  2. ^ 『静岡県史』通史編 1(原始・古代篇)481-484頁。
  3. ^ 今の浦は、見付の南隣である。
  4. ^ 阿部 征寛、1977、「『将軍足利尊氏充行下文』と高座郡和田・深見郷について」、『大和市史研究』3号、大和市

参考文献[編集]

関連項目[編集]