近衛道嗣

Wikipedia open wikipedia design.

 
近衛道嗣
時代 南北朝時代北朝
生誕 元弘3年(1333年
死没 元中4年/至徳4年3月17日1387年4月5日
官位 従一位関白左大臣
主君 光明天皇崇光天皇→(後村上天皇)→後光厳天皇後円融天皇後小松天皇
直仁親王(東宮職)
氏族 近衛家
父母 父:近衛基嗣、母:藤井嗣実
正室:洞院実夏養女洞院実世娘)
兼嗣、慈弁、良昭、日秀
特記
事項
後村上天皇出仕は正平一統
テンプレートを表示

近衛 道嗣(このえ みちつぐ)は、南北朝時代公卿近衛家10代当主。

経歴[編集]

関白近衛基嗣の子。官位従一位・関白、左大臣。日記「愚管記」の作者。

天授4年/永和4年10月20日(1378年11月10日)、愚管記にハレー彗星の観測を記録している。貴族達は三社に祈祷を行なわせたり、五壇の祈祷を行なうなどしたという。

系譜[編集]

官職歴[編集]

  • 建武4年10月8日(1337年11月1日) - 暦応元年10月19日(1338年12月1日) 右近衛少将
  • 暦応元年10月19日(1338年12月1日) - 康永3年7月29日(1344年9月6日) 右近衛中将
  • 暦応2年正月13日(1339年2月22日) - 暦応4年12月21日(1342年1月28日) 播磨権守
  • 暦応4年12月21日(1342年1月28日) - 康永3年7月29日(1344年9月6日) 権中納言
  • 康永3年7月29日(1344年9月6日) - 貞和3年9月16日(1347年10月20日) 権大納言
  • 貞和2年10月16日(1346年11月29日) - 貞和4年4月28日(1348年5月26日) 右近衛大将
  • 貞和3年9月16日(1347年10月20日) - 貞和5年9月13日(1349年10月25日) 内大臣
  • 貞和4年4月28日(1348年5月26日) - 貞和4年8月12日(1348年9月5日) 左近衛大将
  • 貞和4年10月27日(1348年11月18日) - 観応3年2月20日(1352年3月6日) 東宮傅直仁親王
  • 貞和5年9月13日(1349年10月25日) - 延文5年9月30日(1360年11月9日) 右大臣
  • 延文5年9月30日(1360年11月9日) - 貞治元年10月4日(1362年10月22日) 左大臣
  • 康安元年11月19日(1361年12月16日) - 貞治2年6月16日(1363年7月27日) 関白

位階歴[編集]

  • 建武4年8月25日(1337年9月20日) 正五位下
  • 建武4年12月24日(1338年1月15日) 従四位下
  • 建武5年正月5日(1338年1月26日) 正四位下
  • 暦応元年10月19日(1338年12月1日) 従三位
  • 康永2年正月5日(1343年1月31日) 正三位
  • 貞和2年(1346年)? 従二位
  • 貞和4年4月12日(1348年5月10日) 正二位
  • 文和4年8月13日(1355年9月19日) 従一位

参考文献[編集]

公職
先代:
九条経教
関白北朝
1361 - 1363
次代:
二条良基
先代:
九条経教
左大臣(北朝)
1360 - 1362
次代:
鷹司冬通
先代:
九条経教
右大臣(北朝)
1349 - 1360
次代:
鷹司冬通
先代:
東宮職設置(直仁親王立太子)
東宮傅直仁親王
1348 - 1352
次代:
東宮職廃止(直仁親王廃太子のため)
先代:
徳大寺公清
内大臣(北朝)
1347 - 1349
次代:
西園寺公重
軍職
先代:
九条経教
左近衛大将(北朝)
1348
次代:
西園寺公重
先代:
徳大寺公清
右近衛大将(北朝)
1346 - 1348
次代:
西園寺公重


This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek