仏教用語
パーリ語 lobha
サンスクリット語 राग (rāga)
日本語
英語 greed, sensuality, desire, attachment or excitement for sensory objects, lust, sexual desire, passion
テンプレートを表示

(とん、: lobha: rāga)は、仏教における煩悩のひとつで、 貪り[1]、心にかなう対象に対する欲求[1]を意味する。別名を貪欲(とんよく[2])、我愛といい五欲の対象である万の物を必要以上に求める心である。[3]。対義語は無貪(alobha)。

定義[編集]

大乗阿毘達磨集論』(Abhidarmasamuccaya)では以下のように述べられている。

貪(rāga)とは何か? それは三界への愛着を本質とし、諸々の苦を引き起こすことを作用とする。[5]
(何等為貪?謂三界愛為体、生衆苦為業。)

抜粋[編集]

Siñca bhikkhu imaṃ nāvaṃ sittā te lahumessati
Chetvā rāgaṃ dosaṃ ca tato nibbāṇamehisi.

比丘よ、この舟から水を汲み出せ。
汝が水を汲み出せば、軽やかに進むであろう。
貪欲瞋恚とを断ったならば、汝は涅槃に達するだろう。

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b 櫻部・上山 2006, p. 115.
  2. ^ 「とんよく【貪欲】」 - 大辞林 第三版、三省堂。
  3. ^ 日本大辞典刊行会編 1975.
  4. ^ 「根本煩悩」 - ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典、2014年、Britannica Japan。
  5. ^ Asaṅga; Walpola Rahula; Sara Boin-Webb (2001). Abhidharmasamuccaya: The Compendium of the Higher Teaching. Jain Publishing. p. 11. ISBN 978-0-89581-941-3. https://books.google.com/books?id=ck4BrBqBdYIC 

参考文献[編集]

関連項目[編集]