豊田きいち

Wikipedia open wikipedia design.

豊田 きいち (とよだ きいち、本名:豊田 亀市、1925年4月6日 - 2013年1月10日)は、日本編集者著作権研究者。

略歴[編集]

1925年生まれ。1949年小学館に入社。1959年に日本初の週刊少年誌となる『週刊少年サンデー』を創刊、初代編集長に就任する。その後、出版部長、取締役を歴任。1984年に小学館を退職。その後、日本児童教育振興財団専務理事、日本ユニ著作権センター代表理事に就任。

2013年1月10日、急性心不全により急逝[1]。87歳没。

著作リスト[編集]

  • 『編集者の著作権基礎知識』(日本エディタースクール、1993年)
  • 『マスメディアと著作権 - 著作権トラブル最前線』(太田出版、1996年)
  • 『著作権と編集者・出版者』(日本エディタースクール、2004年)
  • 『事件で学ぶ著作権』(太田出版、2011年)
  • 『編集 -悪い本ほどすぐできる 良い本ほどむずかしい』(構成:久野寧子、パイインターナショナル、2016年)

監修[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 少年サンデー初代編集長の豊田亀市氏死去 産経新聞 2013年1月15日閲覧

参考文献[編集]

  • 『編集者の著作権基礎知識』(日本エディタースクール、1993年)

外部リンク[編集]



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek