計算化学

計算化学(けいさんかがく、英語: computational chemistry)とは、計算によって理論化学の問題を取り扱う、化学の一分野である。複雑系である化学の問題は計算機の力を利用しなければ解けない問題が多いため、計算機化学と呼ばれることもあるが、両者はその言葉の適用範囲が異なっている。

近年のコンピュータの処理能力の発達に伴い、実験、理論と並ぶ第三の研究手段と考えられるまでに発展した。主に以下の手法を用いて化学の問題を取り扱う。

参考文献[編集]

  • Jensen, F. Introduction to Computational Chemistry; John Wiley & Sons: Chichester, 1999. ISBN 0-4719-8085-4.
  • Cramer, C. J. Essentials of Computational Chemistry; John Wiley & Sons: Chichester, 2005; Second Edition. ISBN 0-470-09181-9.
  • 『実験化学講座』 第5版 「計算化学」 丸善、2004年。
  • 堀憲次・山本豪紀『Gaussianプログラムで学ぶ 情報化学・計算化学実験』丸善出版、2006年
  • 武次徹也編『すぐできる 量子化学計算 ビギナーズマニュアル』平尾公彦監修、講談社サイエンティフィク、2006年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]