解脱

Wikipedia open wikipedia design.

仏教用語
解脱, モークシャ
英語 Deliverance, emancipation, liberation, release
パーリ語 vimutti
サンスクリット語 मोक्ष (mokṣa)
ベンガル語 মোক্ষ
日本語 解脱
タミル語 துறவு-முக்தி-வீடுபேறு-விடுதலை
エンドレス・ノットの意匠は、アジアの多くの国でカルマの象徴とされる[要出典]

解脱(げだつ、: vimokṣa[1]vimukti[2]mukti[1]: vimutti[1]mokkha[3]vimokha, vimokkha[4]モークシャmokṣa[1])とは、解放、悟り、自由、放免を手に入れた状態であり、ヒンドゥー教仏教ジャイナ教シーク教において様々な形で語られる[5] 。解脱を果たしたものを解脱者(: vimukta, : vimutta)と呼ぶことがある[6]

もともとは紀元前7世紀前後の古ウパニシャッドで説かれたもので、インド哲学一般に継承されている観念である[7]。解脱はインド発祥の宗教において最高目標とされてきた[7]

ヒンドゥー教の伝統ではモクシャは中心概念であり[8]ダルマ(道徳、倫理)、アルタ(富、財産、生計)、カーマ(欲望、性欲、情熱)を通して達成される人生の目的である[9]これら4つの目標はプルシャールタ(Puruṣārtha)と呼ばれている[10]

仏教においては、煩悩に縛られていることから解放され、迷いの世界、輪廻などの苦[1][11]を脱して自由の境地に到達すること[2][7]悟ること[7]

ジャイナ教においては、という存在にとって至福の状態である。

原語[編集]

「解脱」は、: vimokṣa: vimukti漢訳である[2][7]。 vimokṣa は毘木叉、毘目叉と音写し、 vimukti は毘木底と音写する[2]

ジャイナ教において[編集]

仏教において[編集]

釈迦菩提樹で成道し、輪廻からの解放を達成したとされる。

akuppā me vimutti. Ayamantimā jāti. Natthidāni punabbhavo’ti.

わが解脱は達成された。これが最後の生まれであり、もはや二度と生まれ変わることはない。

—  パーリ仏典, 聖求経, 26 Ariyapariyesana Sutta, Sri Lanka Tripitaka Project

仏教における解脱は、本来は涅槃と共に仏教の実践道の究極の境地を表す言葉であったが、後に様々に分類して用いられるようになった[2]

分類[編集]

仏教における解脱には、次のような分類がある[2]

  • 有為解脱と無為解脱
  • 性浄解脱と障尽解脱
  • 心解脱と解脱
  • 慧解脱と倶解脱
  • 時解脱と不時解脱

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 「解脱」 - 日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. ^ a b c d e f 総合仏教大辞典 1988, pp. 324-325.
  3. ^ 水野弘元『増補改訂パーリ語辞典』春秋社、2013年3月、増補改訂版第4刷、p.262
  4. ^ 水野弘元『増補改訂パーリ語辞典』春秋社、2013年3月、増補改訂版第4刷、p.298
  5. ^ John Bowker, The Oxford Dictionary of World Religions, Oxford University Press, 978-0192139658, p. 650
  6. ^ vimutta: a. [vimuñcati の pp., Sk. vimukta] 解脱した, 解脱者. -atta 自ら解脱した. -citta 解脱心」水野弘元『増補改訂パーリ語辞典』春秋社、2013年3月、増補改訂版第4刷、p.298
  7. ^ a b c d e 解脱(げだつ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年11月20日閲覧。
  8. ^ John Tomer (2002), Human well-being: a new approach based on overall and ordinary functionings, Review of Social Economy, 60(1), pp 23-45; Quote - "The ultimate aim of Hindus is self-liberation or self-realization (moksha)."
  9. ^ See:
    • A. Sharma (1982), The Puruṣārthas: a study in Hindu axiology, Michigan State University, 9789993624318, pp 9-12; See review by Frank Whaling in Numen, Vol. 31, 1 (Jul., 1984), pp. 140-142;
    • A. Sharma (1999), The Puruṣārthas: An Axiological Exploration of Hinduism, The Journal of Religious Ethics, Vol. 27, No. 2 (Summer, 1999), pp. 223-256;
    • Chris Bartley (2001), Encyclopedia of Asian Philosophy, Editor: Oliver Learman, 0-415-17281-0, Routledge, Article on Purushartha, pp 443;
    • The Hindu Kama Shastra Society (1925), The Kama Sutra of Vatsyayana, University of Toronto Archives, pp. 8
  10. ^ See:
    • Gavin Flood (1996), The meaning and context of the Purusarthas, in Julius Lipner (Editor) - The Fruits of Our Desiring, 978-1896209302, pp 11-21;
    • Karl H. Potter (2002), Presuppositions of India's Philosophies, Motilal Banarsidass, 978-8120807792, pp. 1-29
  11. ^ 「解脱」 - 世界大百科事典 第2版

参考文献[編集]

  • 総合仏教大辞典編集委員会(編)『総合仏教大辞典』上巻、法蔵館、1988年1月。

関連項目[編集]



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek