第31軍 (日本軍)

Wikipedia open wikipedia design.

第31軍
創設 1944年昭和19年)2月18日
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 日本陸軍
部隊編制単位
所在地 サイパン島
通称号/略称
最終上級単位 大本営
最終位置 トラック島
主な戦歴 第二次世界大戦
テンプレートを表示

第31軍(だいさんじゅういちぐん)は、大日本帝国陸軍の一つ。

沿革[編集]

1944年(昭和19年)2月に編成され、南洋庁の北部支庁管内に配置された南部マリアナ地区集団及び北部マリアナ地区集団、東部支庁管内に配置されたトラック地区集団並びにその他の直轄部隊から構成され総兵力は8万名に及び、中部太平洋方面を作戦地域とした。
司令部をサイパン島に置き、アメリカ軍の侵攻に備えていたが、小畑英良軍司令官のパラオ方面出張中にサイパン島の戦いが開始され、司令官一行はサイパン島に戻ることができずグアム島にて指揮を執ることとなった。
サイパン島の戦いは日本軍の敗北に終わり、現地にて司令官の代行として指揮を執っていた井桁敬治参謀長は自害した。その後のグアム島の戦いにおいても日本軍は敗北し小畑軍司令官と後任の参謀長である田村義富は自害。第31軍司令部は壊滅状態となる。
その後トラック島に駐留していた第52師団を中心に第31軍を再編し、終戦まで現地自活により軍を存続させた。

軍概要[編集]

歴代司令官[編集]

  • 小畑英良 中将:1944年2月25日 - 8月11日グアム島で戦死
  • (代)麦倉俊三郎 中将:1944年8月22日 -
  • 麦倉俊三郎 中将:1945年1月20日 -

歴代参謀長[編集]

  • 井桁敬治 少将:1944年2月25日 - 7月6日サイパン島で戦死
  • 田村義富 少将:1944年7月14日 - 8月11日グアム島で戦死
  • 欠員:1944年8月11日 -

最終司令部構成[編集]

  • 司令官:麦倉俊三郎中将
  • 高級参謀:伊藤盛逸大佐    
  • 高級副官:鈴木次郎中佐
  • 経理部長:岡林直樹主計大佐  
  • 軍医部長:大石一朗軍医大佐

最終所属部隊[編集]

工兵・船舶関連部隊
  • 独立工兵第9連隊:金沢義重中佐
  • 船舶工兵第16連隊:恒川政市少佐
  • 第58碇泊場司令部:中野潭中佐 
  • 第60碇泊場司令部:斎藤肇大佐

関連項目[編集]



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek