福崎町

Wikipedia open wikipedia design.

ふくさきちょう
福崎町
七種の滝 柳田國男・松岡家顕彰会記念館内の 柳田國男生家 三木家住宅 神積寺 旧辻川郵便局
Flag of Fukusaki Hyogo.JPG
福崎町旗
Fukusaki Hyogo chapter.jpg
福崎町章
1957年7月10日制定
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
神崎郡
団体コード 28443-2
法人番号 9000020284432
面積 45.79km2
総人口 19,381[編集]
推計人口、2019年6月1日)
人口密度 423人/km2
隣接自治体 加西市姫路市神崎郡市川町
町の木 クロガネモチ
町の花 サルビア
福崎町役場
町長 (不在)
所在地 679-2280
兵庫県神崎郡福崎町南田原3116番地の1
北緯34度57分1.1秒東経134度45分36.9秒座標: 北緯34度57分1.1秒 東経134度45分36.9秒
役場庁舎位置

福崎町役場
外部リンク 福崎町公式ウェブサイト

福崎町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町

 表示 ウィキプロジェクト

福崎町(ふくさきちょう)は、兵庫県の南西部、播磨(中播磨)に位置するである。面積は45.82km2で、東西は10.1km、南北は11.5km。町章は、カタカナの「ク」を二つ組み合わせて「フク」とし図案化したもの(1957年7月制定)。町花はサルビア、町木はクロガネモチ(共に1972年12月に制定)。本項では町制前の名称である福崎村(ふくざきむら)についても述べる。

概要[編集]

兵庫県神崎郡の南側に位置する町であり、1956年5月3日田原村八千種村・旧福崎町の1町2村の合併により成立し、中国自動車道播但連絡道路国道312号・JR播但線福崎駅が通っており、交通の要衝となっている。また、柳田國男の出身地であり、町の中央部に市川が流れている。由来は「福崎新」と「福田」と「山崎」から一文字を取っているため、合成地名でもある。[1] [2]

地理[編集]

姫路市の北(中播磨北部)に位置する内陸の町である。

市川の中流部とその支流である七種川流域を占めている。周囲を低山と丘陵に囲まれた小盆地。北西端にある七種山(683m)は七種の滝、つなぎ岩などの奇勝がある。町の東部には溜池が多く見られる。最も大きいものは姫路市にまたがる西光寺長池で面積26.0ha

国土地理院地理情報によると福崎町の東西南北それぞれの端は以下の位置で、東西の長さは10.1km、南北の長さは11.5kmである。

姫路市への通勤率は25.6%である(平成22年国勢調査)。

北端
北緯35度1分12秒 東経134度42分21秒 / 北緯35.02000度 東経134.70583度 / 35.02000; 134.70583 (福崎町最北端)
西端
北緯35度0分48秒 東経134度41分41秒 / 北緯35.01333度 東経134.69472度 / 35.01333; 134.69472 (福崎町最西端)
中心点
北緯34度58分7秒 東経134度45分0秒 / 北緯34.96861度 東経134.75000度 / 34.96861; 134.75000 (福崎町中心点)
東端
北緯34度58分11秒 東経134度48分19秒 / 北緯34.96972度 東経134.80528度 / 34.96972; 134.80528 (福崎町最東端)

南端
北緯34度55分4秒 東経134度47分5秒 / 北緯34.91778度 東経134.78472度 / 34.91778; 134.78472 (福崎町最南端)

人口[編集]

19,709人(平成23年(2011年)9月30日現在)

  • 男:9,378
  • 女:10,331
  • 世帯数:7,220
  • 平成22年国勢調査より前回調査からの人口増減をみると、4.06%減の19,829人であり、増減率は県下41市町中26位、49行政区域中34位。
Demography28443.svg
福崎町と全国の年齢別人口分布(2005年) 福崎町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 福崎町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
福崎町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

気候[編集]

福崎の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 8.6
(47.5)
9.4
(48.9)
13.1
(55.6)
19.4
(66.9)
24.1
(75.4)
27.5
(81.5)
31.0
(87.8)
32.7
(90.9)
28.5
(83.3)
22.6
(72.7)
16.7
(62.1)
11.2
(52.2)
20.4
(68.7)
平均最低気温 °C (°F) −1.0
(30.2)
−0.6
(30.9)
2.1
(35.8)
7.2
(45)
12.3
(54.1)
17.6
(63.7)
22.1
(71.8)
22.9
(73.2)
19.0
(66.2)
12.1
(53.8)
6.1
(43)
1.2
(34.2)
10.1
(50.2)
降水量 mm (inch) 40.2
(1.583)
59.4
(2.339)
114.2
(4.496)
130.4
(5.134)
174.1
(6.854)
192.4
(7.575)
196.2
(7.724)
114.5
(4.508)
158.9
(6.256)
101.4
(3.992)
65.7
(2.587)
43.1
(1.697)
1,390.3
(54.736)
平均降水日数 (≥ 1.0 mm) 5.7 7.1 10.3 9.6 10.8 11.9 11.5 7.8 10.2 7.8 6.3 5.9 104.9
平均月間日照時間 129.7 126.6 155.7 181.7 179.0 143.5 151.0 187.8 147.2 162.4 145.3 140.5 1,851
出典: 気象庁

歴史[編集]

  • 720年頃に編纂された『播磨国風土記』で、播磨の国・神前郡(かむさきのごおり)と記された当時の神崎郡には5つの里があったと記録されており、北から、埴岡の里(現 神河町・朝来市生野町)、川辺の里(現 市川町の川東)、高岡の里(現 福崎町の川西)、的部(いくはべ)の里(現 姫路市香寺町)、多駝(ただ)の里(現 姫路市に合併された船津町・山田町、及び福崎町の川東)、陰山の里(現 姫路市豊富町)があった。
  • 播磨国に属する。
  • 中世 荘園田原荘が置かれた。町域内の荘園のうち代表的な田原荘は、皇室領から九条家領へと移るが、のち播磨全域を席巻した赤松氏らに押領された。高岡荘は国衙領から摂関家・九条家の所領となった。
  • 991年 一条天皇勅願寺として神積寺開創。
  • 羽柴秀吉の播磨平定の際、福崎にあった堤防が破壊された。平定後は秀吉の蔵入地となった。
  • 関ヶ原の戦いの後、池田輝政姫路藩の一部となり、明治にいたる。
  • 明治維新の後、廃藩置県に伴って播磨国は1872年(明治4年)に姫路県から飾磨県に、更に1877年(明治9年)には兵庫県に組み入れられた。
  • 1877年(明治9年) 生野銀山への馬車道が敷設され、西田原村(当時)辻川を通る。
  • 1894年(明治27年)7月26日 - 播但鉄道が開通し、福崎村に福崎駅が置かれる。
  • 1896年(明治29年) 4月1日 - 神崎郡役所が市川の東岸の田原地区に置かれて郡の中心となった。
  • 1925年(大正14年)12月1日 - 1894年(明治27年)の鉄道駅設置により徐々に地域の中心となった福崎村に町制が施行され、福崎町(川西地区)となる。
  • 1957年(昭和32年)7月10日 - 町章を制定する。[3] [4][1]
  • 1969年(昭和44年)7月4日 - 交通安全の町を制定[1]
  • 1972年(昭和47年)12月 - 町木・町花を制定[1]
  • 1975年(昭和50年)12月11日 - 差別を許さない明るい町宣言をする[1]
  • 1985年(昭和60年)11月22日 - 町民憲章を制定[1]
  • 1986年(昭和61年)9月22日 - 恒久平和の町を宣言[1]
  • 1987年(昭和62年)7月21日 - 町歌を制定[1]
  • 1994年(平成6年)3月25日 - 政治・社会運動を標榜する寄付強要行為を拒否する町を宣言[1]

行政区域の変遷[編集]

地域[編集]

大字[編集]

田原地区[編集]

旧・田原村の範囲である。[2]

田原地区の街並み
南田原で撮影
郵便番号 大字名
679-2203 南田原
679-2204 西田原
679-2205 東田原

福崎地区[編集]

  • 旧・福崎町の範囲である。
福崎地区の街並み
西治で撮影
郵便番号 大字名
679-2211 山崎
679-2212 福田
679-2213 馬田
679-2214 福崎新
679-2215 西治
679-2216 高橋
679-2217 高岡
679-2218 田口

八千種地区[編集]

郵便番号 大字名
679-2201 大貫
679-2202 八千種

施設[編集]

官公庁[編集]

  • 福崎町役場[5]:南田原3116番地の1
  • 兵庫県福崎庁舎:西田原1994-4
    • (庁舎内所在機関):福崎農業改良普及センター・福崎土木事務所・但馬高原林道建設事務所播磨林道建設事業所
  • 兵庫県中播磨県民センター中播磨健康福祉事務所(福崎保健所):西田原235
  • 兵庫県警察福崎警察署:福崎新376番地の3 (管轄区域:神崎郡)
  • 兵庫県警察本部交通部高速道路交通警察隊福崎分駐隊:西田原2023(管轄区域:中国縦貫自動車道-滝野社IC~岡山県境 鳥取自動車道-佐用JCT~岡山県境 播但連絡道路-全線)
  • 姫路市消防局中播消防署:福崎新404-2(香寺町及び夢前町が姫路市と合併したため、神崎郡と旧飾磨郡夢前町で設立した中播消防事務組合本部が解散され所属の中播消防署は姫路市消防局へ組入れとなった。なお管轄区域に変更なし)
  • 兵庫県道路公社播但連絡道路管理事務所:西田原字東水田1949

消防団[編集]

  • 福崎町消防団は、昭和31年の町村合併により誕生。現在、1本部32分団600名
  • 組織構成
    • 東部支部7分団
    • 中部支部12分団
    • 西部支部13分団 計32分団
  • 装備
    • 消防ポンプ車3台
    • 小型動力ポンプ付積載車29台
    • 可搬式ポンプ6台

文化施設[編集]

  • 福崎町エルデホール:福田116-2
  • 福崎町文化センター:福田176
  • 福崎町立図書館:西治360
  • 福崎町青少年野外活動センター:田口700番地1
  • 八千種自然活用村(春日山キャンプ場・春日ふれあい会館)

体育施設[編集]

  • 第1体育館(球技室、体育室、トレーニング室、卓球室):福田176-1
  • 第2体育館(球技室):福田1094-48
  • 第1グランド(照明設備8基):西田原845
  • 第2グランド(照明設備4基):西田原1274
  • スポーツ公園(ソフトボール場(照明設備6基)、ゲートボール場、テニスコート(照明設備8基)):福田1094-48

行政[編集]

役場[編集]

  • 福崎町役場:南田原3116番地の1

町長・町課[編集]

  • 町長:不在(橋本省三(2015年 - 2019年)の死去に伴い、尾崎吉晴副町長が職務代理者に就任予定)
  • 元町長:嶋田正義 (5期、1995年 - 2015年、日本共産党
    • 総務課
    • 企画財政課
    • 税務課
    • 地域振興課
    • 住民生活課
    • 健康福祉課
    • 農林振興課
    • まちづくり課
    • 上下水道課
    • 出納室

市町村合併の経緯[編集]

2004年11月5日、福崎町・香寺町法定合併協議会が設置され、福崎町長が会長に就任。4回にわたり合併協議会が開かれた。2005年1月16日に香寺町で「香寺町の合併についての意思を問う住民投票」が行われ、その結果、「姫路市と合併する」が「福崎町と合併する」を上回った。香寺町長より住民の意思を尊重し福崎町・香寺町法定合併協議会を脱退する旨の申し出があり、協議会はその存続の意義を失った。両町長の協議により2005年2月3日をもって合併協議会を廃止することとし、両町の臨時議会において合併協議会廃止の議案が提出されて可決されたため、当協議会は廃止(解散)することになった(なお、2006年(平成18年)3月27日、香寺町は姫路市と合併した)。

町章[編集]

町章

議会[編集]

町政の重要案件(条例・予算・決算など)を審議し、意志決定をする町の議決機関。議員定数は条例により14人。議員の任期は4年。議会は毎年4回(3月・6月・9月・12月)の定例会が開かれるほか、必要に応じて臨時会が開かれる。

  • 総務文教常任委員会
  • 民生まちづくり常任委員会
  • 議会広報常任委員会
  • 議会運営委員会

産業[編集]

産業人口[編集]

2000年国勢調査によると、産業別人口比率は

金融[編集]

指定金融機関:兵庫西農業協同組合

立地企業[編集]

教育[編集]

大学・短期大学[編集]

私立

高等学校[編集]

公立

中学校[編集]

公立

小学校[編集]

公立

幼稚園[編集]

公立
  • 福崎町立田原幼稚園
  • 福崎町立八千種幼稚園
  • 福崎町立福崎幼稚園
  • 福崎町立高岡幼稚園

学校教育以外の施設[編集]

研修施設
保育所
公立
  • 福崎町立田原保育所
  • 福崎町立八千種保育所
  • 福崎町立福崎保育所
  • 福崎町立福崎南保育所
  • 福崎町立高岡保育所
私立
  • サルビア保育園
  • 姫学保育園

放送[編集]

放送局名 デジタル放送 アナログ放送
リモコンキーID チャンネル 空中線電力 ERP チャンネル 空中線電力 ERP
映像 音声 映像 音声
NHK神戸総合 1 22 3W 14W 30 30W 7.5W 145W 36W
NHK大阪教育 2 13 27
サンテレビ 3 26 15W 39 37W
毎日放送 4 16 33
朝日放送 6 15 35
関西テレビ 8 17 37
読売テレビ 10 14 48

姫路局からの受信や共同受信によって視聴している世帯もある。

交通[編集]

鉄道路線[編集]

路線バス[編集]

高速バス[編集]

道路[編集]

播但連絡道路
南田原で撮影
福崎インターチェンジ

名所・旧跡・観光スポット[編集]

七種の滝 - 雄滝
  • 七種の滝 - 雄滝(落差72m)をはじめ雌滝など48滝が連なる景勝。兵庫県の県下八景、兵庫県観光百選、近畿観光100景に選ばれている。滝つぼの傍に七種神社がある。鳥居の扁額には「八大龍王 八龍破地大神」とあり、七種山山中には四十八滝と言われるほどの滝があって水神、降雨の神が祭られるのに相応しい。なお、『播磨国風土記』「神前の郡 高岡の里」の条に、「奈具佐山 檜が生える。その名の由来は不明である。」とある。
  • つなぎ岩 - 七種の滝の後ろにそびえる七種山の山頂を行き越えた所にある奇岩。岩の節理に添った巾5メートルの削離(割れ目)が高さ15mの途中で止まり、岩の底部で岩盤につながっているといった奇観を呈している。平安時代のはじめ、弘法大師が巡錫されこの岩の上で護摩の秘法を修練されたと伝えられている。
  • 福崎町立神崎郡歴史民俗資料館 - 1886年(明治19年)竣工の西洋館。この建物は、神東・神西郡役所として、神東郡西田原村辻川(現 西田原の辻川区)に建設された。建設費は当時の金額で2,029円14銭、施工は姫路の中島林平。1896年(明治29年)には神崎郡役所と改称され、1926年(大正15年)に廃止されるまで、郡役所として使用された。その後は、県の地方出先機関の事務所などに用いられていたが、老朽化によりいったんは建物の取り壊しと跡地売却の方針が決まった。しかし、地元文化団体などの保存運動のなかで福崎町に譲渡され、1982年(昭和57年)3月、国・県および神崎郡内各町の助成を得て現在地に移築・復元し、同年10月には福崎町立神崎郡歴史民俗資料館として開館した。その後、1987年(昭和62年)3月、県重要文化財の指定を受けた。
柳田國男生家
辻川山公園の池に潜む河童たち
  • 辻川山公園 - 一定時間ごとにため池から出没する河童の河太郎(ガタロウ)と河次郎(ガジロウ)が設置[6][7]されている。また福崎町柳田國男妖怪企画が毎年(2017年現在で4回目)行っている全国妖怪造形コンテスト[8]の最優秀作品をモチーフとしたFRPモデル[9]が展示されている。
  • 旧辻川郵便局
  • 神積寺 - 991年創建、播磨天台六山の一つ。神積寺の本尊木造薬師如来坐像は国指定の重要文化財。同寺の石造五重塔と阿弥陀種子板碑はともに鎌倉中期の作品で、県指定の文化財である。
  • 金剛城寺 - 播磨西国三十三箇所第12番、新西国三十三ヶ所第30番。推古天皇の頃、三論宗の高麗の僧「恵潅法師」により滋岡寺として開基され、慶長6年台肪明党上人により寺号を七種山金剛城寺と改称された。真言宗の名刹。
  • 應聖寺 - 沙羅双樹の花の寺。江戸初期に造られたという名勝「應聖寺庭園」がある。天台宗比叡山延暦寺を本山として、今から1300余年前の白雉年間に天竺の高僧「法道仙人」によって開基されたと伝えられている。
  • 日光寺山 - 645年法道による開基と伝える。大化元年、法道仙人の開基で真言宗、御室派の中本山である。天武天皇の勅願寺、霊元天皇の御猶子の隠居所として栄えた。
  • 妙法寺 - 福崎町山崎にある日蓮宗妙顕寺派末の寺院。
  • 熊野神社 - 伊邪那美命を祀る神社として崇められている。創建年代は定かではない。1875年(明治8年)に郷社となる。秋祭りには、御輿渡御と12台の豪華屋台の練り込み、浄舞や浦安の舞の奉納がある。 
  • 二之宮神社 - 祭神は大国主命の御子「建石敷命」。『播磨国風土記』や『国内神名帳』には、本郡の鎮守で郡名起源の宮、本郡開拓の祖神、人心又開拓の偉業をなす神と記されている。―――神前と号(なづ)くる所以は、伊和の大神の御子・建石敷命(たていわしきのみこと)、山使ひの村の神前山に在す。すなはち、神在すに因りて名と為す。故れ、神前の郡といふ。(『播磨国風土記』より)
  • 岩尾神社 - 東田原の岩尾神社の本殿は桃山時代の建造で、石橋と鳥居は江戸初期のもの(県指定の文化財)。
  • 恵美須神社 - 毎年2月11日建国記念の日)に例大祭があり、福引きや餅撒きなどが催される。

出身者[編集]

松岡家兄弟ら(前列右より、松岡鼎、松岡冬樹〔鼎の長男〕、鈴木博、後列右より、柳田國男、松岡輝夫〔映丘〕)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『図典 日本の市町村章』小学館辞典編集部、小学館、2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113
  • 『兵庫県の難読地名がわかる本』神戸新聞総合出版センター・編、のじぎく文庫、2006年12月28日、第一冊発行。ISBN 4-343-00382-5

関連文献[編集]

  • 『福崎町史』福崎町、1925年。NDLJP:918652

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 福崎町の紹介”. 福崎町. 2012年8月17日閲覧。
  2. ^ a b 兵庫 難読 p282
  3. ^ a b 図典 日本の市町村章 p161
  4. ^ a b 神崎郡福崎町町章設定条例”. 福崎町例規集. 2012年8月17日閲覧。
  5. ^ 福崎町役場位置に関する条例”. 福崎町例規集. 2012年8月17日閲覧。
  6. ^ 辻川山公園の妖怪たち”. 福崎町. 2017年6月11日閲覧。
  7. ^ 河童の河太郎と河次郎”. 福崎町観光協会. 2017年6月11日閲覧。
  8. ^ 全国妖怪造形コンテスト”. 福崎町/柳田國男妖怪企画. 2017年6月11日閲覧。
  9. ^ 第1回最優秀作品:天狗の森の妖翁(天狗)、第2回最優秀作品:森に吹く風(山の神)

外部リンク[編集]



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek