福士成豊

Wikipedia open wikipedia design.

Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:北海道開拓の村にある旧福士家住宅の画像提供をお願いします。2019年9月

福士 成豊(ふくし なりとよ、天保9年(1838年) - 大正11年(1922年8月26日)は、幕末・明治の船大工通訳測量技師気象観測者同志社大学の創立者・新島襄のアメリカ密航を手伝い、日本人で初めて気象観測を行った人物。幼名「卯之吉」・「宇之吉」、通称「五郎」。ポーター商会時代には「富士屋卯之吉」とも名乗る。

経歴[編集]

天保9年(1838年)、箱館の船大工・続豊治の次男として山之上町で生まれる。

5歳のとき箱館で回船業を営む福士長松の養子となり、9歳で私塾・愛池堂に入学、5年ほど学ぶ。その後、実父・続豊治の下で造船技術を学び、安政4年(1857年)完成の洋式帆船・箱館丸の建造を手伝う。英語力をつけるため、当時の在留米代理領事に英語の指導を受け、イギリス人アレキサンダー・ポーター経営の商会に5年間勤務する。ポーター商会勤務中の元治元年(1864年)には新島襄に出会い、彼のアメリカ密航を手伝う。またイギリス人トーマス・ブレーキストンから、測量・機械・測候・博物学を学ぶ。ポーター商会を辞めた後、箱館奉行所の御船大工棟梁見習となる。

明治元年(1868年)5月、苗字帯刀を許され、名を「成豊」と改める。11月、箱館府の外国方運上所出役通弁兼器機製造掛趨事席、2等訳官を経て開拓使の官吏となる。

ブレーキストンの気象観測を引き継ぎ、明治5年(1872年)8月26日、函館・船場町(現・末広町)[1]の自宅に気候測量所を設けて、日本人初の本格的な気象観測を始める。明治8年(1875年)、ロシアペトロパブロフスクに出張し、翌年には千島列島を調査・測量して「クリル諸島海線見取図」を作成した。その後も北海道の測量、気象観測事業の上で指導的役割を果たす。

明治24年(1891年)、退官。大正11年(1922年)、死去。85歳。函館市称名寺に墓所がある。

北海道開拓の村に、福士が札幌時代に過ごした和洋折衷の自宅(旧福士家住宅)と関係する品々が保存されている。

脚注[編集]

  1. ^ 金森赤レンガ倉庫群の一角に「日本最初の気候測量所跡」の看板がある。

参考文献[編集]



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek