田辺義三

Wikipedia open wikipedia design.

田辺 義三
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県
生年月日 (1937-04-12) 1937年4月12日
没年月日 (2018-09-12) 2018年9月12日(81歳没)
身長
体重
174 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手外野手内野手
プロ入り 1956年
初出場 1956年
最終出場 1964年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田辺 義三(たなべ よしぞう、1937年4月12日 - 2018年9月12日)は、群馬県出身の元プロ野球選手。ポジションは捕手外野手内野手

来歴・人物[編集]

桐生高校では1955年、3年生の時に捕手として第27回選抜高校野球大会に出場。今泉喜一郎とのバッテリーで決勝に進出するが、坂崎一彦山本八郎広島尚保らがいた浪華商に延長11回3-4でサヨナラ負け、準優勝に終わる[1]。同年の第37回高校野球選手権にも出場したが、2回戦で日大三高のエース並木輝男に抑えられ、4-10で敗れた[2]

1956年西鉄ライオンズへ入団し、26試合に先発マスクを被る。同年の日本シリーズで第5戦に四番手の捕手として出場。高卒ルーキー捕手の日本シリーズ出場は田辺以降、2012年近藤健介日本ハム)まで56年現れなかった。

その後も1年先輩の和田博実とポジションを争ったが控えに甘んじ、1959年に外野手に転向。1960年には主に右翼手として33試合に先発する。1962年には中西太の故障悪化もあって、開幕から一塁手として起用される。シーズン後半には井上忠行にポジションを譲るが、自己最多の60試合に先発出場。しかし同年10月、試合前の打撃練習中のボールが後頭部に直撃、翌1963年は試合に出場できなかった。一旦は回復を見せたが、言語障害などの後遺症が残ったために選手生活を断念、1964年限りで引退した。同年12月8日、内村祐之コミッショナーにより、球団から田辺に200万円の補償金(当時の限度額)を支払うよう要請し、球団も同意して田辺に200万円の補償金が支払われた[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1956 西鉄 73 98 94 5 12 3 0 0 15 6 0 0 0 0 3 0 1 25 2 .128 .163 .160 .323
1957 9 12 11 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 1 0 0 3 1 .091 .167 .091 .258
1958 45 71 68 7 15 3 0 2 24 8 0 0 0 0 3 0 0 16 0 .221 .254 .353 .606
1959 68 113 106 7 31 7 1 1 43 12 0 0 5 1 1 1 0 14 4 .292 .299 .406 .705
1960 84 164 156 11 38 8 0 3 55 13 1 0 0 1 7 0 0 25 6 .244 .276 .353 .629
1961 42 43 40 1 6 3 0 0 9 3 0 1 0 1 2 0 0 8 1 .150 .190 .225 .415
1962 94 227 211 20 47 8 0 4 67 24 0 1 2 2 9 1 3 38 9 .223 .265 .318 .582
1964 4 4 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .250 .250 .250 .500
通算:8年 419 732 690 51 151 32 1 10 215 66 2 2 7 5 26 2 4 131 23 .219 .251 .312 .563

背番号[編集]

  • 10 (1956年 - 1964年)

出典[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 今日は何の日?12月8日

関連項目[編集]



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek