火の山―山猿記

火の山
山猿記
著者 津島佑子
発行日 1998年6月1日
発行元 講談社
ジャンル 長編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六版
ページ数 480(上)
430(下)
公式サイト bookclub.kodansha.co.jp(上)
bookclub.kodansha.co.jp(下)
コード ISBN 978-4-06-209090-2(上)
ISBN 978-4-06-209091-9(下)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

火の山―山猿記』(ひのやま やまざるき)は、津島佑子小説講談社文芸誌群像1996年平成8年)8月号から翌1997年(平成9年)8月号に連載、1998年(平成10年)6月1日に講談社より上下巻で刊行。津島佑子の母方の祖父・石原初太郎山梨県甲府市に住み、県嘱託として山梨の地質や動植物調査に携わった地質学者で、この石原家をモデルに、「火の山」こと富士山に寄り添い激動の時代を過ごした有森家5代の歴史を、一族の書簡日記を織り交ぜる形で構成している。第34回谷崎潤一郎賞、第51回野間文芸賞受賞作。

2006年(平成18年)1月13日講談社文庫より文庫化。

2006年(平成18年)に、本作を原案にしたNHK連続テレビ小説純情きらり』が放送された[1]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

純情きらり』(じゅんじょうきらり)と題し本書を原案としてテレビドラマ化され、2006年(平成18年)度前期放送のNHK連続テレビ小説」第74作として同年4月3日から9月30日まで放送された。浅野妙子脚本、宮﨑あおい主演[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 18年度前期の朝ドラは「純情きらり」!宮﨑あおいさん主演です。”. NHK (2005年7月26日). 2019年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]