池田長準

Wikipedia open wikipedia design.

池田 長準(いけだ ながとし、嘉永6年2月27日1853年4月5日[1] - 大正2年(1913年3月4日)は、岡山藩家老。片桐池田家第11代当主。男爵

父は岡山藩家老池田長常。妻は一条実良の娘福(亨子)。養子は池田長康通称は競、主殿、采女助。初名は長知。

生涯[編集]

嘉永6年(1853年)岡山藩家老池田長常の次男として岡山に生まれる。明治3年(1870年)父長常の隠居により家督相続。閑谷学校山田方谷陽明学を学ぶ。英田郡長、磐梨郡長、二十二銀行取締役、二十二貯蓄銀行頭取を歴任。明治33年(1900年)男爵に叙され華族となる。大正2年(1913年)3月4日没。享年61。家督は養子長康(元岡山県令、貴族院議員千坂高雅の六男)が相続した。元旗本賀陽郡長の花房職居に妹が嫁いでいる。

栄典[編集]

人物[編集]

書画骨董の愛好家で、特に禅僧白隠慧鶴を私淑し、その筆跡を収集して自ら百陰居士と号した。

脚注[編集]

  1. ^ 平成新修旧華族家系大成』上巻(霞会館、1996年)p.110
  2. ^ 『官報』号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。

参考文献[編集]

  • 『岡山県人名辞書』
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
(片桐)池田家初代
1900年 - 1913年
次代:
池田長康


This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek