梅原一剛

Wikipedia open wikipedia design.

梅原 一剛(うめはら いちごう、1940年12月13日 - )は、日本実業家東急ホテルズ代表取締役社長や、ザ・キャピトルホテル東急代表取締役社長、国際ホテル・レストラン協会(IHRA)副会長などを務めた。

人物・経歴[編集]

北海道函館市出身。1965年横浜国立大学経済学部卒業、東京急行電鉄入社。アメリカ合衆国での開発にあたり、ワシントン大学研究員ロンドン大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス研究員等を経て、1995年パン・パシフィック・ホテル・アンド・リゾーツプライベートリミテッド取締役社長に就任。1999年東京急行電鉄取締役調査役に昇格。2005年東急ホテルズ代表取締役社長[1][2]。2008年東急ホテルズ取締役会長[1]。その後代表取締役社長に復帰して2010年のザ・キャピトルホテル 東急再オープンにあたった[3]。国際ホテル・レストラン協会(IHRA)副会長なども務めた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]


This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek