林一吉

Wikipedia open wikipedia design.

 
林一吉
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 不明
死没 慶長9年(1604年
改名 傳助(幼名)→林勝吉→山内一吉
別名 傳左衛門、林伊賀守、山内伊賀守
墓所 土佐国高岡郡窪川
官位 伊賀守
主君 織田信長山内一豊忠義
土佐藩
氏族 越智伊予河野氏支流尾張林氏
父母 父:林秀貞
兄弟 林通政室、光時光之一吉
勝久

林 一吉(はやし かつよし)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将土佐藩家老土佐国高岡郡窪川城主。家禄は5000石。

生涯[編集]

尾張国戦国大名織田信長の筆頭家老・林秀貞の三男として美濃国岐阜城下にて誕生した。初名は勝吉。

父同様、織田信長に仕えるが、天正8年(1580年)8月18日、父・秀貞と共に信長によって追放される。山城国に籠居していたが、天正10年(1582年)6月2日、明智光秀による本能寺の変によって信長が討たれると、播磨国姫路に赴いて織田家臣の山内一豊に仕えた。これは一豊とは旧知の間柄で、「互いにどちらか、先に領主と成った方に仕えよう」[1]と約束をしていたためといわれる。一豊から偏諱を受け一吉(かつよし)と改める。また林伊賀守と称した。

以後家臣として活躍し、天正13年(1585年)に近江国長浜城主となった山内一豊に従い、近江に移る。天正18年7月(1590年8月)、豊臣秀吉北条氏政征伐の時、江州長浜より出陣し、櫓を攻め取り功名を挙げる。同年、一豊が遠江国掛川移封に伴い、遠江で500石を与えられた。

慶長5年(1600年)、陸奥国会津上杉征伐には嫡子・勝久を出陣させ、自らは寺村重友と共に留守居役となる[2]。慶長6年(1601年)、主君・一豊が土佐9万8000石に封じられると、「山内」の名字と土佐高岡郡仁井田・窪川両郷を与えられ、代官兼窪川初代家老職を命じられる。その後、窪川城を修築して城下町の基礎を作り、荒野を開拓させ新田開発に尽力した。

慶長9年(1604年)、死去した。

系譜[編集]

美濃林氏は、越智姓で伊予河野氏の支流。林勝吉の父林秀貞はもと織田信長の家臣。勝吉が山内一豊に仕え、土佐入国の時に窪川を領して以降、6代110年にわたって善政を敷く。

家臣[編集]

  • 多賀五郎兵衛
  • 浅野弥左衛門

脚注[編集]

  1. ^ 『窪川林家録』に「何れにても国郡を早く得たらん方へ頼るべきとの御契約ありし」とある。
  2. ^ 勝久はそのまま関ヶ原の戦いにも従軍した。

出典[編集]

  • 『皆山集』
  • 『南路志』
  • 『窪川林家録』
  • 『御侍中先祖書系圖牒』
  • 『三百藩家臣人名事典』
  • 『土佐藩家老物語』
先代:
-
窪川林(山内)家初代当主
1582年 - 1604年
次代:
林勝久


This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek