有明親王

Wikipedia open wikipedia design.

有明親王

続柄 醍醐天皇第七皇子
身位 親王
敬称 殿下
出生 延喜10年(910年
死去 応和元年閏3月27日961年5月14日
配偶者 藤原暁子(藤原仲平の娘)
子女 源忠清
源正清
源泰清
源守清
明救
能子女王
馨子女王
藤原公季
父親 醍醐天皇
母親 源和子
役職 四品大宰帥
テンプレートを表示

有明親王(ありあきらしんのう)は、平安時代中期の皇族。醍醐天皇の第七皇子。母は女御源和子四品大宰帥

経歴[編集]

延喜11年(911年)11月28日に式明親王繁子内親王普子内親王雅子内親王とともに親王宣下[1]。延喜21年(921年)11月24日に重明親王常明親王、式明親王とともに清涼殿元服した[2]。加冠は右近衛大将藤原定方で、理髪は右近衛中将・藤原公頼であった[3]

天慶7年(944年)5月以前には四品となり[4]天暦4年(950年)頃に大宰帥[5]天徳に入り兵部卿に任ぜられた。天徳3年(959年)8月1日に帯剣を聴される[6]応和元年(961年)閏3月27日に薨去享年52。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本紀略延喜11年11月28日条
  2. ^ 『日本紀略』延喜21年11月24日条など
  3. ^ 御遊抄』延喜21年11月24日条
  4. ^ 九暦天慶7年5月5日条
  5. ^ 『九暦』天暦4年5月24日条
  6. ^ 『日本紀略』天徳3年8月1日条


This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek