明石竜兵太郎

Wikipedia open wikipedia design.

明石竜兵太郎(あかしりゅうへいたろう、1881年2月14日 - 1931年6月20日[1])は、八角部屋に所属した元力士。本名は立花兵太郎。現在の兵庫県明石市出身。身長167cm、体重83kg。最高位は西前頭10枚目。

経歴[編集]

1902年1月初土俵、1908年1月十両昇進。一度幕下に陥落したが、再十両を果たしてからは2場所で十両通過、1911年6月入幕を果たす。幕内では思うような成績を残せず、病気もあって幕下まで陥落、1914年1月廃業した。女性人気が高く、木下杢太郎が「四本柱の総立ちに 桟敷いろめく国技館 かわいいおしゃくが あられもな 声をはりあげ 明石竜」と詩に詠んだ。

成績[編集]

幕内6場所17勝28敗9休6分預

改名[編集]

改名歴なし [2]

出典[編集]

  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19110602.htm
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709

関連項目[編集]



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek