新潮社

株式会社新潮社
SHINCHOSHA Publishing Co.,Ltd.

新潮社本館

新潮社別館
種類 株式会社
略称 新潮
本社所在地 日本の旗 日本
162-8711
東京都新宿区矢来町71[1]
北緯35度42分10.6秒 東経139度43分58.9秒 / 北緯35.702944度 東経139.733028度 / 35.702944; 139.733028座標: 北緯35度42分10.6秒 東経139度43分58.9秒 / 北緯35.702944度 東経139.733028度 / 35.702944; 139.733028
設立 1896年[1]
業種 情報・通信業
法人番号 1011101009060 ウィキデータを編集
事業内容 書籍、文庫・雑誌・コミックの制作・出版・販売
代表者 佐藤隆信(代表取締役社長)[1]
資本金 1億5,000万円
従業員数 346名(2020年4月1日現在) [1]
関係する人物 佐藤義亮(創業者)
外部リンク https://www.shinchosha.co.jp/
特記事項:佐藤一族による、同族経営である。
テンプレートを表示

株式会社新潮社(しんちょうしゃ)は、日本出版社

概要

[編集]

1896年7月[2][3]に創業された新聲社[注 1]が前身。田山花袋などの自然主義者の書籍を出版していた。1914年大正3年)には新潮文庫を創刊した。他にも単行本全集などを多数発行している。

文芸誌1904年明治37年)創刊の『新潮[4]の他に、第二次世界大戦後の1947年昭和22年)に創刊された中間小説誌『小説新潮[5]などを発行している。週刊誌1956年(昭和31年)創刊の『週刊新潮』が、日本初の出版社系週刊誌として成功を収める[6]

1981年(昭和56年)には日本初の写真週刊誌FOCUS(フォーカス)』を創刊。『フォーカス』は法廷隠し撮りした未成年(14歳)の容疑者の写真を掲載したりするなど、過激な編集方針で一時期は発行部数200万部が200万部強までになったが、1990年代後半から売れ行きが悪化し、2001年平成13年)に休刊。スポーツ年鑑『ウィナーズ』や、タレントグラビアアイドル写真ムック『月刊~』(不定期刊)の発行、『nicola』、『週刊コミックバンチ』の創刊(2010年〈平成22年〉8月休刊)、『』は女性誌としての再創刊(2012年〈平成24年〉3月休刊)に踏み切り、従来の路線から大きく転換した。また、新潮文庫サブ・カルチャー系の刊行を増やした。

社長職は創業者佐藤義亮から、代々世襲によって引き継がれている同族企業である。第2代佐藤義夫(長男)、第3代佐藤俊夫(次男)、第4代 佐藤亮一(義夫の息子)を経て、現社長の佐藤隆信(亮一の息子)が第5代目である。

校閲部は出版業界でも定評があり、作家の熱い信頼を集めている。また、自社専用の装幀部門(新潮社装幀室)を持っており、刊行する文庫・書籍のほとんどを社内装幀している。現在、装幀室を構える出版社は多いが、その先駆けでもある。

東京都新宿区矢来町に、広大な不動産を持っていることでも知られている。

特装本

[編集]

新潮社では、単行本の発行部数が累計で10万部を突破すると、記念に装本が4部だけ作られる。4部の内、2部は著者に贈られ、残る2部は新潮社用として、1部は資料室の閉架に、もう1部はガラス戸付き本棚に鍵がかかった状態で保管されている。この特装本には新書も含まれ、単行本には山羊の革が、新書にはの革が使用される。

1956年(昭和31年)、三島由紀夫の『金閣寺』が10万部を突破した際、担当編集者による、何か記念になるものを作ろうとの企画から始まった。2009年(平成21年)11月までに作られた特装本は547点に上り、三島由紀夫、司馬遼太郎松本清張遠藤周作大江健三郎などのほか、さくらももこ『さくらえび』や『鈴井貴之編集長 大泉洋』なども革装本になっている。村上春樹の『1Q84』は初版から10万部を超えたが、38刷で特装本化された伊坂幸太郎の『重力ピエロ』のように、版を重ねて特装本化された例もある。[7]

また、上記の、記念品としての特装本とは異なり、三島由紀夫賞・山本周五郎賞の正賞として、限定1部の製本作家(藤井敬子)による総革装本が作成されており、毎年受賞者に贈呈されている。

ギャラリー

[編集]

不祥事

[編集]

2015年10月5日橋下徹大阪市長(当時)が出自に関する2011年11月3日号に掲載された『週刊新潮』の記事で精神的苦痛を受けたとして、発行元の新潮社に慰謝料など1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁名誉棄損があったと認め275万円の支払いを命じた[8]。新潮社は控訴上告したが、2017年6月14日付けで最高裁判所は、新潮社の上告を退ける決定を下し、橋下勝訴の二審判決が確定した[9]

刊行物

[編集]

選書

[編集]

叢書

[編集]

新書

[編集]

文庫

[編集]
  • 新潮文庫 - 哲学古典から、サブ・カルチャータレント本まで、文庫レーベルで最も多彩で刊行数も多いが、初版のみで絶版となるタイトルも多い。
    • 新潮文庫nex - 新潮文庫創刊100周年の節目に、2014年8月28日刊行開始[10]
  • 新潮pico文庫 - 1996年、短期間発行していた手のひらサイズの小冊子。なお、同様のコンセプトのレーベルとして角川mini文庫がある。
  • 新潮OH!文庫 - 実用雑学分野を扱う。2003年(平成15年)以降新刊はないが、一部の重版は続けられている。新潮文庫で新版刊行もある。

雑誌

[編集]

週刊

[編集]

月刊

[編集]

隔月刊

[編集]

ウェブメディア

[編集]
  • Foresight(フォーサイト) - 国際情報誌(2010年 - )
  • yomyom pocket - 文芸誌(2013年1月 - 2015年)
  • くらげバンチ - コミック誌(2013年10月 - )
  • デイリー新潮 - 総合ニュースサイト(2015年12月 - )[11]
  • Bバンチ - コミック誌(2017年7月 - ) - コミックバンチweb内

かつて発行・発売していた雑誌

[編集]

[編集]
以上の4賞で「新潮四賞」と呼ばれる。

関連人物

[編集]

関連会社

[編集]

その他

[編集]

刊行した書籍の宣伝のために、NHKを利用したことがある。(例:大森あきこ『最後に「ありがとう」と言えたなら』2021年11月17日刊)[12]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 新声社とは無関係。
  2. ^ 2014年9月号までは「ROLa」

出典

[編集]

参考文献

[編集]
  • 紀田順一郎監修 『新潮社一〇〇年図書総目録』(別冊索引付で2冊組)、新潮社、1996年10月。
    『八十年図書総目録』(1976年)、『九十年図書総目録』(1986年)も出されている、各小田切進監修。
  • 百目鬼恭三郎 『新潮社八十年小史』、新潮社、1976年。『九十年小史』、1986年。(各非売品)
  • 『新潮社七十年』 佐藤俊夫編、新潮社(非売品)、1966年10月。

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]