峨眉山

Wikipedia open wikipedia design.

峨眉山
峨眉山
標高 3,099 m
所在地 中華人民共和国の旗 中国四川省
位置 北緯29度32分 東経103度21分 / 北緯29.533度 東経103.350度 / 29.533; 103.350座標: 北緯29度32分 東経103度21分 / 北緯29.533度 東経103.350度 / 29.533; 103.350
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
世界遺産 峨眉山と楽山大仏[1]
中華人民共和国
画像募集中
英名 Mount Emei Scenic Area, including Leshan Giant Buddha Scenic Area
仏名 Paysage panoramique du mont Emei, incluant le paysage panoramique du grand Bouddha de Leshan
登録区分 自然遺産
登録基準 (iv) (vi) (x)
登録年 1996年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

峨眉山(がびさん、峨嵋山とも、拼音: Éméi Shān)は中国四川省にある山である。

概要[編集]

峨眉山報国寺

道教や中国の仏教で言うところの聖地で、中国三大霊山五台山天台山、峨眉山)や中国四大仏教名山五台山九華山普陀山、峨眉山)の一つである。26の寺院を有し、普賢菩薩の霊場とされる。一帯は聖地となっていたために自然が護られ、約3,000種の植物と、絶滅危惧種を含む約2,000種の動物の宝庫でもある。1996年12月6日には文化面、環境面両方が考慮され、楽山大仏と共に「峨眉山と楽山大仏」としてユネスコ世界遺産(複合遺産)に登録された。

一番高い峰が万仏頂(標高3,098メートル)で、頂まで32の名刹が続いている。後漢時代から仏教施設の建設が始まり、南宋時代に最盛期を迎えた。

現代最大の寺院は、登山口にあたる報国寺で、1615年万暦43年)に明光道人が創建したとされている。

峨眉山トラップ[編集]

峨眉山一帯は峨眉山トラップ英語版と呼ばれる巨大火成岩岩石区である。これは2億6千5百年前から2億5千9百万年前までの巨大噴火で噴出した50万立方kmの洪水玄武岩が起源である。この時期は顕生代(多細胞生物の化石が本格的に残っている年代である、5億4千万年前から現在まで)で最大の大量絶滅であるP-T境界に近いこともあり、P-T境界は峨眉山トラップが原因であるとする説が、2010年6月3日発表のサイエンス誌に掲載された。浅瀬で起きた噴火のため、証拠となる化石が残った[2]。近年では、まずGuadalupian英語版-Lopingian英語版(G-L)境界絶滅が起こった約800万年後にP-T境界絶滅が起こったとする説が有力であり、峨眉山トラップを作った噴火は前者のGL境界の原因とする見方がある。

杜子春(芥川龍之介)[編集]

杜子春は峨眉山の仙人になるために教えを乞うた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 英・仏名から直訳すれば「峨眉山風致地区、楽山大仏風致地区を含む」となる。
  2. ^ 四川省の火山噴火が原因、2億6千万年前の「生物大量絶滅事件」―米科学誌

関連項目[編集]



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek