小柳ゆき

Wikipedia open wikipedia design.

小柳ゆき
出生名 小柳由紀
生誕 (1982-01-26) 1982年1月26日(37歳)
出身地 日本の旗 日本埼玉県
学歴 埼玉県立上尾高等学校
ジャンル J-POP
職業 歌手
活動期間 1999年 -
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
(1999年 - 2007年
NAYUTAWAVE RECORDS
2008年 - 2014年
EMI Records
(2014年)
Prime Music
2015年 -)
事務所 バーニングプロダクション
(1999年 - 2018年
公式サイト 小柳ゆき公式ウェブサイト

小柳 ゆき(こやなぎ ゆき、1982年1月26日 - )は、日本歌手。本名、小柳 由紀(読み同じ)。

埼玉県大宮市(現さいたま市)出身。元所属芸能事務所バーニングプロダクション。所属レコード会社はユニバーサルミュージック・Prime Music。姉は歌手・ミュージシャン小柳裕美(美裕リュウ)。身長154cm 体重40kg。血液型B型。

略歴・人物

5歳上の姉が音楽好きだったことで影響を受け、歌うことに興味を持ち始める。10歳の頃に姉の持つCDの中から永井真理子などをこっそり取り出して、それを聞いたりそれにあわせて歌ったりしていた。そして、姉の勧めで自分の歌をラジカセに録音して練習するようになった[1]。最初は歌謡曲ばかり歌っていたが、その後、ホイットニー・ヒューストンマライア・キャリーなどの洋楽を好んで歌うようになっていった[2]

埼玉県大宮市立日進中学校(現:さいたま市立日進中学校)では剣道部に所属し、ソウルフルな発声の基礎はここで鍛えられたという。

1994年、12歳の時に「コロムビア歌謡曲新人歌手オーディション」に出場。尊敬する大黒摩季の『永遠の夢に向かって』を歌い[1]、全国決勝大会にまで勝ち進んだ。全国大会まで残った実績が評価されて音楽事務所からデビューの誘いを受けるが、当時、学校の部活動に没頭していた事もあって一度はデビューの誘いを断った。しかし1997年に再びデビューの誘いを受けると、今度はその誘いを受け入れ歌手デビューに向けて一歩踏み出した。高校に通いながら、約1年間に渡ってボーカルレッスンとデモテープ作りを積み重ねる[1][2]

オーディションを経て、1999年にシングル「あなたのキスを数えましょう 〜You were mine〜」でワーナーミュージック・ジャパンからデビュー。45週連続チャートインするというロングヒットを記録した。

2000年、3月に埼玉県立上尾高等学校の全日制を卒業するとすぐに東京都内に転居。同年、シングル「愛情/can't hold me back」、「be alive」が大ヒット。2ndオリジナルアルバム『EXPANSION』はミリオンセラーとなった。また、海外の曲をカバーしたアルバム『KOYANAGI the COVERS PRODUCT 1』も好セールスを記録。同年、日本有線大賞受賞。「あなたのキスを数えましょう 〜You were mine〜」でNHK紅白歌合戦初出場を果たした。

2001年、第52回紅白歌合戦に「remain〜心の鍵」で2年連続出場。

2002年、第53回紅白歌合戦には「Lovin' you」で3年連続の出場を果たす(世界的アコーディオン奏者フランク・マロッコ (Frank Marocco) と競演)。

2005年1月に渡英し、ロンドンで4ヶ月間過ごす。4月、シングル『最後に記憶を消して』をリリースするが、オリコンチャートの最高位は100位であった。10月7日に「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ 2005」に出演。11月に発売予定の新曲が二転三転し、無期延期となった。なお、この曲が翌年発売された「Fair Wind」ではないかと言われている[誰によって?]

2006年5月10日、シングル「Fair Wind」をリリース。9月にはZEPP TOKYOなんばHatchで3年ぶりとなる単独ライブツアーを開催。10月11日にリリースされたシングル「誓い」では、ジャケットでセミヌードを披露した。

2007年3月24日日本テレビの「ミリオンヒットライブ2007」に出演し、久々にゴールデンタイムに顔を見せた。この時、左の二の腕に十字架のタトゥーを入れていた事が確認出来ている。

2008年2月20日発売のYuki-K名義の「Rehab - 女神たちの休息 - / Listen」(エイミー・ワインハウスビヨンセを日本語カバーした企画シングル)より、NAYUTAWAVE RECORDS(ユニバーサルミュージック内)へ移籍。同年10月21日、移籍第1弾となるシングル「we can go anywhere」のプロモーションで「笑っていいとも!」(フジテレビ)に出演した[注 1]。その2週間後の11月5日、「稲垣潤一&小柳ゆき」名義でデュエットで参加した稲垣の47枚目のシングル「悲しみがとまらない」(杏里のカバー[注 2])がリリースされる。

2010年7月24日赤坂BLITZで、8月8日はなんばHatchにおいてライブが行われた(単独ライブとしては4年ぶり)。また、7月21日には浜離宮朝日ホールにおいてアコースティックライブ「プレミアム・ミーツ・プレミアム2010」が行われた[3]10月10日に放送された音楽特番「グッとくる歌謡祭」(ABC)で久々にテレビ出演をした。

2012年1月26日、自身の誕生日にカーネギー・ホールでライブを行った[4][5][6]

2018年12月、年内でデビュー以来所属してきた事務所を辞めて独立することを発表[7]。デビュー20年目の区切りとなる2018年末をもって所属事務所バーニングプロダクションを退社し独立、翌2019年1月25日に自身のSNSを通じて報告した[8][9]

作品

シングル

リリース日 タイトル 最高位 収録アルバム
1st 1999年9月15日 あなたのキスを数えましょう 〜You were mine〜 7位 FREEDOM
2nd 1999年10月27日 fairyland 47位
3rd 2000年1月26日 あなたのキスを数えましょう Opus II 12位
4th 2000年4月12日 愛情/can't hold me back 3位 EXPANSION
5th 2000年7月26日 be alive 1位
6th 2000年11月15日 Koyanagi the Christmas 〜 ホワイト・クリスマス 4位 MY ALL <YUKI KOYANAGI SINGLES 1999-2003>
7th 2001年4月25日 beautiful world 17位 my all..
8th 2001年4月25日 DEEP DEEP 13位
9th 2001年6月13日 my all.. 25位
10th 2001年11月21日 remain〜心の鍵 7位 buddy
11th 2002年2月14日 HIT ON 24位
12th 2002年7月10日 Endless 24位
13th 2002年10月17日 Lovin' You 20位 Type
14th 2003年3月5日 ON THE RADIO 45位
15th 2003年8月6日 恋のフーガ/会いたい 36位 KOYANAGI the
COVERS PRODUCT 2
16th 2004年1月28日 Love knot 〜愛の絆〜 26位 i'll be Travelin' Home
17th 2004年11月24日 Crystal Days 160位
18th 2005年4月27日 最後に記憶を消して 100位 SUNRISE
19th 2006年5月10日 Fair Wind 39位
20th 2006年10月11日 誓い 32位
21st 2008年10月15日 we can go anywhere 70位 The Best Now & Then 〜10th Anniversary〜
22nd 2012年7月25日 MacArthur Park/All At Once 73位 Koyanagi the
Covers PRODUCT 1
23rd 2012年12月12日 Believe In Yourself 153位 The Best of Yuki Koyanagi
2015 Here For You 〜Universal Selection〜
24th 2013年4月24日 ジェットコースター 107位
25th 2013年7月31日 ひまわり -
26th 2013年10月30日 One in a million/return to you 152位 SUNRISE
27th 2015年8月19日 LOVE DRIVE 〜恋はサーキットのように〜

その他のシングル

リリース日 タイトル 最高位 収録アルバム
2008年2月20日 Rehab -女神たちの休息-/Listen(Yuki-K名義) 180位 The Best Now & Then 〜10th Anniversary〜
2008年11月5日 悲しみがとまらない稲垣潤一&小柳ゆき) 129位 男と女 -TWO HEARTS TWO VOICES-
2014年9月10日 Here For You(Yuki Koyanagi×Peabo Bryson The Best of Yuki Koyanagi 2015 Here For You 〜Universal Selection〜

アルバム

オリジナルアルバム

リリース日 タイトル 最高位
1st 1999年11月25日 FREEDOM 6位
2nd 2000年8月23日 EXPANSION 1位
3rd 2001年5月30日 my all.. 4位
4th 2002年8月21日 buddy 6位
5th 2003年9月25日 Type 39位
6th 2004年11月24日 i'll be Travelin' Home 61位
7th 2007年3月21日 SUNRISE 70位

ベストアルバム

リリース日 タイトル 最高位
1st 2004年1月28日 MY ALL <YUKI KOYANAGI SINGLES 1999-2003> 14位
2nd 2010年2月24日 The Best Now & Then 〜10th Anniversary〜 54位
3rd 2013年9月25日 THE BEST OF YUKI KOYANAGI ETERNITY 〜15th Anniversary〜 145位
4th 2015年2月25日 The Best of Yuki Koyanagi 2015 Here For You 〜Universal Selection〜 171位

バラードベストアルバム

リリース日 タイトル 最高位
1st 2001年11月28日 KOYANAGI THE BALLADS 1999-2001 13位

カバーアルバム

リリース日 タイトル 最高位
1st 2000年5月24日 Koyanagi the Covers PRODUCT 1 1位
2nd 2003年3月26日 KOYANAGI the DISCO 58位
3rd 2003年9月25日 KOYANAGI the COVERS PRODUCT 2 29位

ライブアルバム

リリース日 タイトル 最高位
1st 2001年2月28日 Koyanagi the Live in Japan 2000 10位
2nd 2002年11月27日 KOYANAGI THE LIVE IN JAPAN 2001-2002 112位
3rd 2003年11月12日 Acoustic Concert at Orchard Hall 97位
4th 2010年12月22日 Back to the future tour 2010iTunesから音源配信) -
5th 2013年3月27日 YUKI KOYANAGI LIVE TOUR 2012 「Believe in yourself」 BEST SELECTION 203位

コラボレーションアルバム

  リリース日 タイトル 最高位
with Boyz II Men 2002年4月24日 intimacy 25位

映像作品

ビデオクリップ集

  1. KOYANAGI THE MOVIES PRODUCT 1(2000年9月27日)
  2. KOYANAGI THE MOVIES PRODUCT 2(2001年9月5日)

ライブ

  1. KOYANAGI THE BUDOKAN KOYANAGI THE LIVE IN JAPAN(2001年7月11日)

その他

  • Snake Eater(2004年)
ゲーム「Metal Gear Solid 3 Snake Eater」の主題歌。英語歌詞。
中島みゆきトリビュートアルバム。9曲目に収録されている「後悔」を歌っている。
  • Beanstalk(2009年)
ゲーム「Ninjya Blade」の主題歌。
デーモン閣下ソロアルバム。3曲目に収録されている「A STORY OF THE AGES - 神話溶融 - 」にて共演。
  • コンサート
世界遺産屋久島」で2006年より行われている、自然保護を目的とした「やくしま森祭り」に参加。
2008年10月にも参加し、出演アーティストの中で唯一3年連続で参加をしている。

出演

テレビ

NHK紅白歌合戦出場歴

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
2000年(平成12年)/第51回 あなたのキスを数えましょう 〜You were mine〜 18/28 美川憲一
2001年(平成13年)/第52回 2 remain〜心の鍵 02/27 DA PUMP
2002年(平成14年)/第53回 3 Lovin' you 12/27 BEGIN
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

舞台

CM

ラジオ

  • 小柳ゆき CLUB//MY SOUL(ニッポン放送) - 金曜日24:00〜24:20に放送していた。
  • 小柳ゆきのオールナイトニッポン(ニッポン放送) - レギュラーではなく、特別版。
  • YUKI KOYANAGI FREEDOM BREATH(NACK5) - 水曜日20:00〜21:00 DJの西任暁子と2人で放送していた。
  • 小柳ゆき I'm Fun Area(2012年10月 - 、エフエム富士KZOO
  • 小柳ゆき drive your heart(2013年12月1日 - 、FM NACK5) - 木曜23:30 - 24:00。

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 同番組には2006年8月3日にもテレフォンショッキングでゲストとして出演している。
  2. ^ リリース日は、奇しくも杏里のオリジナルのリリースからちょうど25年目に当たる。

出典

  1. ^ a b c 2012年12月24日放送『Music Travel』(BSジャパン)より
  2. ^ a b be alive / 小柳ゆき - 食卓ON楽”. 広島エフエム放送 (2011年9月16日). 2012年12月25日閲覧。
  3. ^ プレミアム・ミーツ・プレミアム特集”. e+ チケット (2012年). 2014年7月1日閲覧。
  4. ^ 小柳ゆき 30歳誕生日にカーネギー・ホールでピアノライブ”. exciteニュース (2012年2月6日). 2013年2月19日閲覧。
  5. ^ 「音楽と花の祭典」がNYで開催”. FCI 動画 ビデオライブラリ. Fujisankei Communications International (2012年1月31日). 2014年7月1日閲覧。
  6. ^ 小柳ゆき 誕生日に憧れカーネギーで熱唱”. 日刊スポーツ新聞社 (2012年1月28日). 2014年7月1日閲覧。
  7. ^ 小柳ゆき、事務所辞め独立を報告「デビューから20年目を区切りに」”. ORICON NEWS. オリコン (2019年1月25日). 2019年1月26日閲覧。
  8. ^ “小柳ゆき事務所やめ独立「色んなことにチャレンジ」”. 日刊スポーツ. (2019年1月26日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201901260000151.html 2019年2月23日閲覧。 
  9. ^ “小柳ゆき デビューから20年所属した事務所から独立「新たな船出決意」”. デイリースポーツ online. (2019年1月25日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/01/25/0012010321.shtml 2019年2月23日閲覧。 

外部リンク



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek