小川英

Wikipedia open wikipedia design.

小川 英(おがわ えい、1930年3月10日 - 1994年4月27日)は、日本脚本家。別名:江里 明

略歴[編集]

中央大学法学部卒業。脚本家・池田一朗に師事し、主に日活のアクション映画を執筆。1960年代の日活アクション映画の黄金期を支えた一人である。1970年頃からはテレビドラマに活動の主軸を移し、『太陽にほえろ!』では、番組開始から終了まで関わり、主としてシナリオの監修・手直しをする役割を務めた。これと並行して、アクション、サスペンス、時代劇など、幅広いジャンルで数多くのドラマ作品の脚本を執筆している。

1960年代末には、坪島孝田波靖男岩内克己らと映像製作プロダクション「ジャック・プロダクション」を設立。また、シナリオライター養成の私塾「英塾」を主宰し、幾多のライターを輩出した。

主な担当作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

人形劇[編集]

ビデオ映画[編集]

  • 悪徳の勲章(1991年、東映ビデオ
  • 暗黒街の勲章 マニラ極道戦争(1992年、東映ビデオ)

関連人物[編集]



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek