安倍晋三宅火炎瓶投擲事件

Wikipedia open wikipedia design.

安倍晋三宅火炎瓶投擲事件
場所 日本の旗 日本 山口県下関市
座標
日付 2000年6月14日-8月14日、計5回[1]
攻撃手段 火炎瓶
損害 乗用車3台全半焼など[2]
動機 1999年下関市長選挙をめぐるトラブル[3]
テンプレートを表示

安倍晋三宅火炎瓶投擲事件(あべしんぞうたくかえんびんとうてきじけん)は、山口県下関市において、第42回衆議院議員総選挙期間中の2000年6月から選挙後の同年8月にかけ、衆議院議員であり同選挙の候補者であった安倍晋三[注 1]の自宅や地元事務所をめがけ5回にわたり火炎瓶が投げ込まれた事件である[1][4][2][5]

事件発生[編集]

投擲は以下の5回であった。

  • 6月14日午前3時13分頃、安倍事務所の入居する建物と誤認して、約400m離れた5階建て結婚式場。窓ガラスを損壊[1][4]。安倍が第42回衆議院議員総選挙に立候補を届け出た翌日のことであった[6][7]
  • 6月17日午前3時頃、安倍の自宅の倉庫車庫乗用車3台が全半焼[2]
  • 6月27日午後5時半から翌28日午前9時頃、安倍事務所。火炎瓶2本が見つかり、ガラス2枚が割られたが、建物への引火には至らなかった[4]。安倍が衆議院議員に再選されて2日たった頃のことであった[8]
  • 8月14日午前4時1分頃、後援会事務所。窓ガラスを損壊[1]
  • 8月14日午前4時23分頃、自宅車庫。乗用車を損壊[1]

捜査、裁判[編集]

福岡県警察山口県警察は合同捜査本部を設置[2]2003年11月11日、6人が非現住建造物等放火未遂などの容疑で逮捕され[2]、同年12月3日福岡地方検察庁小倉支部は、非現住建造物等放火罪などで4人を起訴、2人を処分保留とした[4]

2006年7月12日福岡地方裁判所小倉支部(野島秀夫裁判長)で論告求刑公判が開かれ、検察は――土地ブローカーは、1999年の下関市長選挙で安倍が支持する候補者の当選に寄与したとして、安倍の秘書に対し絵画の買い取りを名目に500万円の支払いを要求。秘書が300万円を工面したものの、安倍からそれ以上の金員を拒絶されたため、土地ブローカーは恨みを抱き親交のあった暴力団員と共謀して報復した。――などと主張した[5]

2007年3月1日福岡高等裁判所濱崎裕裁判長)は、元指定暴力団工藤會系組員に対する懲役10年の一審判決を支持、控訴を棄却した[9]。同年3月9日福岡地方裁判所小倉支部は、「反社会的な犯行で極めて悪質」「1999年の下関市長選挙に協力した見返りに安倍側に現金を要求したものの拒否され、報復を依頼」などとして3人に懲役20年・13年・12年の判決を言い渡した[3]

有罪とされたのは以下の4人。

  • 指定暴力団工藤會系高野組組長 - 犯行を指示したとして懲役20年[1][3]
  • 建設土木会社社長(土地ブローカー) - 襲撃を依頼したとして懲役13年[1][3]
  • 高野組副組長 - 実行犯として懲役12年[1][3]
  • 工藤會系組員 - 懲役10年[9]

事件後の経過[編集]

「選挙妨害疑惑」報道
雑誌月刊現代』2006年12月号は、「共同通信が握りつぶした安倍スキャンダル」と題する記事において「1999年4月の下関市長選挙で安倍は江島潔を推していたが、安倍の秘書[注 2]が会社社長に対し対立候補古賀敬章の中傷文書をまくことを指示。会社社長は、仕事を遂行したものの安倍側から約束の報酬を得られなかったとして反発、高野組に火炎瓶投げ入れを依頼した。共同通信社会部取材チームに対し、安倍秘書・会社社長双方が事実を認めた。取材チームは、両者が交わした念書の存在を確認した。しかし配信直前に記事は差し止められた」などと伝えた[10]
2018年6月、ジャーナリスト山岡俊介は、同年2月に出所した会社社長から、安倍事務所筆頭秘書[注 3]と交わした3通の署名捺印入り念書を入手したとして内容を報じ、選挙妨害疑惑の信憑性は高いと述べた[11]
1999年下関市長選挙(第14回統一地方選挙後半)結果
4月18日告示、4月25日投票、有権者数19万8149人、投票率68.15%[12][13][注 4]
候補者名 年齢 党派 新旧 経歴 得票数 備考
江島潔 42 無所属自民党推薦 下関市長(1期)、元東亜大学講師、元千代田化工建設技師 7万5296 当選
古賀敬章 46 無所属、民主党推薦 元衆議院議員、元山口県議会議員 3万2261
亀田博 62 無所属 沖縄大学教授、元下関市長(1期)、元自治省官僚 2万4830
Twitterにおける「ケチって火炎瓶」の流行
2018年8月下旬にTwitterで当事件を意味する「#ケチって火炎瓶」というハッシュタグが注目を集めた[14]。これについて当事件を取材してきた山岡は、事件の問題点を矮小化し短絡的な理解に留まってしまうなどの理由からキーワードの使用・拡散に反対している[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2000年6月2日神の国解散で衆議院議員失職。6月13日から6月25日まで第42回衆議院議員総選挙山口県第4区比例中国ブロック重複)候補者。6月25日再選。
  2. ^ のちに下関市議会議員に当選
  3. ^ 元山口県警察警視
  4. ^ 公示日翌日の朝日新聞山口県版は「三候補の政策に大きな違いはなく、政党の支援関係、人脈が複雑に絡み、混戦になりそうだ」と評した[12]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 平成14(わ)294 現住建造物等放火、銃砲刀剣類等取締法違反等 平成19年3月9日 福岡地方裁判所 (PDF)”. 裁判所 (2007年3月9日). 2018年7月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e 「安倍幹事長宅の火炎瓶事件、組長ら6人逮捕」『読売新聞』2003年12月3日[要ページ番号]
  3. ^ a b c d e 「安倍首相宅放火 組長に懲役20年 地裁小倉判決 組員ら2人13-12年」『西日本新聞』2007年3月9日[要ページ番号]
  4. ^ a b c d 「安倍事件:火炎瓶襲撃で組長ら5人を再逮捕 福岡、山口両県警」『毎日新聞』2003年12月3日[要ページ番号]
  5. ^ a b “「安倍氏秘書が見返り金」、放火事件公判で検察指摘”. asahi.com (朝日新聞社). (2006年7月12日). オリジナルの2006年7月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20060718044711/http://www.asahi.com/national/update/0712/SEB200607120047.html 2018年8月25日閲覧。 
  6. ^ 「中国 小選挙区の候補者 2000年総選挙」『朝日新聞』西部本社夕刊、2000年6月13日[要ページ番号]
  7. ^ 「火炎瓶投げ放火の疑い 安倍候補宅現場に破片 下関」『朝日新聞』西部本社朝刊、2000年6月18日[要ページ番号]
  8. ^ 「自民党代議士・安倍晋三氏の事務所に瓶 下関」『朝日新聞』西部本社夕刊、2000年6月28日[要ページ番号]
  9. ^ a b 「<安倍首相宅放火>2審も懲役10年 元組員の控訴棄却」『毎日新聞』2007年3月1日[要ページ番号]
  10. ^ 魚住昭青木理「怒りのスクープ! これは報道機関の自殺である! 共同通信が握りつぶした安倍スキャンダル」『現代』第40巻第12号、講談社、東京、2006年12月、 40-52頁、 NAID 400074743132018年6月27日閲覧。
  11. ^ 山岡俊介 (2018年6月26日). “ポスト「モリカケ」か? 安倍首相に浮上したもう一つの「重大疑惑」”. ハーバービジネスオンライン. 扶桑社. 2018年6月27日閲覧。
  12. ^ a b 『朝日新聞』西部本社山口県版、1999年4月19日[要ページ番号]
  13. ^ 「元官僚決戦 井原氏が勝利 下関 再選江島潔氏 徳山 初当選河村氏 上関 5選片山氏」『朝日新聞』西部本社山口県版、1999年4月26日[要ページ番号]
  14. ^ 安倍晋三首相「選挙妨害依頼」と「報酬ケチって火炎瓶」の深層」『日刊大衆』、双葉社、2018年9月16日、2019年4月15日閲覧。
  15. ^ 山岡俊介「<報告>「本紙・山岡、安倍首相重大疑惑は“ケチって火炎瓶”のようなケチな内容ではないと講演」」『アクセスジャーナル』、アクセスジャーナル、2018年9月29日、2019年4月15日閲覧。


This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek