委任統治

Wikipedia open wikipedia design.

委任統治(いにんとうち、mandate)とは、国際連盟規約第22条に基づき国際連盟によって委任されたが国際連盟理事会の監督下において一定の非独立地域を統治する制度である。委任統治の対象地域は、第一次世界大戦の敗戦国ドイツ帝国アフリカ及び太平洋植民地と、敗戦国オスマン帝国の支配下にあった中東地域である。

形式的には戦勝国がこれらの地域を自国の植民地として搾取することを防止すると共に、住民の福祉を推進し、将来の自治・独立に向けたサポートをすることが目的であると謳われた。

この制度は、第二次世界大戦後に廃止され、国際連合下の信託統治制度へと発展・継承された。

制度創設の経緯[編集]

第一次世界大戦が勃発すると、アメリカ合衆国が参戦する以前に、イギリスフランス日本などは、ドイツの植民地やオスマン帝国の属州を占領し、お互いに秘密協定によって戦後の分配について取り決めていた。しかし、戦後処理が始まると、秘密協定に基づく植民地の分配に対し、アメリカ合衆国のウィルソン大統領が異を唱えた。彼は既に大戦中から提唱していた「民族自決原則」を主張し、また、戦争後に敗戦国の植民地を戦勝国で再分配するという慣行が続く限り、植民地の争奪戦がいつまで経っても繰り返される危険性を強くアピールした。その背景には、アメリカ以外の戦勝国が支配領域を拡大することを容認するのは、アメリカにとって不利益であり、また、自らの支持率を下げる要因となりうるということもあった。お互いに譲らず、両者の交渉は難航した。その中で、イギリスの代表として会議に出席していた、南アフリカ連邦ヤン・スマッツ将軍は、妥協案として委任統治制度を提案した。スマッツ将軍の案では、その対象地域はドイツの植民地と、ロシア革命によって倒れたロシア帝国の支配下にあった東欧地域であったが、ウィルソン大統領は、これをドイツの植民地とオスマン帝国の支配下にあった中東地域に修正することで賛成した。イギリスも、この制度が運用次第で従来の植民地統治と実質的には同じとなると判断し、賛成した。

委任統治制度は、ヴェルサイユ条約の第1編である国際連盟規約に規定され、同条約の発効した1920年1月20日に国際連盟の発足と同時にスタートした。

制度の仕組み[編集]

委任統治を担当する国は、受任国という。大戦中に該当地域を占領した国が受任国となっており、具体的にはイギリスフランス日本ベルギーのほか、当時イギリス帝国自治領だったオーストラリアニュージーランド南アフリカも単独ないし共同で受任国に指定された。

委任統治が適用される地域は、委任統治領または委任統治地域という。委任統治領は、地域住民の自治能力の程度に応じて、A・B・Cの3段階に分類され、統治の方法が異なる。

A式は、住民自治を認め、早期独立を促す地域である。この地域は早期独立を前提としていたので、その住民には受任国とは別の国籍が与えられた。

B式・C式にあたる地域は、住民の水準が自治・独立に未だ不十分であるため、受任国の介入が期待される地域である。

B式は、宗教その他の面で地域住民の独自性を可能な限り尊重することが要求され、受任国とは別の法制度による統治方法がとられる地域である。C式は、人口が少なく地域の文化が受任国の文化と共通点が多いため、受任国の構成部分として扱うことが許された。B式・C式の地域住民に対しては、国籍は与えられなかった。

委任統治の監督は、国際連盟理事会の権限であるが、その事務処理を行うための常設の委任統治委員会が設置された。各受任国は、定期的に国際連盟理事会に対し、該当地域の統治に関する報告をする義務がある。

委任統治領[編集]

西アジア・アフリカの委任統治領
1. シリア(仏)
2. レバノン(仏)
3. パレスチナ(英)
4. トランスヨルダン(英)
5. イラク(英)
6. 西トーゴランド(英)
7. 東トーゴランド(仏)
8. 西カメルーン(英)
9. 東カメルーン(仏)
10. ルアンダ=ウルンディ(白)
11. タンガニーカ(英)
12. 南西アフリカ(南ア)
オセアニアの委任統治領
1. 南洋群島(日)
2. ニューギニア(豪)
3. ナウル(豪、NZ、英)
4. 西サモア(NZ)

シリア[編集]

  • 旧オスマン帝国領で、施政権者はフランス。A式地域。
  • フランスはこの地域を3つに分割し、住民に大レバノン国ダマスカス国アレッポ国の国籍を与えた。その後1924年にダマスカス国とアレッポ国は統合してシリア国となった(1930年シリア共和国に改称)。
  • 大レバノン国は1943年レバノン共和国として独立。1938年には旧アレッポ国の一部がハタイ共和国として独立し、翌年トルコに編入されハタイ県となった。残りの地域は1946年4月17日シリア共和国として独立した。

メソポタミア[編集]

  • 旧オスマン帝国領で、施政権者はイギリス。A式地域。
  • 1921年8月にファイサル1世をイラク国王に任命し、住民にイラク王国の国籍が与えられた。
  • 1932年10月3日に同名のイラク王国として独立。委任統治領からの最初の独立となった。

パレスチナ[編集]

トランスヨルダン[編集]

トーゴランド[編集]

カメルーン[編集]

ルアンダ=ウルンディ[編集]

  • ドイツ領東アフリカ西部の一部で、施政権者はベルギー。B式地域。
  • 独立しないまま信託統治に引き継がれた。

タンガニーカ[編集]

  • 旧ドイツ領東アフリカの大半を占める地域で、施政権者はイギリス。B式地域。
  • 独立しないまま信託統治に引き継がれた。

南洋群島[編集]

  • ドイツ領ニューギニアのうち赤道以北の地域で、施政権者は日本。C式地域。
  • 1933年に日本は国際連盟を脱退しているが、1945年に日本が第二次世界大戦で降伏するまで統治は続けられた。
  • 独立しないまま信託統治に引き継がれたが、施政権者はアメリカに移った。

ニューギニア[編集]

  • 旧ドイツ領ニューギニアの赤道以南からナウル島をのぞく地域で、施政権者はオーストラリア。C式地域。
  • 独立しないまま信託統治に引き継がれた。

ナウル[編集]

  • 旧ドイツ領ニューギニアの一部で、施政権者はイギリス・オーストラリア・ニュージーランド。C式地域。
  • 独立しないまま信託統治に引き継がれた。

西サモア[編集]

  • ドイツ領サモアで、施政権者はニュージーランド。C式地域。
  • 独立しないまま信託統治に引き継がれた。

南西アフリカ[編集]

  • ドイツ領南西アフリカで、施政権者は南アフリカ。C式地域。
  • 委任統治中に独立することはなかったが、国際連盟の解散後も南アフリカは信託統治への移行を拒否。1960年には国連総会で委任統治の終了と国連ナミビア委員会への施政権の移行が決議されるが、これも受け入れられなかった。最終的に、武力闘争の末1990年ナミビア共和国が独立するまで南アフリカによる支配は続いた。
  • なおウォルビスベイは委任統治領には含まれず、南アフリカの直接統治下に置かれた(1992年にナミビアとの共同統治化、1994年に正式割譲)。

外部リンク[編集]



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek