大人買い

Wikipedia open wikipedia design.

大人買い(おとながい)とは、食玩(玩具付きの菓子)などの子供向けの商品を、大人が一度に大量に買うことを表す俗語[1]。転じて、子供向け商品に限らず、単に通常人が1回に買う平均を大幅に上回る数量の物やサービスを購入することも言う[2]2000年前後頃から急速に一般化した言葉で、日本の代表的な国語辞典のひとつである『広辞苑』にも、その第六版(2008年)で関連語の「食玩」などとともに新規収録された。類似の表現に「箱買い」「ケース買い」「カートン買い」「まとめ買い」「爆買い」などがあり、ときには同義として用いられることもある。

文化庁の2014年の調査で「大人買い」という表現を78.6%が「聞いたことがある」と回答した[3]

語義[編集]

  1. (原義)食玩おまけ)などパッケージを開封しないと中身が分からない(ブラインドパッケージ販売おまけ入りの子供向け商品を、金銭的に余裕のある大人が一度に大量に購入すること。
  2. 転じて、子供向け商品に限らず通常人が買う平均を大幅に上回る量の物を一度に買うこと。主に趣味の分野(漫画の全巻/映画やテレビドラマの全シリーズ/音楽ソフト/書籍/キャラクターグッズなど)で同シリーズで何種類も販売されている商品を、一括で全て購入することを指すが、趣味以外のものを対象とする場合もあり、実質的には「まとめ買い」の言い換えに過ぎない例も多い。

殊更に「大人」の語が含まれているように、この語には本来は子供たちがその小遣いで少量ずつ買うべき子供向け低額商品を、大の大人が財力に物を言わせて一括大量購入するというニュアンスが含まれている。さらには大量購入した結果、本体の食品や「ダブり」のおまけに大量の余剰が出ること、子供の列に大人が混じって購入すること、中のアイテムによって一喜一憂する姿や、良識のある大人ならばこういった品のない行為はしないという意味を踏まえ、大人買いとはすなわち「大人気ない買い方」であるとの皮肉った言い方もある[2]

なお語形がよく似ていて起源も語義も全く異なる異義語に「ヲトナカヒ」がある。これは明治時代中頃の盗っ人仲間の隠語を当時の警察関係者がまとめた『日本隠語集』(1892年)に収録されているもので[4]、「店頭ノ物ヲ盗取スルコトヲ云フ」(愛知県管内ニ通スル語)と説明されている。この語は『日本国語大辞典』(小学館[5]にも同書を引用するかたちで収載されており、その語源については「『音無買』の意か」との注釈がなされている。

発祥とその背景[編集]

大人買い」という語の発祥の詳しい経緯は必ずしも明らかではないが、本来はオタク用語[6]、あるいはトレーディングカードコレクター間の用語[7]が起源だと言われている。

一方、現象としてのキャラクター商品の大人買いについて、絵本作家相原博之は、1997年頃の(女子高生女子大生OLなどを巻き込んだ)ハローキティのブームがきっかけであるとしている[8]

いずれにせよ「大人買い」の語が広く流布したのは2000年前後の時期とみられ、その背景にはペプシコーラ1998年以降に商品のおまけとして付けたキャラクター型ボトルキャップや、1999年9月からフルタ製菓が発売したチョコエッグのおまけなどを熱心に集める大人たちによる「食玩ブーム」があったとされる[6]。特に後者のチョコエッグのおまけの「日本の動物コレクション」は、大人の鑑賞に堪えうる精密さを誇り、食玩ブームの火付け役となったと言われる商品で、このブームと大人買いという用語の一般化とは時期をほぼ同じくしている[9]。これらのおまけには1シリーズ中に複数種の造形のものが用意されており、そのうちのどれが入っているかは包装を開けるまで分からない仕組みになっていた。そのため全種類を収集するには、おまけがダブる(重複する)ことを覚悟で同じ商品を多数買わねばならず、さらには「シークレットアイテム」と称され、公表されたラインナップにも明確には紹介されない希少性の高いおまけ(レアアイテム)も付けられたことから、一度に大量に購入する大人が多く出現した。この現象がすなわち「食玩ブーム」であり、これをマスコミなどが紹介する際には、その様子を表す「大人買い」という語と併せて報道されることも多く[10]、食玩ブームに乗ってこの語も流布されたと言える。

用法の拡大[編集]

この語の流布にともない語義の拡大傾向も見られるようになっていった。ネット上ではすでに2000年の時点でマンガ本の全巻一括購入やボウリング場のレーンの一日中の独占、あるいは子供時代にできなかった習い事を自腹で始めることなどを「大人買い」と表現したサイトが存在し、食玩に代表されるような子供向けの商品とは無関係なものへの使用例が見られたという[6]。一方、雑誌などでも2000年代前半から、古書(2002年[11]、あるいは万年筆の詰め替え用インクや帽子(2003年[12]など、必ずしも子供向けでないものや明らかに大人向けの商品であっても、一度にまとめて購入することを大人買いと表現する例が見られる。さらに2000年代半ば以降では、単に子供向けではないというだけではなく、グッチ2006年[13]ルイ・ヴィトン(2006年)[14]、あるいは一流の仕立て職人を呼んで採寸させる一着60万円以上のオーダースーツ(2007年[15]といった、一般的な大人でさえ大量には買わないような高額商品のまとめ買いにも使用されるようになり、語義が拡大・拡散した。

一般化と定着[編集]

チョコエッグに代表される食玩ブームは2000年以降もしばらく続き、ビックリマンシリーズの人気再燃によるビックリマン2000、そして完全に大人をターゲットとしたトレーディングカード市場の活性化、さらにはコレクションアイテム以外への用法の拡大などを背景として「大人買い」の語は一般化されて確実に定着して行き、2008年刊行の『広辞苑』第六版では、新たに収載された1万語のうちの一つとなった。

このような一般化と定着の背景には、通常の「まとめ買い」を「大人買い」という耳新しい語に言い替えることで耳目を惹きつけ、商品のアピールをしようとする業者の存在もあった。例えば2005年頃からは大人買いの語を使った商品紹介記事が雑誌上に複数見られるようになったが、そこで紹介されているのはファッションアイテム[16]化粧品[17]などの成人女性向け商品、あるいは家電製品[18]や、革製小物から腕時計その他諸々[19]の商品群である。景気が低迷する中で「大人買い」という新語に消費拡大の期待を寄せる業者の姿が見えるが、この流れはその後も続き、2008年にも、対象年齢を問わず一度にまとめて購入できるセットを用意して、「大人買い!」の文言や「大人買いセット」などの名とともに商品を販売する業者も少なからず見られた[20]

大人買いの心理[編集]

大人買いの話題を扱った新聞や雑誌の記事などでは、人を大人買いに駆り立てる心理についてもしばしば言及されており[要出典]、低成長経済や社会的閉塞感の中にある大人たちの子供時代の夢の世界への回帰願望の表れとするもの[21]や、子供時代に思う存分に買えなかった憾みを晴らしたり、思う存分に買ってみたかった夢を大人になって実現するもの[22][23]、あるいはこれらの両方が読み取れるもの[24]などがある。

一方、このような解釈に異議を唱えるかのような意見もある。作家の林真理子は、「そんな幼少期のトラウマよりも『大人買い』の最大の原因は『また買いにくるのがめんどうくさい』これに尽きるような気がする」と述べている[25]。その理由として、彼女自身も大人買いをするが、実家は貧しいながらも欲しい物は買ってもらえたこと、昔の子供は欲望が希薄で情報も少ないため、欲しい物自体タカが知れたものであることなどを挙げ、子供時代のトラウマ起因説を否定している。

漫画全巻ドットコムも子ども時代の想い出をきっかけにまとめ買いをする「大人」消費者に焦点を当て、過去の漫画作品を簡単にまとめ買いできるサービスを2010年までに提供した[26]

類似語[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

※「大人買い」の部分強調は本稿の執筆者による

  1. ^ 新村出(編)『広辞苑』第六版(普通版)、岩波書店、2008年、410頁。ISBN 978-4-00-080121-8 C0500
  2. ^ a b 「〔早耳〕 大人買い」(読売新聞 2005年10月21日 西部版朝刊 35頁 社会面)-「大人買い」の解説-
  3. ^ 平成26年度「国語に関する世論調査」の結果の概要
  4. ^ 稲山小長男(編)『日本隠語集』、1892年47頁
  5. ^ 日本国語大辞典刊行会編 『日本国語大辞典』第二版・第二巻、2004年、小学館、1273ページ。ISBN 4-09-521002-8
  6. ^ a b c 片桐圭子「大人買いという快楽 お菓子のおまけにはまってしまう」(『AERA』 2001年1月1日号 83頁)
  7. ^ 日本語俗語辞書 「大人買い」
  8. ^ 相原博之 『キャラ化するニッポン』 講談社、2007年、42-43頁。ISBN 978-4062879101
  9. ^ 太田サトル「チョコエッグはどこへ フルタ製菓海洋堂が決別 コレクター心を熱く燃やし、大人買いに走らせた原点」(『AERA』 2002年3月18日号 62頁)
  10. ^ 銅山智子「『丸かじり探検隊』 菓子よりおまけ…『食玩ブーム』を探る」(毎日新聞 2003年6月24日 朝刊 15頁)ほか。
  11. ^ 「本の虫が薦める本好きのための極上読書案内 予算2万円!古本買い物ゲーム 大西祥平さん・吉田豪さん 降ってわいた臨時ボーナスで古本“大人買い”を実況中継!」(『ダカーポ』2002年8月21日号 32-33頁)
  12. ^ 石田衣良「私のごひいき 138回『大人買い』がたのしいそこそこ価格のグッズベスト3」(『週刊文春』2003年11月13日号 119頁)
  13. ^ 「芸能ワイド ネタウンミーティング ホリエモン 裁判のストレス!? 銀座グッチ超大人買い?」(『週刊女性』2006年12月12日号 175-176頁)
  14. ^ 「芸能人のお値段 日米スター買いまくり伝説 忙しいスターは値段きにせず大人買い」(『日経エンタテインメント』2006年12月号 38頁)
  15. ^ ニック・フォークス「スーツ200着の『大人買い』」(『ニューズウィーク日本版』2007年12月26日号 62頁)
  16. ^ 「おしゃれさん18人から学ぶ心意気! 大人買いでセンスアップ。」(『an・an』 2005年1月26日号 53-59頁)
  17. ^ 「肌セレブ直伝 私たち、実力派通販コスメ大人買い!」(『女性セブン』2006年6月1日号 101〜137頁)
  18. ^ 「どーする?買っちゃえ!最新『家電』大人買い記念日 『テレビ・洗濯機・冷蔵庫…いま欲しいBEST3』『掃除機&アイロン』『必須デジカメ&ビデオカメラ』」(『女性自身』2006年7月4日号 193-199頁)
  19. ^ 「『自分にごほうび』大カタログ 来年も仕事を頑張りたいから、この機会にどーんと大人買い!」(『Gainer』2006年12月号 75-106頁)
  20. ^ 「100冊大人買い! 今年の100冊、どーんとまとめてセットでお買い求めいただけます」 「2008年新潮文庫の100冊セット(109冊)」 新潮社(2009年5月13日閲覧)
  21. ^ 「乗れるチョロQ、お酌ロボ‥‥ 少子化ゆえ大人向け おもちゃメーカー必死」(読売新聞 2002年7月17日 東京付夕刊 18頁)の記事中における関沢英彦(博報堂生活総合研究所長)による分析。
  22. ^ 爆笑問題「爆笑問題の世紀末ジグソーパズル 147回 大人買い ゲットできなかったガキ時代の恨み、大人になって晴らします」(『週刊プレイボーイ』2001年4月17日号 82-83頁)
  23. ^ カーツさとう「カーツさとうの一度はやってみたい!庶民の夢 5回 駄菓子を大人買い! 食った!当たった!遊んだ!30数年来の“庶民の夢”お値段はビックリの…」(『DIME』2004年3月16日号 171-175頁)
  24. ^ 野口豊「いまこそサンダーバード大人買い いよいよ実写版映画公開で再び『国際救助隊』に入隊!」(『ラピタ』2004年9月号 92-97頁)
  25. ^ 林真理子「夜ふけのなわとび 942 大人買い」(週刊文春 2005年10月6日号47巻38号 68-69頁)
  26. ^ 大人買い心理”をくすぐる絶妙な戦略 「漫画全巻まとめ買いサイト」が大人気! これが気になる! - 第261回 , 2010年3月2日 , DIAMOND online

関連項目[編集]

外部リンク[編集]



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek