外来種

外来種(がいらいしゅ)とは、もともとその地域にいなかったのに、人為的に他の地域から入ってきた生物のこと[1]アレロパシーが強い植物、など、その一部は生態系や経済に重大な影響を与える際には、環境問題のひとつとして扱われる[2]。ただ、飼育や畑などといった、管理している区域は除く。

類義語に移入種帰化種侵入種外来生物がある。英語では「introduced species」や「alien species」や「invasive species」という。ただし「invasive species」については、在来種(後述)でありながら、人為的な影響によって分布域の爆発的な拡大や生息(生育)数(個体群)が激増し、 生物多様性および生態系サービスへ悪影響を及ぼしている種に対して「native invasive」という呼び方もする場合もある。英語表記において最も誤解が少ないのは「Invasive Alien Species」(侵略あるいは浸潤的外来種)である。

外来種に対し、従来からその地域で生息・生育するものは在来種と呼ばれる。在来種は、環境に害を与えていない場合が多い。[要出典]

また、近年は外来種であっても保護をするべきだという主張や、人類によって破壊された生態系の機能を復元するために外来種を積極的に導入するべきだという主張への支持が拡大している。#外来種の是非を参照。

概要

[編集]

背景

[編集]

人類15世紀中期の大航海時代以降、世界を自由に行き来するようになり、その過程で多種多様な生物を移動させてきた。こうした人間活動によって新たに分布を拡大させた生物に対し、イギリス生態学チャールズ・エルトン(Charles S. Elton)は1958年に著書『The Ecology of Invasions by Animals and Plants(侵略の生態学)』のなかで学問のテーマとして外来種問題を大きく取り上げた[3]

今や外来種は地球上のありとあらゆる環境に侵入している。ハワイでは生息している生物のうち外来種が25 %を占める[4]。また、モーリシャス島では植物について在来種よりも外来種のほうが種類が多く、ロドリゲス島にいたっては在来種の約2.3倍もの種類の外来種が生息している[4]ニュージーランドでは在来の陸生哺乳類は2種しかおらず、一方で外来の陸生哺乳類は34種も定着している[4]アメリカ合衆国における外来種に関する経済費用(防除などの活動も含む)は1,370億USドルと算出されている[5]

日本に定着している外来種は2,000種を超えるといわれており、そのうち4分の3は植物が占める[6]。17水系19河川で実施された植生調査では、確認された全植物種数のうちの13.6 %にのぼる280種の外来植物の分布が明らかとなった[7]

こうした外来種の拡大が進むにつれ、学術誌に発表された外来種に関する論文1990年代後半以降に急増するようになった[8]。現在では外来種の問題は環境問題のひとつとして認識されており、さまざまな取り組みや研究が世界中で行われている。

定義

[編集]

外来種をより正確に定義すると、「人間活動の影響で入り込んだ生物」である。人為的、意図的に持ち込まれた生物でなくても、人間活動に随伴して流入した生物も含む。たとえば木材などに入り込んだり、付着したりして入り込んだ生物も外来種である。持ち込まれた時代国境は関係がない。

外来種という用語の指す内容については、国や研究分野によってその定義が微妙に異なり、世界的に統一した見解はない。日本でも外来種のほかに移入種・帰化種といった言葉が混在して使われてきた[9]。例えば行政においては、環境省は「移入種」を、国土交通省は「外来種」を用いてきた経緯があり、いずれも主に日本国外から移入されたものを対象としていた。植物学者は帰化種(とくに帰化植物)という用語を用いている[9]2000年代からは多くの分野で外来種と呼ぶのが一般的になってきている[4][10]

国際自然保護連合の定義では、外来種とは「過去あるいは現在の自然分布域外に導入された亜種、あるいはそれ以下の分類群を指し、生存繁殖することができるあらゆる器官配偶子種子無性的繁殖子を含むもの」とされる[11]。ここで用いられている導入(introduction)という言葉は、「意図しているかどうかは関係なく人為によって直接的・間接的に自然分布域外に移動させること」と定義されており、「移入」や「侵入」といった言葉で置き換えられることもある[11]。そして、外来種が新たな分布域で継続的に子孫を残して生き続けることを定着(establishment)という[12]

外来種の中でも、移動先で分布拡大したときに、在来種の絶滅につながるおそれがあるなど、とりわけ生態系や人間の生活に大きな影響を及ぼすようなものを、とくに侵略的外来種(invasive alien species)といい[12]、これらは侵入種と呼ばれることもある[13]。(専門用語では、ニューサンス/Nuisance species)と呼ばれることもある。

」より下位の「亜種」または「変種」であっても外来種に含められるが、混乱を避けるため外来生物のような用語を用いる場合もある[10]。 外来種という言葉はその語感から外国から持ち込まれた生物というイメージをもたれることが多いが、本来は外国に限定して適用される概念ではない[14]。移入元が国外か、同一国内の他地域であるかによって、国外外来種・国内外来種と区別する[12]。しかし、現実には「侵略的外来種」あるいは環境省が指定した特定外来生物とされている動植物は全て国外外来種であり、国内外来種が「侵略的外来種」や「特定外来生物」と見なされている種は一例も存在しない。

外来種はあくまで人間活動の影響で導入された生物のことであり、生物自らの能力によって移動してきたものは外来種に含まれない[15]。よって、渡り鳥迷鳥回遊する水生生物などは問題視されない[要出典]

ただし、ガラパゴス諸島で、地球温暖化の影響で近海の藻類が減少したためにウミイグアナが陸上に進出し、リクイグアナ交雑して問題視されている様に、人間の活動による環境の変化によって生物の自発的な移動が起きて問題が生じた例もある。

特徴

[編集]

外来種の定義を考慮すると、ペット家畜園芸植物などのほとんどの生物は広義の外来種であり、常に多種多様な外来種が世界中に導入されている。しかし、導入される外来種がすべて定着するわけではなく、実際に野外へ定着して分布を拡大させる生物(いわゆる侵略的外来種)の割合は10種に1種ともいわれている[11]。したがって、多くの外来種は導入されても野生化することができず、野生化したとしても数世代の短い期間で消滅してしまう。

一方で、原産地ではあまり問題を起こさずおとなしかった生物が、侵入先で侵略性を発揮する事態も少なくない[7]。一部の外来種が定着し、問題を引き起こすほど拡散する原因として、新たな侵入地域にはその外来種の特異的な天敵が存在しないがゆえに外来種の成長や繁殖が向上することが考えられており、天敵解放仮説と呼ばれている[5][8]。また、それに関連して、天敵の不在により防御よりも成長などにエネルギーを投資するように進化する傾向が進むというEICA仮説も提唱されている[5]。外来種の定着が別の外来種の侵入や影響を促進・悪化させる可能性も指摘されており、この現象は侵入溶解(invasional meltdown)と呼ばれる[5][16]

植物においては、高い種子生産性、耐陰性、耐寒性、アレロパシーといった特徴を有する種がとくに侵略的な外来種となりやすいとされている[17]

導入事例

[編集]

一般的に外来種の導入は、人間がなんらかの目的をもって持ち込んだ意図的導入(intentional introduction)と偶発的に侵入してしまった非意図的導入(unintentional introduction)の2つに大きく区分される[12]

意図的導入

[編集]

ペット・家畜

[編集]
アライグマ Procyon lotor
  • アライグマ(北アメリカ原産)は日本ではテレビアニメあらいぐまラスカルの人気から全国的に飼われるようになったが、成獣の凶暴性などから飼育放棄されたり逃げ出したりして全国に定着した[18]
  • 日本では1990年代にアメリカから年間100万匹ものアカミミガメの幼体がミドリガメの名称で輸入された[19]。このアカミミガメの流通は、1960 年代頃から始まっており、大手菓子メーカーの生体景品としてや、夜市や露店の景品として人気となったことが理由のひとつと考えられている[19]
  • 野生種よりも繁殖力が旺盛なヤギカイウサギイエネコイエイヌなどの家畜やペットが、世界中の原生的な自然環境に定着して深刻な影響を与えている[12]

天敵導入

[編集]
ヤマヒタチオビ
Euglandina rosea
  • ジャワマングース(アラビアから東南アジア原産)は、ハワイ西インド諸島ではネズミ駆除を目的に、沖縄本島奄美大島では猛毒をもつハブの駆除を目的として導入されたが、効果を上げるどころか生態系や農業に悪影響を与えてしまい失敗に終わった[20]
  • 「蚊を絶やす」という和名をもつカダヤシ(アメリカ中南部原産)はボウフラの駆除を狙って日本各地に導入されたが、生息環境が類似するメダカを駆逐してしまい「メダカダヤシ」と揶揄されるまでになってしまった[21]
  • 外来種対策としてその対象外来種の原産地における天敵である別の外来種を導入することがある。最も古い事例では、1868年頃のアメリカで猛威を振るっていたオーストラリアから侵入したワタフキカイガラムシの天敵であるベダリアテントウを同じくオーストラリアから持ち込んで、被害の低減に成功している[3]。一方で、食用目的で持ち込まれたものの広東住血線虫症などの病気を媒介するため放棄された アフリカマイマイ(東アフリカ原産)を駆除する目的で、ヤマヒタチオビ(アメリカ原産)という肉食性巻貝が世界の島々に導入されたが、固有の陸生巻貝を捕食してしまい問題となった[11]。さらに、肉食性のニューギニアヤリガタリクウズムシ(ニューギニア原産)も同じ目的で導入され、アフリカマイマイやヤマヒタチオビを襲ったものの、この生物もやはり島の在来巻貝を脅かし、負の連鎖が続いている[22]
  • オーストラリアでウサギ狩りのために大量に放ったウサギが大増殖して農業に大打撃を与えたほか食害による砂漠化が進んで畜産にも影響が出る事態となったため、対策としてネコキツネなどを放っている。だが、ウサギの繁殖能力に追いつかずにほとんど効果がなかったばかりでなく、在来の有袋類を脅かす存在になっている。
  • ベトナム、タイなどでは害虫駆除としてヒキガエルが導入されている。これが在来のカエルを脅かしているのはもちろんのこと、同地方ではカエル食の文化があるため、ヒキガエルの毒による食中毒が後を絶たず、問題になっている[要出典]

第一次産業(農業・漁業)

[編集]
ウシガエル
Lithobates catesbeianus

緑化・ガーデニング

[編集]
ランタナ Lantana camara

産業振興・娯楽

[編集]
オオクチバス
Micropterus salmoides
  • ルアーフィッシングの流行により、北アメリカ原産の肉食魚ブラックバスオオクチバスなど)が、釣り団体などによって全国の河川や湖沼に大量に放流された[24]。移植放流がほとんどの地域で禁止された現在でも、密放流が繰り返されているといわれる[25]
  • アメリカで活動していた順化協会という組織は、産業振興などの目的で主にヨーロッパなどの有益な動植物を世界各地に導入しようと活動した。この団体の目的は産業振興とされるが、仔細に見ると娯楽や天敵導入(後述のホシムクドリも害虫駆除目的)、緑化など複数の目的を内包したものである。そのひとつとしてホシムクドリを1896年にニューヨークのセントラルパークに100羽ほど意図的に放しており、この鳥は80年後には1億2000万羽にまで大増殖している[4]
  • 狩猟鳥として需要のあるコウライキジヤマドリコリンウズラは養殖されて、猟友会などの狩猟関係者が中心となって日本各地に大量に放鳥されている[11][12]

環境保護

[編集]

外来種問題に無理解であるがゆえに、自然を回復させるための自然保護活動やビオトープ活動が逆に地域の自然を破壊してしまう場合も見られる。

ホシムクドリ Sturnus vulgaris
  • 開発によって激減したホタルを呼び戻そうという活動が日本各地で行われているが、その中で地域のホタルの遺伝的多様性を考慮していない無差別なホタルの放虫がなされる事態が多発している。長野県辰野町松尾峡の場合、町役場が観光用に移入して養殖した他県産ゲンジボタルが在来ゲンジボタルの個体数減少を引き起こしている[26][27][28][29]
  • 二酸化炭素を吸収する能力が高く、地球温暖化防止につながる環境にやさしい植物として、ケナフ(アフリカ西部原産)が1990年代に注目を集め、多くの団体が自然植生を刈り取ってまでケナフを植栽した[12]

非意図的導入

[編集]
カワホトトギスガイ Dreissena polymorpha に覆われた流速計(ミシガン湖

外来種のもたらす問題

[編集]

侵略性の強い外来種が引き起こす問題として、生態系に与える影響遺伝子の撹乱第一次産業などへの被害感染症及びヒトの生命への被害などが挙げられるが、2つ以上にまたがるものも珍しくない。

生態系への影響

[編集]

在来種の動植物を捕食したり、食物や繁殖場所など生息環境を奪うことで競争種などを減少させたりする。いずれの場合も、生態系のバランスを崩し、二次的にも大きな影響を与える可能性がある。

ノヤギ(小笠原諸島、父島)
ミナミオオガシラ
Boiga irregularis(グアム島)
ホテイアオイ
Eichhornia crassipes

遺伝子の攪乱

[編集]

外来種が在来種と交雑することによって在来種の遺伝子が変容することがある。この現象を遺伝子浸透遺伝子汚染)という[5]。外来種の遺伝子が広範囲に拡散すれば、それまでの遺伝子プール(その個体群が共有する一定の変異幅をもつ遺伝子の総体)の状態を回復することは、事実上不可能となる。固有種・固有亜種に外来遺伝子が流入した場合、長い進化の歴史を経て形成されてきたそれらの種や亜種が消滅することになるため、問題は特に深刻である。

農作物家畜の品種改良の場合、人為的条件での適応、すなわち人間にとって優れた特性の獲得が、交配により達成され、原種と大きく異なった形態の品種が生み出されることが多い。このような例を踏まえて、遺伝子の攪乱(かくらん)は種としては新たな適応の機会であり、悪い事ではないという意見も見受けられる[36]。しかし、自然環境下の動植物で遺伝子の攪乱が広がった場合、攪乱前の状態に戻すことはできず、交雑種が新たな害を及ぼしたり、生態系全体のバランスに大きな影響を与える恐れもある。

タイワンザル Macaca cyclopis
スパルティナ・アングリカ Spartina anglica
  • 伊豆大島・和歌山県・青森県で野生化が確認されているタイワンザルや、房総半島に定着しているアカゲザルは、日本固有のニホンザルと交雑が可能であり、実際に雑種が生まれている[12]。これが全国に広がれば、純粋なニホンザルは消滅してしまうことも考えられる。
  • タイリクバラタナゴ(中国、台湾、朝鮮半島原産)は1940年代前半に、中国から他の魚(ハクレンソウギョなど)に混じって利根川水系に導入されたが、1960年代以降、人為的に全国各地に分布を広げた[37]。西日本各地で在来のニッポンバラタナゴと交雑し、雑種個体群として累代を続けた結果、純粋なニッポンバラタナゴの生息地はきわめて局所的に残るのみとなり、ニッポンバラタナゴの絶滅が懸念されている[37]
  • 京都府の賀茂川において、食用として持ち込まれたチュウゴクオオサンショウウオが野生化し、日本固有種である在来のオオサンショウウオとの交雑が問題になっている[38]。ただし、チュウゴクオオサンショウウオも、IUCNのレッドリスト(Ver.3.1)において「Critically Endangered(絶滅寸前)」とされており、ワシントン条約で付属書Iにも掲載されているため、外来種として単純に処理できないことが問題を複雑にしている[38]
  • ペットとして輸入されて逃げ出した外国産クワガタムシカブトムシによる在来種の遺伝子攪乱も危惧されている(ヒラタクワガタと亜種の間柄であるオオヒラタクワガタとの交雑など)[10]
  • 外来種と在来種が交雑することでより侵略性の強い生物種が生み出されてしまうこともある。その代表例がスパルティナ・アングリカ英語版という非常に侵略的なイネ科の植物で、この生物は19世紀にアメリカからイギリスに持ち込まれた外来種とイギリスにもともと存在していた在来種との1代雑種の染色体数が倍加して起源している[10]

第一次産業への影響

[編集]

第一次産業に外来種が大きく貢献することがある一方で、農林業や漁業に膨大な被害を与え、数十億円に達する被害額を生じさせる外来種もいる。

ヌートリア Myocastor coypus
  • 戦前まで毛皮獣として日本で盛んに飼養されたヌートリア(南アメリカ原産)は、戦後、需要がなくなるとともに放され、中部地方以西の各地の河川や沼地に定着した。イネニンジンサツマイモなどの農作物に大きな被害を与えていることが報告されている[11]。ほかに日本の例では、アライグマキョンイノブタなどの陸生哺乳類が農作物被害を引き起こしている[12]
  • 第二次世界大戦中の日本では、食糧増産のために中国から四大家魚ソウギョ ハクレンコクレンアオウオ)を利根川水系に導入した[14]。しかし戦後、これら4種は食糧問題の解決には十分資さないまま、ソウギョを水域の除草目的に転用することとなった。ソウギョの過剰な放流で、在来の水生植物群落をほぼ壊滅的な状態に追い込んだケースも見られた[14]富栄養化した水域ではソウギョによる水草除去が一段落した後、植物プランクトンが大量発生し、水草が繁茂していたとき以上に環境が悪化して問題となった。
  • 1860年代のフランスでは、アメリカから流入した寄生虫ブドウネアブラムシ(フィロキセラ)によってヨーロッパブドウが全滅に近い打撃を受け、フランス経済は推定約100億フラン以上のダメージを負った(19世紀フランスのフィロキセラ禍[39]。この被害はフランスだけに留まらず、フランス周辺国や日本でも同様に深刻な被害をもたらした[40]
  • 19世紀アイルランドでは、主要食物であったジャガイモにアメリカから流入したエキビョウキンが流行し、ジャガイモ飢饉が発生した。地主や貴族による輸出停止措置などを取られなかった事も影響し、100万人もの餓死者を出すこととなった[41]
  • イチイヅタ英語版の変異型はキラー海藻と呼ばれており、コーレルペニン(Caulerpenyne)などの毒性二次代謝産物を10数種類産出する[42]。水温10度以上であれば、光の届かない水深100mまでのほとんどの海底状況・水環境にて支配的に繁殖するため、ウニなどの草食性生物が飢えて沿岸生態系を破壊している[42]。千切れても細胞片から繁殖するため、被害を拡大させる海底を切削する浚渫が行えなくなる[42]。生存可能領域が広く、アンカーなどに絡まっても乾燥に強いため地中海から始まりオーストラリア、アメリカなどにも繁殖領域を拡大している[42][43][44][45]

感染症及びヒトの生命への被害

[編集]

従来その地域では見られなかった病原菌や寄生虫が外来種とともに移入された場合、人間や在来種に被害を与える場合がある。

アカヒアリ Solenopsis invicta

課題

[編集]

外来種問題は必ずしも対策が順調に進んでいるとはいえず、仮に対策が実行できたとしても望んだ効果をあげられているとは限らない。ある1種類の外来種を駆除したことで別の外来種が増加し、かえって在来の生態系に負の影響を与えることもある(オオクチバスの駆除によるアメリカザリガニの増加、ジャワマングースの駆除によるクマネズミの増加、ノヤギの駆除による外来植物の増加など)[51][52]

また、外来種をめぐるさまざまな利害関係者と合意形成を図るのは極めて困難であり、ときには激しく対立して大きな論争となることもある。その一例として、オオクチバスを特定外来生物に指定するための会議では、釣魚愛好家・公益法人・釣り業界など・政治家の反対を受け、議論は大きく難航した[25]。結局このオオクチバスに関しては「釣り人の協力を得る必要がある」とする環境省によって、一旦は指定を先送りすることが決定されたものの、環境相の指示によって方針転換した結果、2005年1月31日に決定された第1陣の指定リスト案に記載されることとなった[25]。オオクチバスの場合は駆除対象になったが、侵略的外来種に該当するもののなかでも害獣害虫などの駆除に役立っている動物に加え、ニジマスのように外来種であっても、人間にとってその存在が好都合であるために駆除の対象から除かれるものは、まだまだ多い。

外来種対策を進めるうえで障害になるものとして、外来種が地域の文化にすっかり浸透してしまっていたり、保護対象になっていたりすることがある。例えば、身近に生き物を増やしたいという善意による魚の放流やホタルの放虫は各地で当たり前のように行われており、マスメディアもしばしば美談として報道することもあるが、こうした生物の放逐は外来種問題となりうる危険性をはらんでいる[53]。そのため、無秩序な放流を防ぐ目的で専門の研究者や学会が中心となってガイドラインが作成されている[54]。野生化で絶滅した生物について他地域から近縁な個体群を導入して復活させる再導入(re-introduction)においても、遺伝的多様性や在来の生態系に対しての配慮が求められている(オオカミの再導入トキなどを参照)[55]。特異な事例として、分類学上の扱いの変化によって希少種が外来種になってしまうことがある。タンカイザリガニは滋賀県の淡海湖にのみ生息する希少なザリガニとして地域の人々に保護されてきたが、その後の研究で北アメリカ原産のウチダザリガニと同じ種(もしくは亜種)であることが判明した[56]。北海道の固有のヒキガエルとして考えられていたエゾヒキガエルも本州から持ち込まれたニホンヒキガエルであることがわかっている[12]。これらの外来種が生息する地元では、その生物種が外来種であると明らかになった現在でも保護活動を続けている。こうした矛盾した事例はほかにも存在し、例えばケラマジカカササギ天然記念物に指定されている外来種である。また、自治体の鳥として外来種を指定している地域もある(例:サウスダコタ州コウライキジ、埼玉県のシラコバト、佐賀県のカササギ)。極端な例では、2010年に山梨県西湖で再発見され大きなニュースとなったクニマスは、秋田県の田沢湖から持ち込まれた個体群に由来するため、事実上、絶滅種から一転して国内外来種となったことになる[5]

外来種の是非

[編集]
2018年にマダガスカル島に導入されたアルダブラゾウガメ。マダガスカル島にゾウガメ類が復帰するのは約600年ぶりだとされる[57]
オーストラリアで野生化したヒトコブラクダ英語版)。これらの外来種も、人類によって失われた動物相ニッチを補充する存在として保護するべきだという声も存在する(英語版[58][59][60]
イノシシブリテン諸島では13世紀に絶滅したが、1980年代から家畜個体が野生化し始め、保護の是非が議論されている[61]

外来種をめぐるさまざまな社会的な利害関係によって生じる課題があるなかでも解決が難しい問題として、たとえ外来種であろうとも生物を殺すという行為は認められないとする倫理的価値観との対立がある。駆除に関わる反対の主張は、おもに殺し方を問題とする動物福祉と、殺すこと自体を問題とする動物の権利の2つに分けられるが、とくに後者の主張者との間では議論が拮抗して解決が全く見えない事態になることもしばしばである[62]。日本でも、アライグマやノネコなどの捕殺駆除を行う活動組織が動物愛護団体などの反対を受け、物議をかもしている。

外来種問題はそもそも生物そのものに対する善悪論ではなく、生物を扱う人間の怠慢と無責任さが論点にあるという指摘もある[10]。外来種によって在来種が悪影響を被る事実があるとしても、問題の発端は人間にあるため、たとえば子供がペットを諸事情から放流することは動物の愛護及び管理に関する法律に違反する可能性があるなど、外来種が「悪」であるのではなく「被害者」でもあるため、人間の責任問題であるという啓蒙が必要である[63]

外来種問題への根本的な反対意見として、人間が原因であるにもかかわらず外来種全般を「」として悪者扱いしたり駆除を煽動する風潮に疑念を示す主張も見受けられる[9][36][64]。外来種によってとくに植生の多様性や森林火災の抑制など在来種が恩恵を受ける事例も存在し、外来種の中には他の外来種の影響を抑制するニッチを占めている種類も存在する場合がある。そのため、すでに在来種と共に新たな生態系を構築しており[65]、強制的な排除をすることによって在来種にも悪影響を及ぼしかねない場合があるとされる[60][66][67][68]。この様な指摘は日本における活動にも該当し、外来種の強行的な駆除による他の外来種の増加の可能性や、外来種の駆除をエンターテイメントとして煽動することの弊害も指摘されている[69]。また、外来種のすべてが帰化するわけではなく実際には死滅する場合が目立ち、在来の植生に恩恵を与えたり、人類によってダメージを受けた生態系の再生に貢献する場合もある[70]。そして、とくに該当するニッチを占める在来種が絶滅していて代替えとなる近縁種も存在しない地域にて、外来種と在来種の生態系における影響度が類似していても外来種の「害」ばかりをクローズアップして懸念材料として印象付けることは「ダブルスタンダード」であるという意見も存在する[71]

世界各国とくに欧米圏やオセアニアや南アメリカなど、英語スペイン語などのヨーロッパ系の言語を使う国々では、人類によって絶滅した動物相生態系から喪われたことで発生する山火事などもふくめた様々な悪影響を抑制し、可能な限り本来の生態系の機能を復元するという目的を持つ「更新世リワイルディング英語版)」についての議論が盛んであり、たとえばナショナルジオグラフィックワシントン・ポストなど有力なマスメディアでも紹介されてきている[58][72][73]

「更新世リワイルディング」のおおまかな主旨は、「第四紀の大量絶滅」を引き起こしてきた人類の影響で絶滅した多くの生物(とくに大型生物)に近縁な現生種の野生導入や、すでに「外来種」として存在する中で絶滅種に近縁であったり類似したニッチを占める生物種の保護の是非などである[59][60][68]。これらの中には既に法的に承認された上で実行されている事例も散見され、たとえばブリテン諸島ヨーロッパバイソン[74]ロシア連邦サハ共和国シンリンバイソンロシア語版)、ドナウ・デルタスイギュウ[75]ユーラシア大陸サハ共和国ヨーロッパなど)のジャコウウシ英語版)、オーストラリア本土タスマニアデビル[76]の様に、同種または近縁種が数千年~1万2千年以上も前に絶滅している地域への同種や代用種の導入が開始されている事例も見られる。サハ共和国の「プライストシーン・パーク(英語版)」など、「更新世リワイルディング」に焦点を当てたプロジェクトも少なくない。

外来種をめぐる世界の動き

[編集]

自然保護が世界的に関心を集め始めた1990年代から、生態系生物多様性に悪影響を及ぼす存在としての外来種問題が注目されるようになった。

アメリカ合衆国

[編集]

連邦法であるレーシー法(Lacey Act)が外来種の流通を規制しているほか、各州の野生動物法でも外来種を規制して対策にあたっている[4]

ヨーロッパ

[編集]

各国の国内法によって外来種対策が義務化されているが、域内自由経済圏であるEUの出現にともない外来種の管理が難しくなっているという側面もある[4]

日本

[編集]

2000年以前の日本では、外来種問題に対して以下のような野生動物やペット・家畜などに関係する既存の法律に基づき、各々の法律の範囲内でばらばらに行動しているに過ぎなかった[78]

これらの法律は生物多様性へのリスクなどを考慮して外来種問題への具体的な対策にあたるには不十分であった。こうした事実上放置に近い状態にあった外来種問題は、2000年代初めににわかに脚光を浴びるようになり、行政・民間の双方で、さまざまな動きが起こり始めた。まず、2000年に環境省の自然環境局に「野生生物保護対策検討会移入種問題分科会」が設置された。1995年に閣議決定した「生物多様性国家戦略」では簡単な扱いにとどまっていた外来種問題も、2002年の「新・生物多様性国家戦略」では外来種による生態系の攪乱を第3の危機として位置付けられた。2003年12月には「移入種対策に関する措置の在り方について(答申)」が中央環境審議会から提出され、外来種を包括的に扱う法律を作ることが求められた。そして、2004年5月27日に特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)が可決・成立、6月2日に公布され、2005年6月から施行された。この法律では「特定外来生物等専門家会合」および「特定外来生物等分類群専門家グループ会合」で専門の学識経験者の参加のもと、特定外来生物要注意外来生物を指定し、規制と防除に取り組むことができるようになっている[6]

地方自治体でも外来種対策に取り組んでいる地域がある。北海道では、絶滅の危機に瀕する生物をリストする「レッドリスト」にちなんで、外来種をその危険性をもとに区分した「ブルーリスト」を作成している[79]。滋賀県では、「ふるさと滋賀の野生動植物との共生に関する条例」によって「指定外来種」を規定して、飼育の届け出義務や放逐の禁止を課している[80]

また、2008年度に文部科学省が示した中学校理科の学習指導要領に於いて、初めて外来種に関する文言が盛り込まれるようになり、外来種問題が学校教育に取り上げられ始めている[81]

ニュージーランド

[編集]

外来種によって深刻な環境破壊が発生しているニュージーランドは、外来種規制が世界でも最も厳しい国として知られる[4]。まず、生物安全保障法(Biosecurity Act)に基づき不要生物(unwanted organism)を指定し、輸入・流通(国内を含む)・放出がすべて禁止される[4]。さらに、危険及び新生物法(Hazardous Substances and New Organism Act)により、専門の委員会によって承認されなければ、外来種は一切の輸入・所持・放出ができない[4]。これは、アメリカのレイシー法や日本の外来生物法のようなブラックリスト方式とは異なり、ホワイトリスト方式という非常に厳しい制限である[82]。そのため、国内の空港では厳しい検疫を受けることになる[82]

対策・食べて駆除

[編集]

生物多様性条約の第8条h項に「各々の締約国は、生態系、生息地、若しくは種を脅かす外来種の導入を阻止し、又はそのような外来種を制御し、若しくは撲滅すること」と明記されていることからもわかるように、生物多様性を脅かす外来種問題の解決は人間の、そして国の責務になっている[12]

「外来侵入種によってひきおこされる生物多様性減少防止のためのIUCNガイドライン」によれば、外来種の導入の阻止は最も費用対効果の高い対策であり、外来種の導入によるリスクを最大限考慮するべきという予防原則を提示している[12]。したがって、外来種の輸入や利用を規制し、水際で導入を阻止することが何よりも重要視される。環境省は「(外来種を)入れない、捨てない、拡げない」の外来生物被害予防三原則の実践を一般に呼びかけている[83]

外来種の導入を未然に防ぐことができず、定着してしまった場合は、外来種をその生態系から完全に取り除く根絶(eradication)と、外来種個体群をその悪影響が問題にならないレベルの密度に抑える管理(control)の2つの方策が検討される[51]。IUCNガイドラインでは、根絶は最良の管理手段であり、とくに定着初期の段階では効果が高いとしている[12]

根絶や管理のための具体的な手法として、銃やわな、天敵導入、毒物の利用による捕獲・駆除、柵などの移動制限が挙げられる。オーストラリアでは、外来種のウサギを駆除するため、致死性の粘液腫ウイルスの導入が行われたことがあるが、ウサギの耐性獲得とウイルスの弱毒化変異により失敗した。

一度定着した侵略的な外来種を根絶することは非常に難しいが、面積の狭い地域では根絶に成功した事例がいくつかある。日本では南西諸島の島々に拡大したウリミバエに対して20年以上の歳月をかけて不妊虫放飼法と駆除を併用することで根絶を達成した[84]。また、1999年から開始した小笠原の聟島列島聟島媒島嫁島に生息するノヤギの排除事業は、柵への追い込みと射殺により2002年までに完全な排除に成功し、ほかの近隣の島々でも進められている[85]。外来海洋生物の根絶事例は、世界でもオーストラリアの閉鎖的な港(マリーナ)におけるイガイダマシの駆除の一例のみである[30]

外来種の駆除の新たなやり方として、食べることで駆除する「食べて駆除」が行われるようになった。ブラックバス[86]カミツキガメ[87][88][86]、他にも対象はウチダザリガニ(シグナルクレイフィッシュ、レイクロブスター)、アメリカザリガニ[89][90][91][86]クビアカツヤカミキリ[92]、ジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)など[93]

日本の主な外来種

[編集]

以下は、日本国内に実際に導入されて定着している外来種の一部のリストである。

動物

[編集]

哺乳類

[編集]

鳥類

[編集]

爬虫類

[編集]

両生類

[編集]

魚類

[編集]

節足動物

[編集]

節足動物以外の無脊椎動物

[編集]

植物

[編集]

日本国外で外来種となる日本産の生物

[編集]

日本では日本国外の動植物が外来種として意識されるが、日本国外では逆に日本産の動植物が外来種として問題となっている事例もある。外来種として日本から海外に侵出して定着した日本産の動植物のうち、生態系や第一次産業に大きな影響を及ぼしている生物を以下に挙げる(カッコ内は大きな影響の出ている地域)。

動物(日本産の生物)

[編集]
コイ Cyprinus carpio
(アメリカ、ユタ州、パウエル湖)
マメコガネ Popillia japonica
(カナダ、オンタリオ州オタワ

植物(藻類を含む)

[編集]
クズ Pueraria lobata の大群落(アメリカ、ジョージア州アトランタ

脚注

[編集]
  1. ^ 外来生物法
  2. ^ 日本における外来植物の実態とそのリスク評価”. 2018年5月19日閲覧。
  3. ^ a b Charles S. Elton(著者) 川那部浩哉・大沢秀行・安部琢哉(訳者)『侵略の生態学』思索社、1971年2月5日。 
  4. ^ a b c d e f g h i j 川道美枝子・岩槻邦男・堂本暁子『移入・外来・侵入種 生物多様性を脅かすもの』築地書館、2002年3月25日。ISBN 4-8067-1234-5 
  5. ^ a b c d e f 西川潮・宮下直『外来生物-生物多様性と人間社会への影響-』裳華房、2011年10月20日。ISBN 978-4-7853-5848-8 
  6. ^ a b 尼子直輝「外来生物法の概略」『雑草研究』第52巻第3号、2007年、137-140頁、NAID 130004503992 
  7. ^ a b 鷲谷いづみ「外来植物の管理(<特集>国外外来種の管理法)」『保全生態学研究』第5巻第2号、日本生態学会、2000年1月15日、181-185頁、NAID 110007643293 
  8. ^ a b 鷲谷いづみ「外来種の定着と侵略性の生態学的要因」『日本水産学会誌』第73巻第6号、2007年、1117-1120頁、NAID 110006530891 
  9. ^ a b c 大場秀章『日本の帰化植物図譜』アボック社、2009年12月25日。ISBN 978-4-900358-65-2 
  10. ^ a b c d e 種生物学会『外来生物の生態学 進化する脅威とその対策』文一総合出版、2010年3月31日。ISBN 978-4-8299-1080-1 
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著)『決定版 日本の外来生物』平凡社、2008年4月21日。ISBN 978-4-582-54241-7 
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 村上興正・鷲谷いづみ(監修) 日本生態学会(編著)『外来種ハンドブック』地人書館、2002年9月30日。ISBN 4-8052-0706-X 
  13. ^ a b c リチャード B. プリマック・小堀洋美『保全生物学のすすめ 改訂版』文一総合出版、2008年11月5日。ISBN 978-4-8299-0133-5 
  14. ^ a b c 松沢陽士・瀬能宏『日本の外来魚ガイド』文一総合出版、2008年8月23日。ISBN 978-4-8299-1013-9 
  15. ^ 池田透『外来生物が日本を襲う!』青春新書、2007年2月15日。ISBN 978-4-413-04166-9 
  16. ^ W. Ian Montgomery, M. G. Lundy and N. Reid (2012). “Invasional meltdown: evidence for unexpected consequences and cumulative impacts of multispecies invasions”. Biological Invasions 14 (6): 1111-1125. 
  17. ^ 小林達明「外来種(移入種)問題と緑化」『日本緑化工学会誌』第30巻第2号、2004年、396-398頁、NAID 110002949647 
  18. ^ 池田透「アライグマ対策の課題」『哺乳類科学』第46巻第1号、2006年、95-97頁、NAID 10017603645 
  19. ^ a b 環境省 第4回 特定外来生物等分類群専門家グループ会合 資料2-4「ミシシッピアカミミガメの輸入・流通、飼育実態及び海外における法規制について
  20. ^ a b 山田文雄「マングース根絶への課題」『哺乳類科学』第46巻第1号、2006年、99-102頁、NAID 10017603653 
  21. ^ 今井長兵衛「日本における外来種問題」『生活衛生』第49巻第4号、2005年、199-214頁。 
  22. ^ 大林隆司「ニューギニアヤリガタリクウズムシについて : 小笠原の固有陸産貝類への脅威」『小笠原研究年報』第29号、首都大学東京小笠原研究委員会、2006年3月、23-35頁、CRID 1050845763200821120hdl:10748/2314ISSN 038798442024年6月26日閲覧 
  23. ^ 鷲谷いづみ「保全生態学からみたセイヨウオオマルハナバチの侵入問題 (<特集>移入生物による生態系の攪乱とその対策)」『日本生態学会誌』第48巻第1号、日本生態学会、1998年4月25日、73-78頁、NAID 110001880957 
  24. ^ 淀太我, 井口恵一朗「バス問題の経緯と背景」『水産総合研究センター研究報告』第12号、水産総合研究センター、2004年11月、10-24頁、ISSN 1346-9894NAID 40006614150 
  25. ^ a b c 瀬能宏「外来生物法はブラックバス問題を解決できるのか?」『哺乳類科学』第46巻第1号、2006年、103-109頁、NAID 10017603664 
  26. ^ 井口豊「長野県辰野町におけるゲンジボタルの明滅周期について」(PDF)『全国ホタル研究会誌』第39巻、2006年、37-39頁。 
  27. ^ 日和佳政, 水野剛志, 草桶秀夫「人工移入によるゲンジボタルの地域個体群における遺伝的構造への影響」(PDF)『全国ホタル研究会誌』第40巻、2007年、25-27頁。 
  28. ^ Iguchi, Yutaka (2009). “The ecological impact of an introduced population on a native population in the firefly Luciola cruciata (Coleoptera: Lampyridae)”. Biodiversity and conservation (Springer) 18 (8): 2119-2126. doi:10.1007/s10531-009-9576-8. https://doi.org/10.1007/s10531-009-9576-8. (Paid subscription required要購読契約)
  29. ^ 井口豊「ゲンジボタルの移入問題」(PDF)『全国ホタル研究会誌』第42巻、2009年、35-38頁。 
  30. ^ a b 岩崎敬二「日本に移入された外来海洋生物と在来生態系や産業に対する被害について」『日本水産学会誌』第73巻第6号、2007年、1121-1124頁、NAID 110006530892 
  31. ^ a b 中井克樹「陸水域における外来生物問題の課題」『陸水学雑誌』第70巻第3号、2009年、277-280頁、doi:10.3739/rikusui.70.277NAID 10027008444 
  32. ^ 大塚攻, 黄長江, 商栩「バラスト水による動物プランクトンの導入と定着の実態」『用水と廃水』第53巻第10号、産業用水調査会、2011年10月、811-815頁、ISSN 05135907CRID 1522262180464077312 
  33. ^ 哺乳類保護管理専門委員会「移入哺乳類への緊急対策に関する大会決議」『哺乳類科学』第39巻第1号、1999年、115-129頁、doi:10.11238/mammalianscience.39.115NAID 10013370806 
  34. ^ 戸田光彦・中川直美・鋤柄直純「小笠原諸島におけるグリーンアノールの生態と防除」(PDF)『地球環境』第14巻第1号、2009年、39-46頁、2024年6月26日閲覧 
  35. ^ a b 村中孝司、石井潤、宮脇成生、鷲谷いづみ「特定外来生物に指定すべき外来植物種とその優先度に関する保全生態学的視点からの検討」『保全生態学研究』第10巻第1号、日本生態学会、2005年6月30日、19-33頁、doi:10.18960/hozen.10.1_19NAID 110001888700 
  36. ^ a b 池田清彦(監修) DECO(編)『外来生物辞典』東京書籍、2006年。ISBN 4-487-80118-4 
  37. ^ a b 白井康子・池田滋・伊藤英夫・横井聰「希少淡水魚ニッポンバラタナゴ保護の取組み-タイリクバラタナゴ混入個体群の池干しと捕獲による防除の試み-」『水環境学会誌』第32巻第12号、2009年、661-664頁、doi:10.2965/jswe.32.661NAID 10026288650 
  38. ^ a b 松井正文「DNA解析による外来種チュウゴクオオサンショウウオ事業報告書」(PDF)『河川整備基金助成事業』2005年、2011年8月29日閲覧 
  39. ^ The Great French Wine Blight”. 2011年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月4日閲覧。
  40. ^ ブドウ栽培の危機を救ったブドウネアブラムシ防除の功労者 神沢恒夫”. 2013年2月11日閲覧。
  41. ^ Ross, David (2002), Ireland: History of a Nation, New Lanark: Geddes & Grosset, ISBN 1-84205-164-4 p. 226
  42. ^ a b c d 内村真之「地中海のイチイヅタ」『藻類』第47巻第3号、日本藻類学会、1999年11月、187-203頁、ISSN 00381578CRID 1520009410527098752 
  43. ^ 江端弘樹「「キラー海藻」の現状と問題点」『Ship & Ocean Newsletter』第105巻、海洋政策研究所、2004年12月、4-5頁、CRID 1050292472623709952 
  44. ^ イチイヅタ / 国立環境研究所 侵入生物DB”. www.nies.go.jp. 2022年9月23日閲覧。
  45. ^ Mozzachiodi, R (2001年11月). “Caulerpenyne, a toxin from the seaweed Caulerpa taxifolia, depresses afterhyperpolarization in invertebrate neurons” (英語). Neuroscience. pp. 519–526. doi:10.1016/S0306-4522(01)00365-7. 2022年9月23日閲覧。
  46. ^ イリオモテヤマネコ”. 政策分野・行政活動「自然環境・生物多様性」. 環境省. 2018年6月24日閲覧。
  47. ^ 竹前朝子「「希少野生動物の保護と自治行政」によせて」(PDF)『神奈川大学法学研究所ニュースレター』第13号、神奈川大学法学研究所、2009年3月、13頁、2018年6月24日閲覧ニュースレター(目次)《神奈川大学法学研究所Webサイト内『法学研究所について~刊行物』より》” 
  48. ^ 「奄美の明日を考える奄美国際ノネコ・シンポジウム」記録集”. 鹿児島大学 鹿児島環境学研究会. 2019年2月10日閲覧。
  49. ^ 環境省 自然環境局 野生生物課 外来生物対策室「アルゼンチンアリ防除の手引き」(PDF)2009年、2011年8月29日閲覧 
  50. ^ 埼玉県で捕獲犬1頭からエキノコックス虫卵を検出 日経メディカル 2005/09/09
  51. ^ a b 亘悠哉「外来種を減らせても生態系が回復しないとき:意図せぬ結果に潜むプロセスと対処法を整理する」『哺乳類科学』第51巻第1号、2011年、27-38頁、doi:10.11238/mammalianscience.51.27 
  52. ^ 石田健, 宮下直, 山田文雄「群集動態を考慮した生態系管理の課題と展望:奄美大島における外来種問題の事例」『保全生態学研究』第8巻第2号、日本生態学会、2003年、159-168頁、doi:10.18960/hozen.8.2_1592022年12月21日閲覧 
  53. ^ 中井克樹「日本における外来魚問題の背景と現状 : 管理のための方向性をさぐる(<特集>国外外来種の管理法)」『保全生態学研究』第5巻第2号、日本生態学会、2000年1月15日、171-180頁、doi:10.18960/hozen.5.2_171 
  54. ^ 日本魚類学会「生物多様性の保全をめざした魚類の放流ガイドライン
  55. ^ IUCN(国際自然保護連合)・SSC(種の保存委員会) 再導入専門家グループ「再導入のためのIUCN/SSCガイドライン(和訳)
  56. ^ Usio N, 中田和義, 川井唯史, 北野聡「特定外来生物シグナルザリガニPacifastacus leniusculus)の分布状況と防除の現状」『陸水学雑誌』第68巻、2007年、471-482頁。 
  57. ^ Adetunji, Jo (2024年2月4日). “Madagascar: giant tortoises have returned 600 years after they were wiped out”. The Conversation. 2024年3月8日閲覧。
  58. ^ a b Emma Marris, 2017年10月07日, These Giant Invasive Beasts May Actually Be Good for the Planet
  59. ^ a b Arian D. Wallach, Daniel Ramp, Erick Lundgren, William Ripple, 2017年, From feral camels to‘cocaine hippos’, large animals are rewilding the world, Misha Ketchell, The Conversation
  60. ^ a b c Jo Adetunji, 2019年, Non-native species should count in conservation – even in Australia, The Conversation
  61. ^ Wild Boar (Pig)
  62. ^ 村上興正, 石井信夫, 池田透, 常田邦彦, 山田文雄「日本と諸外国における外来種問題とその対策―現状と課題」『哺乳類科学』第46巻第1号、2006年、69-74頁、doi:10.11238/mammalianscience.46.69NAID 10017603607 
  63. ^ 加藤英明, 谷口絵美, 2018年05月21日, 日本の生態系を脅かす外来生物は、悪者ではない, 日経DUAL編集部, 日経クロスウーマン
  64. ^ 小崎丈太郎, 2017年06月28日, 外来種イコール悪でいいのか?, 日経バイオテクONLINE Vol.2712
  65. ^ 外来生物は本当に悪者? 外来生物の「言い分」に耳をかたむけよう! 小宮輝之さんインタビュー
  66. ^ Dana M. Bergstrom, Arko Lucieer, Kate Kiefer, Jane Wasley, Lee Belbin, Tore K. Pedersen, Steven L. Chown, 2009年, Indirect effects of invasive species removal devastate World Heritage Island, Journal of Applied Ecology, 46(1), pp.73 - 81, DOI:10.1111/j.1365-2664.2008.01601.x, British Ecological Society
  67. ^ Shonil A. Bhagwat, Elinor Breman, Tarsh Thekaekara, Thomas F. Thornton, Katherine J. Willis, 2012年, A Battle Lost? Report on Two Centuries of Invasion and Management of Lantana camara L. in Australia, India and South Africa, PLOS ONE, 7(3):e32407, DOI:10.1371/journal.pone.0032407
  68. ^ a b c Erick J. Lundgren, Daniel Ramp, John Rowan, Owen Middleton, Simon D. Schowanek, Oscar Sanisidro, Scott P. Carroll, Matt Davis, Christopher J. Sandom, Jens-Christian Svenning, Arian D. Wallach, James A. Estes, 2020年, Introduced herbivores restore Late Pleistocene ecological functions, PNAS, 117 (14), pp.7871-7878, 米国科学アカデミー紀要
  69. ^ 小坪遊, 2020年10月17日, 外来種を悪とする「池の水ぜんぶ抜く」の疑問点, 東洋経済オンライン
  70. ^ フレッド・ピアス, 藤井留美, 2016年07月14日, 外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD, 草思社
  71. ^ Erick Lundgren, 2024年, Horses, camels and deer get a bad rap for razing plants – but our new research shows they’re no worse than native animals, The Conversation
  72. ^ Brian Switek, 2016年06月22日, Could bringing back camels ‘rewild’ the American West?
  73. ^ Adam Hart, 2022年08月01日, Rewilding: is it the conservation silver bullet we need?, BBC Science Focus Magazine
  74. ^ For the first time in 6,000 years, a bison is born in the wild in the U.K.
  75. ^ a b Why is Europe rewilding with water buffalo?
  76. ^ タスマニアデビルの赤ちゃん、オーストラリア本土で3千年ぶりに誕生
  77. ^ 麻薬王がのこした「コカイン・カバ」自然環境に貢献?
  78. ^ 村上興正「日本における外来種の法的規制(<特集>国外外来種の管理法)」『保全生態学研究』第5巻第2号、日本生態学会、2000年1月15日、119-130頁、doi:10.18960/hozen.5.2_119NAID 110007643288 
  79. ^ 北海道 ブルーリスト
  80. ^ 滋賀県 ふるさと滋賀の野生動植物との共生に関する条例
  81. ^ 中山聖子「外来生物問題の普及啓発の重要性と陸水域で望まれる対策について」『陸水学雑誌』第70巻第3号、2009年、281-283頁、doi:10.3739/rikusui.70.281NAID 10027008457 
  82. ^ a b 加藤英寿「ニュージーランドにおける外来種対策について」『小笠原研究年報』第30巻、2007年、1-13頁、ISSN 038798442011年8月28日閲覧 
  83. ^ 環境省 自然環境局「侵略的な外来生物とは
  84. ^ 小山重郎「日本におけるウリミバエの根絶」『日本応用動物昆虫学会誌』第38巻第4号、日本応用動物昆虫学会、1994年11月25日、219-229頁、doi:10.1303/jjaez.38.219 
  85. ^ 常田邦彦小笠原のノヤギ排除の成功例と今後の課題」『哺乳類科学』第46巻第1号、2006年、93-94頁、doi:10.11238/mammalianscience.46.93 
  86. ^ a b c 毎小ニュース:話題 外来種、食べて駆除 やっかい者を活用”. 毎日新聞. 2023年7月31日閲覧。
  87. ^ 外来種は食べて駆除する? 斬新すぎる外来種対策が話題!”. レタスクラブ (2018年11月29日). 2023年7月31日閲覧。
  88. ^ カミツキガメ:味鶏肉に近くぷりぷり 外来種、食べて駆除”. 毎日新聞. 2023年7月31日閲覧。
  89. ^ ロブスター級に美味な外来種『ウチダザリガニ』は食べて駆除が正解”. article.yahoo.co.jp (2023年7月28日). 2023年7月31日閲覧。
  90. ^ ザリガニとミドリガメが特定外来生物に 食べて駆除するならザリガニがオススメ?”. tsurinews.jp (2023年6月11日). 2023年7月31日閲覧。
  91. ^ アメリカザリガニは食べて駆除!? 子どもたちのアイドルは「最悪の外来生物」だった”. AERA dot. (アエラドット) (2021年9月15日). 2023年7月31日閲覧。
  92. ^ 害虫なんて食べてしまえ! クビアカツヤカミキリ「食べる会」 足利で開催|下野新聞 SOON”. 下野新聞 SOON. 2023年7月31日閲覧。
  93. ^ 稲の大敵「ジャンボタニシ」は食べて駆除も可能 味はまるでサザエ?”. tsurinews.jp (2020年8月2日). 2023年7月31日閲覧。

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]