国民民主党 (日本 2018-)

Wikipedia open wikipedia design.

日本の旗 日本政党
国民民主党
Miyakezaka Building 2018.jpg
国民民主党本部が入居する三宅坂ビル
代表 玉木雄一郎
代表代行 大塚耕平
古川元久
幹事長 平野博文
参議院会長 大塚耕平
成立年月日 2018年5月7日[1]
前身政党 民進党 [2]
国民党[注 1][2]
自由党[注 2][9]
本部所在地
〒100-0014
東京都千代田区永田町1-11-1[10] 三宅坂ビル
北緯35度40分44.2秒 東経139度44分34.7秒 / 北緯35.678944度 東経139.742972度 / 35.678944; 139.742972
衆議院議席数
38 / 465   (8%)
(2019年7月24日現在)
参議院議席数
23 / 245   (9%)
(2019年7月30日現在)
地方自治体議員数
758 / 32,448   (2%)
(2018年8月7日現在[11]
党員・党友数
76,596人
(2018年7月31日現在[12]
政治的思想・立場 改革中道[2][13][14][15][16]
改革保守[2]
共生主義[13][14][17]
環境主義[18][14]
持続可能な開発[13]
地域主権改革[2][18][13]
政治改革行政改革[18][13]
立憲主義[18][13]
国民主権[13]
平和主義[18][13][14]
国際協調主義[18]
原発ゼロ[2][18][5][19]
核兵器廃絶[18][13][14]
公益資本主義[18]
機関紙 『国民民主プレス』[20]
公式サイト 国民民主党公式WEBサイト
シンボル Kokumin Minshutō Logo.png
国民民主党ロゴ
法人番号 8010005002280
法規上1996年結成の民主党1998年結成の民主党および民進党と同一政党
テンプレートを表示

国民民主党(こくみんみんしゅとう、: Democratic Party For the People[注 3][21]DPFP[21])は、日本の政党[2]。結党時の略称は国民党(こくみんとう)[5][6][7]で、公職選挙法上でもこちらを用いる[8]こととしていたが、2019年の第25回参議院議員通常選挙では民主党を略称とする。これに伴い党規約からも略称部分が削除された[22][23]。報道時には国民党のほか[24]国民[25]または国民民主が使用される[注 4]。また参議院では会派の略称を民主としている[2][8][33]

2018年5月、民進党希望の党の両党が合流し[注 5]、手続き上は民進党が党名変更する形で結党された[2]

党名[編集]

合流協議の始まった2018年4月当初、民進・希望両党の議員から新党の名称に「民主党」を推す声が根強く存在したが[34]、すでに公式略称を「民主党」で届出ている立憲民主党側が不快感を示したことや、また立憲民主党の略称と重複する件について総務省が難色を示したため断念した[35]。4月23日に両党が開いた会合では、「国民党」、「国民民主党」、「改進党」、「共和党」[36]、「中道民主党」、「民生党」[37]、「未来民主党」、「日本民主党」、「平和民主党」、「経済民主党」[38]、「立憲自由党」[39]などの案が出たほか、希望の党の若手議員らが党名として「新党ゼロ」を提案しプロモーションビデオを製作するなどした[40]。翌24日には両党幹部による新党協議会で党名を「国民民主党」とすることが決定した[41]

党史[編集]

Family tree of The Democratic Party and Party of Hope.png

前史[編集]

小池百合子東京都知事が、2017年7月に行われた東京都議会議員選挙で自ら率いた地域政党・都民ファーストの会が圧勝したことを受け、衆議院の解散総選挙へ向けての流れに乗り、同年9月に国政政党「希望の党」を結成した。この希望の党には、当時の民進党を離党・除籍となった細野豪志長島昭久ら保守系議員が結党に参加しており、彼らを中心に9名の国会議員が集まり政党としてスタートを切った。

衆議院解散を前に、当時の民進党代表であった前原誠司は小池代表との会談により、民進党の希望の党への合流が取り沙汰され[42]、解散当日の9月28日、民進党は党として次期総選挙への公認候補を擁立せず、希望の党へ公認を申請、事実上希望の党へ合流することを前原が提案し、了承された。

しかし、その後小池が党の政策と一致しない候補を排除する趣旨の発言を行った[43]ことから、一部の民進党議員が反発。枝野幸男党代表代行はリベラル系議員の新たな受け皿として「立憲民主党」を結成[44]し、岡田克也元党代表、野田佳彦前首相のように無所属で選挙戦を戦う事を選択する候補も出て、民進党内の分裂に至った。

同年10月22日に行われた第48回衆議院議員総選挙では、党代表である小池が「都政に専念する」ことを理由に同選挙へ立候補しなかったことや、小池自身の言動の影響[45]もあってか、公認候補235名のうち小選挙区で18議席、比例代表で32議席の50議席の獲得に留まり、野党第一党は54議席を獲得した立憲民主党となった。

選挙の結果を受けて、小池に対する責任論が噴出し[46]、その後行われた共同代表選挙玉木雄一郎が党の共同代表に選出された[47]が、小池は程なくして共同代表から退き、党代表は玉木に一本化された[48]

一方、参議院議員が残留した民進党では、党所属議員が希望の党公認として選挙戦で戦い惨敗したことや党分裂を招いた責任を取り、前原が党代表を辞任[49](その後、希望の党へ入党)。その後行われた党代表選挙では大塚耕平が無投票で後任の党代表に選出された。

党代表がそれぞれ交代したことで、2017年末に民進党側が立憲民主党・希望の党との統一会派結成を求めたが、衆院選からの一連の経緯で希望の党に不快感を持つとされる立憲側の拒否[50][51]や民進党内からも異論が噴出し、蓮舫元党代表など一部議員の立憲民主党への移籍を招くこととなった[52]。一方、希望の党側は統一会派結成に前向きな構えを見せたが、安全保障や憲法に関する見解の違いから松沢成文参議院議員団代表ら保守系議員の反発を招き、希望の党側も分裂を招きかねない状況で燻り続け[53]、翌2018年に入ると統一会派結成を見送る状況となった[54]

その後、同年3月に民進党・希望の党の両党が合流したうえで新党を結成する構想が表面化[55]し、4月に入ると新党結成への両党の協議が本格化、同月26日に民進党・大塚代表と希望の党・玉木代表が合流による新党「国民民主党」結成の合意書に署名した。これを受けて、希望の党側は玉木代表ら新党参加組と松沢ら保守系メンバーの分党を決定。松沢ら5名は別の新党を結成して「希望の党」の名称を引き継ぐこととなった[56]

一方で、両党の一部議員から「立憲民主党を軸とする野党再編を目指す」立場から、2党のみでの性急な新党結成に対する反発が強く、新党結成発表に前後して特に民進党側からは小川敏夫ら複数の参議院議員や、民進党籍を持つ無所属の会の大半が新党への不参加を表明し民進党を離党、一部議員は立憲民主党へ入党した[57]。希望の党側も分党した松沢ら5名のほか、細野、長島ら結党メンバーの多くは新党に参加せず、立憲民主党との連携を重視する大串博志らも不参加となった[58][59]

新党結成の手続きとしては、まず「希望の党」を解党し、玉木ら新党合流組が「国民党」、松沢らが(新)「希望の党」をそれぞれ結党する形で分党し、このうち玉木らの「国民党」が結党間もなく民進党に合流の上、民進党側が「国民民主党」へ党名を変更する方式を取ることとなった[60]。従って、国民民主党は法規上1996年結成の民主党(いわゆる「(旧)民主党」)、1998年結成の民主党民進党と同一政党の流れを汲むこととなる(ただし、立憲民主党所属の菅直人内閣総理大臣は、形式上同一政党でない旧希望の党の流れを汲んでいると弁明している[61]。)。

結党[編集]

2018年5月7日、党設立大会を東京都のホテルで開催[62]。党参加国会議員は衆議院39人、参議院23人の計62人で、5月6日時点の民進党53人、希望の党54人の両党合計107人の約58%に留まり、立憲民主党の63人を下回って野党第1党の座には届かなかった[62]。また、民進党代表の大塚耕平、希望の党代表の玉木雄一郎が共同で代表に就任することが承認された[62]。代表任期は9月末までで、9月に代表選挙を実施する予定。幹事長に希望の党幹事長の古川元久が就くなどの役員人事も決定[62]。民進党、希望の党との相違点として総務会の設置が決まり、総務会長は平野博文が務める。

同日、衆参各院事務局に会派変更も届け出た[63]。衆議院では民進党系会派が「無所属の会」、希望の党の会派が「希望の党・無所属クラブ」であったが、「国民民主党・無所属クラブ」に変更。参議院では、民進党会派だった「民進党・新緑風会」から「国民民主党・新緑風会」に改称した。さらに同日、民進党は国民民主党への党名変更を総務大臣に届け出た[1]

大塚耕平・玉木雄一郎共同代表時代[編集]

5月14日、結党後の最初の世論調査(JNN)で支持率が0.8%だったことについて玉木雄一郎は「ゼロでなくてよかった。選挙を経験していない政党だから、本当の意味での信任を得ていないと思う」と述べた[64]

5月27日、玉木共同代表が党会合で、国民民主党を中心とした政権交代を2022年2023年をめどに実現したいとの目標を発表した[65]。「5年ほどのスパンで地道に力を付け、政権を担える固まりをつくる」と述べ、同時に「これからの日本を見据えた堂々たる政策集団として、党を育てたい」と強調した。

対決より解決」を掲げており、政府与党に徹底抗戦の姿勢の立憲民主党と路線対立があると産経新聞に報じられた[66]

7月18日の党総務会の中で、合流後初の代表選挙を行うことが決められ、8月22日告示・9月4日投開票のスケジュールで行われることや、基本的なルールは旧民主党→民進党のものを踏襲するも新しいルールとして、立候補に必要な推薦人を「所属国会議員20人」から「所属国会議員数の15%にあたる10人+それと同数の地方議員」に改めることも決定[67]

8月22日2018年国民民主党代表選挙が告示され、玉木雄一郎共同代表と津村啓介衆議院議員の2名が立候補を届け出た[68]

同日、柚木道義衆議院議員が「党が掲げる対決より解決路線によって野党の分断がますます加速した」と野党共闘に対する党のスタンスに異議を唱え離党届を提出したが、党執行部は「代表選挙告示・立候補受付開始の直前に行われた行為は党の名誉・信頼を傷つけ、党の結束を乱す背信行為」として離党届を受理せず、柚木を除籍(除名)処分とした[69][70]。同党から除籍(離党)した国会議員は結党以来初となった。

9月2日、中央省庁の障害者雇用水増し問題について、同党が雇用義務に反して1人も障害者を雇用しておらず、ハローワークへの報告も怠っていたことが発覚した。代表の玉木は、それまで安倍政権の隠蔽体質の現れであり、障害者に対する裏切り行為であると批判していた[71]

9月4日代表選挙が投開票され、玉木共同代表が津村衆院議員を204-74で下し、代表続投が決定[72]

玉木雄一郎代表時代[編集]

新執行部の発足[編集]

9月11日、新執行部の人事が発表され、焦点となっていた幹事長人事では、玉木新代表の側近である古川元久前幹事長の続投を見送り、平野博文元官房長官を新しい幹事長に起用。古川は代表代行として処遇し、代表選で玉木と争い敗戦した津村啓介元内閣府政務官を副代表に抜擢[73]

10月9日には、参院議員会長選挙が告示。現職の大塚耕平党代表代行の他に立候補の届け出がなく無投票で再選が決まった[74]。‬

10月11日、立憲民主党と国民民主党、それに両党の支持母体である連合が、来年の参院選に向け、一人区をはじめとする選挙区の候補者について野党間で調整する必要性を確認する覚書を交わしたことが判明[75]

10月15日今井雅人衆議院議員が、同19日には長浜博行参議院議員が離党届を提出。党は同22日に長浜の会派退会を承認したことから参議院でも野党第2会派に転落した[76]。なお、両名は11月21日付で除籍処分とした[77]

同日、フランスの「人民共和連合」党首と国際情勢に纏わる意見交換が行われた[78]

明けて2019年になると、1月15日に伊藤俊輔衆議院議員が離党届を提出(同月23日付で受理[79])、立憲民主党会派「立憲民主党・無所属フォーラム」への入会を届け出ており[80]、さらに無所属の会から13人中9人が立憲民主党会派に入会したことで、立憲民主党との勢力差が広がりつつある状況となった[81]

自由党の合流・統一地方選[編集]

同月22日夕方、玉木代表と自由党の小沢一郎共同代表が東京都内のホテルで会談し、両党の合流へ向けての方針に合意したことが伝えられた[82]。これを受けて、翌23日に行われた総務会では合流に向けての具体的な交渉を玉木に一任した[79]。同月24日、玉木・小沢両代表の会談で衆参両院での統一会派結成に向けて、合意した[83]。一時は参院での第一会派に躍り出るも、同日24日に立憲側が社民党との統一会派結成に合意。これにより、参院での議員数が「国民+自由」「立憲+社民」の両統一会派でそれぞれ27人となるため、慣例により立憲が再び参院第一会派を握ることになる[84]。さらに、同日には藤田幸久参議院議員が国民民主党に離党届を、立憲民主党に入党届をそれぞれ提出した[85]

2月25日に、アントニオ猪木参議院議員が会派入りし28人となり、一時的に参院第一会派に返り咲く[86]が、3月6日に藤田を除籍し、翌7日に会派の移動を届け出たため再び野党第2会派となった[87]

4月の第19回統一地方選挙では、前半戦においては立憲民主党が改選前を約3割上回る議席を獲得したのに対し、国民民主党は伸び悩んだ[88]。玉木は4月10日に記者会見を行い、国民民主党の党籍を持つ無所属候補も含めると道府県議選では177人の立候補者に対し135人が当選したと明らかにし、「当選率は2015年の民主党よりも高い比率となった。厳しい中で、なんとか踏ん張ったのかなという気がする」とコメントした一方、立憲・国民両党の合計議席が前回の旧民主党の獲得議席を下回っていることから、「旧民主(系の勢力)で足して減っていることが本質的問題だ」と指摘した[89][90]

4月26日未明に両院議員総会を開き、採決の結果、賛成多数で自由党との合併を了承した[91]。なお、この採決では階猛近藤和也大野元裕足立信也の4名の衆参両院議員が合併に反対した[92]。自由党が解党し、国民民主党に合流する形をとり、党名や政策は国民民主党のものを継承する[93]。同日、合併手続きを行い、山本太郎を除く6人の自由党衆参両院議員は国民民主党に入党し、自由党は総務省に解散を届け出た[94]

5月11日、自由党との合流に反対していた階が党岩手県連の会合で離党する意向を表明[95]。同党岩手県連代表の黄川田徹前衆議院議員と県連副幹事長の高橋但馬県議も離党を表明した[96]。その後も離党の動きは続き、同20日には大野が離党の意向を表明[97]。26日までに岩手県連では階ら3名に加え、新たに5名の地方議員が離党届を提出し、同日受理された[98][99]。29日には党総務会で階の離党届が受理され、また、山井和則国対委員長代行も離党を検討していることが明らかとなった[100][101]。大野、山井はその後離党届を提出。大野の届け出は6月25日に受理された[102][103]が、山井は参院選後の7月24日に除籍処分となった[104]

第25回参議院議員通常選挙[編集]

7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙では、公認候補の当選者は改選8議席を2議席下回る6議席の獲得となった。玉木は同月24日に行われた党総務会で、岩手県選挙区から無所属で出馬し当選した横澤高徳の入党を了承したと発表し、国民民主党の党籍を持ちながら無所属で出馬・当選した森本真治広島県選挙区)と合わせると現有議席を維持できたとの認識を示した[105]

同選挙では自公両党に日本維新の会を加えた議席数が憲法改正に必要な国会発議要件を満たす3分の2を割りこみ、国民民主党が憲法改正のキャスティング・ボートを握る形となった[106]。また、参院側では増子輝彦幹事長代行らが「参院で野党第1会派を取りにいく」として、日本維新の会との統一会派を主張した[107]が、次期衆院選に向け立憲民主党との共闘を目指したい衆院側が自重を求める事態となった[108]。8月2日に行われた両院議員懇談会では参院選での立憲民主党への強い不満が示されたほか、吉良州司衆院議員は「いずれ政権を取るという思いで、自民党と連立政権を組んで政権運営のノウハウを勉強させてもらうべきだ」と述べ、野党共闘路線からの脱却を求めたが、玉木は「立民も含めた政権をつくっていきたい。大きな固まりを作るという方針は変わっていない」と述べ、立憲民主党に対し統一会派結成や次期衆院選に向けた「共同選挙対策本部」の設置を提案する考えを示した[109][110]

一方で、従来は旧民進党勢力の再結集に否定的な立場を取っていた立憲民主党も、参院選では比例の得票が2017年の衆院選から300万票以上減らすなど伸び悩んだことから方針転換し[111]、8月5日には国民民主党や旧民進系の衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」などに対し、立憲民主党のエネルギー政策や選択的夫婦別姓制度などの法案に協力することを条件に衆議院での立憲会派への加入を呼びかけた。これに対し国民民主党は対等な立場での結集を重視し、衆参両院での統一会派結成を要求するなどし、同月20日には立憲・国民両党首間で「それぞれが異なる政党であることを踏まえ、それぞれの立場に配慮しあうことを確認する」などとした上で衆参両院での会派合流に合意した[112][113]

政策[編集]

後述の通り「穏健保守からリベラルまでを包摂する国民が主役の改革中道政党」を綱領に謳っている[13]。『日本大百科全書(ニッポニカ)』によれば民進党の分裂時に党内リベラル派は立憲民主党に移ったため、同党は改革保守の色合いが濃い[2]

「改革中道政党」について大塚代表(当時)によれば、様々な課題を現実的に改革・解決していくうえで、民主主義的な手法を徹底して守り前進していく姿勢と精神を表現した言葉だという[114]。なお、国民民主党が発表した基本政策の前文[18]や一部の報道[5][19][115]では「中道改革政党」と表記されている。

綱領[編集]

綱領に以下の内容を掲げた[13]

基本理念
  • 私たちは、「自由」「共生」「未来への責任」を基本理念とします。
  • 「公正・公平・透明なルールのもと、多様な価値観や生き方、人権が尊重される自由な社会」「誰もが排除されることなく、互いに認めあえる共生社会」「未来を生きる次世代への責任を果たす社会」を理想とします。
  • この理念の下、穏健保守からリベラルまでを包摂する国民が主役の改革中道政党を創ります。
  • 私たちは、民主主義を守り、現在と未来の課題を着実に解決し、国民全世代の生活を向上させます。国を守り、国際社会の平和と繁栄に貢献します。
私たちの立場
  • 私たちは、「生活者」「納税者」「消費者」「働く者」の立場に立ちます。
  • 私たちは、一人一人がかけがえのない個人として尊重され、多様な価値観や生き方を認め合いながら、共に生きていく国を育んでいきます。
私たちのめざすもの
  • 私たちは、「人への投資」を重視し、公正な再分配によって理不尽な格差をなくし、持続可能な経済を確立します。
  • 私たちは、少子高齢化過疎化を克服し、安心の社会保障を実現します。
  • 私たちは、子どもと若者、孤立して生きざるを得ない人々、社会的マイノリティ、障がいのある人々、非正規雇用で働く人々等、声の届きにくい人々に寄り添います。
  • 私たちは、地域主権改革を進め、豊かさが実感できる、自立した活力ある地方にします。
  • 私たちは、政官財のしがらみをなくし、政治と行財政の改革を誠実に実行します。
  • 私たちは、立憲主義国民主権基本的人権平和主義を断固として守り、国民と共に未来志向の憲法を構想します。
  • 私たちは、専守防衛を堅持し、現実的な安全保障を築きます。
  • 私たちは、開かれた国益と広範な人間の安全保障、恒久平和と核兵器廃絶をめざします。

組織[編集]

地方組織[編集]

政党助成法上では民進党が党名変更する形で設立されているため、同党の地方組織を引き継いでいる[116]。旧希望の党で事実上唯一の地方組織であった希望の党愛知県連は、2018年5月12日に国民民主党に合流する方針を決めた[117]。一方で新党への移行を巡り、無所属での活動や立憲民主党への入党を希望する地方議員の離党が相次ぎ[118][119]、一部の県では旧民進党系地方議員の受け皿として「新政あいち」(愛知県)、「三重新政の会」(三重県)、「千葉民主連合」(千葉県)などの地方政治団体が設立された[120][121]。大塚共同代表は7月5日の記者会見で、旧民進党の地方議員約1500人のうち、約半数にあたる約800人が国民民主党に参加したと発表した[122]

党員・サポーター[編集]

党員サポーター制度は民進党のものをほぼそのまま引き継いでいる[123][124]が、党員の党費は民進党時代の6,000円から4,000円へと値下げされた[125]。2018年7月31日時点での党員・サポーター数は7万6596人であり、旧民進党時代の23万6131人から3分の1の数となった事が報じられた[12]

役職[編集]

歴代代表一覧[編集]

役員[編集]

役員一覧[126]
役職 氏名 衆参別 出身政党
代表 玉木雄一郎 衆議院 希望の党
代表代行 大塚耕平 参議院 民進党
古川元久 衆議院 希望の党
副代表 渡辺周 衆議院 希望の党
大島敦 衆議院 希望の党
津村啓介 衆議院 希望の党
田名部匡代 参議院 民進党
幹事長 平野博文 衆議院 民進党
幹事長代行 増子輝彦 参議院 民進党
幹事長代理 吉良州司 衆議院 希望の党
総務会長 小林正夫 参議院 民進党
両院議員総会長 柳田稔 参議院 民進党
国会対策委員長 原口一博 衆議院 民進党
国会対策委員長代行 山井和則 衆議院 希望の党
選挙対策委員長 岸本周平 衆議院 希望の党
組織委員長 足立信也 参議院 民進党
政務調査会長 泉健太 衆議院 希望の党
政務調査会長代行 後藤祐一 衆議院 希望の党
男女共同参画推進本部長 徳永エリ 参議院 民進党
政治改革推進本部長 古川元久 衆議院 希望の党
行政改革推進本部長 大島敦 衆議院 希望の党
常任監査 大島九州男 参議院 民進党
会計監査 近藤和也 衆議院 希望の党
役員室長 小熊慎司 衆議院 希望の党
参議院会長 大塚耕平 参議院 民進党
参議院幹事長 榛葉賀津也 民進党
参議院国会対策委員長 舟山康江 無所属
参議院政審会長 田名部匡代 民進党
備考

希望の党(国民党)出身者は一部を除き第48回衆議院議員総選挙に際して、当時の民進党代表前原誠司の方針に従って民進党から希望の党に移籍したメンバーである。原口、平野および篠原孝の3名は民進党籍を有しながら同選挙では「無所属」として候補・当選し、民進党系会派「無所属の会」に所属していた。舟山は会派「国民民主党・新緑風会」所属の無所属議員である。

党勢[編集]

衆議院[編集]

選挙 当選/候補者 定数 得票数(得票率) 備考
選挙区 比例代表
(結党時) 39/- 465 離党-5、繰上当選+1、入党+3

参議院[編集]

選挙 当選/候補者 非改選 定数 得票数(得票率) 備考
選挙区 比例代表
(結党時) 23/- - 242 離党-3、入党+3
第25回通常選挙 ●6(+1※)/28 15 245 3,256,859(6.47%) 3,481,078(6.95%) ※党籍を持つ無所属候補復党+1、入党+1

所属国会議員[編集]

院内会派所属の党外国会議員[編集]

衆議院議員(「国民民主党・無所属クラブ」に所属)
参議院議員(「国民民主党・新緑風会」に所属)

派閥[編集]

凌雲会(前原グループ)と自誓会(旧細野グループ)、民社協会(旧高木グループ)が存在し、前者の2グループは民進党・旧希望の党の流れを汲み、後者の旧高木グループは民進党の流れを汲んでいる。前原グループは日本新党新党さきがけ出身者が中心であり、旧細野グループは人脈的に新進党旧自由党の流れをくむ議員が多く、旧高木グループは民社党出身議員や同盟系労組出身議員が中心である。
また花斉会(野田グループ)が立憲民主党との超党派グループとして活動している。野田グループは新進党や日本新党などの出身議員を中心とするグループである。

支援団体[編集]

労働組合[編集]

旧民進党を支援してきた日本労働組合総連合会(連合)傘下の労働組合のうち、UAゼンセン自動車総連電力総連JAMなど、改憲を容認する旧同盟系の産業別労働組合は改憲に前向きな国民民主党を支持している[127]

市民連合[編集]

2017年第48回衆議院議員総選挙を前に民進党が分裂し希望の党への合流を進める中、民進党日本共産党社会民主党自由党と連携していた安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合(以降、市民連合)は、「安保法制を容認する希望の党と共闘することはない」と共闘を否定[128]

そして、希望の党から分党した「国民党」が民進党とともに国民民主党を結党した3日後に発表した表明「『あたりまえの政治』を求めて」の中でも、自公安倍政権に加え、2017年の民進党の希望の党合流の経緯に対して改めて批判的に言及するとともに、「これからも立憲民主党、日本共産党、社会民主党、自由党とさらに意見交換や政策協議を重ねるとともに(後略)」[129]と、共闘対象の筆頭には立憲民主党の名を挙げる一方で、国民民主党については連携政党から除外していた。

しかし、2018年9月24日に党本部で開かれた新執行部発足後初となる全国幹事会で執行部側は、幅広い野党の結集を目指す考えとして第25回参議院議員通常選挙に向けた日本共産党との選挙協力について市民連合を仲介役とする方針を示した[130]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 新「希望の党」(代表:松沢成文)の分党による暫定的な新党。民進党がこれを吸収合併する形をとる[3][4]。「国民党」は合流までの「中継ぎ」としてわずか1日で消滅するが[3]、そのまま国民民主党の略称として使用される[5][6][7][8]
  2. ^ 2019年4月26日に合流[9]
  3. ^ 当初は National Democratic Party(略称:NDP)が検討されたが、党内から「ナチス(略称:NSDAP)を連想させる」「右派政党と誤解される」との批判が出たため、Democratic Party For the People(略称:DPFP)に落ち着いた[21]
  4. ^ 例えば、2018年新潟県知事選挙に際し、自民公明両党が支持した花角英世の当選を伝える新聞記事では、対立候補の池田千賀子について「立憲国民共産自由社民推薦」と表記するもの[26]と、「立憲民主国民民主、共産、自由、社民推薦」と表記するもの[27][28]があった。その他の記事の題名または文中でも、国民と表記した例[29][30]国民民主と表記した例[31][32]が確認される。
  5. ^ 正確には参加する一部のメンバーが暫定的に「国民党」を結成してからの合流[要出典]。別途注釈参照のこと。

出典[編集]

  1. ^ a b “政治資金規正法に基づく政治団体の届出事項の異動の届出” (プレスリリース), 総務省, (2018年5月8日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000549820.pdf 
  2. ^ a b c d e f g h i j 矢野武. 日本大百科全書(ニッポニカ) コトバンク. 2019年2月22日閲覧。
  3. ^ a b 国民党、国民民主党、希望の党…1週間で3つの新党誕生!? 国民党はわずか1日の存在  産経ニュース 2018年4月26日22:45配信
  4. ^ 国民民主党の裏で...1日で消えた「国民党」 超短命政党、何のために?  JCASTニュース 2018年5月8日18:12配信
  5. ^ a b c d “東京新聞新党は「国民民主党」 希望、民進政治(TOKYO Web)”. 東京新聞. (2018年4月25日). オリジナルの2018年4月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180425012013/http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201804/CK2018042502000148.html 2019年4月27日閲覧。 
  6. ^ a b “新党名は「国民民主党(略称・国民党)」で決定 新党協議会” (プレスリリース), 民進党, (2018年4月24日), https://www.minshin.or.jp/article/113436 2019年4月27日閲覧。 
  7. ^ a b 新党名は「国民民主党」に決定 民進と希望の新党 朝日新聞デジタル 2018年4月24日16:30配信
  8. ^ a b c 河合達郎 (2018年5月9日, 20時49分). “選挙は「国民党」参院会派は「民主」 国民民主党の略称”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASL596GBXL59UTFK021.html 2019年4月26日閲覧。 
  9. ^ a b “国民民主党と自由党が政党合併で合意、玉木代表と小沢代表” (プレスリリース), 国民民主党, (2019年4月26日), https://www.dpfp.or.jp/article/201426/%E5%9B%BD%E6%B0%91%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%9A%E3%81%A8%E8%87%AA%E7%94%B1%E5%85%9A%E3%81%8C%E6%94%BF%E5%85%9A%E5%90%88%E4%BD%B5%E3%81%A7%E5%90%88%E6%84%8F%E3%80%81%E7%8E%89%E6%9C%A8%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E3%81%A8%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E4%BB%A3%E8%A1%A8 2019年4月27日閲覧。 
  10. ^ 党本部へのアクセス 国民民主党公式サイト. (2018年5月7日) 2019年2月22日閲覧。
  11. ^ 【国民民主党代表選挙の有権者数に関する公告”. 国民民主党. 2018年8月27日閲覧。
  12. ^ a b 民進党→国民民主党で党員・サポーターが7割減 産経ニュース (2018年07月31日) 2018年7月31日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j k 綱領 - 国民民主党 (2018年05月07日) 2018年7月8日閲覧。
  14. ^ a b c d e 私たちの理念と政策の方向性 - 国民民主党 (2018年7月9日) 2018年8月31日閲覧。
  15. ^ 国民・玉木雄一郎共同代表インタビュー 共産党に「自衛隊容認」要請、来夏参院選見据え (1-2ページ) ZAKZAK. (2018年8月1日) 2018年8月31日閲覧。
  16. ^ 【大塚耕平共同代表インタビュー】 国民民主党が目指す改革中道政党とは - 国民民主党 (2018年7月5日) 2018年8月31日閲覧。
  17. ^ 結党宣言 - 国民民主党 (2018年05月07日) 2018年8月31日閲覧。
  18. ^ a b c d e f g h i j 基本政策 - 国民民主党 (2018年5月7日) 2018年8月31日閲覧。
  19. ^ a b 穏健保守からリベラルまでを包摂、ABC政策…原口代表代行、泉国対委員長が語る「国民民主党」の新しさとは AbemaTIMES. (2018年5月9日) 2018年8月31日閲覧。
  20. ^ 機関紙「国民民主プレス」 国民民主党公式サイト. (2019年2月14日) 2019年2月18日閲覧。
  21. ^ a b c 英語名はDPFP=国民民主:時事ドットコム 時事通信社 (2018年4月27日). 2018年5月18日閲覧。
  22. ^ 国民民主、略称「民主党」に=参院選 時事ドットコム 2019年04月17日22時32分配信
  23. ^ 国民民主の略称は「民主党」 立憲民主は「りっけん」に 毎日新聞 2019年4月29日 15時5分配信
  24. ^ 国民党兵庫県連発足へ 民進から県議ら20人程度合流、13人態度保留  産経デジタル 2018年5月15日10:58配信
  25. ^ “「国民民主党」先祖返り、小池都知事も「無念」”. 東洋経済オンライン. (2018年5月8日, 6:00配信). オリジナルの2018年5月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180508185243/https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180508-00219727-toyo-bus_all&p=2 2019年4月27日閲覧。 
  26. ^ 新知事でも「柏崎刈羽再稼働」が難しい理由  東洋経済オンライン 2018年6月13日5:00配信
  27. ^ <新潟知事選>原発再稼働は再出馬「信問う」 当選の花角氏  毎日新聞 2018年6月11日22:38配信
  28. ^ <新潟知事選>自公支持の花角英世氏が初当選  毎日新聞 2018年6月10日22:41配信
  29. ^ 国民・大塚氏「おかしさ、追及を」 加計学園の回答に  朝日新聞デジタル 2018年6月8日11:48配信
  30. ^ 国民・玉木氏「候補者、男女半々で男臭くない政党に」  朝日新聞デジタル 2018年6月10日20:52配信
  31. ^ 国民民主・大塚氏「政治とは給与明細そのものだ」  朝日新聞デジタル 2018年6月15日0:16配信
  32. ^ 野党6党派、選択的夫婦別姓法案を共同提出 野田聖子総務相は距離置く姿勢  産経新聞 2018年6月14日18:26配信
  33. ^ 参議院会派名一覧表示の案内(第196回国会):参議院 2018年5月11日閲覧。
  34. ^ “【民進・希望合流】新党名案「民主党」不採用へ 立憲民主党略称との重複を問題視”. 産経新聞. (2018年4月16日). https://www.sankei.com/politics/news/180416/plt1804160006-n1.html 2018年10月9日閲覧。 
  35. ^ “民進党:新党名「民主党」使わず 大塚代表が幹部に説明”. 毎日新聞. (2018年4月20日). https://mainichi.jp/articles/20180421/k00/00m/010/117000c 2018年10月9日閲覧。 
  36. ^ “希望と民進:新党名に「国民党」案 協議会で検討”. 毎日新聞. (2018年4月24日). https://mainichi.jp/articles/20180424/k00/00m/010/167000c 2018年10月9日閲覧。 
  37. ^ “【民進・希望合流】:「新党ゼロ」など浮上…きょうにも党名決定”. 産経新聞. (2018年4月24日). https://www.sankei.com/politics/news/180424/plt1804240004-n1.html 2018年10月9日閲覧。 
  38. ^ “安保法「撤回含め見直し」=新党名24日にも決定-民・希”. 時事通信. (2018年4月23日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018042300774&g=pol 2018年10月9日閲覧。 
  39. ^ “希望の党と民進党 新党結成に向け基本政策を了承”. テレビ朝日. (2018年4月23日). https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000125767.html 2018年10月9日閲覧。 
  40. ^ “幻の提案「新党ゼロ」 希望の1年生議員「僕らの現実」”. 朝日新聞. (2018年4月24日). https://www.asahi.com/articles/ASL4S4Q05L4SUTFK00T.html 2018年10月9日閲覧。 
  41. ^ “希望・民進新党、党名「国民民主党」に”. 日本経済新聞. (2018年4月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2977307024042018000000/ 2018年10月9日閲覧。 
  42. ^ 小池氏が「希望」結成 民進、合流へ調整 - 日本経済新聞 2017年9月27日
  43. ^ 衆院選2017:希望、排除の論理 小池氏「全員受け入れ、さらさらない」 民進、広がる反発 - 毎日新聞 2017年9月30日
  44. ^ 枝野氏、新党「立憲民主党」結成を表明 - 日本経済新聞 2017年10月2日
  45. ^ 希望の党・小池百合子代表「厳しい結果。私の言動に問題があった」 - 産経新聞 2017年10月13日
  46. ^ 希望・小池百合子代表「私は都政に邁進する」 改めて衆院選不振を謝罪 - 産経新聞 2017年10月25日
  47. ^ 希望の党共同代表に玉木雄一郎氏を選出 - 産経ニュース 2017年11月10日
  48. ^ 希望・小池代表が辞任=後任に玉木氏 - 時事通信 2017年11月14日
  49. ^ 民進党の前原誠司代表が辞任表明 - ハフポスト 2017年10月27日
  50. ^ 民進、統一会派申し入れ 立民「希望込みは拒否」 - 日本経済新聞 2017年12月26日
  51. ^ 民進党「新党結成」構想はやはり不発に終わる - 東洋経済オンライン 2017年12月27日
  52. ^ 【野党ウオッチ】蓮舫氏に続く民進離党ドミノの予感…立憲民主・枝野幸男代表の高笑いが聞こえる!? - 産経ニュース 2018年1月11日
  53. ^ 【希望の党分裂】松沢成文氏ら「分党」正式提案 執行部は古川元久幹事長に一任、難航も - 産経ニュース 2018年2月7日
  54. ^ 民進、希望との統一会派結論見送り 反対続出、分裂含み 衆院側は立民と協議へ - 産経ニュース 2018年1月11日
  55. ^ 民進と希望が新党模索、岡田氏らの対応再び焦点 - 讀賣新聞 2018年3月5日
  56. ^ “国民民主党、来月7日旗揚げ=60人規模、岡田氏ら不参加”. 時事通信. (2018年4月26日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2018042600783&g=pol 2018年4月26日閲覧。 
  57. ^ 【国民民主党結成】重鎮続々離党…「野党第一党」のもくろみも外れ満身創痍の船出 - 産経ニュース 2018年5月7日
  58. ^ 国民民主党参加者、不参加者、新「希望の党」参加者一覧 - 産経ニュース 2018年5月7日
  59. ^ 国民民主党結成 両議員一問一答 原口氏、大串氏 - 佐賀新聞ニュース 2018年5月8日
  60. ^ 【民進・希望合流】国民党、国民民主党、希望の党…1週間で3つの新党誕生!? 国民党はわずか1日の存在 - 産経新聞 2018年4月26日
  61. ^ 菅直人氏が国民民主党の混迷を分析し、解党提言 小池百合子氏を「逃げ足早い」と批判 - ニフティニュース 2019年4月4日
  62. ^ a b c d “新党:国民民主党62人参加 「野党第1党」に届かず”. 毎日新聞. (2018年5月7日). https://mainichi.jp/articles/20180508/k00/00m/010/059000c 
  63. ^ “参院会派:「国民民主党・新緑風会」に変更”. 毎日新聞. (2018年5月7日). https://mainichi.jp/articles/20180508/k00/00m/010/091000c 
  64. ^ 国民民主党、JNNの支持率が0.8%。玉木共同代表「支持率、ゼロではなくてよかった」 - 朝日新聞 2018年5月14日((ハフポスト
  65. ^ 「20年代前半に政権交代」 国民・玉木氏が意欲 - 日本経済新聞 2018年5月27日
  66. ^ 【野党ウオッチ】「一人も閣僚のクビ取れず…」今国会、野党の戦果ゼロ? 立憲民主と国民民主は対立激化 - 産経新聞 2018年7月26日
  67. ^ 国民民主党代表選9月4日に 電子投票の導入を検討ANNNEWS(テレビ朝日) 2018年7月18日
  68. ^ 国民民主党代表選、玉木氏と津村氏の一騎打ちに讀賣新聞 2018年8月22日
  69. ^ 第16回総務会を臨時開催 - 国民民主党 2018年8月21日
  70. ^ 国民民主党、柚木道義氏を除名 離党届受理せず - 産経ニュース 2018年8月22日
  71. ^ 国民民主職員数、障害者雇用義務満たさず 玉木共同代表、政権批判していたが… 産経新聞 2018年9月2日
  72. ^ 国民民主党・玉木新代表 野党連携を重視 日テレNEWS24 2018年9月4日
  73. ^ 【国民民主党役員人事】幹事長に平野博文氏 津村啓介氏は副代表に 党役員人事案を了承 産経新聞 2018年9月11日
  74. ^ 国民民主党参院会長に大塚耕平氏が無投票再選”. 産経新聞 (2018年10月9日) 2018年10月13日閲覧。
  75. ^ 立憲・国民と連合、参院選へ覚書 「選挙区で調整必要」朝日新聞 2018年10月11日
  76. ^ 立憲民主、参院でも第1会派 元民進の藤末氏は自民会派入り”. 産経新聞 (2018年10月22日). 2018年10月22日閲覧。
  77. ^ “国民民主党:今井、長浜氏の除名決定「重大な反党行為」”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2018年11月21日). https://mainichi.jp/articles/20181122/k00/00m/010/066000c 2018年11月21日閲覧。 
  78. ^ François Asselineau a été reçu à Tokyo par Kohei Otsuka, coprésident du Parti Démocrate du Peuple, principal parti japonais d’opposition du centre. 2018年10月15日
  79. ^ a b 第34回総務会 自由党との連携強化の具体的交渉を玉木代表に一任 - 国民民主党 2019年1月23日
  80. ^ 立憲、無所属9人の会派入り了承=国民離党の伊藤氏も - 時事ドットコム 2019年1月15日
  81. ^ “無所属の会9人が立憲民主党会派に合流へ 岡田克也氏ら入会届を提出”. 産経新聞. (2019年1月15日). https://www.sankei.com/politics/news/190115/plt1901150011-n1.html 2019年1月15日閲覧。 
  82. ^ 自由党と国民民主党が合流へ 小沢氏と玉木氏が大筋合意 - 朝日新聞デジタル 2019年1月22日
  83. ^ 国民・自由、統一会派結成へ=立憲は社民と連携 - 時事ドットコム 2019年1月24日
  84. ^ 野党で相次ぐ統一会派 国民幹部「衝撃だ」立憲へ恨み節朝日新聞 2019年1月25日
  85. ^ “国民・藤田氏 離党意向 参院選控え立民に入党届”. 茨城新聞社. (2019年1月25日). https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15483388200351 2019年1月25日閲覧。 
  86. ^ 国民民主、参院で野党第1会派に日本経済新聞
  87. ^ “立民 野党第1会派復帰…参院 藤田氏の入党承認”. 読売新聞. (2019年3月8日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190307-OYT1T50271/ 2019年3月8日閲覧。 
  88. ^ 旧民進分裂後初の統一選 立憲民主、国民民主に明暗”. 産経新聞 (2019年4月8日). 2019年4月18日閲覧。
  89. ^ 国民・玉木氏「当選率76・3%は旧民主超え」アピール”. 朝日新聞 (2019年4月10日). 2019年4月18日閲覧。
  90. ^ 玉木雄一郎代表記者会見2019年4月10日(水)”. 国民民主党. 2019年4月18日閲覧。
  91. ^ 国民民主、自由と合併合意 玉木氏「幅広い結集を」”. 日本経済新聞 (2019年4月26日). 2019年4月26日閲覧。
  92. ^ 国民民主、“多数決”で押し切る 自由と合併合意 「野党再編」他党冷ややか”. 毎日新聞 (2019年4月26日). 2019年4月27日閲覧。
  93. ^ 国民民主と自由の合流決定 国民が党名維持、自由は解党”. 朝日新聞 (2019年4月26日). 2019年4月26日閲覧。
  94. ^ 国民民主党、合併手続き終了”. 共同通信 (2019年4月26日). 2019年4月26日閲覧。
  95. ^ “階氏が離党表明=国民民主”. 時事通信. (2019年5月11日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051100378&g=pol 2019年5月11日閲覧。 
  96. ^ 国民民主・階氏 離党表明 岩手”. 日テレNEWS (2019年5月11日). 2019年5月11日閲覧。
  97. ^ “国民大野氏、離党の意向 埼玉知事選くら替え観測も”. 産経新聞. (2019年5月20日). https://www.sankei.com/politics/news/190520/plt1905200036-n1.html 2019年5月29日閲覧。 
  98. ^ “国民民主党県連:新たに5人、離党届 高橋・盛岡市議ら /岩手”. 毎日新聞. (2019年5月27日). https://mainichi.jp/articles/20190527/ddl/k03/010/116000c 2019年5月29日閲覧。 
  99. ^ “国民民主岩手県連 8人離党承認 統一候補推薦へ”. NNNニュース. (2019年5月27日). http://www.news24.jp/nnn/news16471762.html 2019年5月29日閲覧。 
  100. ^ “国対委員長代行・山井氏 国民民主党離党の意向 国会開会中、異例”. 毎日新聞. (2019年5月29日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190529/k00/00m/010/211000c 2019年5月29日閲覧。 
  101. ^ “国民・山井氏が離党検討”. 産経新聞. (2019年5月29日). https://www.sankei.com/politics/news/190529/plt1905290022-n1.html 2019年5月29日閲覧。 
  102. ^ “’19知事選:戦いの構図固まる 青島氏「魅力ある埼玉に」 大野氏「政策の議論を」 行田氏「草の根で戦う」 /埼玉”. 毎日新聞. (2019年6月19日). https://mainichi.jp/articles/20190619/ddl/k11/010/182000c 2019年6月27日閲覧。 
  103. ^ “国民民主、山井元国対委員長代行を除籍へ”. 産経新聞. (2019年6月26日). https://www.sankei.com/politics/news/190626/plt1906260028-n1.html 2019年6月27日閲覧。 
  104. ^ “国民、山井和則衆院議員を除名処分”. 毎日新聞. (2019年7月24日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190724/k00/00m/010/287000c 2019年7月30日閲覧。 
  105. ^ “国民「8議席維持」強調 「かさ上げ」で執行部批判回避か”. 毎日新聞. (2019年7月24日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190724/k00/00m/010/338000c 2019年7月26日閲覧。 
  106. ^ “【改憲再出発(上)】3分の2割れ「その方がいい」 首相、国民民主や無所属加え再構築”. 産経新聞. (2019年7月22日). https://www.sankei.com/politics/news/190722/plt1907220197-n1.html 2019年7月30日閲覧。 
  107. ^ “維新との統一会派浮上=松井代表は条件提示-国民民主”. 時事ドットコム. (2019年7月29日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019072900963&g=pol 2019年7月30日閲覧。 
  108. ^ “国民民主、衆参の対立強まる 参院に維新と会派構想”. 日本経済新聞. (2019年7月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47847340W9A720C1EA3000/ 2019年7月30日閲覧。 
  109. ^ “国民民主・玉木代表が立憲民主に統一会派を打診へ 改憲発言などで試練”. 産経新聞. (2019年8月2日). https://www.sankei.com/politics/news/190802/plt1908020037-n1.html 2019年8月3日閲覧。 
  110. ^ “立憲・枝野氏、描けぬ衆院選戦略=国民民主不満、「自民と連立」論も”. 時事ドットコム. (2019年8月3日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019080201169&g=pol 2019年8月3日閲覧。 
  111. ^ “「独自路線」に壁、共闘で活路=確執依然、成否は不透明-立憲”. 時事ドットコム. (2019年8月6日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019080501033&g=pol 2019年8月22日閲覧。 
  112. ^ “衆参で統一会派結成へ=立憲・国民が合意”. 時事ドットコム. (2019年8月20日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019082000556&g=pol 2019年8月22日閲覧。 
  113. ^ “立憲と国民、衆参両院会派合流の合意文書全文”. 毎日新聞. (2019年8月20日). https://mainichi.jp/articles/20190820/k00/00m/010/243000c 2019年8月22日閲覧。 
  114. ^ 【大塚耕平共同代表インタビュー】 国民民主党が目指す改革中道政党とは - 国民民主党 (2018年7月5日) 2018年8月31日閲覧。
  115. ^ 国民民主党 旗揚げ 野党第2党に 日本経済新聞. (2018年5月7日) 2018年8月31日閲覧。
  116. ^ 国民党、国民民主党、希望の党…1週間で3つの新党誕生!? 国民党はわずか1日の存在”. 産経新聞 (2018年4月26日). 2018年7月7日閲覧。
  117. ^ 国民愛知県連:来月設立 希望・民進合流 立憲と連携強調”. 毎日新聞 (2018年5月13日). 2018年7月7日閲覧。
  118. ^ 東北の旧民進地方議員 国民民主入り6割止まり 参院選へ視界開けず”. 河北新報 (2018年7月14日). 2018年7月16日閲覧。
  119. ^ 民進新潟県連が国民へ移行 党員・サポーターの95%離党へ”. 産経新聞 (2018年6月30日). 2018年7月16日閲覧。
  120. ^ 国民民主党:結党 地方、依然「共闘」探る 新政あいち軸に再結集”. 毎日新聞 (2018年5月8日). 2018年7月7日閲覧。
  121. ^ 野田前首相が地域政治団体「千葉民主連合」設立 国会議員は小西洋之参院議員と2人”. 産経新聞 (2018年6月11日). 2018年7月7日閲覧。
  122. ^ 国民民主党:地方議員慰留に躍起 民進からほぼ半減 来春統一選”. 毎日新聞 (2018年7月6日). 2018年7月7日閲覧。
  123. ^ “規約” (プレスリリース), 国民民主党, (2018年5月7日), https://www.dpfp.or.jp/article/200006/%E8%A6%8F%E7%B4%84 2018年8月31日閲覧。 
  124. ^ “民進党規約” (プレスリリース), 民進党, (2016年3月27日), https://www.minshin.or.jp/about-dp/byelaw 2016年3月27日閲覧。 
  125. ^ “党員・サポーター登録について” (プレスリリース), 国民民主党, (2018年5月23日), https://www.dpfp.or.jp/about-dpfp/join 2018年7月31日閲覧。 
  126. ^ 国民民主党 役員一覧”. 国民民主党(dpfp)公式WEBサイト (2018年9月11日). 2018年9月12日閲覧。
  127. ^ 「連合『憲法』新たな火種 ゼンセン 改憲推進見解で」 読売新聞. 2018年9月23日付朝刊、13版、4面。
  128. ^ 立憲野党との共闘 力強く-市民連合 希望の党と共闘せず しんぶん赤旗. (2017年9月30日) 2018年9月26日閲覧。
  129. ^ 「あたりまえの政治」を求めて-「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」の声明 しんぶん赤旗. (2018年5月11日) 2018年9月26日閲覧。
  130. ^ 「国民、共産との協力 『市民連合』仲介役に」 読売新聞. 2018年9月25日付朝刊、13版、4面。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek