伊藤強

Wikipedia open wikipedia design.

伊藤 強(いとう つよし、1935年1月2日 - 2016年12月15日)は、日本音楽評論家[1][2][3]左利き[要出典]

略歴[編集]

日本統治時代の朝鮮京城(後のソウル特別市)に生まれる[1][2]

1958年東北大学文学部を卒業後、『週刊読書人』を経て、1959年から1970年まで報知新聞社に所属し、おもに文化部記者として活動する[1][2][3]

1970年から、フリーで音楽評論を開始[1][3]1972年以降、NHKラジオ『音楽アラカルト』の金曜日のパーソナリティを務めている[1][2]

1997年から2003年にかけて、トークライブ「伊藤強の昭和史」を企画運営した[4]

2000年から2004年まで、日本レコード大賞審査委員長をつとめた[2]

料理が趣味で、1977年に設立された男子厨房に入る会の設立会員となり、1999年には第3代会長となった[1][2][3]

「世田谷・九条の会」呼びかけ人を務めていた[5]

2016年12月15日、誤嚥性肺炎のため死去[6]。81歳没。


テレビ[編集]

ラジオ[編集]

おもな著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『ザ・芸能界 おもしろタレント学』加東康一共著 ミュージック・アット・チョイス編 全国朝日放送 1986
  • 『きみはスターになれるか』加東康一共著 一季出版 1988

脚注[編集]



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek