中島京子 (作家)

中島 京子
(なかじま きょうこ)
誕生 (1964-03-23) 1964年3月23日(56歳)
日本の旗 東京都
職業 小説家
エッセイスト
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士
最終学歴 東京女子大学文理学部史学科卒業
活動期間 2003年 -
代表作小さいおうち』(2010年)
長いお別れ』(2015年)
主な受賞歴 直木三十五賞(2010年)
泉鏡花文学賞(2014年)
中央公論文芸賞(2015年)
柴田錬三郎賞(2015年)
デビュー作 『FUTON』(2003年)
親族 中島昭和(父)
中島公子(母)
中島さおり(姉)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

中島 京子(なかじま きょうこ、1964年3月23日 - )は、日本小説家エッセイスト東京都杉並区出身[1][2]埼玉県和光市八王子市育ち。父はフランス文学者中央大学名誉教授中島昭和。母はフランス文学者で明治大学元教授の中島公子。姉はエッセイスト中島さおり

経歴[編集]

共立女子第二高等学校[3][4]東京女子大学文理学部史学科卒業[5][6]。早稲田国際日本語学校職員、出版社勤務を経る[1]。出版社では女性誌の編集に長く携わった後に退社する[7]

1996年インターンシップ・プログラムスで渡米。1997年に帰国、フリーライターとなる[8]

2003年、『FUTON』で小説家デビュー。同作が第25回野間文芸新人賞候補となる[8]

2006年、『イトウの恋』で第27回吉川英治文学新人賞候補。

2007年、『均ちゃんの失踪』で第28回吉川英治文学新人賞候補。

2008年、『冠・婚・葬・祭』で第29回吉川英治文学新人賞候補[8]

2010年、『小さいおうち』で第143回直木三十五賞受賞[6]

2014年、『小さいおうち』が山田洋次監督により映画化[9]。同作は第64回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品され[10]、出演した黒木華が同映画祭最優秀女優賞の「銀熊賞」を受賞した[11]。同年、『妻が椎茸だったころ』で第42回泉鏡花文学賞受賞[12]

2015年、『かたづの!』で第3回河合隼雄物語賞[13]・第4回歴史時代作家クラブ作品賞[14]・第28回柴田錬三郎賞[15]をそれぞれ受賞。『長いお別れ』で第10回中央公論文芸賞[16]・第5回日本医療小説大賞[17]をそれぞれ受賞。

2020年、『夢見る帝国図書館』で第30回紫式部文学賞を受賞[18]

作品一覧[編集]

小説[編集]

  • 『FUTON』(2003年5月 講談社 / 2007年 講談社文庫
  • 『イトウの恋』(2005年3月 講談社 / 2008年 講談社文庫)[19]
  • 『さようなら、コタツ』(2005年5月 マガジンハウス / 2007年 集英社文庫
    • 【収録作品】ハッピー・アニバーサリー / さようなら、コタツ / インタビュー / 陶器の靴の片割れ / ダイエットクイーン / 八十畳 / 私は彼らのやさしい声を聞く
  • 『ツアー1989』(2006年5月 集英社 / 2009年8月 集英社文庫)
    • 【収録作品】迷子つきツアー / リフレッシュ休暇 / テディ・リーを探して / 吉田超人
  • 『均ちゃんの失踪』(2006年11月 講談社 / 2010年2月 講談社文庫)
    • 【収録作品】均ちゃんの失踪 / のれそれ / 彼と終わりにするならば / お祭りまで / 出発ロビー
  • 『桐畑家の縁談』(2007年3月 マガジンハウス / 2010年 集英社文庫)
  • 『冠・婚・葬・祭』(2007年9月 筑摩書房 / 2010年9月 ちくま文庫
    • 【収録作品】空に、ディアボロを高く / この方と、この方 / 葬式ドライブ / 最後のお盆
  • 『平成大家族』(2008年2月 集英社 / 2010年9月 集英社文庫)
    • 【収録作品】トロッポ・タルディ / 酢こんぶプラン / 公立中サバイバル / アンファン・テリブル / 時をかける老婆 / ネガティブ・インディケータ / 冬眠明け / 葡萄を狩りに / カラスとサギ / 不存在の証明 / 吾輩は猫ではない
  • 『ハブテトル ハブテトラン』(2008年12月 ポプラ社 / 2010年9月 ポプラ文庫
  • 『エ/ン/ジ/ン』(2009年2月 角川書店
    • 【改題】宇宙エンジン(2012年8月 角川文庫
  • 『女中譚』(2009年8月 朝日新聞出版 / 2013年3月 朝日文庫
  • 小さいおうち』(2010年5月 文藝春秋 / 2012年10月 文春文庫
  • 『エルニーニョ』(2010年12月 講談社 / 2013年12月 講談社文庫)
  • 『花桃実桃』(2011年2月 中央公論新社 / 2014年6月 中公文庫
  • 『東京観光』(2011年8月 集英社 / 2014年8月 集英社文庫)
  • 『眺望絶佳』(2012年1月 角川書店 / 2015年1月 角川文庫)
  • 『のろのろ歩け』(2012年9月 文藝春秋 / 2015年3月 文春文庫) 
  • 『妻が椎茸だったころ』(2013年11月 講談社 / 2016年12月 講談社文庫)
  • かたづの!』(2014年8月 集英社 / 2017年6月 集英社文庫)
  • 『パスティス 大人のアリスと三月兎のお茶会』(2014年11月 筑摩書房 / 2019年4月 ちくま文庫)
  • 長いお別れ』(2015年5月 文藝春秋 / 2018年3月 文春文庫)
  • 『彼女に関する十二章』(2016年5月 中央公論新社 / 2019年3月 中公文庫)
  • 『ゴースト』(2017年8月 朝日新聞出版)
  • 『樽とタタン』(2018年2月 新潮社)
  • 『夢見る帝国図書館』(2019年5月 文藝春秋)
  • 『キッドの運命』(2019年12月 集英社)
    • 【収録作品】ベンジャミン / ふたたび自然に戻るとき / キッドの運命 / 種の名前 / 赤ちゃん泥棒 / チョイス

アンソロジー[編集]

「」内が収録されている中島京子の作品

  • 放課後。(2007年7月 ピュアフル文庫)「ゴセイト」
  • Re-born はじまりの一歩(2010年12月 実業之日本社文庫)「コワリョーフの鼻」
  • きっと、夢にみる 競作集〈怪談実話系〉(2015年4月 角川文庫)「真昼の川辺で、太陽が照りつける中」
  • 黒い結婚 白い結婚(2017年3月 講談社 / 2020年6月 講談社文庫)「家猫」
  • 本格王2020(2020年8月 講談社文庫)「ベンジャミン」

単行本未収録作品[編集]

その他の著作[編集]

  • 『だいじなことはみんなアメリカの小学校に教わった - 脱OLの見習い先生日記』(1999年3月 主婦の友社
    • 【改題】ココ・マッカリーナの机(2006年4月 集英社文庫)
  • 『ライターの仕事』(1999年10月 角川書店
  • 『自然と環境にかかわる仕事』(2000年8月 主婦の友社)
  • 『ココ・マッカリーナのしみこむしみこむえほん』(2005年9月 主婦の友社)

メディア・ミックス[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 中島京子(ナカジマキョウコ)とは - コトバンク
  2. ^ 作家の読書道:第79回 中島京子さん | WEB本の雑誌”. www.webdoku.jp. 2020年11月22日閲覧。
  3. ^ 直木賞作家、実は卒業生!”. 共立女子第二中学校高等学校『まったり図書室』. 2020年11月22日閲覧。
  4. ^ 【卒業生・関係者の皆さま】創立50周年記念式典 アーカイブ動画配信のご案内” (日本語). 共立女子第二中学校高等学校. 2020年11月22日閲覧。
  5. ^ 中島京子さんインタビュー | BOOK SHORTS
  6. ^ a b 東京女子大学同窓会主催 東京女子大学同窓会
  7. ^ 楽天ブックス|著者インタビュー - 中島京子さん
  8. ^ a b c 角館図書館後援会主催「第53回文化講演会」 イベント情報 仙北市
  9. ^ “山田洋次監督が初めてラブストーリー&直木賞受賞作品を映画化!”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2012年11月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0047931 2020年8月7日閲覧。 
  10. ^ “山田洋次監督「小さいおうち」ベルリン映画祭コンペ部門に選出”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2014年1月16日). https://eiga.com/news/20140116/18/ 2020年8月7日閲覧。 
  11. ^ “黒木華、ベルリン「銀熊賞」の快挙! 着物姿で「飛び上がりそうになりました」”. cinemacafe.net (イード). (2014年2月17日). https://www.cinemacafe.net/article/2014/02/17/21837.html 2020年8月7日閲覧。 
  12. ^ “【文学】第42回泉鏡花文学賞 喜び語る”. CHUNICHI Web. (2014年11月8日). オリジナルの2014年11月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141128022037/http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/bunka/list/201411/CK2014110802000208.html 2020年8月7日閲覧。 
  13. ^ “第3回河合隼雄物語賞に『かたづの!』、学芸賞は『自由という牢獄』”. ITmedia eBook USER (アイティメディア). (2015年5月14日). https://www.itmedia.co.jp/ebook/articles/1505/14/news109.html 2020年8月7日閲覧。 
  14. ^ “第4回歴史時代作家クラブ賞決まる 中島京子『かたづの!』など作品賞に輝く”. 産経ニュース (産経デジタル). (2015年6月1日). https://www.sankei.com/life/news/150601/lif1506010020-n1.html 2020年8月7日閲覧。 
  15. ^ “柴田錬三郎賞に中島京子さんの『かたづの!』”. 産経ニュース (産経デジタル). (2015年10月1日). https://www.sankei.com/life/news/151001/lif1510010033-n1.html 2020年8月7日閲覧。 
  16. ^ “「谷崎潤一郎賞」に江國香織! 「中央公論文芸賞」は篠田節子・中島京子が受賞”. ダ・ヴィンチニュース (KADOKAWA). (2015年8月28日). https://ddnavi.com/news/256025/a/ 2020年8月7日閲覧。 
  17. ^ “中島京子氏の『長いお別れ』が受賞 第5回日本医療小説大賞 授賞式”. 日医on-line (日本医師会). (2016年6月20日). https://www.med.or.jp/nichiionline/article/004500.html 2020年8月7日閲覧。 
  18. ^ “紫式部文学賞に中島京子さん”. 時事ドットコム (時事通信社). (2020年8月7日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020080600947&g=soc 2020年8月7日閲覧。 
  19. ^ 伊藤亀吉は伊藤鶴吉、I.B.は『日本奥地紀行』を書いたイザベラ・バードがモデル。

外部リンク[編集]