中原季時

中原 季時(なかはら の すえとき、? - 1236年5月12日嘉禎2年4月6日))は平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての武将中原親能藤原親能)の子。

源頼朝に仕え、朝幕関係の交渉役を務めた。1205年10月から京都守護に任じられて、山門騒動の鎮圧などに活躍した。1221年に出家して行阿と号した。同年の承久の乱では、鎌倉の留守居役を務めている。1236年4月6日、死去した。

関連項目[編集]