下関市

しものせきし ウィキデータを編集
下関市
下関市旗 下関市章
下関市旗 下関市章
2005年10月1日制定
日本の旗 日本
地方 中国地方
都道府県 山口県
市町村コード 35201-2
法人番号 4000020352012 ウィキデータを編集
面積 716.28km2
総人口 242,086[編集]
推計人口、2024年4月1日)
人口密度 338人/km2
隣接自治体 長門市美祢市山陽小野田市
福岡県北九州市関門海峡を挟んで隣接)
市の木 クスノキ
市の花 ハマユウ
他のシンボル 市の花木:ツツジサクラ
市の魚:フク(フグ)
市の虫:ホタル
市の鳥:ペンギン
市の動物:クジラ
下関市役所
市長 前田晋太郎
所在地 750-8521
山口県下関市南部町1番1号
北緯33度57分28秒 東経130度56分29秒 / 北緯33.95789度 東経130.94133度 / 33.95789; 130.94133座標: 北緯33度57分28秒 東経130度56分29秒 / 北緯33.95789度 東経130.94133度 / 33.95789; 130.94133
地図
市庁舎位置

外部リンク 公式ウェブサイト

下関市位置図

― 市 / ― 町・村

ウィキプロジェクト

下関市(しものせきし)は、山口県の西部、本州の最西端にある都市中核市および中枢中核都市に指定されている。

海峡ゆめタワーから下関市中心部東側と関門海峡を望む(中央部に見えるのは関門橋、右上は北九州市門司区
火の山から望む下関市中心部

概要[編集]

古くから関門海峡に面する港湾都市、大陸への玄関口として栄えたこともあって人口は県庁所在地山口市をも上回り、山口県下では最大である。 中国地方では広島市岡山市倉敷市福山市に次ぐ5番目の規模であり、西日本では唯一県庁所在地の人口を上回る中核市でもある。 関門橋関門トンネル新関門トンネルなどで繋がる対岸の福岡県北九州市と密接な関係を持ち、関門都市圏を形成する。

下関港周辺は、古くは「赤間関」(あかまがせき、あかませき、あかまのせき[1])と呼ばれており、これを赤馬関とも書いたことから、これを略した「馬関」(ばかん)という別名も用いられた[注釈 1]。また、日本最大のフグの集積地としても有名である(「下関とふく」も参照)。戦前から下関港を発着する関釜連絡船(現在の関釜フェリー)は、日本から朝鮮半島中国大陸へ渡る主要ルートの1つとなったことから、東アジア諸国への玄関口としての機能をも有する。 陸上交通・海上交通の両面で重要な地点となったことから、戦時中には「下関要塞」として関門海峡沿岸部一帯が大日本帝国陸軍の支配下に置かれた。

1878年郡区町村編制法により赤間関区(あかまがせきく)が置かれたことに始まり、1889年4月1日の市制施行時には日本で最初に市制を施行された31市の1つ(山口県で唯一)として赤間関市が発足した。1902年6月1日に現在の市名である『下関市』に改名した。現在の市制は2代目で、2005年2月13日下関広域都市圏を構成していた(旧)下関市と豊浦郡の4町(菊川町豊田町豊浦町豊北町)の計1市4町が合併(新設合併)して、新たに発足したものである。合併前の下関市・豊浦郡で下関都市圏下関広域都市圏)を形成していたが、現在は1市で都市圏を構成し経済面でも山口県及び県西部の中心都市となっている。(詳細は経済を参照)

地理・人口[編集]

関門海峡の衛星写真。上が下関市、下が北九州市(若干の歪みあり)。
下関市中心部周辺の空中写真。
2009年4月29日撮影の72枚を合成作成。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。

地勢[編集]

下関市は山口県の最西端かつ、本州の最西端に位置する。関門海峡を挟んで西を日本海響灘)、南を瀬戸内海周防灘)に接する。周防灘に注ぐ木屋川や響灘に注ぐ綾羅木川などの河口付近に形成されている沖積平野部を除くと、稜線海岸ぎりぎりまで接近する地形となっており、特に旧市街では平地が少ない。また下関中心部と長府地区を遮るように霊鷲山りょうじゅせんや大唐楯山、茶臼山が存在している。旧郡部ではいくつかの盆地が点在し、それぞれの盆地で集落を形成している。市内に位置する主な山としては、関門海峡に面し瀬戸内海国立公園を形成する火の山、航空通信施設などのある華山、あるいは狗留孫山くるそんざんなどがある。人の住む島としては、関門海峡に面した彦島響灘に浮かぶ角島蓋井島ふたおいじま六連島むつれじまがある。

気候[編集]

下関市の気候は複雑で、日本海側気候瀬戸内海式気候太平洋側気候の境界に当たる。冬は北西の季節風の影響で曇天が多く、の降る日もある。降雪量は少ない。

三方(西・南・東)をに囲まれ、響灘を流れる対馬海流の影響もあり、旧市内及び響灘沿岸日較差(日最高気温と日最低気温の差)は小さく、夏は山口県の他の地域に比べるとそれほど高温にならず、冬も低温にならない為温暖で過ごしやすい地域と言える。しかし、豊田町や菊川町など山沿いの内陸部では寒暖の差は大きい[2]

下関地方気象台(下関市竹崎町、標高3m)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C°F 19.1
(66.4)
23.7
(74.7)
26.2
(79.2)
29.7
(85.5)
30.9
(87.6)
35.1
(95.2)
36.2
(97.2)
37.0
(98.6)
35.0
(95)
30.8
(87.4)
26.9
(80.4)
26.2
(79.2)
37.0
(98.6)
平均最高気温 °C°F 9.7
(49.5)
10.5
(50.9)
13.7
(56.7)
18.4
(65.1)
22.7
(72.9)
25.8
(78.4)
29.7
(85.5)
31.3
(88.3)
27.8
(82)
23.0
(73.4)
17.5
(63.5)
12.3
(54.1)
20.2
(68.4)
日平均気温 °C°F 7.2
(45)
7.5
(45.5)
10.3
(50.5)
14.7
(58.5)
19.1
(66.4)
22.5
(72.5)
26.5
(79.7)
27.9
(82.2)
24.6
(76.3)
19.7
(67.5)
14.5
(58.1)
9.5
(49.1)
17.0
(62.6)
平均最低気温 °C°F 4.8
(40.6)
4.9
(40.8)
7.4
(45.3)
11.6
(52.9)
16.2
(61.2)
20.1
(68.2)
24.2
(75.6)
25.6
(78.1)
22.2
(72)
16.9
(62.4)
11.8
(53.2)
7.0
(44.6)
14.4
(57.9)
最低気温記録 °C°F −6.3
(20.7)
−6.5
(20.3)
−5.5
(22.1)
0.5
(32.9)
6.5
(43.7)
9.5
(49.1)
15.1
(59.2)
17.5
(63.5)
12.8
(55)
5.9
(42.6)
0.7
(33.3)
−4.6
(23.7)
−6.5
(20.3)
降水量 mm (inch) 80.0
(3.15)
75.9
(2.988)
121.2
(4.772)
130.8
(5.15)
154.2
(6.071)
253.6
(9.984)
309.4
(12.181)
190.0
(7.48)
162.6
(6.402)
83.7
(3.295)
81.9
(3.224)
69.1
(2.72)
1,712.3
(67.413)
降雪量 cm (inch) 1
(0.4)
1
(0.4)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
2
(0.8)
平均降水日数 (≥0.5 mm) 11.5 10.7 11.4 10.4 9.7 12.4 12.0 10.0 9.8 7.2 9.0 10.9 124.9
平均降雪日数 10.5 6.9 2.6 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.8 7.0 27.7
湿度 63 63 65 67 70 78 79 75 73 67 66 63 69
平均月間日照時間 95.8 116.1 162.9 187.6 207.1 146.6 172.4 207.2 161.9 176.3 134.7 102.6 1,875.9
出典:気象庁 (平均値:1991年-2020年、極値:1883年-現在)[3][4]
豊田(下関市豊田町大字稲光字土橋、標高40m)(1991年 - 2020年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C°F 16.8
(62.2)
21.8
(71.2)
25.1
(77.2)
28.4
(83.1)
31.4
(88.5)
34.1
(93.4)
35.7
(96.3)
36.2
(97.2)
33.9
(93)
30.7
(87.3)
26.4
(79.5)
23.2
(73.8)
36.2
(97.2)
平均最高気温 °C°F 8.7
(47.7)
9.8
(49.6)
13.4
(56.1)
18.6
(65.5)
23.1
(73.6)
25.9
(78.6)
29.3
(84.7)
30.7
(87.3)
27.2
(81)
22.3
(72.1)
16.7
(62.1)
11.2
(52.2)
19.8
(67.6)
日平均気温 °C°F 3.6
(38.5)
4.4
(39.9)
7.5
(45.5)
12.4
(54.3)
17.3
(63.1)
21.2
(70.2)
25.1
(77.2)
25.9
(78.6)
22.0
(71.6)
16.1
(61)
10.4
(50.7)
5.4
(41.7)
14.3
(57.7)
平均最低気温 °C°F −1.1
(30)
−0.8
(30.6)
1.7
(35.1)
6.1
(43)
11.4
(52.5)
17.0
(62.6)
21.6
(70.9)
22.1
(71.8)
17.8
(64)
10.8
(51.4)
5.0
(41)
0.5
(32.9)
9.4
(48.9)
最低気温記録 °C°F −7.9
(17.8)
−9.1
(15.6)
−6.2
(20.8)
−4.0
(24.8)
0.0
(32)
5.5
(41.9)
12.0
(53.6)
14.3
(57.7)
4.6
(40.3)
−0.6
(30.9)
−3.7
(25.3)
−6.3
(20.7)
−9.1
(15.6)
降水量 mm (inch) 90.8
(3.575)
88.3
(3.476)
140.5
(5.531)
151.4
(5.961)
183.7
(7.232)
272.5
(10.728)
342.8
(13.496)
201.2
(7.921)
167.8
(6.606)
93.3
(3.673)
88.2
(3.472)
83.1
(3.272)
1,899.1
(74.768)
平均降水日数 (≥1.0 mm) 11.3 10.7 11.6 10.0 9.5 12.4 11.6 9.9 9.5 7.7 9.3 11.1 124.6
平均月間日照時間 99.8 107.6 156.1 182.9 206.1 137.0 152.6 189.8 151.6 169.5 134.5 103.9 1,791.3
出典1:Japan Meteorological Agency
出典2:気象庁[5]

地域[編集]

地名[編集]

人口[編集]

下関市と全国の年齢別人口分布(2005年) 下関市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 下関市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

下関市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


旧下関市と旧豊浦郡合併時直近の国勢調査(2000年10月)に基づく旧1市4町の人口の合計が30万1097人[6] と、(当時の)中核市移行の基準である30万人[注釈 2] を越えていたため、合併同年の2005年(平成17年)10月1日に中核市の指定を受けた[7]。ただし、合併以来人口は減少している(2005年の国勢調査時点では29万693人[6])。2021年の人口は約25万人であるが、山口県最大である。

北九州市との関係[編集]

下関市は、関門海峡の対岸に位置する北九州市とともに本州九州の接点・大陸への玄関口として発達してきた。両市が中心となって形成される都市圏関門都市圏とも呼ばれるように、両市の経済面および文化的な繋がりは極めて深い。観光(関門海峡花火大会)や行政サービスなどで両市の交流が盛んなほか、買い物・娯楽・通勤通学・交通機関利用(下関駅小倉駅北九州空港)などを目的とした両市間の人の流れが日常的にある。下関は北九州都市圏の5%都市圏であり実質、同一の生活圏を形成していると言える。ゆえに北九州市の商業・娯楽施設の動向が、下関市内にある同施設の経営戦略に影響を与えている。また、一時期ではあるが下関市と北九州市の道州制を見据えた越境合併及び関門特別市構想について両市で話し合いが行われたこともある。

隣接自治体・行政区[編集]

山口県
福岡県(海上で隣接)

歴史[編集]

古くより九州中国朝鮮半島といったアジア大陸からの本州の玄関口として栄え、江戸時代には「西の浪華」と呼ばれるほどの賑わいだった[8]。また日本史における数々の重要な出来事に関係している都市でもある。

「下関」の名称の初見は869年貞観11年)[9] であるのに対し、「赤間関」の名称の初見は1185年元暦2年)である[10]。ただし、これを関所の名称[11] と捉え、「あかま(赤間[12]・赤馬[13])」が地名であると解すると平安時代まで遡ることができる。いずれにしても鎌倉時代に「赤間関」という呼び名が成立し、付属する港湾や関門海峡長門国側を指す広域地名、更には対岸の豊前国門司関を含めた関門海峡全体の別名としても用いられた[14]

元寇をきっかけに赤間関を防衛するために長門守護は長門探題とされて北条氏一門が任ぜられた。北条氏が滅びると長門の御家人であった厚東氏が長門守護とされるが、南北朝の内乱の中で周防国の在庁官人・御家人であった大内氏が南朝方として周防・長門両国を征服、後に北朝方に離反して室町幕府から両国の守護、更に対岸の豊前国の守護にも任ぜられて赤間関を含めた関門海峡両岸を大内氏が支配する体制が16世紀中期まで200年近く続くことになる。大内氏は赤間関に代官を設置して直接管理し、港湾の管理・関銭や帆別銭の徴収・朝鮮などの外交使節への応対などにあたった[15]

特に外国からの船舶が東へと向かうためには必ず赤間関に立ち寄って瀬戸内海を経由して京都方面に向かうことになり、朝鮮通信使(朝鮮の使節)が博多に寄らずに直接赤間関を目指した例もある。また、室町幕府が派遣した遣明船の往復の際にも必ず赤間関に立ち寄り、帰国時には赤間関から京都へ使者が送られていた。遣明船の記録でも、往路は寧波到着時に日本の年号から明の年号に改め、帰路は赤間関到着時に日本の年号に戻す慣例[16] があった[17]。また、16世紀に大内氏が日明貿易を独占すると遣明船から抽分銭を徴収する抽分司官が赤間関に置かれた他、明の朝廷に献上する貢物や輸出品を保管する倉庫も設置され[18]、朝鮮などの外国人も居住していた[19]

戦国時代まで[編集]

壇ノ浦古戦場址の碑(みもすそ川公園

弥生時代には既に現在の下関市域には集落が複数存在しており、綾羅木郷遺跡川中地区)、土井ヶ浜遺跡(現在の豊北地区)などに当時の遺構が現在も残る。

江戸時代[編集]

明治から第二次大戦まで[編集]

戦後から昭和後期[編集]

平成時代[編集]

令和時代[編集]

  • 2019年(平成31年/令和元年)
    • 1月 - Facebook Japan株式会社(当時)と事業連携協定締結。
    • 3月 - あるかぽーと開発に星野リゾートを選定。古川薫が名誉市民に認定。
    • 4月 - 下関港が国際クルーズ拠点形成港湾に指定。
    • 6月 - 小・中学校でエアコン運転開始。
    • 7月 - 商業捕鯨が再開し捕鯨船団下関港出港。下関陸上競技場リニューアルオープン。
    • 8月 - 世界柔道選手権大会を前にトルコ代表チームが事前キャンプ。
    • 10月 - しものせき海峡グルメフェスが初開催。
  • 2020年(令和2年)
    • 3月 - 下関大丸が大丸松坂屋百貨店に吸収合併され消滅。大丸下関店へ改称。ボートレース下関が797億円で過去最高売上。
    • 4月 - 少子化に伴う学校統廃合に伴い、角島、阿川、粟野、滝部の4小学校を統合し豊北小学校開校。
    • 10月 - 六連島灯台角島灯台が国の重要文化財に指定。
    • 11月 - 角島大橋開通20周年。全国鯨フォーラム2020in下関開催。
  • 2021年(令和3年)
  • 2022年(令和4年)
  • 2023年(令和5年)
    • 2月 - あるかぽーと・唐戸エリアマスタープラン策定。
    • 4月 - 蓋井島での継続的な学びの場を確保する為に施設一体型小中一貫教育校「蓋井中学校」開校。
    • 5月 - 下関市・北九州市市長会談を12年ぶりに開催[21]。長州出島クルーズ岸壁が完成。
    • 6月 - 6月末から7月初旬にかけて線状降水帯による豪雨災害が発生した。この豪雨災害により断水や停電のほか、山陰本線にて橋梁の傾斜と土砂の流入が発生した為、小串駅から長門市駅間において運休している。
    • 8月 - 下関駅前の旧エディオン下関店跡地に県内最大規模のオフィスビル、「エストラスト下関センタービル」開業。捕鯨母船「関鯨丸」の母港化が正式決定。
    • 9月 - 下関市立大学におけるデータサイエンス学部開設が文部科学大臣から認可。長州出島クルーズ岸壁供用式典が開催。
    • 11月 - 2023年世界体操競技選手権においてメダルを獲得した本市出身の南一輝が下関市スポーツ栄誉賞を受賞。
    • 1月-12月 - 少子化対策の一環として「子ども医療費助成制度拡充」、「妊娠出産子育て支援事業」[22]、「学校給食費支援事業」[23]、「しもまちBABYタクシー事業」[24]、「1・2歳児・高校生子育て応援給付金事業」の実施および「病児保育予約システム」や「母子手帳アプリ」が導入[25]

行政区域の変遷[編集]

しものせきし
下関市
下関市旗 下関市章
下関市旗 下関市章
1909年11月15日制定
廃止日 2005年(平成17年)2月13日
廃止理由 新設合併
下関市(旧)、豊浦郡菊川町豊田町豊浦町豊北町 → 下関市(新)
現在の自治体 下関市(新)
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方
都道府県 山口県
市町村コード なし(導入前に廃止)
隣接自治体 美祢市厚狭郡山陽町、豊浦郡菊川町、豊浦町
福岡県北九州市(関門海峡を挟んで隣接)
市の木 クスノキ
市の花 ハマユウ
他のシンボル 市の花木:ツツジ
下関市役所
所在地 750-8521
山口県下関市南部町1番1号
ウィキプロジェクト

行政[編集]

市長[編集]

  • 初代:江島潔(2005年3月27日 - 2009年3月26日) - 旧市長を1995年から2005年まで連続3期務める
  • 第2代-第3代:中尾友昭(2009年3月27日 - 2017年3月26日)
  • 第4代-第5代:前田晋太郎(2017年3月27日 - 現職)
歴代首長[27]
市長名 任期 任期数
旧赤間関区長(官選)
高洲素介 不詳
旧赤間関市長(官選)
伊藤房次郎 1889年(明治22年)4月28日 - 1891年(明治24年)7月19日 1
2 石川良平 1891年(明治24年)8月9日 - 1892年(明治25年)8月 1
3 内田一心 1892年(明治25年)8月 - 1896年(明治29年)2月 1
4 高洲素介 1896年(明治29年)2月 - 1899年(明治32年)3月 1
5 - 6 原勝一 1899年(明治32年)4月 - 1902年(明治35年)5月31日 2
旧下関市長(官選)
5 - 6 原勝一 1902年(明治35年)6月1日 - 1906年(明治39年)8月17日 2
7 白上俊一 1906年(明治39年)10月9日 - 1910年(明治43年)5月27日 1
8 小林重威 1910年(明治43年)10月5日 - 1913年(大正2年)11月15日 1
9 青木良雄 1914年(大正3年)7月7日 - 1917年(大正6年)5月29日 1
10 不破彦麿 1917年(大正6年)10月9日 - 1919年(大正8年)9月2日 1
11 李家隆介 1919年(大正8年)10月 - 1921年(大正10年)2月 1
12 - 13 山崎林太郎 1922年(大正11年)8月 - 1927年(昭和2年)1月 2
14 浮田茂太郎 1927年(昭和2年)1月26日 - 1931年(昭和6年)1月 1
15 - 18 松井信助[28] 1931年(昭和6年)1月16日 - 1946年(昭和21年)2月 4
19 松尾守治 1946年(昭和21年)3月 - 1
旧下関市長(公選)
20 松尾守治 1947年(昭和22年)4月 - 1951年(昭和26年)3月 1
21 - 23 福田泰三 1951年(昭和26年)5月10日 - 1963年(昭和38年)4月 3
24 木下友敬 1963年(昭和38年)5月2日 - 1967年(昭和42年)4月29日 1
25 - 27 井川克巳 1967年(昭和42年)4月30日 - 1979年(昭和54年)4月29日 3
28 - 30 泉田芳次 1979年(昭和54年)4月30日 - 1991年(平成3年)4月29日 3島根県出身。
31 亀田博 1991年(平成3年)4月30日 - 1995年(平成7年)4月29日 1
32 - 34 江島潔 1995年(平成7年)4月30日 - 2005年(平成17年)2月12日 3
下関市長
江島潔 2005年(平成17年)3月27日 - 2009年(平成21年)3月26日 1
2-3 中尾友昭 2009年(平成21年)3月27日 - 2017年(平成29年)3月26日 2
4-5 前田晋太郎 2017年(平成29年)3月27日 - 現職 2

市長選挙[編集]

  • 2021年3月14日執行[29]

※当日有権者数:21,6871[30]人 最終投票率:37.52%(前回比:-9.57pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
前田晋太郎44無所属57,291票70.42%自由民主党 公明党 連合山口
田辺よし子72無所属22,774票29.58%日本共産党 れいわ新選組
  • 2017年3月12日執行[31]

※当日有権者数:225,864[30]人 最終投票率:47.09%(前回比:+5.05pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
前田晋太郎40自由民主党48,896票46.39%
中尾友昭67無所属45,546票43.21%
松村正剛63無所属10,958票10.40%
  • 2013年3月10日執行[32]

※当日有権者数:229,011人 最終投票率:42.04%(前回比:-11.43pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
中尾友昭63無所属55,383票58.27%
西本健治郎36無所属39,656票41.73%
  • 2009年3月15日執行[33]

※当日有権者数:234,585人 最終投票率:53.47%(前回比:+4.17pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
中尾友昭59無所属62,964票50.75%
友田有51無所属40,706票32.81%
香川昌則45無所属20,401票16.44%
  • 2005年3月27日執行[34]

※当日有権者数:238,549人 最終投票率:49.30%(前回比:pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
江島潔47無所属45,938票39.52%
中尾友昭55無所属43,468票37.39%
松原守62無所属26,838票23.09%

役所[編集]

唐戸に隣接する南部町(なべちょう)に本庁を置くほか、2005年平成17年)の合併前の旧郡部の各町に総合支所(4箇所)、旧下関市内に12支所、総合支所管内に11支所を配する。また、3つのサテライトオフィスと1つの事務所(東京事務所)を設置している。

行政区画

市役所本庁、総合支所、支所(総合支所内のものを除く)の所管する地域として、17の地区がある。

各地区の名称は、本庁の所管する区域は「本庁地区」、〇〇(総合)支所の所管する区域は「〇〇地区」と呼ばれる。

本庁地区の領域は市制施行(1889年)当初のものに旧生野町(1921年編入合併)を合わせたものである。そのほかの地区の領域は、概して、下関市への編入合併 (1933年(昭和8年)彦島 - 1955年(昭和30年)内日) や下関市との新設合併 (2005年(平成17年))によって消滅した各町村(旧豊浦郡や旧厚狭郡に属していた) の領域を引き継ぐものである。(本庁地区以外の領域の詳細は、支所設置条例 および 総合支所設置条例 を参照。)

議会[編集]

市議会[編集]

  • 定数:34人
  • 任期:2023年2月13日 - 2027年2月12日

県議会[編集]

  • 選挙区:下関市選挙区
  • 定数:9人
  • 候補者数:10人
  • 任期:2023年4月29日 - 2027年4月30日
  • 告示日:2023年3月31日
  • 投票日:2023年4月9日
  • 当日有権者数:210,087人( 減少10,341人)
  • 投票率:35.27% (減少8.76%)
候補者名 当落 年齢 所属党派 新旧別 得票数
前東直樹 51 公明党 11,548票
西本健治郎 46 自由民主党 10,029票
友田有 66 自由民主党 8,964票
塩満久雄 76 自由民主党 7,662票
酒本哲也 51 無所属 7,212票
林直人 46 自由民主党 6,417票
高瀬利也 58 自由民主党 6,351票
平岡望 50 自由民主党 6,242票
木佐木大助 68 日本共産党 6,085票
吉村親房 82 無所属 2,486票

衆議院[編集]

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数
吉田真次 38 自由民主党 47,901票(62.3%)
有田芳生 71 立憲民主党 24,923票(32.4%)
大野頼子 49 無所属 2,260票(2.9%)
渡部亜衣 37 政治家女子48党 1,157票(1.5%)
竹本秀之 67 無所属 587票(0.8%)
当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 重複
安倍晋三 67 自由民主党 80,448票
竹村克司 49 れいわ新選組 19,096票
大野頼子 47 無所属 15,836票

公共機関・公共施設[編集]

県政機関[編集]

国家機関[編集]

財務省[編集]

国税庁

厚生労働省[編集]

農林水産省[編集]

国土交通省[編集]

海上保安庁
気象庁

防衛省[編集]

自衛隊

法務省[編集]

検察庁

裁判所[編集]

警察[編集]

本部

現在市内には、下関警察署長府警察署小串警察署の3つの警察署があり、下関管内に彦島幹部交番(旧彦島警察署)、長府管内に豊田幹部交番(旧豊田警察署)の2つの幹部交番がある。各警察署の管轄区域は以下のとおり。

下関警察署(2022年9月)

消防[編集]

本部

消防業務は下関市消防局が行っている。また局内には「下関市・美祢市消防指令センター」が設置されており、下関市と美祢市全域の119番通報を一括受信し、当局から火災や救急の指令を出している。現在市内には、中央消防署・北消防署・西消防署・東消防署・豊浦西消防署・豊浦東消防署の6つの消防署がある。各消防署の管轄区域は以下のとおり。

消防署
  • 中央消防署(岬之町17-1):本庁地区(山の田を除く)
  • 北消防署(綾羅木新町4-3-12):本庁地区の山の田、川中地区、安岡地区、吉見地区
  • 西消防署(彦島本村町6-1-2):彦島地区
  • 東消防署(長府八幡町1-14):長府地区、王司地区、清末地区、小月地区、王喜地区、吉田地区、勝山地区、内日地区
  • 豊浦西消防署(豊浦町大字吉永1875):豊浦地区、豊北地区
  • 豊浦東消防署(豊田町大字殿敷1886-3):豊田地区、菊川地区

医療[編集]

主な病院

かつて二次救急を担う4医療機関はすべて本庁地区に所在していたが、2005年4月に済生会下関総合病院が安岡地区へ、2009年4月に関門医療センターが長府地区へ移転したため、救急指定病院の集中度が緩和された。それでも、4医療機関のすべてが旧市部に所在する状況は変わらず、旧郡部からの移動が1時間を超える地域もあるため、救急医療体制や交通網のさらなる充実が課題となっている(ただし、旧郡部の北側では、長門市の二次救急医療機関を利用するほうが少ない移動時間で済む場合がある)。

郵便局[編集]

  • 下関郵便局(〒750-8799 竹崎町2-12-12)
  • 下関東郵便局(〒751-8799 山の田東町12-25)
  • 阿川郵便局(〒759-5299 豊北町阿川630-8)
  • 粟野郵便局(〒759-5199 豊北町粟野5020-1)
  • 宇賀郵便局(〒759-6303 豊浦町宇賀7899)
  • 内日郵便局(〒750-0253 内日下1133-3)
  • 王司郵便局(〒752-0916 王司上町4-486-6)
  • 岡枝郵便局(〒750-0321 菊川町上岡枝576-4)
  • 小月郵便局(〒750-1199 小月本町1-9-7)
  • 勝山郵便局(〒751-0872 秋根南町1-6-23)
  • 川渕簡易郵便局(〒759-5101 豊北町粟野宮迫1580-1)
  • 菊川郵便局(〒750-0399 菊川町下岡枝158-5)
  • 黒井郵便局(〒759-6312 豊浦町神田1827-5)
  • 特牛郵便局(〒759-5399 豊北町神田1478-5)
  • 栄町簡易郵便局(〒759-6301 豊浦町川棚6895-1)
  • 島戸郵便局(〒759-533 豊北町神田3896-4)
  • 下関綾羅木郵便局(〒751-0849 綾羅木本町1-13-18)
  • 下関一の宮郵便局(〒751-0805 一の宮住吉2-8-36)
  • 下関今浦郵便局(〒750-0064 今浦町11-16)
  • 下関入江郵便局(〒750-0013 入江町2-2)
  • 下関後田郵便局(〒751-0826 後田町5-10-10)
  • 下関江ノ浦郵便局(〒750-0075 彦島江の浦町5-1-13)
  • 下関王喜郵便局(〒750-1124 松屋本町1-1-30)
  • 下関上新地郵便局(〒750-0061 上新地町3-6-10)
  • 下関上田中四郵便局(〒750-0009 上田中町4-3-11)
  • 下関川中豊町郵便局(〒751-0853 川中豊町7-10-1)
  • 下関清末郵便局(〒750-1154 清末本町10-17)
  • 下関塩浜郵便局(〒750-0086 彦島塩浜町3-15-17)
  • 下関勝谷新町簡易郵便局(〒751-0802 勝谷新町3-10-1)
  • 下関新垢田郵便局(〒751-0842 新垢田南町2-1-6)
  • 下関杉田郵便局(〒750-0078 彦島杉田町1-9-1)
  • 下関大平郵便局(〒750-0053 大平町8-7)
  • 下関高磯簡易郵便局(〒752-0911 王司神田1-8-16)
  • 下関田倉簡易郵便局(〒751-0883 田倉252-1)
  • 下関武久郵便局(〒751-0833 武久町2-14-5)
  • 下関冨任郵便局(〒759-6613 冨任町5-19-7)
  • 下関中土居郵便局(〒752-0963 長府中土居北町4-1)
  • 下関中之町郵便局(〒750-0004 中之町3-18)
  • 下関南部町郵便局 (〒750-0006 南部町22-8)
  • 下関西山郵便局(〒750-0093 彦島西山町2-3-27)
  • 下関幡生郵便局(〒751-0828 幡生町2-3-34)
  • 下関東向山郵便局(〒750-0048 東向山2-22)
  • 下関福浦郵便局(〒750-0075 彦島江の浦町2-22-32)
  • 下関豊前田郵便局(〒750-0018 豊前田町2-3-10)
  • 下関本町郵便局(〒751-0815 本町3-2-37)
  • 下関本村三郵便局(〒750-0074 彦島本村町3-3-25)
  • 下関本村六郵便局(〒750-0074 彦島本村町6-16-19)
  • 下関丸山郵便局(〒750-0009 上田中町7-2-10)
  • 下関山の口郵便局(〒751-0824 山の口町1-9)
  • 下関吉田郵便局(〒750-1101 吉田1223-31)
  • 地吉郵便局(〒750-0433 豊田町大河内948-3)
  • 滝部郵便局(〒759-5599 豊北町滝部855-2)
  • 田耕郵便局(〒759-5512 豊北町田耕4320-3)
  • 長府駅前郵便局(〒752-0933 長府松小田本町2-14)
  • 長府郵便局(〒752-8799 長府中浜町5-19)
  • 角島郵便局(〒759-5332 豊北町角島2170)
  • 殿居郵便局(〒750-0401 豊田町殿居中村1104)
  • 豊浦川棚郵便局(〒759-6301 豊浦町川棚5246-7)
  • 豊浦室津郵便局(〒759-6316 豊浦町室津下682-6)
  • 豊浦郵便局(〒759-6399 豊浦町小串2430-3)
  • 豊田下郵便局(〒750-0453 豊田町手洗飯塚464-8)
  • 豊田中郵便局(〒750-0415 豊田町浮石宮ノ尾1494-20)
  • 豊田郵便局(〒750-0499 豊田町殿敷1917-4)
  • 楢崎郵便局(〒750-0322 菊川町楢崎764-1)
  • 二見郵便局(〒759-5513 豊北町北宇賀3126-5)
  • 前田簡易郵便局(〒752-0997 前田15)
  • 安岡郵便局(〒759-6612 安岡駅前1-9-8)
  • 矢玉郵便局(〒759-6199 豊北町矢玉481)
  • 吉見郵便局(〒759-6531 吉見本町1-5-14)
  • 吉母郵便局(〒759-6541 吉母522-1)
  • 涌田後地簡易郵便局(〒759-6311 豊浦町吉永643-1)
  • 和久郵便局(〒759-6121 豊北町神田上164-3)
郵便番号
  • 下関郵便局:750-00xx、750-85xx、750-86xx、750-87xx
  • 菊川郵便局:750-03xx、750-02xx[注釈 3]
  • 豊田郵便局:750-04xx
  • 小月郵便局:750-11xx
  • 粟野郵便局:759-51xx
  • 阿川郵便局:759-52xx
  • 特牛郵便局:759-53xx
  • 滝部郵便局:759-55xx
  • 矢玉郵便局:759-61xx
  • 豊浦郵便局:759-63xx
  • 下関東郵便局:751-08xx、751-85xx、751-86xx、751-87xx、759-65xx、759-66xx[注釈 4]
  • 長府郵便局:752-09xx、752-85xx、752-86xx、752-87xx

図書館[編集]

  • 公共図書館
    • 下関市立図書館
      • 中央図書館(〒750-0016 細江町3-1-1 下関市生涯学習プラザ4階〜6階)
      • 長府図書館(〒752-0967 長府宮の内町1-30)
      • 彦島図書館(〒750-0075 彦島江の浦町1丁目4-28)
      • 菊川図書館(〒750-0317 菊川町大字下岡枝193-8)
      • 豊田図書館(〒750-0424 豊田町大字矢田153-1)
      • 豊浦図書館(〒759-6301 豊浦町大字川棚6895-1)
      • 豊北図書館(〒759-5511 豊北町大字滝部1244番地36 下関市立豊北中学校内)
      • 移動図書館(〒750-0016 細江町3丁目1-1 中央図書館内)


市内5大学(下関市立大学、梅光学院大学、東亜大学、下関短期大学、水産大学校)の間では市内5高等教育機関図書館相互利用協定が結ばれているため、5大学の学生・教職員はどの大学の図書館も利用出来る。また、北九州市との協定で、下関市民は北九州市立図書関連施設(19施設)の貸出利用が可能。 このほか、 一般公開している学校図書館下関中等教育学校) もある。

斎場・墓地[編集]

文化施設[編集]

海峡メッセ下関
海響館

運動施設[編集]

公園[編集]

〈桜〉:桜名所、〈城〉:城跡、〈大〉:10ha以上の大規模都市公園

  • 本庁地区[35]
    • 火の山公園(〈桜〉〈大〉)
    • 日和山公園(〈桜〉)
    • 下関運動公園(〈大〉)
    • 金毘羅公園(〈桜〉)
    • 戦場ヶ原公園(〈桜〉)
    • 一里山公園
    • 幡生宮の下近隣公園
    • 桜山近隣公園
  • 彦島地区[36]
    • 老の山公園(〈桜〉〈大〉)
    • 彦島地区公園
    • 彦島南公園
  • 山陽地区[37]
  • 山陰・勝山地区[38]
    • 下関北運動公園(〈大〉)
    • 秋根記念公園
    • 住吉公園
    • 勝山地区公園(〈城〉)
  • リフレッシュパーク豊浦(〈大〉)[39]

対外関係[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

海外[編集]

姉妹都市
友好都市

国内[編集]

姉妹都市
その他

領事館[編集]

名誉総領事館

経済・産業[編集]

港湾都市として栄えたこともあり、古くから海運や貿易および金融に関連した産業が盛んであった。 現在も経済面で県の中心的都市であり、2020年の市内総生産は9487億4600万円で県内1位[41]である。産業別に見ると第一次産業59億5400万円(約1%・県内1位)、第二次産業2761億6300万円(約29%・県内3位)、第三次産業6639億1500万円(約70%・県内1位)となっている[42]。また就業者数は令和2年で11万8929人、産業別に見ると第一次産業4655人(3.9%)、第二次産業2万7859人(23.4%)、第三次産業8万3549人(70.3%)となっている。

下関市に本社、あるいは営業拠点を置く企業も多く、中国・四国地方最大の金融グループである山口フィナンシャルグループ(山口FG)および傘下の山口銀行、山口県下最大(中国地方3位)の信用金庫である西中国信用金庫、山口県内一円を営業エリアとする一般ガス事業者の山口合同ガス、地方紙「山口新聞」や水産食品専門の全国紙みなと新聞」を発行するみなと山口合同新聞社が本社を置いている。また日本銀行も山口市ではなく下関市に日銀支店(日本銀行下関支店)を置いている。一方で、関門海峡対岸に位置する北九州市をはじめとする北部九州地域との交流も深く、下関市は北九州市とともに関門都市圏を形成している(詳細は北九州市との関係参照)。

第一次産業[編集]

本市の2019年度の第一次産業総生産額は60億6800万円であり、その内訳は農業37億6600万円(62.1%)、林業3億6400万円(6%)、水産業19億3800万円(31.9%)である[43]

農業[編集]

2020年度の総農家数は3521戸(販売農家2488戸、自給的農家1033戸)で減少傾向にある。同年度の経営耕作面積は4401haで、その内訳は水田が3848ha、畑が444ha、樹園地が109haであり、こちらも減少傾向にある。 農業経営体の約8割が稲作を行っており作付面積は県内2位、2020年度の作付面積は3400haで収穫量は1万1900tとなっている。麦や大豆の生産も行われており麦の作付面積は365ha、収穫量は710t、大豆の作付面積は98ha、収穫量は43tである。
本市の主要な園芸作物はトマトネギアスパラガスナスなどであり、特に垢田トマト安岡ねぎ、吉田ナスなどの品種は全国的にも有名である。豊田地域や豊北地域で多く栽培されている梨は県内屈指の生産量を誇り、特に豊水二十世紀梨幸水などの品種が栽培され本市の特産物となっているほか柑橘類は温州みかんを中心に伊予柑なども生産されている。また「豊北梨あきづき」・「下関豊田の豊水」・「ひとめぼれ(温州みかん)」・「長門ゆずきち」は、やまぐちブランドの認定を受けている[44]。旧市内では古くから花卉栽培が行われ生産量は県内1位である。現在では薔薇ガーベラなどのほか県オリジナル品種などの生産が盛んに行われている。
畜産業酪農肉用牛採卵鶏を中心に盛んであり、特に豊北地域において大規模経営が営まれている。2020年度の飼育頭羽数は乳用牛が1218頭、肉用牛は2570頭、採卵鶏が578羽である。特に乳用牛は県内の44%、採卵鶏は30%が本市で飼育されているため牛乳は県内の約4割、鶏卵は約2割を生産している。

  • 主な作物の収穫量(販売量)と県内シェア[45]
    • 水稲:11,900t・16.3%(県内2位)
    • 麦:710t・12.3%(2位)
    • 大豆:43t・6.1%(7位)
    • イチゴ:91.9t・19.5%(2位)
    • アスパラガス:57.4t・56.9%(1位)
    • はなっこりー:9t・14%(3位)
    • キャベツ:324t・18.3%(3位)
    • トマト:211.9t・19.9%(2位)
    • 菊:946千本・45.4%(1位)
    • カーネーション:282千本・13.1%(4位)
    • トルコギキョウ:376千本・62.7%(1位)
    • ガーベラ:739千本・67.9%(1位)
    • バラ:923千本・42.6%(1位)
    • ユリ:434千本・57.3%(1位)

水産業[編集]

水産業は下関市を代表する産業の1つであり、以前は捕鯨が主であった。 現在も下関は「近代捕鯨発祥の地」である上、全国有数の商業捕鯨基地であり、調査捕鯨の基地でもある。現在はフグの水揚げ高が全国の8割を占め全国シェア1位であり、市内にはふぐ専用の魚市場の南風泊(はえどまり)魚市場を構える(参照、下関とふく)。またアンコウの水揚げ高も日本一であり、下関の新たな名物としてPR活動を行っている[46]

市内には、一般人にも開放された唐戸市場、ふぐ専用の卸売市場である南風泊市場、特定第3種漁港下関漁港にある下関漁港市場、旧豊北町にある特牛市場などの水産物部門の卸売市場がある。

第二次産業[編集]

下関市は瀬戸内工業地域及び北九州工業地域の構成都市であり、その地勢から特に輸送用機器製造業、食品製造業が発達している。これらの分野では市内に三菱重工業三菱造船(造船)、ブリヂストン(タイヤ)、シマノ(自転車)、旭洋造船(造船)、ニシエフ(造船)、日清食品マルハニチロやまぐち県酪乳業林兼産業農水フーヅ名城食品などの主要工場が数多く立地している。 また市内には豊東工業団地、木屋川工業団地、南風泊水産加工団地、長府扇町工業団地、長州出島の5つの工業団地が整備されている[47]

第三次産業[編集]

商業[編集]

主な大型商業施設

拠点を置く企業[編集]

山口フィナンシャルグループ本社が入居する山口銀行本店ビル
下関市に本社・本部を置く上場企業
下関市に本社・本部を置くその他主要企業
下関市に支社・営業所・生産拠点を置く主要企業
下関が発祥の地である主な企業

情報通信[編集]

マスメディア[編集]

新聞社[編集]

通信社[編集]

放送局[編集]

テレビ放送

情報カメラお天気カメラ)は海峡ゆめタワー火の山のどちらかか、両方に設置されていることが多い。

ラジオ局
  • COME ON! FM(コミュニティエフエム下関)
  • FM山口
  • NHK山口放送局下関支局
  • KRY山口放送下関支社

ライフライン[編集]

電信[編集]

市外局番
  • 下関MA(市外局番083、市内局番:2xx(217を除く)、766 - 768、77x、78x)=市内全域
    従前、下関・豊浦・美祢の3MAが混在し、市外局番も別であった。2008年3月1日より、郵政省告示改正により、MAの統合・分割が行われ、下関市全域が同一市外局番となった。
    それまで美祢MAに含まれていた下関市豊田町(旧市内局番:66 - 68)は、現在の美祢MA(旧美東町エリアを除く美祢市、市外局番:0837、市内局番:50 - 65、69)との相互通話は区域隣接通話となり、以前より通話料が高くなるほか新たに市外局番が必要である。
    山口県西部の天気予報はそれまでの0832-177(旧・下関MA)から0836-177(宇部MA)に変更された。217局は山口県西部の天気予報(宇部MA)への誘導用のため使用できない。

教育[編集]

下関市立大学

大学・短大[編集]

公立
私立

省庁大学校[編集]

国立

小中一貫校[編集]

市立

中等教育学校[編集]

県立

高等学校[編集]

14校(公立10校、私立4校)

高等学校再編統合

中学校[編集]

23校(公立22校、私立1校)

公立
私立

小学校[編集]

41校(すべて公立)

公立
  • 下関市立養治小学校
  • 下関市立文関小学校
  • 下関市立関西小学校
  • 下関市立桜山小学校
  • 下関市立向山小学校
  • 下関市立生野小学校
  • 下関市立本村小学校
  • 下関市立西山小学校
  • 下関市立江浦小学校
  • 下関市立角倉小学校
  • 下関市立向井小学校
  • 下関市立小月小学校
  • 下関市立清末小学校
  • 下関市立王司小学校
  • 下関市立豊浦小学校
  • 下関市立勝山小学校
  • 下関市立川中小学校
  • 下関市立安岡小学校
  • 下関市立吉見小学校
  • 下関市立吉母小学校
  • 下関市立蓋井小学校
  • 下関市立吉田小学校
  • 下関市立王喜小学校
  • 下関市立内日小学校
  • 下関市立山の田小学校
  • 下関市立川中西小学校
  • 下関市立垢田小学校
  • 下関市立長府小学校
  • 下関市立一の宮小学校
  • 下関市立熊野小学校
  • 下関市立豊東小学校
  • 下関市立岡枝小学校
  • 下関市立楢崎小学校
  • 下関市立西市小学校
  • 下関市立豊田下小学校
  • 下関市立室津小学校
  • 下関市立誠意小学校
  • 下関市立川棚小学校
  • 下関市立小串小学校
  • 下関市立宇賀小学校
  • 下関市立豊北小学校

 下関市立小・中学校再編統合 [編集]

下関市では少子化に伴う学校の小規模化が進む中、教育水準の維持・向上を図るために市立学校の統廃合を進めている[48]

  • 閉校・統廃合済み
    • 殿井中学校(1958年・閉校)
    • 豊田中中学校(1958年・閉校)
    • 川棚中学校(1960年・閉校)
    • 小串中学校(1960年・閉校)
    • 西市中学校(1961年・閉校)
    • 三豊中学校(1961年・閉校)
    • 豊田下中学校(1961年・閉校)
    • 吉田小学校貞垣分校(1963年・閉校)
    • 吉田小学校朝日町分校(1967年・閉校)
    • 吉田中学校(1967年・閉校)
    • 王喜中学校(1967年・閉校)
    • 殿井小学校維新分校(1971年・閉校)
    • 桜山小学校六連分校(1974年・閉校)
    • 小野小学校(2001年・閉校)
    • 豊東小学校轡井分校(2002年・閉校)
    • 豊浦中学校+宇賀中学校→夢が丘中学校(2005年・統合)
    • 豊北第一中学校(2005年・閉校)
    • 豊北第二中学校(2005年・閉校)
    • 豊北第三中学校(2005年・閉校)
    • 角島中学校(2005年・閉校)
    • 豊田西中学校(2011年・閉校)
    • 豊田東中学校(2012年・閉校)
    • 二見小学校(2014年・閉校)
    • 田耕小学校(2014年・閉校)
    • 殿井小学校+豊田中小学校→豊田中小学校(2015年・統合)
    • 三豊小学校+西市小学校→西市小学校(2015年・統合)
    • 神田小学校(西神田)(2016年・閉校)
    • 神玉小学校(2018年・閉校)
    • 神田小学校(豊北)(2018年・閉校)
    • 角島小学校(2019年・閉校)
    • 阿川小学校(2019年・閉校)
    • 粟野小学校(2019年・閉校)
    • 豊田中小学校+西市小学校→西市小学校(2021年・統合)
    • 名池小学校+王江小学校→名陵小学校(2022年・統合)
    • 名陵小学校+名陵中学校→下関市立名陵学園(2022年・統合)


  • 統廃合予定(令和2−6年度中)
    • 関西小学校+桜山小学校+向山小学校+文洋中学校+向洋中学校→小中一貫校(学校設置位置は旧神田小学校跡地)
    • 本村小学校+西山小学校+玄洋中学校→小中一貫校(玄洋中学校跡地)
    • 吉田小学校+王喜小学校+木屋川中学校→小中一貫校(木屋川中学校跡地)
    • 内日小学校+内日中学校→小中一貫校(内日小学校跡地)
    • 吉見小学校+吉母小学校+吉見中学校→小中一貫校(吉見小学校および吉見中学校跡地)
    • 蓋井小学校→小学校内に蓋井中学校を開校し、小中一貫校
    • 岡枝小学校+楢崎小学校→小学校を新設
    • 西市小学校+豊田下小学校+豊田中学校→小中一貫校(西市小学校および豊田中学校跡地)
    • 室津小学校+誠意小学校+豊洋中学校→小中一貫校(豊洋中学校跡地)
    • 川棚小学校+宇賀小学校+小串小学校→小学校を新設
    • 豊北小学校+豊北中学校→小中一貫校(豊北中学校跡地)

認定こども園[編集]

公立(9園)
  • 中央こども園
  • 王喜こども園
  • 垢田こども園
  • 菊川こども園
  • 西市こども園
  • 豊田下こども園
  • 川棚こども園
  • 黒井こども園
  • 豊北こども園
私立(14園)
  • ひがし子ども園
  • 下関短期大学付属第一幼稚園
  • 下関短期大学付属第二幼稚園
  • 下関天使幼稚園
  • 泉幼稚園
  • しおかぜの里こども園
  • 聖母園
  • でしまつ子ども園
  • くりのみ子供園
  • 長府幼稚園
  • もみじ幼稚園
  • 吉田緑こども園
  • いちょう幼稚園
  • 豊北きらきらこども園

幼稚園[編集]

保育園[編集]

公立(10園)
  • 幸町保育園
  • 名池保育園
  • 幡生保育園
  • 彦島第一保育園
  • 長府第一保育園
  • 長府第二保育園
  • 長府第三保育園
  • 長府第四保育園
  • 吉見保育園
  • 双葉保育園
私立(26園)
  • 東光保育園
  • 小波保育園
  • ひまわり保育園
  • 和光保育園
  • 慈光保育園
  • 弥生保育園
  • のあ保育園
  • 専立寺保育園
  • すみれ保育園
  • 鏡山保育園
  • 王司保育園
  • 新生保育園
  • 清末保育園
  • 小月保育園
  • しょうや保育園
  • 清和保育園
  • 勝山保育園
  • いずみ保育園
  • 木の実保育園
  • ひえだ保育園
  • ゆたか保育園
  • みどり保育園
  • みのり保育園
  • みそら保育園
  • 二葉保育園
  • 安楽保育園

特別支援学校[編集]

専修学校・各種学校・職業訓練校[編集]

その他学校[編集]

  • 下関理容美容専門学校
  • 下関文化産業専門学校
  • 下関福祉専門学校
  • 下関看護リハビリテーション学校
  • さくら国際学園下関校
  • 日本医療専門学校
  • 下関歯科技工専門学校
  • よしみず病院附属看護学院

交通[編集]

交通の要衝[編集]

下関は山陽道山陰道の結節点にあたり、さらには関門海峡を挟んで九州と対峙する位置にあったこと、大陸の玄関口であったことより、古来より陸と海における交通の要衝であり続けた。陸路の例として、山陽道(西国街道)の終点であったことや現在の国道9号の終点であること、また国道191号及び国道491号の起点であること。海路の例として、近世に北前船西廻り航路)の経由地であったことや、現在、下関港国際拠点港湾および中枢国際港湾、日本海側拠点港湾、総合的拠点港湾に、下関漁港特定第3種漁港にそれぞれ指定されていることなどが挙げられる。

交通の要衝であることは、国土防衛上重要な地点であることも意味する。明治期から終戦にいたるまで、下関から門司にいたる関門海峡沿岸一帯が西日本最大と言われた要塞地帯である下関要塞地帯に指定され、写真撮影や地図作成などが厳しく制限された。現在も市内各所に当時の標柱や砲台跡など、要塞地帯の遺構が残っている。

戦前は、関釜連絡船就航によって中国本土や朝鮮半島への玄関口として活況を呈した。終戦時に下関港が在日韓国・朝鮮人送還の主要な出発港の一つになったこともあり、また、現在、日本で唯一毎日運航されている貨客国際航路である関釜フェリーの存在により、現在では市内全域に多くの韓国・朝鮮系住民が居住し、とくに下関駅北側グリーンモール商店街一帯は事実上コリア・タウンとなっている。現在、国際定期旅客航路としては、前述の関釜フェリー韓国釜山行)などが就航している。

空路[編集]

空港[編集]

市内に空港はないが、近隣には北九州空港山口宇部空港福岡空港があり、市の公式サイトでもこの3空港をアクセス手段として掲載している[49]

各空港への所要時間は、北九州空港へはJRとリムジンバス(小倉駅乗り換え)で約50分、山口宇部空港へは連絡バス(乗合タクシー)で約1時間15分、福岡空港へは山陽新幹線福岡市地下鉄空港線博多駅乗り換え)で約50分のアクセスである[49]

かつては北九州空港へのリムジンバスも運行されていたほか、福岡市と下関市を結ぶ高速バス「ふくふく号」の一部の便が福岡空港国際線ターミナルに発着していたが、いずれも廃止された[50][51]

北九州市立大学の調査によると、下関市内に所在する企業の空港利用頻度は、市中心部の本庁地区や彦島地域では北九州空港、東部の山陽地域(長府、小月など)や北部の山陰地域(安岡、吉見など)では山口宇部空港が高く、それぞれ地理的に近い空港が選ばれている[52]

なお、市内にある小月航空基地は当初民間空港の下関飛行場下関空港)として計画・着工され、開港後に軍用飛行場に転用された経緯がある[53]第二次世界大戦後に下関市は同基地の公営空港化を目指し、GHQから民間航空路開設の許可も得ていた[54]が、自衛隊基地として全面使用されることになり市内への民間空港誘致は実現しなかった[53]

鉄道[編集]

下関市内の鉄道網
西日本旅客鉄道(JR西日本)
九州旅客鉄道(JR九州)
  • 山陽本線:下関駅

かつての運行路線[編集]

なお、かつては以下の鉄道事業者が現・下関市域を運行していた。

バス[編集]

路線バス[編集]

  • サンデン交通 - 2005年の市町村合併前からの下関市域全域と、旧菊川町域、旧豊田町域、旧豊浦町域の川棚温泉以南に路線を持つ。また、隣接する山陽小野田市・美祢市・長門市と下関市を結ぶ路線も存在する。
  • ブルーライン交通 - サンデン交通の子会社で、旧豊田町域、旧豊浦町域の豊洋台団地以北、旧豊北町域に路線を持つ。
  • 下関市生活バス - 2005年の市町村合併により編入された各町のコミュニティバスを引き継いだコミュニティバスである。

かつては下関市内を発着・経由し、関門トンネルや関門橋を通り、対岸の北九州市との間を運行する路線がサンデン交通や北九州市でバス事業を行う西日本鉄道により運行されていたが、すべて廃止・撤退し現存しない。

高速バス[編集]

かつてはサンデン交通が東京都東京駅)・横浜市・大阪市・広島市・山口市・山口宇部空港・北九州市などへの夜行・昼行高速バスを運行していたが、上記の「ふくふく天神号」を除きすべて休廃止された。

タクシー[編集]

道路[編集]

関門橋

山口県で唯一の道路基準地と県内の重要地の1つに指定されている[55]

高速道路[編集]

  • E2A 中国自動車道AH1):下関JCT小月IC王司PA下関IC
  • E9山陰自動車道:小月IC(計画中)
  • E2 山陽自動車道(AH1):下関JCT
  • E2A 関門道(AH1):下関IC─壇之浦PA(下りのみ)

国道[編集]

県道[編集]

主要地方道
一般県道

道の駅[編集]

航路[編集]

下関港(本港地区)

下関港を発着する旅客航路[編集]

国際航路[編集]
かつて運航していた国際航路[編集]
国内航路[編集]

国内航路については長距離旅客航路の発着はなく下関市内の各島及び門司港への航路のみとなる。

かつて運航していた国内航路[編集]
  • 山陽鉄道鉄道省日本国有鉄道
  • 下関市
    • 彦島・下関間 - 岬之町桟橋と彦島本村との間を伊崎町経由で結び、30分間隔の運航、運賃は5銭、本村から彦島江の浦・西山方面へ連絡バスが接続していた[56]
  • 関門汽船
    • 大里・江の浦・下関間 - 唐戸桟橋を起点に、岬之町、江の浦、弟子待、大里を巡航していた[56]。巡航船は唐戸を午前4時40分に始発し午前中は30分毎、午後は1時間毎に午後7時40分の終発まで運航した後、江の浦岬之町間を午後12時まで運航した[56]。運賃は大里下関間18銭、江の浦下関間12銭、始発から午前7時までは半額であった[56]
  • 海峡汽船
    • 小倉・下関間 - 唐戸第二桟橋と小倉砂津海岸を午前5時の始発から午後7時の終発まで1時間間隔で運航していた[56]。運賃は片道25銭、往復40銭、午前7時までは半額であった[56]。小倉と下関を直接結ぶ唯一の航路であり、所要時間は30分と公称していたものの実際には45分程度で、小倉の発着地である砂津海岸が駅や市街地から遠いこともあり1937年に発刊された観光誌『下関観光案内』では電車を利用し門司を迂回する方が便利と案内していた[56]
  • 州陽汽船
    • 若松・下関間 - 唐戸第二桟橋と若松港・水上署前桟橋を結び、1日4往復、所要時間は1時間であった[56]。出発時刻は下関側が午前7時半・午前10時半・午後2時半・午後5時半、若松川が午前5時半・午前9時・午後1時・午後4時、運賃は片道35銭、始発便のみ往復40銭としていた[56]
  • 大阪商船
    • 別府・下関間 - 別府港大分県別府市)との間を所要時間8時間で結んでいた[56]。運賃は3等1円、2等2円で、当時の鉄道運賃よりは低廉な価格設定であった[56]
  • 松原汽船部
    • 宇部・下関間 - 唐戸第二桟橋と宇部港宇部市)との間に2隻で汽船を運航していた[56]。所要時間は約2時間要したが、運賃は片道38銭と当時の宇部下関間の鉄道運賃の半額以下であった[56]。唐戸から毎日午後1時、宇部からは偶数日午前7時、奇数日午前7時半に発船していた[56]。年間利用者数は1936年度(昭和11年度)に6287人、1937年度(昭和12年度)に1万89人であった[57][58]
  • 川崎汽船
    • 下関・麗水間(関麗連絡船) - 当時日本国内であった朝鮮半島南部の麗水市との間に1930年(昭和5年)就航、観音崎町に当航路の専用桟橋を有していた[56]。下関発は毎日午後5時、所要時間は18時間、運賃は3等3円55銭、2等7円10銭であった[56]

港湾[編集]

主な港湾
主な漁港
  • 下関漁港特定第3種漁港
  • 安岡漁港(第2種)
  • 吉見漁港(第2種)
  • 吉母漁港
  • 王喜漁港
  • 蓋井島(ふたおいじま)漁港
  • 六連島(むつれじま)漁港
  • 宇賀漁港
  • 小串漁港(第2種)
  • 川棚漁港
  • 涌田漁港
  • 室津下漁港
  • 阿川漁港(第2種)
  • 島戸漁港(第2種)
  • 肥中漁港
  • 和久漁港(第2種)
  • 矢玉漁港(第2種)
  • 二見漁港
  • 角島漁港

自動車のナンバープレート[編集]

当市内で登録される自動車のナンバープレートは「下関」ナンバーである(山口運輸支局管轄下)。

山口県では山口運輸支局本庁舎以外の自動車検査登録事務所が一切設置されていないが、下関市は2006年10月10日より県内唯一のご当地ナンバーである下関ナンバー登録の地域となった。下関ナンバー登録の対象となる地域は下関市内のみである。ご当地ナンバー導入以前は県内他市町村と同様「山」→「山口」ナンバーであった。

観光[編集]

旧下関市街地では幕末前後から明治・大正時代にかけての歴史遺産を整備した名所旧跡や歴史的建築物(洋館、神社仏閣など)が多数存在するほか、城下町の長府地区には由緒ある神社仏閣や武家屋敷などが集まっている。また関門海峡周辺には観光施設が複数建設されており、夏には関門海峡花火大会が下関・門司両岸で開催されるなど、対岸の門司港レトロ地区(北九州市)と併せた周遊ルートとして多くの観光客で賑わっている。また、旧4町では「角島大橋」のある角島、「瓦そば」が名物の川棚温泉石柱渓、本州最西端の地である毘沙ノ鼻などの自然景観を生かした観光地が中心となる。

下関市は山口県のなかで、最も観光客数が多く2019年の観光客数は約711万人(前年比101.6%)であった[59]。 地区別では旧市内が約415万人(前年比102.8%)であり下関市立しものせき水族館(海響館)をはじめとする唐戸エリア関門人道トンネルみもすそ川公園火の山ロープウェイなどの火の山エリアの来訪者が増加した。次いで豊北地区が約101万人(95.1%)であり夏や秋の天候不良により海水浴場角島への観光客が減少した。豊田地区は約89万人(107%)であり一の俣桜公園や道の駅蛍街道西ノ市への来訪者が増加した。豊浦地区は約59万人(98.6%)であり夏及び秋の天候不良による日帰り観光客が減少した。菊川地区は約47万人(100%)であり菊川温泉への来訪者が増加した。

宿泊客数は全体で約80万人(前年比98.4%)となり、旧市内・菊川地区・豊北地区で減少、豊田地区・豊浦地区で増加した。外国人宿泊客数は全体で約2.3万人(前年比65.1%)であった。

観光スポット[編集]

本庁地区・彦島[編集]

国道9号終点の下関駅前(JR下関駅付近)
グリーンモール商店街入口に設置されている釜山門(2023年9月)
海峡ゆめ広場から望む海峡ゆめタワー(2023年9月)

関門海峡に面したエリアに観光スポットが多く並ぶ。

下関駅竹崎町)・豊前田細江町エリア
唐戸壇ノ浦エリア
赤間神宮(2021年3月)
旧下関英国領事館(国指定重要文化財
カモンワーフ(2023年9月)
関門トンネル人道出入口施設に隣接する関門プラザ
東駅山の田エリア
彦島エリア

山陽方面(周防灘沿岸)[編集]

功山寺仏殿(国宝)
長府エリア
小月王喜吉田エリア

山陰方面(響灘沿岸)[編集]

中山神社
角島大橋
角島のコバルトブルービーチ
リフレッシュパーク豊浦のコスモス
住吉神社本殿(国宝)
川中(綾羅木)安岡吉見・吉母エリア
豊浦エリア
豊北エリア

内陸部[編集]

県道34号沿いのエリア。

勝山(新下関)エリア
菊川エリア
  • 植松古墳公園
  • 中山渓
豊田エリア
  • ゲンジボタル(国の天然記念物)
  • 石柱渓
  • 豊田湖(木屋川ダム
  • 下関市豊田農業公園 みのりの丘

温泉[編集]

催事・名物[編集]

しものせき海峡まつり(源平船合戦海上パレード)

祭事・催事[編集]

名産・特産[編集]

その他の名産品

下関とプロ野球[編集]

下関市は、大洋漁業株式会社(現:株式会社マルハニチロ水産)の創業の地であり、西日本地区におけるベースオフィスでもあったことから、当地を本拠地に大洋漁業(当初は林兼商店)野球部が活動し、1948年国民体育大会優勝、その他都市対抗野球などにも出場する強豪チームとして知られた。

1950年の2リーグ分裂により、同チームはプロ化して「株式会社まるは球団」を設立してチーム名も大洋ホエールズ(現在の横浜DeNAベイスターズ)として、セントラル野球連盟に加盟し、旧・市営野球場を本拠とした。大洋は経営的に不利な状況が続き、1951年には広島カープ(現:広島東洋カープ)との合併も囁かれたが、広島市民の熱意で合併は一旦回避される。しかし、1953年のシーズン開幕前に松竹ロビンス京都市)と電撃合併が決まり、チーム名も「大洋松竹(洋松)ロビンス」として大阪府大阪市を本拠地とすることになり、下関のホエールズは3シーズンで消滅した。

かつてホエールズが本拠地としていた旧・市営球場(現在の下関市立市民病院所在地)は1985年限りで老朽化のため解体され、1988年には下関北運動公園内に現在の市営球場が開場した[60]。「下関のホエールズ」が消滅してから半世紀近くが経過した1999年に福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)が本拠地を大阪市(大阪球場)から福岡県福岡市平和台球場福岡ドーム)に移転してから初のパ・リーグ優勝・日本一を決めて以来、福岡県に近い土地柄・「ホエールズの記憶」の風化から下関市内でもホークスファンが多くなった[60]

2018年現在はホークスファンが下関市民の大勢を占めているが[注釈 5][60][62][63][64]、大洋が下関から撤退した後も準本拠地的に年数試合の主催ゲームが開かれるなど、今なおベイスターズの人気も根強い[60][64]。ホエールズ(当時の本拠地:川崎球場)が球団創設後初の日本一に輝いた1960年、それから38年ぶりにベイスターズ(本拠地:横浜スタジアム)が2度目の日本一に輝いた1998年には、それぞれ神奈川県内の本拠地所在地(川崎市横浜市)のみならず発祥地・下関市内でも優勝パレードが開かれ、1998年の優勝パレードには約6万人が集まった[60]

一方、独立リーグである九州アジアリーグに2022年に加入した福岡北九州フェニックスは、初年度より下関球場で公式戦を開催し[65]、2023年シーズンからは球団名を北九州下関フェニックスに変更した[66][67]

下関を舞台にした作品[編集]

  • 作品全体での主要舞台になっている場合のみ追加
映画
ドラマ
小説
アニメ

出身関連著名人[編集]

出身著名人[編集]

政治
経済
行政
軍人
学術
文化
芸能
マスコミ
スポーツ
その他

ゆかりのある人物[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 現在も恒例行事となっている「しものせき馬関まつり」などにその名残がある。
  2. ^ 2015年に特例市制度が廃止になった際、中核市