フォード・エベレスト

エベレスト (Everest) はフォード・モーターが製造・販売している7人乗り中型SUVである。中型ピックアップトラックフォード・レンジャーの派生車種である。フォードとマツダの合弁会社であるタイ王国のオートアライアンス・タイランドにて生産が行われ、アジア太平洋地域を中心に販売が行われている。

インドではエンデバー (Endeavour) の車名で販売されている。

初代(2003年-2006年)[編集]

フォード・エベレスト(初代)
フロント
Ford everest face.jpg
リア
Ford Everest tail.jpg
販売期間 2003年 - 2006年
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1998年から2006年まで製造された5代目マツダ・Bシリーズ/フォード・レンジャーをベースとする。

2代目(2006年-2015年)[編集]

フォード・エベレスト(2代目)
前期型
Ford Everest.jpg
Ford Everest tail2.jpg
後期
UNTSO vehicle Ford 2012 1524v.jpg
製造国 タイ王国の旗 タイ
販売期間 2006年 - 2015年
乗車定員 7名
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン 直列4気筒 2.5 L ディーゼル
直列4気筒 3.0 L ディーゼル
駆動方式 後輪駆動/四輪駆動
変速機 5速MT/5速AT
全長 5,060 mm
全幅 1,788 mm
全高 1,826 mm
ホイールベース 2,860 mm
車両重量 1,879 - 2,014 kg
最低地上高 210 mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2006年発表。同年3月にバンコク国際モーターショーにてデビューしたレンジャー/マツダ・BT-50をベースとする。2009年にはレンジャーに追随してフェイスリフトが行われた。

エンジンはいずれも直列4気筒 可変ジオメトリーターボ付きコモンレールディーゼルで、2.5 Lが最高出力105 kW (143 ps)、最大トルク330 Nm (33.7 kgm)を発揮し、3.0 Lが最高出力115 kW (156 ps)、最大トルク380 Nm (38.7 kgm)となる。トランスミッションは5速MTと5速AT、駆動方式はFRおよびAWDとなる。

3代目(2015年-)[編集]

フォード・エベレスト(3代目)
フロント
2015 Ford Everest Titanium (New Zealand).jpg
製造国 タイ王国の旗 タイ
販売期間 2015年 -
乗車定員 7名
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン 直列4気筒 2.2 L TDCi
直列5気筒 3.2 L TDCi
駆動方式 後輪駆動/四輪駆動
変速機 6速AT
全長 4,893 mm
全幅 1,862 mm
全高 1,837 mm
ホイールベース 2,850 mm
最低地上高 225 mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2011年に発表されたレンジャーT6をベースとする。 2013年8月13日にオーストラリアで先行コンセプトが初公開され[1]、翌2014年4月の北京モーターショーにも出展。同年11月13日に市販モデルの概要が発表された[2]。新型エベレストは2015年より中華人民共和国、オーストラリア、ニュージーランドインド南アフリカ共和国ASEAN地域にて順次市場投入される予定である。

エンジンはいずれも可変ジオメトリーターボ付きコモンレールディーゼルで、直列4気筒 2.2 Lが最高出力118 kW (160 ps)、最大トルク385 Nmを発揮し、直列5気筒 3.2 Lが最高出力147 kW (200 ps)、最大トルク470 Nmとなる。トランスミッションは「セレクトシフト」6速ATが組み合わせられる。駆動方式はFRおよびAWD。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ford Everest concept unveiled in Australia”. WorldCarFans.com (2013年8月13日). 2014年11月20日閲覧。
  2. ^ 2015 Ford Everest officially revealed”. WorldCarFans.com (2014年11月13日). 2014年11月20日閲覧。

外部リンク[編集]