パウルス1世 (ローマ教皇)

パウルス1世
第93代 ローマ教皇
Paul I.jpg
教皇就任 757年5月29日
教皇離任 767年6月28日
先代 ステファヌス3世(実兄)
次代 ステファヌス4世
個人情報
死去 767年6月28日
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマ
原国籍 イタリア
テンプレートを表示

パウルス1世Paulus I700年 - 767年6月28日)は、第93代ローマ教皇(在位:757年5月29日 - 767年6月28日)。第92代ローマ教皇であるステファヌス3世の実弟である。

生涯[編集]

出身はローマで、裕福な貴族の家系だった。教皇就任前は助祭を務めた。757年4月26日に兄の教皇が死去したため、5月29日に教皇に選出された。

兄の時代から続いていたランゴバルド王国の侵略が続いたが、パウルス1世はフランク王国とランゴバルド王国との間で苦悩し、両国と有効な外交関係を築くことが出来なかった。一方で東ローマ帝国コンスタンティノス5世とも聖像破壊運動イコノクラスム)をめぐって対立している。このように外交関係を樹立できず、問題を山積するだけだったパウルス1世の時代に教皇庁では多くの党派が生まれ、パウルス1世没後に対立教皇が生まれる一因を成した。[独自研究?]

767年6月28日、在位10年1ヶ月で死去した。

参考文献[編集]