ニック・ラシェイ

ニック・ラシェイ
Nick Lachey
Nick Lachey 3.jpg
ニック・ラシェイ(2012年)
基本情報
出生名 Nicholas Scott Lachey
生誕 (1973-11-09) 1973年11月9日(48歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ケンタッキー州ハーラン
ジャンル ポップ・ロックR&B
職業 シンガー、ソングライター、俳優、プロデューサー、パーソナリティー
担当楽器 ボーカル
活動期間 1995年 -
レーベル モータウンユニバーサルジャイヴゾンバ
共同作業者 ナインティーエイト・ディグリーズ、ドリュー・ラシェイ、ジェシカ・シンプソン
公式サイト www.nicklachey.com
ニック・ラシェイ

ニック・ラシェイNick Lachey1973年11月9日 - )は、アメリカケンタッキー州出身の歌手。本名はニコラス・スコット・ラシェイNicholas Scott Lachey)。

1990年代半ばからボーイズグループ、ナインティーエイト・ディグリーズのメンバーの一員としてジェフ・ティモンズ、ジャスティン・ディフレ、弟のドリュー・ラシェイと共に活躍した。世界中で1000万枚以上売り上げた。

ラシェイはMTVの人気ドキュメンタリー番組『ニューリーウェッズ 新婚アイドル:ニックとジェシカ』に前妻のジェシカ・シンプソンと共に出演。2003年から2005年の3シーズンにわたって放送された。

メディア、タブロイド紙の予想通り、ニックとジェシカは2005年11月に別居。2006年の初めには離婚している。しかし、ニックは「これからもジェシカを愛していくとおもう」とコメントを残している。

2006年から2009年6月までヴァネッサ・ミニーロと交際。一度、破局するも同年10月に復縁。

2010年11月にヴァネッサ・ミニーロと婚約。2011年7月15日に結婚。

2012年12月、長男カムデン(Camden)誕生。

2015年1月5日女児ブルックリン(Brooklyn)誕生。

2016年、第三子が誕生。

略歴[編集]

ナインティーエイト・ディグリーズ時代[編集]

ナインティーエイト・ディグリーズ(98°)は、ニック・ラシェイ、ジェフ・ティモンズ、ジャスティン・ディフレ、そして弟のドリュー・ラシェイの4人組。いままでに計4枚のスタジオ・アルバムをリリースしている。デビュー・アルバム『98゜』はあまりヒットせず、セカンド・アルバムの『98°アンド・ライジング』が彼らの初のヒット・アルバムといえる。それから、クリスマス・アルバム『ディス・クリスマス』と『レヴェレーション』をリリース。このアルバムからナインティーエイト・ディグリーズは活動を休止した。これまで1000万枚以上のレコードを売り上げた。2006年になり、ニックとジェフはそれぞれのセカンド・アルバムがリリースされたらナインティーエイト・ディグリーズとしてまた4人で次のアルバムに向けて活動を再開すると発表した(ニックはもうすでにソロ・セカンド・アルバムをリリースしているので事実上、ジェフの次のリリース待ちである)。

テレビ番組『ニューリーウェッズ 新婚アイドル:ニックとジェシカ』[編集]

ニックは2002年10月に歌手のジェシカ・シンプソンと結婚。結婚まで4年間付き合っており、5ヶ月の「別れ」を経験した後の結婚となった。ニックはナインティーエイト・ディグリーズの活動休止と共に芸能界シーンから消えてしまい、ジェシカもアルバム『イレジスタブル』と『イン・ディス・スキン』の売り上げが振るわなかったので彼らには何か話題になるものが必要であった。そこでジェシカの父親であり、マネージャーでもあるジョー・シンプソンの考案のもと、ドキュメンタリー番組『ニューリーウェッズ 新婚アイドル:ニックとジェシカ』の放送が決定となる。2003年8月からMTVで放送開始。たちまち大ヒットのテレビ番組となる。番組の内容はまさにニックとジェシカの結婚生活そのままをテレビに映したもの。特に、ジェシカの「シーチキンは魚? それとも鶏肉?」、「花瓶に水が入っているなんてしらなかった」や「バッファロー(牛)に羽はついているのね」などのコメントの対応に困るニックなどは見物。2人はすぐにまたスポットライトにもどってきた。そんな中、ジェシカはアルバム『イン・ディス・スキン』を再リリース、大ヒットし、トリプル・プラチナを獲得した。

ソロ活動[編集]

アルバム『Soul0』[編集]

ニックの初ソロ・アルバム『Soul0』は2003年11月にリリースされ、ヒットした。このアルバムからは「This I Swear」「Shut Up」の2曲がシングルとして発売された。特に「This I Swear」は番組『ニューリーウェッズ 新婚アイドル:ニックとジェシカ』のテーマ曲に使われた。

アルバム『ワッツ・レフト・オブ・ミー』[編集]

ジェシカとの離婚後、ニックはすぐにスタジオに戻り、セカンド・アルバムの製作にとりかかる。2006年9月にはアルバム『ワッツ・レフト・オブ・ミー』をリリース。また、このアルバムからニックはレコード会社をジャイヴ・レコードに変えている。(その前はモータウンユニバーサルと契約していた。)このアルバムからのファースト・シングル「What's Left of Me」は大ヒット。ビルボードチャートで6位を記録した。アルバム自身は2位を記録した。2006年6月にはこのアルバムはゴールド・レコードと認定される。シングル「What's Left Of Me」の発売後、メディアは同曲の歌詞をジェシカとの離婚の思いをつづったものではないかという憶測がながれた(ニックがこの曲の歌詞を作成しており、後にこの歌詞は「離婚した次の日に書いた」と公にした)。またこの曲のミュージック・ビデオは「カップルの最後の日」をテーマに作られている(ニックとジェシカの役を演じるヴァネッサ・ミニーロ(MTV司会者)が喧嘩をし、部屋にあるものが消えていき、最後にはジェシカも消えてしまうという内容)。セカンド・シングルに「I Can't Hate You Anymore」をリリース。2006年7月26日にはMTV、IRL両テレビ局でミュージック・ビデオが公開され、チャート4位を記録した。

現在[編集]

映画『For One More Day』の主題歌「Ordinary Day」をレコーディングし、2007年12月5日に発表。同月18日にiTunesより発売を開始した。

2008年4月には新曲「All In My Head」「It's Like」「Only Good With You」「All In My Head」が2008年8月からラジオや公式ホームページで公開され、3枚目のソロ・アルバムが2009年に発売予定されていた。題名は『Coming Up For Air』。

2008年12月にはテイク・ザットのヒット曲「ペイシェンス」をカバーした。

特集[編集]

アルバム『ワッツ・レフト・オブ・ミー』は全曲夫婦生活のもおいで、離婚してからの思いをつづっている。2006年4月にMTVで『ニック・ラシェイ:What's Left Of Me』という題名で特集された。ここでニックは、「音楽をつくる生活に戻れて幸せ」、「一番怖いのは一人になること、けどこれからそうなるんだと思う」、「やっぱり夢は結婚して、子供をもつこと」、「あのテレビ番組(ジェシカと出演したドキュメンタリー番組『ニューリーウェッズ 新婚アイドル:ニックとジェシカ』)でジェシカと僕は、楽しくつくろう、おもしろくしようとして無理をして、またプレッシャーを感じてた」など、思わぬニックの本音にメディアを驚かせる内容となった。

受賞歴[編集]

  • 10代が選ぶベスト・ラブソング賞 - What's Left Of Me(2006年8月20日)
  • 10代が選ぶレッド・カーペットが似合う人賞(2006年8月20日)
  • MTV ビデオ・ミュージック・アウォーズ - 男性ベストビデオ:What's Left Of Me(ノミネート)
  • アメリカン・ミュージック・ビデオ・アウォーズ - お気に入り男性アーティスト(ノミネート)

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

ナインティーエイト・ディグリーズ(98°)[編集]

  • 『98゜』 - 98° (1997年)
  • 『98°アンド・ライジング』 - 98° and Rising (1998年)
  • 『レヴェレーション』 - Revelation (2000年)
  • 2.0 (2013年)

外部リンク[編集]