ニクムバ

Wikipedia open wikipedia design.

ニクムバNikumbha)は、インド神話に登場するアスラ、あるいはラークシャサである。同名の3人がおり、以下にそれぞれを解説する。

ラークシャサ王の子[編集]

ラーマーヤナ』に登場するニクムバは、ラークシャサラーヴァナの兄弟クンバカルナの子である。ラーマ軍とラーヴァナ軍の戦闘のさなか、猿王ハヌマーンに殺害された[1]

シャトプラの王[編集]

アスラ族の一派ダイティヤ[要出典]の一人であるニクムバは、シャトプラの王である。ニクムバはヴィシュヌ神以外のいかなる神、人間をもってしても殺されない能力をブラフマー神から得たが、ヴィシュヌの化身クリシュナによって殺されたという[1]

プラフラーダの子[編集]

ニクムバはプラフラーダの第三子として誕生したという[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c インド神話伝説辞典』, p. 248.

参考文献[編集]

  • 「ニクムバ」『インド神話伝説辞典』菅沼晃編、東京堂出版、1985年3月、p. 248。ISBN 978-4-490-10191-1 ※特に注記がなければページ番号は本文以降

関連項目[編集]



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

  • Oriflame Üyelik
  • Destek