ナイフ

Wikipedia open wikipedia design.

ナイフ。
インドのナイフ。
シク教徒の伝統的なキルパン(Kirpan)
キッチンナイフ類(キッチンで使う、調理用ナイフ類)
フォールディングナイフ(折りたためるナイフ)

ナイフ: knife/knives《複数形》)は、切るための道具で、把手(とって、ハンドル)がついていて、に持って用いる汎用の刃物を指す。と「柄(え)」で構成されている。日本語の「小刀」(こがたな)や「包丁」もナイフに分類される。[1]

概要[編集]

ナイフは人類が使う道具類の中でも特に基本的なもののひとつである。人類は石器時代にすでにナイフを使用していた。石器時代、青銅器時代、鉄器時代とナイフは武器としても使われた。→#歴史

現代でも野外で活動する際に重要な道具である。植物を切りとったり、藪を切り開いたり、動物を解体したり、調理したり、食事に使ったり、自然物を加工(工作)して道具を作ったり、...と様々な用途に用いられている。特に都市生活や文明から離れれば離れるほど、ナイフの有無は生死の問題(生き延びることの 可 / 不可)にもかかわってくる。 (現代の)人間が独りで文明から隔絶された環境に置かれても、ナイフがあるだけで、その生存確率は数倍にも跳ね上がる[2]。そして現代でも兵士などが携行し、いざという時には戦闘に用いている。

用途ごとにさまざまなナイフがつくられている。調理用(キッチンナイフ)、食事用(テーブルナイフ、バターナイフ、オイスターナイフ 等々)、工作用、ハンティング用(ハンティングナイフ)、ダイビング用(ダイビングナイフ)...といった具合で、用途に合わせて、大きさ・形状・材質・刃の入れ具合 等が工夫されているものがある。たとえば鉛筆けずりに用いるために作られたナイフは小ぶりでペンケースなどに入れておけるように出来ており、キッチンナイフの中でも肉用ナイフは刃が大きく丈夫で切れ味は良く、それのチーズ用ナイフは刃が薄く刃先が波打っており、テーブルナイフのうちの肉用ナイフは刃の背に指を当てて快適な形状になっており概して優雅なフォルムに仕上げており、バターナイフは(手のひらにすっぼり収まるほど小さめで)バターがとれればよいので刃がほぼ無く、ペーパーナイフでは封筒にさしこんで開封しやすいようにとても細い刃だが皮膚は切れない程度に刃は落としてある...といった具合である。→#分類

刃の部分の材料は歴史的に見ると、石、青銅、鉄と推移してきたが、現代ではステンレスやさまざまな鋼、特殊な合金、セラミックなどが用いられている。→#素材・材料

硬質な素材であればどんな物からでも作成し、実用に供することができる。その素材は時代とともに変化し、より加工し易く、より硬質で磨耗しにくい物に移り変わり、その加工技術も千差万別である。機能を維持するためのメンテナンス方法も、素材に応じて異なる。

ナイフは使い方によっては人を傷つけたり人の命を奪ってしまうものであり、「危険な凶器」とも成り得る。それ故、多くの法治国家ではナイフの携帯に関して制限や規則が設けられている。たとえば日本国内では銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)や軽犯罪法により規制されている。ダガーのような実質的に武器として発達した形状のものに関して従来は「ナイフ」に分類され販売されていたが、2008年の秋葉原通り魔事件を契機として2009年の銃刀法改正に伴い「剣(武器としての刃物)」として刃渡り5.5cmを超えるものの所持(所有)が禁止されるようになった[3]。→刃物#法規制を参照

ナイフは実用以外の用途として、美術品宗教悪魔祓いなどの儀式道具にも用いられ、象徴(記号)としても重要な意味を持っている[4]

なお、ナイフはプレゼントすると「友情が切れる」とする文化圏や、運気が下がる、とする文化圏があるので、贈り物には適しているかどうか相手の文化を確認したり、贈る場合に工夫をする必要がある場合もある。→#ナイフの贈答を巡るジンクス

歴史[編集]

石から作られた物は2500万年前、銅製の物は約1万年前、青銅製のナイフは近東の職人によって5千年前に製造されたものと信じられている[5][4]


分類[編集]

ナイフには幾つもの分類法がある。ひとつは構造によって分類する方法がある。また用途によって分類する方法もある。

以下、構造や機能によって基本的なナイフの分類を示す。

基本構造による分類[編集]

ナイフには、基本形である固定式の刃のものと、刃を折り畳んでしまえるものがある。

固定刃[編集]

固定刃(: fixed blade (knife))あるいは「固定ナイフ : fixed knife」はナイフの基本形である。もともと最古のナイフは固定刃であったし、古代でも中世でも現代でも、固定刃はナイフの主流である。制作しやすく、また可動部が無い分、堅牢である。特に、刃が長いこと(刃渡りの長さ)が必要とされる用途ではこれに限られる。

携帯する場合は鞘に入れる。鞘は伝統的には製や製で、近年では合成皮革製や樹脂製もある。 キッチンナイフも固定刃だが、欧米ではキッチンの調理台の上にナイフスタンドを置き、そこに数本のキッチンナイフを刺しておくのが一般的。 工作用などでも固定刃は多いが、持ち歩かず家の中で特に頻繁に使用する場合は、鞘にいちいち入れるとやや不便なので、ペン立てに刃を下にして立てたり、場合によっては引き出しにそのまま入れている人もいる。欧州ではペーパーナイフはデスク上の優雅なデザインの「文具皿」に(むき出しで)置いておく、というのがひとつのスタイルである。

世界のボーイスカウト(や斥候)が使用しているナイフと鞘。鞘にはベルトを通す穴があいていて、腰あたりにつけておくことができる。鞘から不意に抜けたりしないように、スナップつきのストッパーもついている。「固定刃ナイフ」に分類され、かつ鞘がついているので「シースナイフ」にも分類されうる。

「シースナイフ : sheath knife」は、固定刃のナイフの中でも特に保管時に刃をシース)に収めるものをそう呼ぶ。鞘にベルト等を通す穴が空いているものも多く、腰につけておけば、必要時には素早く出せる。

ブーツナイフ」はブーツに鞘を取り付けて使用するもの。なお特殊な装着位置のものには、実用的な機能の他、秘匿を目的とする、後述するファイティングナイフやダガーの類がある。

ボウイナイフ。

ボウイナイフ1836年アラモ砦の戦いに守備側で参加したジェームズ・ボウイ大佐が使用したナイフを原型とする、やや大ぶりで片刃のナイフである。武器であると同時に日用品としても利用でき、一般にいうところの登山ナイフサバイバルナイフの原型となっている。

フォールディングナイフ[編集]

フォールディングナイフ
オピネルNo.10。ネイルマークを備える。
ロック付フォールディングナイフの構造。
上からバックロック、ボルトロック、ライナーロック。
Emerson Knives社のフォールディングナイフ群。
右側・下から2番目のナイフはサムホールとウェーブを備え、それ以外のナイフはサムプレートやウェーブを備える。
ソムリエナイフ
コルクスクリューとコルク抜きてこを開いた様子。ブレードはグリップの背に折りたたまれている。

フォールディングナイフは、携帯に便利なように何らかの機構で柄に刃を格納できる構造のナイフをいうが、刃を折り畳んで収納するので日本では「折り畳みナイフ」と呼ばれる構造のものが大多数であり、パラシュートナイフバタフライナイフ、飛出しナイフなどその他の形式は特殊なものとされる。柄よりも刃の部分が短くないと刃先端(切っ先)が収納できないため、比較的小型の物が多い。

フォールディングナイフは携帯に便利な反面、可動部があるために破損・故障しやすく、汚れや水気が入り込みそこから問題が発生する可能性もある。

なお折りたたまれた刃をバネで固定するものでは、その刃を柄の溝からつまみ出すためにブレード部分にネイルマークと呼ばれる爪をかけるための細い半月形の刻みが入っているものや、片手で開閉できるものでは、突起(サムスタッドやサムプレート)を使用するもの、更にはブレードを貫通する形で穴(サムホール)が設けられているもの、ポケットのふちなどに引っ掛けて開けることができる波状のもの(ウェーブ)もあり、折り畳み機構の構造もあいまって様々な形状の製品が製造・販売されている。

折りたたみナイフは、携帯時に不用意に開くことも使用時に不用意に閉じることも危険な事故につながるため、柄の背に板バネを内蔵して、ある程度の角度を境にそれぞれ刃が開く方向と閉じる方向に力を加える構造(スリップジョイント)を持つのが一般的であり、さらに開いた刃が閉じないような機械的ロック機構を持つものも多く、バックロックやライナーロック、ボルトアクション等様々な固定方式が存在する。

小型の折り畳みナイフをポケットナイフ、あるいはジャックナイフという[6][7]

オートマチックナイフ(飛び出しナイフ)[編集]

フォールディングナイフのうち、主にバネにより自動で開刃し、場合によっては折りたたみも行うナイフ。日本では閉じた状態から自動で45°以上開刃するものが銃刀法で所持が規制され、諸外国でも様々な規制がある。主に、通常の折りたたみナイフのように刃が回転し、自動で開刃するタイプと、カッターナイフのように刃が鞘と平行に開刃するタイプ(Out-The-Front、OTFと呼ばれる)に分けられ、OTFナイフではさらに、開刃だけを自動で行い、閉じるのは手動となるシングルアクションと、開閉ともに自動で行うダブルアクションに分けられる

ツールナイフ[編集]

ツールナイフとは、刃以外にドライバー缶切りなど他の機能を担うツール(ツールブレード)を持っているもののことである。機能の数によって「n徳ナイフ」(nは整数)などと呼ばれる。このタイプで代表的なものは、歩兵の基本装備にもなっている、メインブレード以外に缶切り・ドライバー・栓抜きのツールブレードが(計3枚)付いているアーミーナイフであり、しばしば一本のブレードが複数の機能を持ち4~7程度の機能を持っている(つまり「4徳」~「7徳」)。例えばビクトリノックスの製品では、缶切り・栓抜きブレードとマイナスドライバー大小やワイヤーストリッパーが複合されている。

スイスアーミーナイフ。
ビクトリノックスマウンテニア。

その他、ペンチワイヤーカッター等の工具類がついているプライヤーツール、コルク抜きや釣り針外し等を持つキャンプやレジャーに便利なものなど様々なブレードがある。赤いハンドルの「スイス・アーミーナイフ」の通称で有名なビクトリノックス社、ウェンガー社の製品には、30以上にもおよぶ機能を内蔵したものもある。[8]

写真はソムリエ(ワイン鑑定士)がワインの開封、抜栓に用いるソムリエナイフないしウエイターズナイフと呼ばれるもので、小ブレード、コルクスクリュー、コルク抜き梃子を持つ3徳ナイフであり、てこという特殊な利用法のために板バネを内蔵しないフリーブレード構造になっている。

用途による分類[編集]

世界には多種多様なナイフが存在している。中には特定の用途だけに特化したナイフもあり、こうしたナイフはその用途に使うには非常に便利である。ただしその用途以外には使いづらいことが多い。本節ではこれら多種多様なナイフのうち代表的なものを一部紹介する。

テーブルナイフ(食卓用ナイフ)[編集]

中央が食卓用ナイフ。

ヨーロッパ諸国では、食卓で食事をする場合はテーブルナイフが用いられる。スプーンやフォークなどとともにカトラリーを構成し、カトラリー類のセットでは統一的なデザインとなっていて、しかも優雅なデザインのものが多い。古くは調理された肉を切り取るためによく切れる刃がついていたが、今日ではやや切れ味を下げ細かい鋸刃を持つものが一般的である。ナイフ類は右手で持つのがマナー(左手にフォークを持ち、右手のナイフで肉が口に入る大きさに小さく切り、左手でそれを口に運ぶ)。バタージャムなどペースト状の食品をとったりパンに塗るための「バターナイフ(バタースプレダー)」は刃付けされていない。

欧州のかしこまった席での食事は「コース料理」であり、つまり料理が提供される順が「オードブル」→「スープ」→「魚料理」→「肉料理」→「デザート(およびコーヒーなど)」と(まるで法律や厳格なルールのように)決まっており、それに対応するカトラリー類(そしてそこに含まれるナイフ類)の使う順番も決まってくるわけで、テーブル上の配置も決まっている。 あらかじめ給仕(=ギャルソンウェイター)によってテーブルセッティングが行われ、位置皿(ディナープレート)の右側に、外側からオードブル用ナイフ、魚用ナイフ、肉用ナイフが配置される(なお、さらに外側にスープスプーンが配置される)。そして食べる人は、ナイフ類はディナープレートから遠い側(つまり外側)から順に使ってゆくことになる(なお左側のフォーク類も同様に外側から使ってゆく)。また、位置皿の上側にデザートナイフが配置され、これは最後に使うことになる。なお(一般的にはコース途中でパンも提供されるので)パン皿も食卓上に配置され、付近にバターナイフも配置される。(なお魚料理・肉料理に関しては、お客の希望に応じて片方だけで済ます場合もあり、その場合は、省略される料理に対応するカトラリーもあらかじめ給仕によって食卓上から除去され、食べる人の混乱が回避される。)

食卓で塊の肉を切り分ける際にはよく切れるフィレナイフやステーキナイフが利用されるし、果物を切り分けたり皮をむいたりする場合にはやはりよく切れるフルーツナイフが利用される。

なお機内食に供される食器ではプラスチック製の鋸刃のものが利用されている。「武器への転用の防止、ハイジャック抑止」とも言われるが、主たる目的は使い捨てナイフにすることで衛生的で簡便な食事の提供することである(→機内食)。

キッチンナイフ(包丁も含む)[編集]

色々なキッチンナイフ。

英語で「kitchen knife」であり、キッチン(調理場、台所)で使うナイフのこと。包丁もキッチンナイフの一種である(和包丁や中華包丁もkitchen knifeの一種に分類される)。

家庭でもキッチンナイフは用途に応じて数本程度持つのが一般的だが、特に一般的なタイプは刃の先端(切っ先)は尖り、刃幅は広く、適度に薄刃で、野菜も肉も一通り切れるようになっている。(日本の伝統的で典型的な包丁の類型からは たまたま抜け落ちていたタイプなので、昔の日本人にはあたかも菜切包丁と牛刀と合体したようなつくりに見え、呼び方に困り「文化包丁」や「三徳包丁」などと呼ばれたが、最近は「キッチンナイフ」で通じる。)主に肉類用の牛刀などは、やや細身で刃渡りが長く作られる。フィレナイフは、特に生の肉類を切り分けやすく作られている。パン切りはパンとの摩擦を減らすために細身で、粗い鋸状の波刃になっている。菜切は野菜専用であり、四角い形状で刃幅が広く先端は尖っていない。

ブッチャーナイフ。

解体用ナイフ(ブッチャーナイフ)[編集]

精肉業者が用いるナイフで、食用の獣肉を切り分けるという目的に特化しており、「叩き切る」機能を重視したもので、(なた)やに近く、汎用の刃物ではない。独特の構造・形状を持ち一般では利用されないが、かつて一般家庭でもニワトリなどの家禽程度であれば屠殺が行われていた時代では(地域によって、農村部を中心に)似たような用途・形状の刃物が家庭でも用意されていた。

戦闘用ナイフ[編集]

武器としての使用を主眼においたナイフ。の普及以前は重要な武器であったが、現代では兵士にとっては銃火器のほうがはるかに強力で重要で、ナイフの位置づけは低下している。

歴史上の戦士たちは戦闘用ナイフを携帯しており、組み付いての超近接戦闘に用いていた。西洋では刺突能力を強化するために諸刃であることが多い。日本では武士達は脇差短刀を持ち、組み付いたり組み付かれた場合に用いたり、主たる太刀が折れた場合にとっさに代用するなど、多様に用いていた。日本では基本的に「片刃」である。ネパールの山岳民族のグルカ兵は「ククリ」と呼ばれる、独特の刃が内側に曲がった(殺傷力の高い)戦闘用ナイフを携行し、その勇猛さとあいまって恐れられている。実用品としては暗器(=隠し持つ武器)としての性格があり、コンパクトに折りたたんで収納するものもある。

現代社会では多くの国で民間人は武器を携行することは違法とされており(また一部の認められる国でも、軍人でもないのにそれを所有していると、人命を軽視していると判断され嫌悪されるので)戦闘用ナイフは軍人以外では、コレクターが自宅に保有し鑑賞しているにとどまる。

軍隊での使用[編集]

アメリカ海軍 Mk2ファイティングナイフ。第二次世界大戦期のものだが、現在でもほぼ同じ形状のナイフが制式採用されている

軍隊で使用される戦闘用ナイフでは銃剣が著名だが、銃剣は本来は先込め銃の時代に小銃に着剣してとして使うために刺突能力のみが重視されており、刃がついていない(斬りつけることができない)ものが多くあり、ナイフとしての性能は求められないものであったため、兵士は銃剣とは別に近接戦闘用のナイフを持つことも多く、砲兵が装備した大型のナイフである砲兵刀や、塹壕戦で使われた事からトレンチナイフと呼ばれたもの、CIAの前身であるOSSでも使用されたフェアバーン・サイクス戦闘ナイフが挙げられる。これらのナイフの多くは刺突能力を向上させるため、諸刃の構造を持つ“ダガー”形状となっている。

89式多用途銃剣(画像のものはレプリカ)
ワイヤーカッターや鋸刃を備える

しかし、現代では自動火器の発達で、ナイフに頼らずとも近接戦闘を行うことが容易になったため、純粋な戦闘用ナイフは求められなくなってきている。そこで軍隊で用いられる戦闘用ナイフは「ナイフとしても使える銃剣」という形で一本に集約され、銃剣自体もワイヤーカッターや鋸刃が付く等、多機能化する傾向にある。

なお、軍隊は野外での雑事用としてもナイフを必要とすることから、ナイフを個人に支給する例が多い。これは大きく、米軍第二次世界大戦期から使用されるKA-BARや、湾岸戦争の頃に採用されるコールドスチール Recon Scoutのようなシースナイフと、1891年からスイス軍で採用されている。[9]ビクトリノックス ソルジャーのようなツールナイフに二分される。 軍隊ではナイフは最も紛失しやすい物の一つであるため、米軍では私物のナイフを使用することが認められている。そのため兵士を対象にしたナイフが刃物メーカーやカスタムナイフメーカーにより多く制作・販売されている。

サバイバルナイフ[編集]

刃背にセレーション(鋸刃)を持ち、ハンドル部にコンテナを持つサバイバルナイフ。
Chris Reeve Knives Mark.IV

もしも軍事行動中などにおいて遭難などで他の装備を失った場合に、これを活用し「生きのびる」(=サバイバル)ために設計された、堅牢な大型のナイフのこと。

サバイバル一般論で言えば、汎用のナイフがあるだけでも生存可能性を格段に高めるが、サバイバルナイフではその考えを更に推し進め、ハンマー代わりや(風防や窓の)ガラス割りとして使える金属製の頑丈な尾部を備えるもの[10]や、墜落した航空機からの脱出など(主として輸送機爆撃機、ヘリコプターでの想定。戦闘機射出座席が付いているのでまずあり得ない)を想定して刃の背に金属を切断する鋸刃を設けたり、遭難時に風雨から身を守るためのシェルター(避難場所)を作る場合に役立つワイヤー鋸(ワイヤー状のノコギリ)が添付されていたり、方位磁針を備えていたり、ともかく「サバイバル」に役立つと考えられる様々な工夫が凝らされている。

そして、それらがコンパクトかつ携帯性に優れるよう設計され、右画像のようにハンドルを中空にしてその中に釣り糸、釣り針など自力での食料調達のための装備やマッチ、医薬品を格納(コンテナと呼ぶ。この場合は強度の面から、ハンドルをハンマー代わりにするのは推奨されない)する等、他のナイフには見られない特殊な設計がなされた製品もある。またこの類の製品はコンテナの蓋の部分に方位磁石が組み込まれていることがある。ナイフケースに研ぎ石、もしくはメタルマッチ等を収納するポケットが付いている製品も存在する。

また、戦地でのサバイバルには、移動中に遭遇した敵との戦闘も想定されるため、武器としての威力と堅牢性は課題の一つであり、棒をつけることで槍として使うことを想定する製品[10]や、右画像のサバイバルナイフのように、剛性を高めるためコンテナを含めナイフ全体を削り出しで一体形成とした製品も存在する。

サバイバルナイフは、キャンプ登山釣り用としても使えるが、不必要にかさばり、おまけに暴力的な印象を周囲に与えるという欠点があり、一般には避けられる傾向にあるが、ナイフ愛好家の中にはあえてこれを愛用する人もいる。

なお、多くの市販の中型・大型シースナイフや軍用ナイフは、往々にしてサバイバルナイフとの境界が曖昧となる。

映画『ランボー』に登場して有名になった様式のものに関しては「ランボーナイフ」と呼ばれることもある。ちなみに同映画シリーズで使われたナイフは、米国のナイフ作家(カスタムナイフ製作者)であるジミー・ライル(『ランボー』・『ランボー/怒りの脱出』)、ギル・ヒブン(『ランボー3/怒りのアフガン』)に特別発注されたもので、刃渡りが30cm近くあり、実用性よりも映像的な見栄えが重視されている。戦闘を意識したファイティングナイフ(一種の)の中には同じ位の長さを持つナイフもあるが、サバイバルナイフとしては例外的に大きなサイズとなっており、実用性があまり考慮されていない、コレクター向けのナイフとなっている。

登山ナイフ[編集]

いわゆる「マルティーニナイフ」。

かつての登山・アウトドアでは焚き火の薪取りや藪漕ぎなどで大型のナイフ・ナタを使用する場面があった。しかしその場合も「シースナイフやナタを登山に使っていた」のであり、登山ナイフと言う分類ではなかった。さらに近年では登山道の整備、携帯コンロの進歩、環境問題などから、ナイフを使って藪こぎや薪取りをする機会はほとんど無くなった。現在一般的な登山では小型の多機能ナイフなどを、ナイフとしてではなく缶切りやハサミ目的で携帯する程度である[11]。現在登山・アウトドア活動で「登山ナイフ」と形容される、刃渡り10cm以上のタイプのナイフを携行する者は年々減少して来ているとされる。現代では真の意味の緊急時などに備えた程度の数十グラムしかない超軽量ナイフも登場している。[12]

野外活動用ナイフ(フィールド&ストリーム)[編集]

アウトドア活動用のナイフ。「フィールド&ストリーム」は「野原と河原」の意で、ナイフメーカー側の呼称である。主に握り易く滑りにくいハンドル(握り)をもち、多少手荒に扱っても折れたり曲がらない堅牢性を備える。また長期間風雨に晒されても性能に支障が出ず手入れもし易いよう、単純な構造の製品が主である。釣ったや捕らえた動物の解体・調理、植物の切断、はらい、木の細工などができる。おおもとの形状としては登山ナイフに近い。

(なお雑誌広告などで、「枝の先につければ槍として野生動物に対しても使える」と宣伝がされることがあるが、たとえば熊に突然遭遇した時には用意する余裕は無く、またたとえ人間が対決姿勢など見せても、実際の大型のなどの野生動物を防ぐことは難しいため、最初から中型程度のナイフに野生動物を攻撃して人間を護る機能は期待しないほうが良い。登山用具店やホームセンターでも売っており定評が高い「熊よけの鈴」をあらかじめ用意し山や野での移動中はそれを鳴らしつづけることや、ベテランが教える熊に遭遇した時の正しい対処法を学ぶべきである。)

なお、もともと(上級の)登山家が壁面登攀など、ザイルを用いる登山をする場合、必要とあればザイルを切ったりする必要があるので中型のナイフを携行することは一般的であった。また狩猟でも、他の狩猟具で倒した後、獲物の心臓や頚動脈を刺し切り「とどめ」をさし苦しみを除いてやったり、解体するために、中型~やや大型の汎用ナイフを携行することは一般的であった。携行法としては、鞘におさめ腰などに吊る。

もともと野外活動用は、やはり堅牢で(ハンドルに対して)刃が絶対に動いたりしない信頼性の高い固定刃が向いている。フォールディングナイフは、力を思い切り入れた時に刃が動くと、使う人自身を傷つける可能性があったので避けられた。だがフォールディングでも刃を固定するロック機能つきのものも増え、安心度が増したのでそれを使う人も増えた。スパイダルコ社の製品など手袋をしたまま片手で扱える製品も現れた。

キャンピングナイフ

キャンプ全般向けに便利な機能をまとめたナイフ。主にフォールディングナイフである。キャンプだけでなくハイキングトレッキングなどにも用いられ、近年のキャンピングナイフは信頼性が高く十分な強度を持つので、中級程度の登山(ザイルを用いないレベルの登山)ならキャンピングナイフだけで済ます人も多い。なおキャンピングナイフに類されるものでもロック機構や握り易いハンドル形状を備えた製品もあり登山でも使用可能であるため、その意味で境界は曖昧である。

狩猟用ナイフ(ハンティングナイフ)[編集]

狩猟においては、にせよ、にせよ、獲物に致命傷を負わせることはできても、即死させることは難しい。また、1人で運びきれない大形獣を仕留めた際には、運搬に適するようにその場で解体することもある。このため、獲物に止めを刺したり解体作業に用いても壊れない、丈夫なナイフが必要となる。

ハンティングナイフには、を切り裂く鋭い切れ味と、に当たっても関節に差し込んでを切っても折れたり欠けない丈夫さが求められる。これらの解体作業に当たっては、皮を剥いだり肉を切り出したりする用途毎に違うナイフを用いることもある。ガットフックは筋を切って解体を助け、スキナーは皮を剥ぐために刀身を薄く、形状は反り返り先端は鋭くなく作られている。また、これらのハンティングナイフには、血を被っても滑りにくく丈夫で握りやすい、の部分が必要である。

日本では、マタギ狩りに使い「ナガサ」と呼ばれる、伝統的なハンティングナイフも存在する。柄の後端が開いた筒状になっているものは「袋ナガサ」と呼び、熊と出くわしたりした際には立ち木を柄とする槍になる。また、アイヌ語を語源とする「マキリ」という小型ナイフも、多用途ナイフとして北海道や東北各地に形状を変えながら使われ続けている。

重厚な作りから、ナイフコレクター等に好まれる種類でもある。

鉈状ナイフ(ブッシュナイフ)[編集]

ブッシュナイフ・鉈により近い「マチェット」(山刀)とも呼ばれる。

植物の密生した環境で進路を確保するために草や低木をなぎ払う藪漕ぎ等の用途に特化した状の特大型の刃物。いわゆるナイフとしての汎用性は無く、その大きさ故に操作法も限られ、用途は概ね限定的である。野外生活においては汎用性に特化したユーティリティナイフが別途必要となる。保安パーツとして不可欠なシースと呼ばれる鞘には、合成樹脂製や木製、厚手の布を縫製補強した物などがあり、肩に担いで携帯するよう長いベルトが付属するものも見られる。

形状としては、先端部に行くに従って幅広で重くなるようなものが主流で、これにより勢いをつけて緩やかで大きな動作により、余り腕力を使わず重さと慣性で先端部の速度を増し、効果的に対象を切断することができる。大柄で振り下ろすことに向き、また単純な構造と壊れにくい頑健な作りである。

打ち下ろす動作で武器として大きな威力を求められるため、山中で突然に遭遇した危険動物(毒蛇や大型肉食獣)などからの自衛手段、さらに戦時における戦闘地域にあっては白兵戦に用いられることもある。

その類型にはククリと呼ばれる、生活民具から武器としても利用される東南アジアの伝統的な汎用大型刃物がある。

山菜掘り(山菜掘りナイフ)[編集]

山菜掘り(模式図)。

山菜をはじめとした植物の採集、またガーデニング等の園芸作業に用いられるナイフで、ナイフというよりは園芸用こて(移植こて)に近いものである。

先端は剣状になっており、両刃で片側は鋸刃状になっていることが多い。また、刃身の断面は緩い曲線形状になっており、物を切るよりは、土を掘る、植物を根ごと地面より抜く、といったシャベルとしての用途に最適化されている。用途の性格上さほど鋭利な斬れ味は必要とされないため、鋭く刃付けされることはないが、硬い土質の地面に突き立てたり、草木の根を断ったりといった力のかかる作業にも用いることを考慮して、全体的に堅牢な作りになっている。

この「山菜掘り」は、海外にも近似した刃物や道具はあるものの日本独自のものであり、日本国外では「Hori Hori」(日本語の「山菜「掘り」が転化されたもの)という名称で知られている(en:Hori_hori)。日本の製品が輸出されている他、海外で模倣して生産されたものもある。

電工ナイフ[編集]

日本の電工ナイフ。右から折り畳みタイプ、鞘付きタイプ、その鞘。鞘の突起をスライドするとロックが掛かりナイフが脱落しない。左端は加工中の電線。

電線など線材加工用のに似た形状で刃が厚めのナイフ。電気工事が行われる電柱上や配電盤内など身動きしづらい状況に合わせ、工具ベルト(安全帯・胴綱)へ安全・コンパクトに収納できる、また被覆剥き作業に特化して突き刺し機能を持たない、折りたたみ式のナイフを指した。主に電気工事士用としてこの名があり、資格試験に取り扱い方法が出題されることもあった。近年は作業効率から折りたたみ機構を廃し、汎用性から切っ先も持った、工具ベルトに吊るせるプラスチック製のとセットになった製品が普及している。

線材加工では刃の中央から手元寄りを主に使い、充分な硬度と芯線を傷つけない適度な切れ味が望まれる。このため刃付けは両刃で刃角は大きめ、炭素鋼が多く使われる。柄はや鹿角が使われたが、現在はほとんどがプラスチック製である。また、前述のように高所や狭い場所の作業に合わせ、脱落防止用にロック機構付きの鞘や、ストラップ用の紐穴を備える。

なお、弱電用途の線材(通信・映像・音響用ケーブルなど)は被覆が柔らかく芯線も柔軟なので、ワイヤーストリッパーが主に用いられる。電源用ケーブルでも低圧・器具用程度ならカッターナイフでも代用可能だが、配電用や高圧用のケーブルでは被覆が硬く、専用工具か電工ナイフが必要である。

なお「電工」といっても通常は絶縁性を持たず、充電部(電気の流れている場所)に触れれば感電リスクがある。絶縁性を持つ製品もあるが、専ら特殊用途である。

潜水作業用ナイフ(ダイバーズナイフ)[編集]

ダイバー用ナイフ。

ダイバーズナイフ(ダイビングナイフ、水中ナイフとも)はスキンダイビング程度ではあまり必要ではないが、スキューバダイビングの場合には必須とされる。中で使用するため、刃にはびにくいステンレスが用いられ、中性浮力に近づけるため柄には中空で刃以上の大きさを持つ樹脂が用いられたり、コミュニケーション手段に水中でエアタンク(空気ボンベ)や石を叩いて音が出しやすいように柄の端に金属が剥き出しになっていたり、手袋をはめた手でも脱着しやすいように工夫されている。着脱に際して胴回りのスキューバ機材を傷つけると命に関わるため、装着位置は実用ナイフには珍しく、主にである(シースにもそのためのベルトが付いている)。

特に海中では、海草に絡まったり、などに引っ掛かったりして、生命の危険に晒されることが多く、また素手で触ると危険な生物も多いため、これらのナイフは、ダイバーの生命を守る道具として利用される。なお、水中で物を切る場合は、空気中で物を切るよりも摩擦が少なくて、刃先が滑ることが多いため、わざと目の荒い砥石で研いで、刃先を細かい鋸刃のように加工する。

その他、数多いレジャーダイビングの楽しみ方の中に、を与えるフィッティングがあるが、水中で魚の餌を切り分ける際にも、これらダイバーズナイフは利用される。

なお、潜水士は、業務中はナイフの携帯を法律で義務付けられている、唯一の職種である。

医療用ナイフ[編集]

各種医療用ナイフ(メス)。

手術解剖などで用いられるもので、いわゆる「メス」のこと。

絵画用ナイフ[編集]

  • ペインティングナイフ:絵を描く時に使用するナイフ。先端は菱形で、大きさや太さの種類が多くある。
  • パレットナイフ:先端の角が丸くなっている。パレット上で絵の具を調色したり、パレットに残った絵の具を掃除するときに使う。

儀礼用ナイフ[編集]

アラビアの伝統的ナイフ、ジャンビーヤ。
装飾された儀礼用ナイフ。

宗教的な象徴としての意味を持つナイフもある。例えばイエメンをはじめ中東中近東といったアラビア世界では、「ジャンビーヤ」と呼ばれる湾曲したナイフがあるが、これは遊牧民が家畜をさばくような日常生活でも利用される一方、成人した証でもある。大人になった男子はこのナイフを与えられ、一人前とみなされる。こういった儀礼的ナイフは世界各地に見られ、その多くは美しく宝飾されていたり、あるいは彫金されているなど、一種のアクセサリー的な側面もある。

その一方で宗教的な行為に使用されるナイフも見られ、秘教の流派の中には儀式において所定のナイフを使用するものがあるほか、ヒンドゥー教では新生児の枕元にマッチと共にナイフを置いて魔除けとするなどといった風習も見られる。北欧ブラウニー伝承がある地域では妖精による取り替え子を防ぐために妖精の嫌うナイフなど製品を赤ん坊の傍に置く風習が見られる。他にも大航海時代より西欧の船員は一種の護符としてナイフを携行したという話もある。ナイフは身近で汎用性のある便利な道具であったため、このような用法も発生したと思われる。

観賞用ナイフ(アートナイフ)[編集]

観賞用・美術作品として制作されるナイフ。フォールティングナイフもあるが、見栄えの良い大型シースナイフやダガー形状がとられることが多い。柄や刀身に貴金属宝石があしらわれたり、彫刻やスクリムショーが施される場合もある。ダマスカス鋼が用いられたり、制作のモチーフも日本などの東洋風、中世のヨーロッパ風などとその制作の方向性は多岐にわたる。映画などの映像作品の小道具のレプリカも製作・販売されることも多い。本来の実用的なナイフの用途に使用できるものもあるが、柄と刀身という基本的形状を持つだけでまったくの観賞用というものも多い。

葉巻用のナイフ[編集]

葉巻には、喫煙のために口で吸う後端に穴を開ける必要があるため、切れ味の鋭い(汎用の)ナイフを使うことがある。ただ、専用の器具として吸い口を切るためのシガーカッター(ギロチンカッター)や吸い口に穴を開けるパンチカッターが存在し、好事家ともなると、葉巻を楽しむ過程で、喫煙の風味を決定しうる切り口を変化させるために、複数の器具を使い分けることもある。

文房具としてのナイフ[編集]

文房具として、鉛筆削りや紙を切る等の簡単な工作などの用途に用いられる。汎用作業に用いられるナイフはデスクナイフと言われ、通常は小型のナイフが用いられる。日本では肥後守切り出し小刀等がこの用途に用いられることが多い。紙を切ることに特化したナイフはペーパーナイフと言われ、他の刃物のような鋭利な刃は付けられない。羽根ペン製作や整形に用いられる小型の刃を持つナイフをペンナイフ、またはクイルナイフと呼ばれる。19世紀頃までのヨーロッパでは文字の読み書きは貴族・富裕層など特権階級が行えることであったため、ステータスシンボルの一つとしてこれらに豪華な装飾が施されたものが存在する。1959年に刃先が交換可能なカッターナイフが実用化された。個人が趣味的に用いる、折れた刃による異物混入を防止するといった目的が無い限りは、企業等の事務で使われるのはカッターナイフが主流となっている。

主に機能に基づくナイフの分類のリスト


素材・材料[編集]

刃部[編集]

刃に用いられる素材は高い硬度靭性が求められる。永切れや曲がりにくさをもたらす硬度と、欠けにくさや折れにくさをもたらす靭性は相反する性質がある[13]ことから、基本的に使用する用途により鋼材等の素材やその熱処理法が使い分けられる。

鉄・鋼
は、現代に至るまで広くナイフに利用され、多くは炭素鋼系もしくはステンレス鋼製である。炭素鋼は高い硬度と鋭利な刃先を得られる反面、錆びが生じやすい。ステンレス鋼は錆が生じにくい利点はあるが、被加工性が悪く、また炭素鋼ほどの切れ味は得られないことが多い。
炭素鋼
一般向けのポケットナイフなどでは少数となりつつあるが、ヨーロッパなどの伝統的なナイフメーカーが炭素鋼のナイフを製造している。電工ナイフなどもケーブル加工でビニール皮膜を切削する際「押し切る」という形で常に鋭さを求められることから、炭素鋼のものが多い。
ステンレス鋼
ステンレス鋼は鋼の一種であり、それを構成する金属元素の組成によって様々な特性を持ち、大量生産に多く用いられている。現代の主要なナイフメーカーから個人のカスタムナイフ製作者まで幅広い層に受け入れられている。
製法
炭素鋼の場合は製造の過程で鍛造工程が入るナイフも多く、この工程如何によってもナイフの性能・性質が左右される。鍛造工程の中にはダマスカス鋼のように、他の金属と重ね合わせる場合もある。日本刀のような複合構造をもつナイフも、ナイフビルダーによって製作されている。
ステンレス鋼の場合はロバート・ウォルドーフ・ラブレスのストック&リムーバル法に代表されるグラインダーによる削り出し製法が多い。ストック&リムーバル法では鋼材を削り出しそのまま熱処理を施すため、あらかじめ性質を調整された鋼材を選択し使用する必要がある。
表面の加工もいくつか種類があり、鏡面状になるまで研磨するミラーフィニッシュや、表面に塗料や化学処理で被膜を形成させるコーティングなどがある。ミラーフィニッシュは使用時に汚れや脂が着きにくく切れ味が維持しやすいという利点がありハンティングナイフに使用されることが多い。コーティングは光を反射しにくく目立ちにくいという利点があり軍隊で使用するナイフに多い。またこのコーティングに窒化処理など高い硬度を持つ被膜を形成させるものを使用し潤滑性、耐摩耗性、耐疲労性の向上を図る場合もある。

ナイフ用鋼材の種類[編集]

ナイフには、多様な炭素鋼やステンレス鋼が使われる。刃物用鋼材や工具鋼の他、要求される性質が似ているバネ鋼、ベアリング鋼、高速度鋼金型鋼が刃物に転用されることがある。それぞれに特性が違い、用途によって使い分けられ、価格的にも大きな差を生むことがある。

炭素鋼[編集]

W2
JISSKS-43/44鋼。バナジウムを0.1~0.25%ほど含み、衝撃に強く欠けたり折れたりし難いことで知られる。
O1鋼
JIS SKS-3/31鋼。マンガンを0.9~1.2%、タングステンを0.5~1%含み、加工しやすく刃持ちが良い。アメリカの高級ナイフメーカーであるランドールで使用されていることで有名である。
D2鋼
元は金型鋼である。JIS SKD-11鋼。日立規格ではSLDもしくはSLD2.シリコン0.45%、マンガン0.35%、バナジウム0.9%、モリブデン0.8%を含み、刃持ちが良く耐熱性が高い(摂氏430度まで)。アメリカの一流カスタムナイフメーカーに利用者が多い。また、ファクトリーナイフでの使用が増えつつある。

ステンレス鋼[編集]

銀紙鋼(1.3.5)
日立金属が開発した材料で、カミソリメーカーではGINと呼ばれ世界シェアの50%以上を占める。ナイフメーカー表示では銀紙X号と表示されることが多い。生産量も多く安価であるため、家庭用の刃物一般やいわゆるマスプロナイフ(大量生産のナイフ)でも良く使われているが、加工性が良いためナイフビルダーの中にもこれを使う者もいる。
SUS420-J2
炭素が約0.33%と少ないため硬度は低く、焼き入れをしナイフ刃とするには最低基準、廉価品包丁等に見られる。材料としては安価でナイフの全部分に使用し、ブレードに焼き入れ、スプリング部にも使える、ハンドル部には生で用いる(およそナイフの部品であればどこにでも活用出来るので「ばかSUS(サス)」と呼ばれる事もある)。 HRC52~55程度、使用例:オルファ社クラフトナイフL型の替刃。
440A鋼
アメリカ合衆国の成分規格。炭素が約0.6%と少ないため硬度はやや低く、ナイフ用鋼材としては低限の質。錆に強いため、包丁や安価な大量生産のナイフに多く用いられる。
440B鋼
JIS名も同じ。炭素が約0.8%
440C鋼
JIS名も同じ。炭素が約1.0%、シリコンとマンガンを1%含むほか、リン0.4%、クロム17~18%、モリブデン0.45%を含む。腐食に強くほとんど錆が出ないが、やや硬度・耐磨耗性・耐熱性に難がある。ただし日常的に使うナイフでは価格も安く、研ぎやすいため扱い易い素材と言える。一般の刃物専門店で販売されている若干値の張る大量生産のナイフでは、この素材のものも多い。HRC58~60程度。
154CM鋼
JIS名は無い。炭素が約1.05%、シリコン0.3%、マンガン0.5%、クロム14~14.5%、モリブデン4%を含む。米クルーシブル社の商品名で、耐熱性・耐磨耗性が高く腐食耐性も440Cに次ぐ。しかし腐食しない訳ではなく表面では小さな点のような腐食でも比較的に根深く入り込む。過去には高価なカスタムナイフだけに使われていた。現在では加工技術の向上で割りと安価なナイフにも使われている。ジェットエンジン軸受けに使われたこともあるなど高信頼性で知られている。ただし加工性は低く、一般の砥石では砥ぎ難い点は、ナイフ素材としてはやや難があるかもしれない。ラブレスがATS-34の前に使用していた鋼材であった。ATS-34の普及により長く使用されなくなっていたが、アメリカでは一時期、同国の鉄鋼輸入規制により日本製であるATS-34の輸入が困難になったことから再び使用するメーカーが増え、規制解除されてからも使用され続け、近年では粉末冶金鋼化したものも存在する。
V金10号(VG-10)鋼
炭素1%、コバルト1.5%、クロム15%、モリブデン1%、バナジウム0.2%を含む[14]。武生特殊鋼材株式会社の商品名。
YSS ATS-34鋼
炭素が約0.95%、クロム14%、モリブデン4%。
日立金属が開発した鋼材。154CMに銅などを添加したことにより154CMよりも耐熱性・耐腐食性が向上しており、更に刃欠けし難い強固なナイフが作れるとしてナイフメーカーやカスタムナイフ製作者に注目されている。ただしナイフ製作に際して機械加工しにくい面もある。また全く腐食しないわけでもなく、154CM鋼同様腐食には注意を要する。材質として耐摩耗性に優れ440Cの1.5倍の強度を誇るが、一般の砥石ではやや砥ぎ難い。D2鋼よりは金属組織が細かいことから、高い意匠性と耐久性が両立できるため高級ナイフ素材の代名詞ともなっている。なお「ナイフは実用品」と考えるラブレスは、1981年よりATS-34のフィールドテストを繰り返し、1983年に実用硬度や耐腐食性・刃の耐久性でバランスが取れていることを認め、従来の154CM鋼から切り替えた逸話が伝わっている。
YSS ZDP189鋼
日立金属が開発した材料。粉末冶金法によって製造した3C-20Crを基本とする成分で、67HRC以上の硬さが得られるため近年注目を集めている鋼種。

ナイフに向かない鋼材[編集]

以下に参考までにナイフの素材に向かない鋼材を挙げる。ただしこれは刃そのものに関してのみの話で、ハンドル(柄)の部分に使われる場合はその限りでは無い。

18-8ステンレス鋼(JIS:SUS304、AISI:304)
代表的なステンレス鋼で食品設備、一般化学設備、原子力用、建築、家庭用品に使用される、炭素0.08%以下、クロム18%、ニッケル8%を含む。「ステンレス流し台」や一般の食器などにも多用されている。硬度的にはかなり柔らかく、一般的なナイフの刃としては全く向かないが、必ずしも切れ味を必要としないテーブルナイフ等にはむしろ用いられることが多い。滅多に錆びないことから生活用品の素材としては「高級ステンレス」とまで呼ばれて好まれている。ハンドル素材としても適切であるため、アーミーナイフであるカミラスの「マルチツール US」のように、折り畳み式ナイフの部品に使われている製品もある。素材としてはオーステナイト系と呼ばれ、非磁性体である。
通常の熱処理をしても刃物としての焼きが入らない(硬化しない)。

その他金属[編集]

チタンは高価で、鋼と比較して硬度が低いが(一例としてロックウェル硬さCで47[15])、錆びない、磁気を帯びない、軽量といった特徴[15]があり、特殊な用途のナイフに使用される。

さらに、特殊な処理をすることにより、酸化皮膜が生じ干渉色が見えることから、見た目に優れる場合がある。ハンドル材に使用する場合も同様。

また、コバルトクロム等の合金であるステライトも非鉄金属のため錆びない、(熱処理を行わなくても)硬度があるといった特徴があり、稀に刃材として使われるが、加工が難しい。

青銅は、融点が低くて比較的精錬しやすい等の合金であるが、そこそこの耐久性があり、また加工も容易であるため、長く使われた歴史を持つ。これら青銅器のナイフ類は石のナイフのように簡単に砕けたりせず、骨などよりも硬いため、広く用いられた。しかし硬度の面で難があり、やがて鉄器が普及するにつれて、次第に姿を消していった。

金属以外[編集]

ファインセラミックス
ファインセラミックスは、欠けたり割れやすく加工しにくいという欠点もあるが、金属系素材よりも高い硬度と錆びないという特徴を持っている。すでに包丁の分野では多く実用化されている。
石・鉱石
黒曜石火打石などは打製石器の材料として利用され、それ以外のさほど脆くない岩石からは磨製石器が作られたが、これらの石を材料に製作された石器が、様々な地域で普遍的に出土している。黒曜石や火打石・石英を含む岩石は、打撃を加えることで薄く鋭く剥離し、その外縁が刃物として利用できるだけの鋭さを持つ。鋭利さに注目すればこれらは砥石で研いだ金属製の刃物を凌駕するものである。石器ナイフは現在でも製作する愛好家も存在し、販売もされている。
骨・角・歯(牙)
動物のは弾力性があり、また十分に硬いため、古くはナイフの材料に、現代ではナイフの柄の材料に用いられる。骨の主成分はリン酸カルシウムや炭酸カルシウムであるが、その他にも様々な成分が密接に関係して、十分な強度を持っている。このため磨製石器よりも更に精細なナイフを製作可能である。反面、鋭さに欠け、切れ味はあまりよくなく、また耐久性も鉱石に比べると経年変化に弱い。その他、材料となる骨の大きさで製作可能なサイズも決まるため、あまり大型の物を作ることが出来ない。サメの歯は無加工でも鋭い切れ味を持ち、南方海洋民族によく使用されていた。
木・竹
金属や石が少ない地域では硬質の木や竹を鋭く加工した刃物が使用されていた。石器は大型の刃物を制作できないため、細かい石器片を刃としてを木製刀身に複数埋め込む細石器も存在した。現代ではペーパーナイフや柔らかい菓子を切り分けるナイフに使用される程度だが、熱帯雨林の地域で大型ナイフが手に入りにくい所では狩猟した動物の解体に小型ナイフで加工した木製ナイフを使用したり、ブラジルのアマゾン川付近のイゾラドと呼ばれる先住民が木製ナイフを用いていることが確認されている。

ハンドル部[編集]

石器のような一部を除けば、大抵のナイフにはハンドル(日本刀や包丁ではとも言う)が存在する。実用する場合では耐久性や劣化しにくさ、高級志向・観賞用の場合は豪華さや見た目の良さも求められるが、ある程度のグリップ力や、手に収めやすいことが求められる。 固定方法は様々なものが存在するが、エポキシ等の接着剤とピンをかしめたりやシュナイダーボルトやラブレスボルト等のボルトを締めて固定するのが一般的である。この際、ボルトの先端は削り落とされ取り外しできなくすることが一般的であるが、近年ではタクティカルナイフなどでは接着剤を用いずボルトの頭を残し、六角レンチや+もしくは-ドライバーで分解できるようにしたものが増えている。

黒檀ローズウッドなど。木材は加工しやすく、多様な種類によって重量や密度等の質的・外見的特徴が変わるため、選択の余地が大きい。ただし、液体の浸透や乾燥・衝撃等による割れなどが起こりやすい素材でもあるため、塗装やコーティングが施されることもある。
動物由来の材料
スタッグ(シカ。スイロクの角(サンバースタッグ)がよく使われる)や、象牙、ジグドボーン(牛骨をスタッグ風に加工したもの)、インパラの角、貝殻、鮫皮、レザーワッシャー(輪状の牛皮を積み重ねたもの)等。高級感があるが、金属や合成樹脂に比べると耐久性は劣る。角・骨系の材料は比較的耐久性は高い。表面を滑らかにした歯・角系の材料にはスクリムショー(毛彫り用針で傷をつけ、色を差して模様を彫り込む技術)で装飾が施されることがある。象牙やべっ甲など希少種による材料はワシントン条約等の規制により取引が規制される場合がある。
金属
真鍮など。堅牢性は高いが、(チタンやアルミニウム等を除けば)重量がかさみやすく、使用による傷が目立つ場合もある。刃材・ハンドル材以外のヒルトやボルスター、ピン、ライナーといったナイフの部品は大抵が金属で作られる。
合成樹脂
単体で使用される他に、ガラス繊維や炭素繊維で強化された樹脂である繊維強化プラスチック(FRP)、麻や綿の繊維を樹脂で固めたマイカルタのような材料で使用されることもある。
基本的に水に強く軽量である。
また、ガラス/炭素繊維強化プラスチックを使用するものには透明性のある樹脂を使用することで、繊維の配置を観察できるようにしたものもあり、それらは見た目に優れる。


ナイフの贈答を巡るジンクス[編集]

ナイフは便利な道具で重宝がる人もいてプレゼントにも使われることのあるものだが、ナイフは同時にさまざまなジンクス(や迷信)と結びつけられることがあるので、贈る方法や贈る相手を考慮する必要がある。

ナイフをプレゼントに使うと、贈った側と贈られた側の間の友情が「切れ」てしまう、というジンクスを信じている人もいる。なのでどうしてもナイフを贈る場合は、ナイフに小銭を張り付けておいて、ナイフを受け取った人が、受け取ると同時に贈り手にその小銭を返すと、「買った」ことになり縁起の悪さが無くなる、と考えている人もいる[16]。 ロシアでは、ナイフを贈ることは「敵意」を表しているとして避逃される。どうしてもナイフの受け渡しがされる場合は、ナイフのお返しに小額でもお金を渡して「買った」ことにする[17]。ナイフを贈った人がそういう回避策を知らず、ナイフそのままで贈られた場合は、受け取った側は自分で小銭をとりだして贈り手に渡せば良い。そうすればやはり「買った」ことになり、「不吉ではない」とされる。

またナイフはもともと「一族の権力」と結びつけられることが多かったので、それを贈られるということは良くない、刃物は(自力で)買うべきものだ、と感じられている可能性がある。 (なお王などの主君が臣下に刃物類を贈る、ということは古今東西で行われている。その概念枠に当てはめてみると判るが、刃物をタダで受け取ると、受けとり手は、まるで贈り手の臣下になってしまったような図式となってしまう。なのでそれは避けて「買った」という形にすべきだ、という心理も働いているらしい。)

中国では「運気」が落ち縁起が悪い、と思われるので贈り物としては不適切[18]

ラテンアメリカでも贈り物にナイフはタブーである[19]

インドネシアのムスリムでもナイフの贈り物は好まれない[20]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 脇差を意味する しょうとう は含まない。漢語刀子(とうす)にほぼ相当する。
  2. ^ 鄭仁和訳編 『アメリカ陸軍サバイバルマニュアル3サバイバル・ノート』 朝日ソノラマ、1992年6月。ISBN 4-257-05080-2
  3. ^ 平成20年銃刀法改正警察庁では2009年7月4日までに廃棄などするようにとしている)
  4. ^ a b The Semiotics of the “Christian/Muslim Knife”: Meat and Knife as Markers of Religious Identity in EthiopiaSigns and Society Volume 3, Number 1 | Spring 2015 フルミネンセ連邦大学 Tilahun Bejitual Zellelew
  5. ^ "The Knife" Forbes Ewalt、David M. 2005. 、August 31.
  6. ^ The Norwalk Hour, 1961 May 31, p. 29. “How Did the Jackknife Get its Name?”. www.news.google.com. 2011年2月4日閲覧。「ジャック」という単語の一般的な用法として、「通常より小型のものを指す」と解説されている。
  7. ^ なお、切り裂きジャックとは英語圏で名前の分からぬ男を暫定的に「ジャック」と呼ぶ習慣によるものであり、「ジャック」からジャックナイフを連想しがちであるが、関係はない。日本語で言えば「切り裂き権兵衛」といったところである。また何故か日本では飛び出しナイフをジャックナイフと呼ぶ誤解が蔓延しているが飛び出しナイフは英語圏ではスイッチブレードナイフと呼ばれる。
  8. ^ 最大はブレード87本、141機能、重さ1キロという「ウェンガー・ジャイアントナイフ」。同社の全ての機能を組み込んだらどうなるだろうということで実用性度外視で作られたという。ドイツ・ゾーリンゲンに本社を置くフリードリヒ・オルバーツ社の「マイスター100」に至っては、ツールブレードを含めたブレードの数が100というものも存在している(『ナイフマガジン』1992年6月号・ワールドフォトプレス)。日本国内の価格は当時120万円で、最高のクラフトマンにより一品ずつ仕上げられる高級品とのこと。ハンドル長110mm・厚み60mm・重量950g。
  9. ^ http://www.victorinox.com/jp/app/content/history_page
  10. ^ a b Ontario ASEKガーバー LMF2等
  11. ^ 例えば『ツーリング図鑑』(編:アウトライダー編集部 ISBN 4-88672-098-6)によれば、野宿を含むアウトドア・ツーリングにおいて「大げさなサバイバルナイフは全く必要ない」とした上で、シンプルなポケットナイフを、料理に凝るならまな板・包丁セットを勧めている
  12. ^ Deejo PocketKnife
  13. ^ 日立金属工具鋼株式会社
  14. ^ 武生特殊鋼材
  15. ^ a b Mission Knives
  16. ^ [1]
  17. ^ ロシア人がかつぐ縁起あれこれ(ロシアNow)
  18. ^ 中国人に絶対プレゼントしてはイケない「不吉」な贈り物とは?(まぐまぐニュース!)
  19. ^ Etiquette and Protocol: A Guide for Campus Events p.70
  20. ^ International Gift Giving Etiquette - Indonesia

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • ジャパンナイフギルド - 日本国内のナイフ同好会
  • 銃砲刀剣類所持等取締法 - いわゆる銃刀法である。また近年ではピッキング防止法により、ツールナイフの類いの所持が問題になる場合がある(下記参照)。
  • 特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律 - 俗にピッキング防止法と呼ばれるこの法では、ドライバー類の所持・携帯も禁じられているため、アーミーナイフ等の、ドライバーなどが内蔵されたナイフは、開錠用具と見なされる場合がある。


This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek