デーヴァ

ヒンドゥー教用語
デーヴァ
英語 Heavenly, divine, anything of excellence, donor of knowledge or resources.
サンスクリット語 देव
(IAST: deva)
バリ語 ᬤᬾᬯ
(déwa)
ベンガル語 দেবতা
(debota)
ヒンディー語 देवता
(devatā)
ジャワ語 ꦢꦺꦮ
(déwa)
カンナダ語 ದೇವ
(deva)
マラヤーラム語 ദേവൻ
(devan)
ネパール語 देवता
(devatā)
タミル語 தேவர்கள்
(tevarkal̤)
テルグ語 దేవుడు
(dēvuḍu)
アンコール・ワットに彫られたヒンドゥーの神々

デーヴァ (サンスクリット देव, deva) は、サンスクリットを意味する語である。女性形デーヴィー (देवी, devī)。印欧祖語に由来する。

ヒンドゥー教仏教などインド系の諸宗教で現われる。

漢訳仏典では、天部天人天神、天部神などと訳される。

デーヴァが住む世界をデーヴァローカ (devaloka, deva loka) と呼び、天界、天道、天上界などと漢訳される。

インドのデーヴァはイランダエーワと同一の語源と言われるが、イランのゾロアスター教ではダエーワは悪神である。

ラテン語デウス (dēus) などと同じ語源である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

デーヴァの名をもつ人物[編集]