スティル・ゴット・ザ・ブルーズ

Wikipedia open wikipedia design.

スティル・ゴット・ザ・ブルーズ
ゲイリー・ムーアスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ブルースロック
時間
レーベル ヴァージン・レコード
プロデュース ゲイリー・ムーア、イアン・テイラー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(オランダ[1]、スウェーデン[2]
  • 2位(ノルウェー[3]
  • 3位(スイス[4]
  • 4位(ドイツ[5]
  • 5位(オーストラリア[6]
  • 13位(イギリス[7]、オーストリア[8]
  • 14位(ニュージーランド[9]
  • 83位(アメリカ[10]
  • ゲイリー・ムーア アルバム 年表
    アフター・ザ・ウォー
    (1989年)
    スティル・ゴット・ザ・ブルーズ
    (1990年)
    アフター・アワーズ
    (1992年)
    テンプレートを表示

    スティル・ゴット・ザ・ブルーズ[注釈 1]』(Still Got the Blues)は、北アイルランドギタリストゲイリー・ムーア1990年に発表したスタジオ・アルバム。ムーアのルーツであるブルースを探求した作品で、本作が自身最大のヒット・アルバムとなったのを機に、以後もブルース色の強い作品をリリースするようになった[11]。全世界的な売り上げは300万枚以上と言われる[12]

    背景[編集]

    1980年代末期、ムーアは自分の音楽的方向性に関して迷いを抱いており、長年ムーアと共に活動してきたベーシストのボブ・デイズリーによれば、ドイツ公演前の楽屋でムーアと共にブルースブレイカーズの曲のジャム・セッションを行い、その時にデイズリーが「ブルース・アルバムを作ってみたらどうか?」と進言して、本作の制作につながったという[13]。そして、ムーアは1980年代初頭に共演したベーシスト、アンディ・パイル英語版(元ブロードウィン・ピッグサヴォイ・ブラウン英語版)と共にデモ・レコーディングを開始し、当初はパイルと共演経験のあるクライヴ・バンカーがドラマーに起用されたが、バンカーとのセッションはうまくいかず、最終的にはシンプルな演奏を評価されたグラハム・ウォーカーがドラムスを担当した[13]。また、ムーアは別のリズム・セクションも必要と考え、一部の曲では前述のボブ・デイズリーに加えて、ムーアがシン・リジィ時代に共演したブライアン・ダウニーを迎えた[13]。共同プロデューサーのイアン・テイラーは、ムーアの前作『アフター・ザ・ウォー』(1989年)でエンジニアリングミキシングを務めており、本作以降もムーアの作品のプロデュースに貢献した[14]

    本作のレコーディングでは、主にムーアが1988年に購入した1959年製のレスポール・スタンダードが使用されたが、「ミッドナイト・ブルーズ」や「ストップ・メッシン・アラウンド」では、かつてピーター・グリーンから譲られたレスポールが使用された[13]。また、「テキサス・ストラット」で使用された1961年製のサーモンピンクのストラトキャスターは、ムーアが1981年、グレッグ・レイクのレコーディング・セッションに参加していた際に購入した物で、元々はトミー・スティールが所有していたと言われる[13]

    「オー・プリティ・ウーマン」は、アルバート・キングがアルバム『ボーン・アンダー・ア・バッド・サイン』(1966年)で発表した曲のカヴァーである。キングは本作のヴァージョンにも本人参加し、更に同曲のミュージック・ビデオにも出演した[13]

    「トゥー・タイアード」は、元々はジョニー・"ギター"・ワトソンが1955年に発表した曲で、アルバート・コリンズのアルバム『アイス・ピッキン』(1978年)でもカヴァーされており[15]、コリンズは本作のヴァージョンにゲスト参加したのに加えて、本作のリリースに伴うツアーでも30ほどの公演に参加し[13]、更にムーアの次作『アフター・アワーズ』(1992年)にも引き続き参加した[16]。一方、ムーアは後にコリンズのアルバム『コリンズ・ミックス〜ザ・ベスト・オブ・アルバート・コリンズ』(1993年)にゲスト参加している[17]

    ジョージ・ハリスンが提供した「ザット・カインド・オブ・ウーマン」は、当初はエリック・クラプトンのアルバム『ジャーニーマン』(1989年)の収録曲の候補だったが、同アルバムには収録されず、クラプトンのヴァージョンはチャリティ・アルバム『Nobody’s Child: Romanian Angel Appeal』(1990年)で発表された[18]。なお、ムーアはハリスンの所属バンド「トラヴェリング・ウィルベリーズ」のアルバム『トラヴェリング・ウィルベリーズ Vol.3』(1990年10月発売)収録曲「シーズ・マイ・ベイビー」のレコーディングに参加している[19]

    「オール・ユア・ラヴ」はオーティス・ラッシュが1959年に発表した曲だが、ブルースブレイカーズも1966年のアルバム『ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン』で取り上げており[20]、ムーアは友人の家でブルースブレイカーズのヴァージョンを初めて聴いた際「一瞬にして人生が変わり、信じがたい啓示を得た」ほどの衝撃を受けたという[13]

    反響[編集]

    全英アルバムチャートでは26週にわたりトップ100入りして、最高13位を記録し[7]、リリースから4年半後の1994年9月には、イギリス国内でプラチナ・ディスクの認定を受けた[12]。アメリカでは1991年2月16日付のBillboard 200で83位に達して自身唯一の全米トップ100アルバムとなり[10]、1995年11月には、ムーアのアルバムとしては唯一RIAAによりゴールド・ディスクの認定を受けた[21]

    オランダのアルバム・チャートでは32週トップ100入りし、うち3週にわたって1位を獲得した[1]。スウェーデンのアルバム・チャートでは6回(合計14週)連続で1位を獲得し、合計14週トップ40入りした[2]。ドイツのアルバム・チャートでは、2週にわたって4位を記録し、合計57週トップ100入りするロング・ヒットとなった[5]

    評価[編集]

    Daevid Jehnzenはオールミュージックにおいて5点満点中4.5点を付け「ムーアの演奏は過去最良で、印象的な技巧と魂の両立した情熱的なフレーズが、とめどなく流れている」と評している[22]。エリック・クラプトンはアルバム『オールド・ソック』(2013年)で「スティル・ゴット・ザ・ブルーズ」をカヴァーしてムーアを追悼しており、この曲に関して「曲そのものが強力で、改作し甲斐があると思ったから、ジャズ・クラブ風にやってみた」とコメントしている[13]

    その後[編集]

    収録曲のうち「ミッドナイト・ブルーズ」と「オール・ユア・ラヴ」は、ムーアが2006年に発表したアルバム『オールド・ニュー・バラッズ・ブルース』で再録音された[23]。「スティル・ゴット・ザ・ブルーズ」のギター・フレーズは、ドイツのバンドJud's Galleryが1974年に作った曲「Nordrach」(当時はレコード化されておらず、ライブやラジオでしか聴くことができなかった)との類似が指摘されており、後に同バンドのリーダーであるJüergen Winterがムーアを訴え、2008年にはムーアが敗訴した[24]

    収録曲[編集]

    特記なき楽曲はゲイリー・ムーア作。

    1. ムーヴィング・オン - "Moving On" – 2:39
    2. オー・プリティ・ウーマン - "Oh Pretty Woman" (A.C. Williams) – 4:25
    3. ウォーキング・バイ・マイセルフ - "Walking by Myself" (Jimmy Rogers) – 2:56
    4. スティル・ゴット・ザ・ブルーズ - "Still Got the Blues (For You)" – 6:11
    5. テキサス・ストラット - "Texas Strut" – 4:51
    6. トゥー・タイアード - "Too Tired" (Johnny “Guitar” Watson, Maxwell Davies, Saul Bihari) – 2:50
    7. キング・オブ・ザ・ブルーズ - "King of the Blues" – 4:36
    8. アズ・イヤーズ・ゴー・パッシング・バイ - "As the Years Go Passing by" (Don Robey) – 7:45
    9. ミッドナイト・ブルーズ - "Midnight Blues" – 4:58
    10. ザット・カインド・オブ・ウーマン - "That Kind of Woman" (George Harrison) – 4:31
    11. オール・ユア・ラヴ - "All Your Love" (Otis Rush) – 3:42
    12. ストップ・メッシン・アラウンド - "Stop Messin' Around" (Clifford Davis, Peter Green) – 4:00

    2002年リマスターCDボーナス・トラック[編集]

    1. ザ・スタンブル - "The Stumble" (Freddy King, Sonny Thompson) – 3:00
    2. レフト・ミー・ウィズ・ザ・ブルーズ - "Left Me with the Blues" – 3:05
    3. ファーザー・オン・アップ・ザ・ロード - "Further On Up the Road" (D. Robey, Joe Medwick) – 4:08
    4. ミーン・クルーエル・ウーマン - "Mean Cruel Woman" – 2:47
    5. ザ・スカイ・イズ・クライング - "The Sky Is Crying" (Elmore James) – 4:53

    シングル[編集]

    本作からのシングルのチャート最高順位を示す。

    タイトル アメリカ[25] イギリス[26] オランダ[1] スウェーデン[2]
    オー・プリティ・ウーマン - 48位 8位 -
    スティル・ゴット・ザ・ブルーズ 97位 31位 2位 4位
    ウォーキング・バイ・マイセルフ - 48位 28位 -
    トゥー・タイアード - 71位 - -

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 2002年再発CD (TOCP-53269)、2007年再発CD (TOCP-53943)、2015年再発CD (UICY-25505)、2016年再発CD (UICY-77626)の帯に準拠。日本初回盤CD (VJCP-7)、1993年再発CD (VJCP-23162)、1995年再発CD (VJCP-3048)の邦題は『スティル・ゴット・ザ・ブルース』だった。

    出典[編集]

    1. ^ a b c Gary Moore - Still Got The Blues - dutchcharts.nl
    2. ^ a b c swedishcharts.com - Gary Moore - Still Got The Blues
    3. ^ norwegiancharts.com - Gary Moore - Still Got The Blues
    4. ^ Gary Moore - Still Got The Blues - hitparade.ch
    5. ^ a b Offizielle Deutsche Charts
    6. ^ australian-charts.com - Gary Moore - Still Got The Blues
    7. ^ a b GARY MOORE | full Official Chart History | Official Charts Company - 「ALBUMS」をクリックすれば表示される。
    8. ^ Gary Moore - Still Got The Blues - austriancharts.at
    9. ^ charts.org.nz - Gary Moore - Still Got The Blues
    10. ^ a b Gary Moore Chart History - Billboard 200”. Billboard. 2020年3月21日閲覧。
    11. ^ Prato, Greg. “Gary Moore - Biography & History”. AllMusic. 2020年3月21日閲覧。
    12. ^ a b Sexton, Paul (2019年3月26日). “Gary Moore Gets The Blues, With Some Help From George Harrison”. uDiscoverMusic. 2020年3月21日閲覧。
    13. ^ a b c d e f g h i Shapiro, Harry (2016年8月12日). “Gary Moore: the story of Still Got The Blues”. loudersound.com. Future plc. 2020年3月21日閲覧。
    14. ^ Ian Taylor | Credits | AllMusic
    15. ^ Cover versions of Too Tired by Albert Collins | SecondHandSongs
    16. ^ Sweeting, Adam (2011年2月7日). “Gary Moore obituary”. The Guardian. Guardian News and Media. 2020年3月21日閲覧。
    17. ^ Wynn, Ron. “Collins Mix: The Best - Albert Collins”. AllMusic. 2020年3月21日閲覧。
    18. ^ Fanelli, Damian (2018年8月9日). “Eric Clapton and the Beatles: A Guide to Nearly 50 Years' Worth of Studio Collaborations”. Guitar World. Future plc. 2020年3月21日閲覧。
    19. ^ Mastropolo, Frank (2015年10月29日). “How The Traveling Wilburys Struggled With Loss on 'Vol. 3'”. Ultimate Classic Rock. 2020年3月21日閲覧。
    20. ^ Cover versions of All Your Love by John Mayall with Eric Clapton | SecondHandSongs
    21. ^ Gold & Platinum - RIAA
    22. ^ Jehnzen, Daevid. “Still Got the Blues - Gary Moore”. AllMusic. 2020年3月21日閲覧。
    23. ^ ゲイリー・ムーアの新作、日本発売決定”. CDJournal. 音楽出版社. 2020年3月21日閲覧。
    24. ^ Ex-Thin Lizzy guitarist loses German plagiarism case” (2008年12月4日). 2020年3月21日閲覧。
    25. ^ Gary Moore Chart History - Hot 100”. Billboard. 2020年3月21日閲覧。
    26. ^ GARY MOORE | full Official Chart History | Official Charts Company

    外部リンク[編集]



    This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
    Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
    Images, videos and audio are available under their respective licenses.

  • Oriflame Üyelik
  • Destek