ジョージ・マウントバッテン (第2代ミルフォード・ヘイヴン侯爵)

ジョージ・マウントバッテン
George Mountbatten
第2代ミルフォード・ヘイヴン侯爵
George Battenberg 2nd MH.png
在位 1921年 - 1938年

出生 (1892-12-06) 1892年12月6日
ダルムシュタット
死去 (1938-04-08) 1938年4月8日(45歳没)
イギリスの旗 イギリスロンドン
配偶者 ナデジダ・ミハイロヴナ・ド・トービー
子女 タチアナ・エリザベス
デイヴィッド
家名 マウントバッテン家
父親 初代ミルフォード・ヘイヴン侯爵ルイス・アレグザンダー・マウントバッテン
母親 ヴィクトリア・アルベルタ・フォン・ヘッセン
テンプレートを表示
1915年。ロシア皇帝ニコライ2世の第3皇女のマリア皇女(後)、同じく第1皇女のオリガ皇女(前)との記念撮影

ジョージ・ルイス・ヴィクター・ヘンリー・サージ・マウントバッテンGeorge Louis Victor Henry Serge Mountbatten, 2nd Marquess of Milford Haven, 1892年12月6日 - 1938年4月8日)は、イギリスおよび英連邦王国貴族。第2代ミルフォード・ヘイヴン侯爵。父は初代ミルフォード・ヘイヴン侯爵ルイス・アレグザンダー・マウントバッテン。母はヘッセン大公ルートヴィヒ4世イギリス女王ヴィクトリア女王の第2王女アリスの娘ヴィクトリア・アルベルタ

姉にギリシャ王子アンドレアスアリススウェーデングスタフ6世アドルフ王妃ルイーズ、弟にマウントバッテン・オブ・ビルマ伯爵ルイス、甥にエリザベス2世の王配エディンバラ公フィリップ(アンドレアス・アリス夫妻の長男)がいる。妻はロシア皇族ミハイル大公とトービー伯爵夫人ゾフィーの娘(二女)ナデジダ・ミハイロヴナ・ド・トービー

略歴[編集]

1892年ダルムシュタットで誕生。曾祖母ヴィクトリア女王よりオルダニー子爵を受爵。

1916年ロシア皇帝ニコライ1世の第4皇子ミハイル・ニコラエヴィチ大公の二男ミハイル・ミハイロヴィチ大公とトービー伯爵夫人ゾフィーの二女ナデジダとロンドンで結婚。1男1女を儲けたが、骨髄癌により1938年死去。

第一次世界大戦中の1917年、英王室が国民感情に配慮してドイツ帝国における称号を放棄した際、両親も英王室にならいヘッセン大公国の王族としての称号「殿下」を放棄したため、自身も殿下の称号を放棄した。その後、父がミルフォード・ヘイヴン侯爵位を受爵したことに伴い、ジョージもそれに付属するメディナ伯爵を儀礼称号として称することになった。

子女[編集]