ジェイ・リビングストン

Wikipedia open wikipedia design.

ジェイ・リビングストン(Jay Livingston, 1915年3月28日 - 2001年10月17日)は、アメリカ合衆国作曲家レイ・エバンズとのコンビで映画音楽を創作したことで知られている。

経歴[編集]

出生名、ジェイコブ・ハロルド・レビソン(Jacob Harold Levison)。ペンシルベニア州マクドナルドMcDonald)出身。ユダヤ人であった。

リビングストンは、ペンシルベニア州ピッツバーグでハリー・アーチャー(Harry Archer)にピアノを習い、高校在学中には、校内のクラブミュージシャンとして活動した。高校卒業後、ペンシルベニア大学に入学し、ダンスバンドを結成した。そこで、このバンドに所属していて、後に生涯の親友となるレイ・エバンズと出会う。

1937年、リビングストンとエバンズは音楽の創作活動を始める。1948年に公開された映画『腰抜け二挺拳銃』(The Paleface)のために作られた「ボタンとリボン」(Buttons and Bows)という曲で初めてアカデミー歌曲賞を受賞。1950年には、映画『別働隊』(Captain Carey, U.S.A.)の主題歌である「モナ・リサ」(Mona Lisa)、さらに、1956年には、映画『知りすぎていた男』(The Man Who Knew Too Much)の主題歌である「ケ・セラ・セラ」(Que Sera Sera)でもそれぞれアカデミー歌曲賞を受賞した。また、1951年に公開された映画『腰抜けペテン師』(The Lemon Drop Kid)の曲で、クリスマスソングでもある「銀の鐘」(Silver Bells)を創作したことでも知られる。

2001年10月17日、肺炎のためカリフォルニア州ロサンゼルスで死去。86歳だった。体はウエストウッド・メモリアルパーク・セメタリー(Westwood Village Memorial Park Cemetery)に埋葬された。

関連項目[編集]



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek