ショウアップナイターバッテリー

Wikipedia open wikipedia design.

ショウアップナイターバッテリープロ野球シーズンオフ期間中の2009年10月5日から2010年4月2日までニッポン放送ほかNRN系列で放送されていたスポーツ情報ワイドラジオ番組

パーソナリティ[編集]

松本または飯田のどちらかが出られない時の代理は、スポーツ部アナウンサーがパーソナリティーを務めることがある。

放送時間[編集]

ただし、ニッポン放送では2010年3月29日放送分で終了(翌3月30日から4月2日までは、地方局向けに19:00以降を裏送り)。
  • 毎週月曜日〜金曜日 17:30〜20:50

ネット局[編集]

月曜日〜金曜日 19:00〜20:50

月曜日 19:00〜20:50 火曜日〜金曜日 19:00〜19:59

月曜日〜金曜日 19:00〜19:59

月曜日〜金曜日 19:00〜19:29

火曜日〜金曜日 19:00〜20:50

火曜日〜金曜日 19:00〜19:59

ネット局に関する備考[編集]

これらの地域では周辺の放送局を受信することで聴取することも可能。

  • 東海ラジオでは2008年度まで自社制作番組「2COOL!」を放送していたため、ニッポン放送発のナイターオフ番組はネットしていなかったが、2009年度は19時以降の自社制作番組の放送を取り止めたため、久々にニッポン放送発のナイターオフ番組をネットするようになった。
    • なお、東海ラジオでのニッポン放送発ナイターオフ番組ネット受けは、現在(2018年度時点)も継続されている。
  • プロ野球日本選手権シリーズクライマックスシリーズを中継するネット局はその日だけ番組休止となり、中継しない局はニッポン放送からの裏送りで通常放送を行う。

タイムテーブル[編集]

番組テーマソング[編集]

「傷だらけの天使」、「天使の享楽」

概要[編集]

  • 番組が始まる17時30分から20時までは松本が司会(ピッチャー)、飯田がメールアドレス読みなどのアシスタント(キャッチャー)を務めるが、20時からは互いにその役割を交換する。そのため、20時の時報直後には、東京ヤクルトスワローズの主催試合で場内アナウンスを務めるウグイス嬢による、『守備位置交代』のアナウンスが流される。
  • 前年度の『松本ひでおのショウアップナイターGO!GO!』は「野球とニュースと歌謡曲」を柱に据えていたが、当番組はニュースの時間が減少し、松本の釣り、飯田の鉄道といった趣味の話やリスナーからの投稿を多く紹介し、前々年度の『松本ひでおのショウアップナイターネクスト!』のように戻り、バラエティ色が濃くなっている。
  • 飯田は当番組の放送期間中、平日は午前中の『垣花正のあなたとハッピー!』とかけもちとなる。
  • 番組に寄せられた投稿の中から、現金5,000円、「松本賞」、「飯田賞」がそれぞれ1名に贈られる。「松本賞」「飯田賞」は2人が選んだ日替わりのグッズ。松本は主に過去の古い曲のCDが入ったベストアルバムや映画のDVD、飯田は主に『鉄道ファン』のような鉄道関連の本が多い。

できごと[編集]

2009年[編集]

  • 10月5日 放送開始。
  • 10月19日 セ・リーグクライマックスシリーズ第1ステージ、中日ドラゴンズ対東京ヤクルトスワローズ(ナゴヤドーム)の中継のため、一部ネット局のみの放送。
  • 10月21日〜23日 セ・リーグクライマックスシリーズ第2ステージ、読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズ(東京ドーム)の中継のため、一部ネット局のみの放送。
  • 11月3日〜5日 日本シリーズ第3戦〜第5戦、読売ジャイアンツ対北海道日本ハムファイターズ(東京ドーム)の中継のため、一部ネット局のみの放送。
  • 11月6日 毎日20:10ころに放送していた飯田が日替わりでニュースを斬るコーナー・「飯田浩司のいいだ(飯田)い放題」のコーナーが終了。
  • 11月9日 「コ・ト・ノ・ハ歳時記」スタート(18:35頃)。徳光和夫が「生きる」をテーマとしたリスナーの俳句や短歌を紹介。アシスタントは新保友映。俳人黛まどかが解説。
  • 11月10日 「桜組のツインズバッテリー」スタート(火曜20:10ころ)。双子の中国人、桜紅丸桜蘭丸姉妹(桜組)のコーナー。小口絵理子が進行役を務める。
  • 11月30日〜12月4日 飯田の体調不良により、スポーツ部アナウンサーが代役。11月30日は煙山光紀、12月1日は山内宏明、2日は洗川雄司、3日は清水久嗣、4日は師岡正雄が担当。
  • 12月11日 「おやじ・おばさんソングリクエスト」スタート。金曜日20時台冒頭のコーナー。
  • 12月14日〜18日 ニッポン放送では「垣花正のあなたとハッピー!増刊号 あなたが知らない黄金歌謡伝説 総集編」放送のため、普段19:30に飛び降りとなるKBS京都と共に飛び降りとなり、19:30以降はネット局向けの裏送り放送となる(この時間帯の番組は伝統的に首都圏のラジオ聴取率調査週間期間(10月・12月・2月)中はネット局向けの裏送りバージョンとなることが多い)。
  • 12月21日〜23日 飯田は19時30分までの出演。
  • 12月24日 ニッポン放送では「第35回ラジオ・チャリティー・ミュージックソン」放送のため、一部ネット局(ミュージックソン参加局のRAB・IBC・RFC・RCC・WBS・ROKを除く)のみの放送。また松本が中継、飯田がアシスタントを務めるため、代役として洗川と清水が担当した。
  • 12月28日〜2010年1月1日 ニッポン放送の編成上の都合(新春特番担当のため)により飯田の出演休止。12月28日は煙山、29日は山内、30日は洗川、31日は師岡、1日は師岡以外のスポーツ部アナウンサー4名と金曜日の「今夜も盛り上がろう!」レポーターの五戸美樹が出演。ただし、31日には7時過ぎのコーナーで飯田に電話をかけたのでまったく出演しないという訳ではなかった。
  • 12月29日 19:00〜20:00「ショウアップナイターバッテリーSP・本仮屋ユイカの出会い・ふれあいタイム」放送のため、この時間帯のみ中断扱いとなった。
  • 普段はCMと一部コーナーのネットのみのSTVラジオとKBCラジオでも時差ネットされた。
  • 7時代のみのネット局では、その日のみ事実上の放送はなし。
  • 12月31日 「今夜も盛り上がろう!」のコーナー終了。

2010年[編集]

  • 1月1日 19時からの放送。通常のコーナー休止。
  • 1月7日 「今週のタイガース」のコーナーが自主トレ期間中のためしばらくの間休止となり、「五戸美樹の東京マラソンへの道」のコーナーが開始。また木曜日限定のエンディングコーナーとして、「ラッキー7ミニッツ〜ごのへの語〜」のパロディの「ラッキー2ミニッツ〜まつもとのま〜」も開始。
  • 1月18日〜22日 松本が休暇を取り、煙山が代理出演。
  • 2月4日 「なるほど税金相談 知恵とお金は使いよう」スタート(木曜20:10ころ)。パーソナリティは山崎泰、アシスタントは荒木利香
  • 2月9日 コ・ト・ノ・ハ歳時記のコーナー終了。
  • 2月15日〜19日 日替わりの「オールナイトニッポンGOLD増刊号」放送のためニッポン放送では20時終了。
  • 3月4日 五戸美樹の東京マラソンへの道のコーナー終了。
  • 3月30日~4月2日 前述の通り、地方局向けに19:00以降を裏送り(番組は飯田が単独で進行)。
このうち、4月1日放送分は中国放送でも放送された(雨天中止となった『RCCカープナイター 広島×阪神』の雨天予備番組扱い。ちなみに、東海ラジオでも3月30日から4月1日までの期間、当番組が『東海ラジオ ガッツナイター 東京ヤクルト×中日』の雨天予備番組として組まれていたが、こちらは3日間とも試合が実施されたため、同局では3月29日放送分が事実上の最終回となった)

2010年のナイターオフ番組について[編集]

  • 2010年度のナイターオフはこれまで長く続いてきた「ショウアップナイター-」シリーズを放送せず、ニッポン放送ローカルパートはオフ生ワイド「飯田浩司の「声だしていこー。」」(17:40 - 19:00)と20時台の箱番組に、NRNネットパートは、「広瀬香美 ラジオdeフォロ〜ミ〜」(19:00-20:00)に引き継がれ、編成されることが明らかになった。なお、松本ひでおアナを起用したオフワイドは「ショウアップナイターレジェンド(土曜18:00-19:00。ニッポン放送ローカル)」として放送されている。
  • 2010年2月21日 - 25日スペシャルウィーク番組として「球春到来!開幕まで待てない!!ショウアップナイター野球"命"スペシャル」(ニッポン放送のみ、17:40 - 21:00)を放送。2010年度ナイターオフ期間中5日間のみではあるが、「バッテリー」コンビでの平日の「ショウアップナイター-」シリーズが復活した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ニッポン放送 プロ野球シーズンオフ期の夕方のワイド番組
前番組 番組名 次番組
2009年
ショウアップナイターバッテリー
ニッポン放送 ニッポン放送平日プロ野球シーズンオフ期の19時台NRN帯ワイド番組
2008年度
松本ひでおのショウアップナイターGO!GO!
2009年度
ショウアップナイターバッテリー


This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek